ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

クラーク地区にあるCIPという語学学校がやってくれたようです。

(引用)
この度がCIPはアメリカのミズーリ州立大学及びフォックスバレーテクニカルカレッジの英語教育機関として認可されました。フィリピン語学学校では初めてのケースとなります。CIPで特定のプログラムを学習した学生は、TOEFLやIELTSのスコアなしで、両校に入学可能となります。

0001 (3) 0001 (2)

なんと、フィリピンの語学学校で学ぶだけで、TOEFLやIELTSのスコアなしでアメリカの名門校への入学がOKになるという快挙。しかし、それだけハードなんでしょうねー。。また、ここの講師の教育は、僕の知ってる中では1位2位を争うほど厳しいんです。

この学校、屋外は感じのいいBGMがいつも流れてていい雰囲気なんです。授業が終わると学校でてすぐのところに飲めるちっさなストアがあって、そこに講師も生徒も毎晩集まるんです。勿論、多国籍なので英語で楽しく会話するんです。個人的にはその雰囲気すごく好きです。

 



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!