ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

ときどき思いつき日記みたいなブログ書いてるんで、良かったら見てください。

つれづれ日記
http://www.hub1234.com/category/blog
詳しいプロフィール
http://www.hub1234.com/pfofile.html

先日東京へ行ってがっかりしました。

久々に東京街を散策してみたのですが、外国人の数半端ないですね!(驚)毎年行ってるんですが、着実に増えてますね。感覚ですが、その辺の人の1/3近くが外国人です。(ちょっと大げさ?)

そしてやっぱり道聞かれます(笑)でも、その道の聞かれ方にがっかりしちゃったんです。

なぜならまず「Can you speak English?」って聞かれるんです。

なんで?って思うかも知れませんが、これ国際感覚だとおかしなことなんです。

だって、道聞かれる前にいちいち「あなたは英語が話せますか?」って聞かなきゃなんないってことは、暗に「英語が話せない人がいないから誰に尋ねていいのかわからない。」ってことなんです。

海外に行くと大体僕もよく迷子になるので(笑)、しょっちゅう道聞くし、逆に聞かれることもあるんですけど、英語圏の国じゃなかったとしてもいちいち「あなたは英語が話せますか?」なんて言いませんし、聞きません。だって英語で会話できるのが普通なんです。

地方の熊本といえど、人種関係なく外国人から英語で道を聞かれる機会は今後増えてきます。その瞬間、聞かれたあなたはその人にとっての「日本代表」になっているということを覚えておきましょう。

ここは頑張りたいところですね。道案内マストです!



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!