3ヶ月のフィリピン留学費用

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

【2017/10/8更新】

フィリピン留学でもっとも多い留学期間は「3ヶ月」です。

定番とも言えるこの3ヶ月の費用って総額でどれくらいするものなんでしょうか?またそれぐらいの期間でどれほど成長するものなんでしょう?

費用と成果を実体験を元に紹介します。

いくつかの例を紹介するので目に穴があくくらい見てね~

実際にあった3ヶ月留学の相談内容

大学生
アメリカ留学をする予定ですが、その前に3ヶ月間フィリピン留学で基礎力を付けていこうと思っています。セブに行こうと思っているのですが、語学学校でオススメはどこですか?また、どのように生活するのかまったく想像できません。70万円ほど用意していけば足りるでしょうか?

みんなにおすすめの留学先なんてない

フィリピンのおすすめの語学学校

「語学学校の選び方」

よく、フィリピンの「おすすめの語学学校はどこですか」という質問を受けます。

ネット上でも”おすすめの語学学校”っていうのを見たりしますが、実際はどれかひとつが一番良いということというのは、あまりないです。

留学者の性格や英語のレベル、目的はみんな違います。同様に学校もそれぞれコンセプトを持っていて、強み弱みもあります。

だから、行くべき学校は相談者によって違っているのが当たり前なんです。そのために留学代理店やカウンセラーと呼ばれる人たちがいるんです。

 

学校に直接相談して、そのまま他の学校を比べずに決めてしまう人がいますが、それは「危険」です。

 

なぜなら、学校は新しいお客さんに来て欲しいので、その人の目的にあってなかったとしてもそのまま入学を勧めてしまうケースがあるからです。

語学学校の選び方についてはこちらの記事で詳しくまとめてます。

 

「留学地域の選び方」

フィリピン留学ってセブ留学しか知らない人が余りにも多いです。

フィリピンって暑いイメージですが中には涼しい所もあります。ガヤガヤした都会もあれば静かで落ち着いた田舎だってあります。その全てに留学先があるんです。

都会が好きな人がいれば、田舎が好きな人もいますよね?それぞれのメリット・デメリットを確認して地域を決めたほうが自分にとってよりよい選択ができるよ。
はじめて留学する人は、セブ島しか知らないからセブ留学から相談が始まります。殆どのエージェントは、その人にとってもっと良い場所があってもいちいち自ら説明してくれる人はいません。本当は暑いの苦手な人でも、平均気温が35度もあるセブでそのまま話を進めます。なので、自分で予めどんな留学地域があるのかを知っておくことが大事です。

こちらに留学地域をまとめてます。

 

フィリピン留学での生活

キャンパスマップ

 キャンパスライフ

 欧米留学だったらホームステイかアパートを自分で借りたりして生活していくんですが、フィリピン留学には、そもそもホームステイというスタイルはありません。

学校のキャンパスの中の寮に入るのが基本です。この中で、他の留学生と一緒に生活します。

朝起きたら、徒歩1分くらいで授業を受けられるぐらいの距離に寮があります。日本でいうと、大学の中にも寮があるので、そういったところに自分たちも入っているというふうにイメージしてもらえばいいです。

ホテルを使う外部寮もありますが、キャンパス内の生活の方が何かと便利で楽しいはずです。

外部寮になると、休みの日でも学校に出かけていく必要があったり、授業の合間の休み時間に眠くなっても寮に戻ることが外部だと困難になるからだよ。お昼食べたら眠くなりますよね?というか、午後の授業をしっかり受けるためには寝たほうが良いよ。
なるほど!外部寮だと外から一日3回も学校にご飯のために食べに行くのは辛いですね。。飯食ったら眠くなるのは当然ですね。盲点でした。。参考にします!

 

部屋について

外部ホテルは基本的に1人部屋なんですが、キャンパスの内部寮は2人・3人部屋があります。節約したい方や他の留学生と生活してみたい人は複数人部屋を選ばれてください。トイレとシャワーは各部屋についてます。

参考⇒MONOL秘密の部屋に留学生が殺到中!?(バギオ留学)

 

食事について

平日3回の食事があります。週末は、みなさん外食することが多いので2回提供の所が多いです。留学生の国籍に合わせて韓国・台湾・日本料理などが出ます。

思ってたより美味しかったと言われることが多いですが、期待しないで行くことが肝心だよ(笑)期待値上げていくとなんでも期待はずれに終わります。

ジムについて

ジムは学校によってあったりなかったり、また豪華だったりしょぼかったりします(笑)気になる人はチェックしておきましょう。

体育館やプールを設置してるところもあります。使用は基本無料のところが多いです。外部と提携しているジムは安く使わせてもらうことができますよ。

 

授業について

1日の授業時間はマンツーマンとグループ合わせて8時間前後です。欧米留学では絶対ありえないですね。

僕が、1日11時間の授業に参加したときの様子はコチラ。本当にしんどかった。これはスパルタコースなので、普通のコースだとココまでハードじゃないよ(笑)
確かシンさん、その後飲みに行ってましたよね~。まだまだ若いですね!(笑)

 

授業はマンツーマンがメインなので、自分のペースで進めてくれます。弱点克服にはもってこいの授業ですね。グループクラスは、レベルチェックの後にちゃんと自分と同じレベルのクラスに配置されるので安心してください。

病気になったら

看護師の資格を持ったスタッフが学校にいます。なので、具合が悪いときには診てもらってください。

学校周辺にも病院はあるので、スタッフに同行・案内してもらうことができます。ドクターが学校まで定期的に往診してるところもありますよ。

3ヶ月留学のビザ費用

ビザ
区分 期間 ビザ費用
ビザ不要 1週〜4週 なし(30日間)
1次ビザ 5週〜8週 3,440ペソ
2次ビザ 9週〜12週 4,710ペソ
3次ビザ 13週〜16週 2,740ペソ
4次ビザ 17週〜20週 2,740ペソ
5次ビザ 21週〜24週 2,740ペソ

留学生は観光ビザで滞在できます。30日以内は無料ですが、31日目からはビザの延長申請が必要です。3ヶ月の学生は、1次ビザと2次ビザの取得が必要です。

手続きには、顔写真とパスポートが必要。留学生は学校が全て代行してやってくれるので、何もしなくて大丈夫です。

シンさん、これって日本を出発する前に何か申請とか準備する必要はないんですか?
ビザの取得や延長は、現地到着後にやるものだよ。それに、学校のスタッフが全て代行してやるから心配なし!

3ヶ月留学の成果

どうやったら英語が成長するか

3ヶ月行って果たしてどれだけ成長できるんだろう。。

こんな疑問を持つ方は多いと思います。なので、コチラの記事でまとめてますので読んでみて下さい。

 

フィリピン留学3ヶ月の費用

フィリピン留学の費用
 3ヶ月の留学総額:653,170円 
条件:英会話コース(マンツーマン4時間+グループ2時間+無料クラス3時間)/2人部屋
 
いよいよ気になる留学費用です。ズバリ、約65万円です。
 
ただ、これは節約の余地が十分にあります。※節約方法は後ほど解説
 
大きく分けると3つの支払いになります。
 
  1. 渡航前に払う費用(日本)
  2. 渡航後に払う費用(フィリピン)
  3. その他費用
 

フィリピン渡航前に払う費用

 

  • 入学金(10,000円):学校登録に必要な費用
  • 授業料(463,000円):期間中の授業料、滞在費、食費込みの費用
  • 空港ピックアップ費用(2,000円):学校スタッフがフィリピンの空港に迎えに来てくれる費用
  • 海外送金手数料(2,500円):海外送金する際の手数料

 

フィリピン渡航後に払う費用

 

  • SSP費用(15,000円):フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用※半年ごとに更新
  • ビザ延長費用(17,930円):30日以上滞在者が対象の31日目からの観光ビザ延長費用
  • ACR-Iカード発給費(7,260円):60日以上滞在者が対象の外国人登録証
  • 寮保証金(7,000円):寮の保証金 ※退寮時に全額返金
  • 水道光熱費(13,200円):現地で使う水道光熱費
  • 学生IDカード(500円):学生証発行費用

 

その他費用

 

  • 海外航空券(55,000円):往復の海外航空券代
  • 海外旅行保険(59,780円):留学期間中の保険代※AIU利用時
  • ※お小遣い(1.5~3万円/月):タクシー代、外食代、観光費用等
 

費用の節約方法

節約方法

3ヶ月の留学費用は約65万円ですが、もあります。できる所から手をつけて節約してみてください。

 

 

 まとめ

3ヶ月のフィリピン留学はおよそ60万円で行けます。授業数は欧米留学の1年分に匹敵することから、フィリピンでの留学期間でもっとも多いのが3ヶ月なんです。

ただ、実際3ヶ月って行ってみるとあっという間です。なので、集中してやった人とそうでない人の間には相当な差が出るはずです。

まずは予算を確認したら、地域と学校選びを真剣に考えてみてください。

 

 



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!