smartphone

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

長期滞在なら現地ケータイを買おう

フィリピン留学では、1ヶ月や2ヵ月程度の滞在ではあまり現地ケータイがなくても不自由はしません。それどころか、語学学校内のWi-Fiを使って自分のスマホが普通に使えます。メールの送受信、LINEやフェイスブック、メッセンジャー、カカオトークなど繋がっている人全てと普通に会話することが出来ます。ですが、3ヶ月以上も留学していると語学学校の講師や地元の友人などの親しくなると思います。そんな彼らと如何にもっと自由にコミュニケーションを取るのか?それは、現地のケータイを買うことで可能になります。
スマホ

フィリピンで携帯の購入はめっちゃ簡単

ケータイを買うというのは日本ではちゃんと契約書にサインして毎月6千円程度の支払があって・・・などとイメージしてしまいがちですが、実際にはスーパーマーケットでお菓子を買うような感覚で気軽に買えます。しかも安い機種であれば千円以内で買えます。フィリピン人の多くがプリペイド(前払い)式で使っているため、使う分だけを先にチャージしておきます(現地では「ロードする」と言います)。携帯番号を交換すれば日本でも連絡しあうことが出来ますが、それと同じです。フィリピン人同士では、このテキストメールでやり取りをすることが多いです。また、フェイスブックとメッセンジャーはフィリピンでチャージすると無料で使うことが出来ることが殆どなので、お互いのフェイスブックを交換して、メッセンジャーでやり取りをするという感じです。
cellephone

フィリピンで現地携帯がないと困ること

ところが、日本のスマホをフィリピンに持ってきてWi-Fi環境だけでしかやり取りが出来ないと、待ちあわせ場所でわからなくなったときや外出先でのやり取りがスムーズになりません。結局、会う約束をしていたのに会えず仕舞いになってしまうということもあります。だから、中長期で滞在するのであれば現地携帯を持っていたほうが何かと便利です。日本で契約したスマホなどは殆どがシムロック(特定キャリアのシムカードしか受付けず、他のシムカードを入れてもエラーになる)されているので、そのような人は現地携帯を買ってください。

simlock-smartphone

出典:Wikipedia_By Calerusnak – Own work, CC BY-SA 3.0, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=43299645

ロードするのはもったいない?

当たり前ですが、現地携帯にロードすることで初めて使えるようになります。私がフィリピン留学していたときは、現地携帯を買ってたくさんロード(お金をチャージすること)していました。基本は、100、300、500ペソのカードがあるので、自分が使うだろう分をロードすれば大丈夫です。通話をする人だと、キャリアによって若干通話料が違いますが、平均して7.5ペソ/分ほどです。それにテキストを相手に送る都度少額ですが、ロードした分が消費されていきます。

consumeing-load

フィリピン人には当たり前の節約プラン

私は、ロードした100ペソがなくなる度に再度追加で100ペソロードしていましたが、1日2日ほどでなくなるので、意外と使うんだなーと思っていました。ですが、フィリピン人って普通にバンバンテキスト打つし、電話もしてきます。そんな余裕ないはずなのになぜだろうと思って調べてみたら、すっごいプランがあることに気づきました。

unlitext-smartphone

それはUNLITEXTとUNLICALLと呼ばれるものです。フィリピンには大きく分けて、SMARTとGLOBEというキャリアがあり、そのグループ会社で更にTMとSUNというキャリアがあります。SMART/SUNとGLOBE/TMに分けることが出来ます。どのキャリアにも、一定額を払えば特定の期間中は無制限にテキストを打つことができて(UNLITEXT)、同グループキャリアの携帯を使っている人に無制限に電話することができる(UNLICALL)プランがあります。

例えば、GLOBEを使っている私は、僅か15ペソを払うだけで3日間UNLITEXTと数十MBのネットサーフィンが出来ます(簡単な設定が必要です)。また、50ペソ払うと、3日間UNLITEXT+UNLICALL、数十MBのネットサーフィンが出来ます(こちらも同様の設定が必要)。これを知ってしまうと、なんて100ペソ、300ペソずつロードしていたのがバカらしいのかがわかります。フィリピン人たちは、基本的にこのプランを設定しており、ネットサーフィンはWi-Fi環境でしか使わないというやり方です。※フェイスブックとメッセンジャーは使い放題なのでデータを消費することがありません。

unlitext-smartphone

フィリピン携帯を買って節約プランを導入するまで

まずはショッピングセンターやモールなどに出向き、ディスプレイされている携帯電話を眺めてみます。日本の一体何倍あるんだろうってぐらいお店も機種もあるのでまあ迷います(笑)ガラケータイプのものからスマホまで多種多様です。日本と同じ機種があっても1万円ほど安いというのもザラです。

ガラケーとスマホどちらを買っても構いませんが、スマホが使い慣れた人にとってガラケーの文字の打ち難さは言うまでもありません。ですが、それでもよければガラケーで大丈夫です。一方でスマホを選ぶときの注意点としては、安過ぎるスマホ(数千円)を購入すると、スペックが低過ぎてLINEのアプリさえインストールできなかったということもあるので注意してください。

phone-shop

どうせなら日本でも使い続けたいからこれを買うというぐらいの機種を買ったほうがサクサク動きます。因みに私のは日本では5万円の機種がフィリピンでは3万5千円だったのでそれにしました。

携帯電話を購入すると、キャンペンなどがない限り携帯電話端末だけなのでシムカードを別途購入する必要があります。シムカードは他のお店や露店で買うことが出来るので、近くを探すか携帯電話を買ったお店に聞いてみてください。携帯電話扱ってて、この辺でシムカードが買える場所を知らないって返してくる店員もいます(笑)

GLOBEやSMARTと書いてある売店のようなところがあるので、そこだとまず買えます。自分の使いたいキャリアを選んだら(GLOBEかSMARTいずれかどちらでもいいです)、店員に購入した携帯電話を渡して、代わりにセッティングしてもらいましょう。100%代わりにやってくれます。同時に100ペソ携帯にロードしましょう。これも代わりにセッティングはやってもらえます。

load-smartphone

超簡単!自分でプラン設定する方法

ここまでくれば、簡単な設定をして終わりです。一度この流れを経験すればあとは3日置きにこれを繰り返すだけです。フィリピン語学留学中の人であれば、金曜日に授業が終わった後くらいにロードしてこの設定をしておけば、週末は外出先でも友達に電話したりLINEでメッセージすることができます。以下はGLOBEのシムを使った場合です。GLOBEを使うとTMのシムを使っている人も無料の対象になります。

①テキスト使い放題(インターネット50MB、FB+MESSANGER使い放題)
ショートメッセージで8080(送信先番号)と指定→テキスト欄にGOTXY15と送信。

テキスト&(同キャリア同士)電話使い放題(インターネット50MBつき、FB+MESSANGER使い放題)
ショートメッセージで8080(送信先番号)と指定→テキスト欄にGOUNLI50と送信。

インターネット1GB(FB+MESSANGER+他のメッセージアプリ使い放題)
*143#に電話→送られてきたショートメッセージの中のGoSURF50の番号を送信。

すると確認メールが届くので、これで今から3日間は選んだプランが適用されます。そして3日後にはこのプランが終了しているので、そのタイミングで同様のことを行えば更に3日間使うことが出来ます。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!