philippines-sightseeing-belongings

ABOUTこの記事をかいた人

ピンボケロッキー

金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

フィリピン旅行の持ち物_pexel

フィリピン旅行に欠かせない持ち物

フィリピン旅行に必須の持ち物は何でしょう?
他の海外旅行先と何が違うでしょうか。

「フィリピン旅行の必需品」のような情報サイトもいくつか読んだことがありますが、なかには「パスポート」「クレジットカード」みたいな、フィリピン旅行でなくても当たり前な持ち物を列挙していたりします。

今、この記事を読んでいらっしゃるあなたがお知りになりたいのは「他の海外旅行先と違う、フィリピン旅行ならではの持ち物とその理由」ですよね?

かれこれ50回以上フィリピン旅行&出張をした経験から「おすすめの持ち物」をランキング化したうえで、フィリピン旅行ならではの事情もあわせて解説いたします。

10位 湯たんぽ

philippines-sightseeing-hot-water-bottle

フィリピン旅行におすすめの持ち物1位「湯たんぽ」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

暑いフィリピン旅行に湯たんぽ?不思議に思われるでしょうね。

実はこれ、「フィリピンの軽井沢」といわれる避暑地バギオに滞在された方の旅行記で推奨されていました。でも10位にランクインさせたのは、バギオとは真逆の理由です。

ある程度高級なホテルにのみ宿泊される方には無用ですが、フィリピン旅行のなかで田舎町に行けば、エアコンの無い安い部屋に宿泊されることもあるでしょう。

またホテルによってはエアコンのノイズがかなりうるさくて眠れない、そんな部屋もフィリピンではよくあります。1泊P2,000くらいするホテルでさえ、安いエアコンや古くなったエアコンを使っていれば騒音レベルです。

そこで簡易製の湯たんぽに冷たい水を注入し、タオルをかぶせて「水枕」にするわけです。

冷え性の皆さんは日本でもエアコンをオフにして就寝されますよね。簡易水枕があれば、エアコン無しでも安眠しやすいでしょう。二泊三日とかならわざわざ購入するほどでもないと思いますが、数週間以上ご滞在される場合は検討してみてください。シーズンや行き先にもよります。

9位 変圧器やプラグなど

philippines-sightseeing-outlet

フィリピン旅行におすすめの持ち物9位「変換プラグ」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

日本と電圧が違うことは多くの皆さんがご存知でしょう。それだけでなく、コンセントの形状も同じとは限りません。日本の形状(タイプA)にも対応可能な形をしたコンセントもありますが、タイプCしか使えないホテルも珍しくありません。

また部屋のコンセントが1つしかないことも珍しくありません。2人で1部屋だったり、スマホとパソコンを同時に充電したいときのために、タコ足コンセントがあると便利です。

ただし日本の市販品は100V専用です。そのため高電圧対応のものを購入するか、変圧器が必要になります。現地で探しに行けるならば、その方が安上がりですが。

8位 ポケットティッシュ

philippines-sightseeing-pocket-tissue

フィリピン旅行におすすめの持ち物8位「ポケットティッシュ」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

もちろんフィリピンでも売っています。でもクオリティは日本と比較になりません。
重いものではないのですから、スーツケースの隙間ふさぎに数個、持参しましょう。

フィリピンの公衆トイレは、ペーパーを備え付けていない所が多数あります。ですから留学生は外出の際、芯を抜いたトイレットペーパーを持ち歩いたりしています。

7位 ふりかけ

philippines-sightseeing-sprinkle-rice

フィリピン旅行におすすめの持ち物7位「ふりかけ」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

フィリピン旅行ではぜひ、現地料理にも挑戦していただきたいと思います。でも日本人の口に合わない料理がけっこうあることも事実です。

同じ東南アジアでも、ベトナムやシンガポールであれば大半の料理は日本人の舌にも合いますが、残念ながらフィリピンはそうではありません。

梅干しや漬け物、インスタント味噌汁などを推奨している記事もありますが、留学生ならともかく、フィリピン旅行者が外出先に持ち歩く場合はどうでしょうか。

ふりかけなら、バッグに小袋をひとつ入れておけば済むことですからね。

フィリピン庶民の食堂では、出来合いのオカズが数種類並んでいます。そのなかから1品か2品選ぶことになります。
もしチョイスしたオカズが口に合わなくても、ふりかけがあればご飯は食べられます。

6位 サングラス

philippines-sightseeing-sunglasses

フィリピン旅行におすすめの持ち物5位「サングラス」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

日差しの強いフィリピン。現地の、特に女性はサングラスを愛用しています。ですから安いものでよろしければビーチなどで売っていますが、デザインやかけ心地は値段相応です。

またフィリピン旅行ではどうしても長時間の移動がつきものです。バスの車内や機内で仮眠をとりたいときにも便利でしょう。

もうひとつ、サングラスは安全対策でもあります。

日本人にくらべ、韓国人や中国人はサングラスをしている比率が高いです。ですからサングラスをしていることで、日本人狙いのよからぬ輩たちが近寄ってくるリスクを減らせるでしょう。

関連してもうひとつアドバイスを。

「地球の歩き方」を持ったまま歩くことはできるだけ控えましょう。黄色い表紙のガイドブックを持っているだけで、自分が日本人で、しかも不慣れな旅行者であると周囲に自己紹介しているようなものです。

ベストセラーゆえ、日本のパスポートをわざわざ見せているのと一緒です。

5位 基礎化粧品

philippines-sightseeing-cosmetics

フィリピン旅行におすすめの持ち物5位「基礎化粧品」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

かつて数年間、マニラ駐在妻を余儀なくされた同級生から聞いた話です。

フィリピンの女性は基礎化粧品をほとんど使わないのだそうです。そのためモールの高級品を扱っている店まで行かないと入手できないのだと。

しかも、そこで売られている基礎化粧品のほとんどは欧米の製品。韓国製を取り扱うお店を発見できれば、日本人と肌質が近いので無難だそうですが、それでも割高だと。

日本とは比較にならない紫外線の強さに加え、フィリピンは硬水です。軟水の日本と違いお肌へのダメージも大きくなるでしょう。

液体なので荷物が重くなるデメリットもあります。日数など総合的に考慮してください。

ついでに申し加えます。

硬水といえば、髪へのダメージを気にされる女性もいらっしゃるでしょう。荷物の重量に余裕がおありなら、コンディショナーも持参するに越したことはありません。

ですが最近は以前よりも質の良いコンディショナーやシャンプーがフィリピンでも増えているようです。割り切って現地調達するのも選択肢でしょう。

もちろん二泊三日くらいなら、日本で入手した無料サンプルで十分です。

4位 日焼け止め

philippines-sightseeing-sunblook

フィリピン旅行におすすめの持ち物4位「日焼け止め」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

ネットの旅行記を読んでも、必需品という人もいれば現地調達を推奨している人もいます。

フィリピンで買える日焼け止めはSPFがあまり高くないものが主流なので、重さを気にしなくてよいのなら持参するほうがベターでしょう。

ビーチに限らずフィリピンの日差しは強烈ですから、移動の車内などでも対策は必要です。

3位 医薬品&サプリメント

philippines-sightseeing-supplement

フィリピン旅行におすすめの持ち物3位「医薬品&サプリメント」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

まず医薬品ですが、フィリピンのローカルな薬局では1箱単位ではなく1錠単位で薬が買えます。
それは便利なのですが、なかには強すぎる薬もあります。鎮痛剤、胃腸薬、風邪薬くらいは自宅にあるものを1シートとか数錠でも持参することをおすすめします。

それからフィリピン旅行といえば、多少はシーズンにもよりますが蚊が気になるところ。

虫さされ薬はフィリピンにもあります。でもメントール成分が含まれていないものが多いです。スーッとする感覚がないわけです。

中国人旅行者が日本で爆買いする医薬品TOP10のなかには、クールに感じる成分を含有した虫さされ薬もランクインしているくらいですからね。

次にサプリメント。

フィリピン旅行では、どうしてもビタミン類が不足しがちになります。

元々フィリピンの人々は生野菜を食べる習慣がありません。また歴史上、野菜を作る場所があるならお米を作ってきたので、料理でも野菜類が少なめです。

現地で買えるビタミン剤の多くはアメリカ製で、ビンも大きく粒も巨大です。

2位 歯ブラシ&ペースト

philippines-sightseeing-toothpast

フィリピン旅行におすすめの持ち物2位「歯ブラシ&ペースト」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

もちろんフィリピンでも簡単に買えます。ホテルのアメニティで用意されていることも多いです。

しかし声を大にして申し上げたいのですが、とにかくマズい!二泊三日程度のフィリピン旅行だとしても、毎回あのマズさを味わうことを考えたら、日本から持参すべきです。

それから歯ブラシのヘッドがどれも大きいのです。アメリカン・サイズですね。

1位 飲み物類

philippines-sightseeing-instant-coffee

フィリピン旅行におすすめの持ち物1位「飲み物類」

フィリピン旅行の持ち物_pexel

日本で日頃から炭酸飲料を愛飲していらっしゃる方にとっては、それほど問題ではないかもしれません。フィリピン人も炭酸飲料が大好きですから。
でもコーヒー党や緑茶派にとっては大問題です。

フィリピンの一般的なレストランで出されるコーヒーは、最初から甘いのが普通です。
ホテルの部屋にサービスで置いてあるインスタントも3in1です。ミルクと砂糖が最初からミックスされている、ということです。

コンビニでは最近、グリーンティーもありますがこれも甘いです。ジャスミン茶でも甘くなっています。

日本からスティックタイプのコーヒーやティーバッグを持参されることをおすすめします。

他にも例えば、無印良品の店舗には水に溶かすだけの粉末飲料が多種揃っています。甘さも日本人好みの控えめですから、フィリピン旅行では重宝します。

フィリピン旅行以外(留学)で便利な持ち物

石鹸置き

持ち物として意外でしょうが、語学学校のシャワールームに設置されてないケースがあります。

ライトスタンド

持ち物としてちょっと大きいかもしれませんが、日本と違って少々語学学校の寮って暗めだったりします。さらに机にライトスタンドがないところも結構あるので、ライトスタンドは無理でもUSBから電源を取るタイプのライトを持っていくと便利です。

 


フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なく以下のフォームよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!