留学コストはいくら掛かるか

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

留学相談者:アメリカ留学をする予定ですが、その前に3ヶ月間フィリピン留学で基礎力を付けていこうと思っています。セブに行こうと思っているのですが、語学学校でオススメはどこですか?また、どのように生活するのかまったく想像できません。70万円ほど用意していけば足りるでしょうか?

おすすめの語学学校は人それぞれ

フィリピンのおすすめの語学学校

よく、フィリピンのおすすめの語学学校はどこですかという質問を受けます。

ネット上でも「おすすめの語学学校」っていうのを見たりするんですが、実はどれかひとつが一番良いということというのは、あまりないです。そもそも留学者の目的というのは人それぞれ違います。これはその目的とか、その人の性格によって学校は変えるべきだと思っているからです。そのために留学代理店とかカウンセラーがいるわけなので、目的を詳しく説明して相談を受けてほしいと思います。

ある人は英会話を強化したい、ある人はTOEICを強化したい、ある人はアメリカに留学するのでTOEFLのスコアが必要だというかたちで、人それぞれやっぱり違ってくるんですね。気候も、暑い所でもぜんぜん平気、逆に暑いのが苦手とかいうふうにわかれるので、それによってエリアも変わってくるんです。フィリピンの中でも、マニラ・セブ以外にもバギオ・ダバオ・バコロド・タガイタイなど、たくさん留学できる場所があります。そうすると、気候も違ったり、生活環境も若干変わったりするので、一概に一番どこがいいですよというのは、目的や本人の希望を聞かずして、語ることはできないんです。

フィリピン留学での生活

フィリピン語学学校の寮

欧米留学だったらホームステイをしたり、もしくはアパートを自分で借りたりして生活していくんですが、フィリピン留学の場合だとそもそもホームステイというスタイルはほとんどないんです。

学校のキャンパスの中の寮に入るのが基本です。この中で、他の留学生とともに生活することになります。朝起きたら、徒歩1分くらいで授業を受けられるぐらいの距離に寮が建っています。日本でいうと、大学の中にも寮があるので、そういったところに自分たちも入っているというふうにイメージしてもらえばいいです。

食事に関しては、基本的には、朝・昼・晩、1日3食が提供され、洗濯も基本的には週に2回のランドリーサービスがあります。だいたい曜日によって出す日がわけられたりするんですけが、出してから1日から2日ほどできちんと畳んで戻ってきます。さらに、部屋の掃除も週に1回から2回は学校のスタッフにやってもらえます。なので、留学中に自分たちがしなければいけないのは、欧米と違って、本当にフィリピン留学の場合は、勉強だけになるんです。

また部屋に関しては、タイプが1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋、多いところでは6人部屋っていうのもありますが、自分がどんな生活をしたいかによって部屋のタイプがかわってきます。

基本的に1人部屋っていうのは、社会人の方が選ぶ傾向にあります。対して2人、3人部屋はとくに若い人に選ばれる傾向があります。どっちのほうがいいかというと、その人考え方によりますが、部屋人数が多いほうが友達はすぐにできます。また、相部屋の留学は、基本的には外国人の留学生と一緒になるというパターンが多いので、入ったその日にその人と、いろいろとたくさん深い話ができるので友達になりやすいといえます。さらにその友達の友達を連れてきてもらうことによって友達の輪が広く、大きくなりやすいです。

どっちがいいっていうのは本当にその人の性格によると思うので、この部屋割りに関しては、少ないほうがいいとか、多いほうがいいというのはありません。たいていは人数が多い部屋のほうが安いのでそれで選ぶという人の方が多いと思います。

日本資本と韓国資本のサービスの違い

フィリピン語学学校での食事

フィリピンの語学学校の資本は、韓国人経営が9割以上で1割以下が日本人経営のものになります。

一般的には日本資本のほうがいいと思われていますが、これは間違いです。日本人経営だからきめ細かなサービスを期待している人が多いですし、事実私が始めてフィリピン留学をするときはそういうイメージでした。ですが、実際行ってみると、1日3度の食事がついてなかったり(ついていても食事の内容がすごい貧相だったり)、洗濯サービスがなかったりなど韓国人経営では留学生活の基本中の基本となるサービスがないというケースが多々あります。

私は初めて留学したのが日本人経営の語学学校だったので、食事が週末はないことや洗濯サービスがないことは当たり前だと思っていました。今も、エージェントとして学校を視察すると日本人経営の語学学校の留学生はそれが普通だと思い込んでいるのをみると、ちょっと可哀想になります。※すべての日本人経営の語学学校ではないです。

投資が大きな韓国経営の語学学校の施設

韓国経営の語学学校だとこのようなジムを学校内に持つところもある

そもそもなぜそのようなサービスの違いがあるのかというと、韓国人経営の場合、学校を建てるときに何千万とかという単位で投資をして学校を作っていて、サービスも昔からそれが当たり前です。

ところが日本人経営の語学学校は、どこかの建物の一角を借りて経営をしているとか、一軒家を借りて経営しているタイプが多いので、基本的には大規模な投資は控え、できるだけ経費を節約しながら運営しようとしています。この姿勢がそのままサービスの内容にも反映されて、韓国人経営の語学学校と比べるとサービス面で劣っているのです。すべての日本資本がそうではないのですが、そういう傾向がちょっと強いと感じます。私自身が韓国人経営と日本人経営語学学校両方に留学した経験があるので、そのあたりは韓国人経営の語学学校のサービスレベルが高いなと感じています。

ただ、語学学校はサービスの内容だけで決めることはありません。そのような事実を踏まえ自分がどこまで許容できるのかということを考えながら、学校の運営状態(つぶれないだろうかとかも含め)やどんなカリキュラムを持っていのかというところも気にしていきたいところです。

3か月の学費

フィリピン留学の費用

1ヶ月の留学だと、航空券を含めて25万円前後で収まることがよくあります(部屋タイプや航空券の値段にも左右されるのでもちろん金額は前後します)。3ヶ月の留学なら単純に×(かける)3で75万円なのかっていうと、もちろんそうではありません。

2ヶ月目以降は支払う費用が支払う必要がないものとして、航空券やSSP(就学許可証)、空港へのピックアップ費用などは2ヶ月目から必要ではありません。なので、純粋な留学費用、たとえば15万円が1ヶ月の学費であれば、1ヶ月滞在期間が増すごとにプラス15万、その後の1ヶ月でさらにプラス15万というふうに増えるだけです(もちろんこれとは別にビザの延長費用が発生します)。なので、3ヶ月の留学だとトータルで50-60万円ほどで落ち着くというパターンが多いです。

ただ、語学学校によっては、授業料がそもそも4週間で20数万円というところもあるので、そういったところに行く場合は、全体の費用としては、20数万円単位で月々増えると考える必要があるため、たとえば(航空券やSSPなどを抜かした)純粋な留学費用が25万円だとすれば、3ヶ月で90万円くらいかかるということを認識しておいたほうがいいです。

フィリピン留学代理店の手数料

また相談する留学エージェントによっては、手数料を多くとっているというところも見受けられますのでそういったところに頼んでしまうと、60万円以下で済むようなところでも100万円以上かかってしまったというところもあります。

また、代理店に相談したとしても、代理店ごとの情報量にかなり差があります。

英会話スクールや旅行会社でフィリピン留学の手配も兼任してやってるようなところに相談してしまうと、たいしたカウンセリングが受けられないばかりか、(経験値や知識量が乏しいため)その人には相応しくない学校を進められてしまい、そのまま手続きを進めてしまえば留学自体を棒に振る可能性すら否めません。

※視察中、たまに旅行代理店の社員がフィリピン留学の視察に訪れてるところを見ますが、たいてい知識はないです。殆どが写真を撮りに来てるだけだと思ってもらったほうがいいかもしれません。そもそも旅行代理店の社員は留学経験すらないのが普通です。

最後に、留学専門の代理店であったとしても、留学費用だけを見積もって一番安いところで決めたりすれば結構な確立で失敗します。

なぜなら、留学ってスーパーマーケットで商品を買うのとはわけが違うからです。よく留学をすればなんとかなるだろうと考えている人がいますが、経験上このような人たちがそのまま留学すれば殆どが失敗して帰ってきてしまいます。これは何もフィリピン留学に限ったことではなく、欧米留学者にも当てはまります。成功させるための心構えやそのための準備っていうのがちゃんとあるので、留学手配だけをしてもらえばいいとかっていうものではないんです。なので、たった2~3万円留学費用が安くなったとしても、手続きをしてもらう代理店が違うだけで1ヶ月トータル20数万円の留学自体がパーになってしまう可能性があるのでそこは考えものですね。

 

まとめ

3ヶ月のフィリピン留学で70万円ほどで足りるかという質問でしたが、よっぽど高くない学校を選んだりしない限り足ります。ただ、これまでお話してきた通り予算がOKならそこから節約することも大事ですが、予算内で自分にベストな学校選びできるように考えをめぐらせたほうがいいです。


フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なく以下のフォームよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!