中心地のFirstwellness English Academy(FEA) セブシティ

フィリピン留学を志す方にお奨めしたいのが、治安や環境はもとより、充実した日本人向けの食事・サービス等を提供してくれる環境を有する学校です。そんなおすすめ語学学校がセブ島にはあるのです。セブ島はフィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、人口は約87万人と、フィリピン国内でも5本の指に入るレベルの都市です。
セブ島留学をするなら、Firstwellness English Academy(FEA) が一番お奨めの語学学校です。FEAは現在、2つの校舎で留学生を受け入れており、FEAセブシティがそのうちのひとつです。FEAセブシティの設立年度は2012年度と比較的新しく、生徒人数は最大で25名までとなっており、少数の生徒に、日本人スタッフならではのおもてなしの心で接する語学学校です。セブ島の英語学校の多くは韓国資本により設立されていますが、ここは日本人経営者が日本人のお客様に満足のいただける英会話運営を行っている点が特徴です。安全・安心・そしてハイクオリティがFEAセブシティ校の特徴であり、語学留学をするうえでの費用・効果・充実度は群を抜いているとの口コミ・評判があります。
肝心の費用面ですが、コースや宿泊する部屋のタイプによって若干の違いがありますので、ご紹介したいと思います。先ず、入学金は15,000円、一人部屋で24週間(約半年間)滞在・受講したとして1,404,000円、午前中に50分単位の授業が4クール、午後にも50分単位で4クールの授業が用意され、50分×8クールを毎日消化していくことになります。午前中と午後の2クールはすべての授業がマンツーマン方式により行われ、午後の2クールは4人制のカリキュラムとなっています。この4人制レッスンも、別料金(1週間当たり4,000円)を払えば、すべての授業をマンツーマンに変えることができ、より効果的なオリジナルカリキュラムを要視することも可能です。この授業は基本的に月曜日から金曜日までのものです。なお、先に述べた1,404,000円の中には、授業料・テキスト代・宿泊費・朝食代・光熱費・洗濯サービス・インターネット回線料に加え、空港までのピックアップサービスまでがすべて含まれており、至れり尽くせりの感があります。一般的に、米国や英国などへの留学に比べれば、費用は格安という表現がぴったりあてはまると考えられます。
強調しておきたいことは、経営者や日本人スタッフがFEAセブシティには常駐していることです。これは、異国の地で暮らすうえで何物にも代えがたい安心材料です。治安や医療、買い物などを含め、貴重な情報が瞬時に入手可能です。絶対にお奨めします。

 

フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!