ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

こんにちは!今回もフィリピン留学を1年5か月経験したという「隊長」(ニックネーム)に聞いています。

今回は気候についてです。フィリピンには6月から10月まで続く雨季があって、日本の梅雨みたいに毎日ずっと雨が降っているってことはないのですが、場所次第でちょっと状況が変わってくるようです。また、その雨季による弊害についても取り上げていますので、検討しているエリアと時期を合わせて考えてみて下さい。
名前:角田佳優(36歳男性)
学校名:ストーリーシェア(バギオ)、MMBS(ターラック)
期間:2013年4月-2014年9月

シン:向こうの気候ってどうでした?フィリピンってやっぱ暑いとこなので、32~35度くらいありますよね。今(※7月時点のインタビュー)は雨季に入ってるので、もう少し下がってるでしょうけど。バギオはどうでした?
隊長:バギオは、雨が多くて、湿気がすごいから、服とかすぐカビちゃうんですよね。
シン:それ何月くらいの話ですか?
隊長:4月の終わりごろ初めて行って、ちょうどそのころが雨季に入りかけでした。そのころは雨はたまに降ってた感じでしたけど、だんだん雨が多くなってきました。
シン:僕がちょうど6月くらいにバギオに行ったので、完全にそのころは雨季だったんですけど、隊長はその前からですもんね。
隊長:そうですね。やっぱ外出するときは傘は欠かせなかったですね。
シン:よく、外国人は雨でも傘は差さないよってテレビでやってたりしますけど、やっぱあのー、差しますよね、普通に。(笑)
隊長:はい、差します。(笑)傘だけじゃなく、カッパ着てる人もいるし。横なぶりの雨も多いんで、そうしないと足元とか濡れちゃいますね。

 

10523213_686999838044946_3086017098455882802_n
シン:乾季だとバギオは良いんですけど、雨季は結構すごいですよね。
隊長:ですね。12月1月2月が乾季なんですけど、バギオは全然雨降らなかったですね。
シン:だいたい何月ぐらいからバギオは雨が止みはじめるんですか?
隊長:8月の半ばから9月の終わりぐらいまではかなりやばいですね。その時、年配の生徒さんが雨がひどいせいで心が病んじゃったくらい。
シン:ははは、それは相当な雨ですね。
隊長:それがあったから、延長しようと思ってたけど延長するの止めて日本に帰ったみたいです。
シン:はいはいはい、そんなにひどいんですね~。確かに、フィリピンで一番雨降ってんじゃないかってぐらい(雨季の時は)バギオは雨降ってますもんね。でも、雨季って言っても、ダバオ市(ミンダナオ島)とかは、雨季の影響あんまり受けないし、台風あまり来ないから、フィリピンも場所場所でだいぶ違いますよね。
隊長:そうですね。
シン:隊長、そういえば、2回目の留学の時はターラックでしたが、その時は、雨季は被ってるんですか?
隊長:雨はいっぱい降ったけど、バギオほどはひどくなかったです。

10394022_687000601378203_3315623373253825659_n
シン:じゃあ、日本の梅雨と比べてどうですか?
隊長:日本の梅雨よりは雨は多いです。
シン:それは、台風がってことですか?それとも雨量がってことですか?
隊長:どっちもです。
シン:その時(雨季)は、バギオと比べてどうだったですか?
隊長:バギオと比べたら断然過ごしやすかったです、ホント。
シン:カビとかはどうですか?
隊長:全くないですね。バギオは、窓がない部屋は特にカビがひどくてー。
シン:あー、それは地下の部屋ですよね。
隊長:はい。
シン:あまり語学学校では、地下は見ませんが、バギオのストーリーシェアは地下の部屋がありますもんね。窓はありますけど、廊下側の窓なので、外に通じる窓ではないですよね。
隊長:はい、そうです。

1966738_592917817453149_1083894070_n
※まとめ
フィリピンには、乾季(11~5月)と雨季(6~12月)の2つの季節があり、加えて9-10月が台風のシーズンとなります。特にマニラのあるルソン島あたりに集中します。比較的、ビサヤ諸島(セブ)やミンダナオ辺りは、あまり台風の影響を受けない地域です。
ところで、バギオの気候は年間通して20℃程と快適なので、暑いのが苦手な人にはうってつけの場所です。一方で、7-8月は快適どころか雨が多すぎて困ってしまう場面も幾分発生するようですね。
行く場所と時期では、それぞれにメリット・デメリットが必ずあります。ですが、自分の中で、そこでのデメリットをメリットが上回るようであれば、選ぶ価値はあると思います。(たとえば、雨量はめっちゃ多いけど、先生の質も高いし、逆に遊びに行けない方がかえって勉強に集中できるなど)
行く前に、このようなことが分かっていると、ショックを受けない分(覚悟して来てるので)、本来の目的である勉強に集中できると思いますよ。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!