ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

在フィリピン日本大使館から学校経由で以下のような注意喚起が届いています。

日時: 2015年7月上旬
被害者: 日本人女性・20代
セブ滞在歴: フィリピン・マニラ到着直後

状況: 被害者は7月5日に日本からマニラ経由でセブ島留学に来られる際、マニラ空港で入国審査を行いましたが、パスポートの入国スタンプが1ヶ月間違った日付で押されており(7/5のスタンプではなく、6/5と記載されておりました。)

入校後に学校スタッフが気づきセブの移民局に連絡するも、マニラで押されたスタンプに関してはセブは管轄外なので、パスポート上は 6ヶ月以上滞在しているとみなされるので、(半年以上滞在者に義務付けされている)ECCをセブで取るかマニラの空港まで直接、行き入国スタンプを訂正してもらうかどちらかだという回答がありました。

経過: 本来24週の留学ですとECCは取らなくても良いのですが、留学生の方は、「フィリピンだし仕方ないですね、確認しない私も悪かったので。」と、しぶしぶ納得され、セブでECCや追加ビザ延長の手続きを学校職員のサポートを受けながら行った。

費用は学生負担です。⇒入出国時はパスポートに押されたスタンプの日付をしっかりと確認する必要があります。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!