ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

ときどき思いつき日記みたいなブログ書いてるんで、良かったら見てください。

つれづれ日記
http://www.hub1234.com/category/blog
詳しいプロフィール
http://www.hub1234.com/pfofile.html

このコーナーでは、私の滞在記としていいことも悪いことも素直に書くことにしました。今回は、MONOLというバギオにある学校です。
いまのところ、施設のクオリティではバギオ随一のアカデミーで間違いないです。それは、校長が生徒の生活レベルを上げるための努力を惜しまない人だからです。
例えば、ルーターは2部屋に対して1つを設置しているので、Wi-Fiが寮内で使えるということや、水を学校で製造していることなどが挙げられます。
(水を作っている理由:以前は業者から仕入れていたが、それでお腹を壊す生徒が後を絶えず、製造過程を直接行って調べてみることに。すると、フィルターを適宜交換せずそのまま使っていたことが判明!校長が何度言っても取り換えを促しても交換する様子がない。そのため、独自に製造所を作り、安心して飲んでもらうようにした)
それ以降、学校の水でお腹を下す生徒はいなくなったそうです。(バギオで水を製造している学校はここだけ)
更には、先日の台風時に雨漏りがあったたため、外壁にパネルを貼り直すなど、生活環境を充実させるために投資を惜しまない姿勢を貫いています。今後は、水圧や温度の安定を図る予定だということです。

フィリピン語学留学、セブ留学、ワーホリ15
講師に関してびっくりしたことがあります。
通常どの学校でも日本人・韓国人マネージャーが講師たちよりもポジションが上に位置づけられていますが、この学校に関しては逆でした。そのため、講師はプライドを持って働くことができ、そのせいか離職率も低いです。1−2年ですぐに他の学校に移ってしまうのが普通の業界では珍しく、8年以上在籍している講師も多くいます。
実際に授業を受けてみましたが、生徒の意見を引き出すことに長けている先生が多いと感じました。ネガティブな点としては、市街地から少し外れているため、タクシーが拾いにくいこと(拾うまでに5分−15分ほどかかる)です。また、それぞれの国籍に応じたマネージャーがいますが、日本人に関しては、学生マネージャー(要はインターン生)しかいないということが挙げられます。フィリピン語学留学、セブ留学、ワーホリ10
フィリピンでこうした学校は多いのですが、生徒のケアがきちんとできるかどうかは、そのマネージャーに掛かっています。インターン生が悪いわけではありません。ただ、仮にデキる学生マネージャーがいたとしても、半年の期間が満了すれば帰ってしまうので、レギュラーのマネージャーでなければ、生徒のケアに対するサービスが一定していないということになります。ただ、現在いる通称アメリーさんというスタッフはできる方でした。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!