フィリピン人英語なまりを確認

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

英語学習で昔からよく行われてるのが「音読」です。
そのメリットは、、、
1.単語、言い回しが身につく
2.正しい文章の並べ方が身につく
3.スムーズに話すことができるようになる
4.聞き取り力が向上する
でも、個人的には4番の効果を強調したいですね。それは「発音できないものは聞き取れない」とよく言われるからです。
音読をするときは、出来るだけネイティブっぽく発音するのが、ネイティブの音を聞き取るコツなのです。
音読するときに、絶対に意識すべきこととして、、
1.自分を舞台俳優/女優、音読する素材を台本だと想像すること
2.ネイティブになりきる
があります。
「ディシサナップル」は、実は誰でもわかるすごいシンプルなセンテンスでした。

”This is an apple.”

「a i u e o」の母音で始まる言葉は、基本的に前の言葉とくっついて発されることが多いのです。(リンキングと言います)
ということは、ネイティブは先の文章をこのように読みます。

” Thisisanapple “(ディシサナップル)

どうですか?
ネイティブの話す内容が聞こえてきましたか?

http://eikaiwa.dmm.com/blog/english/onndoku/



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!