business-english

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

留学相談者:3ヶ月のフィリピン留学を考えています。トーイックは現在800点ほどですが、スピーキングが弱いので会話力を中心に鍛えたいと考えています。特にビジネス英会話をメインで練習したいと考えています。というのも、毎日業務で英語を使わなければいけないからです。なかなか表現がうまくできないのでイライラします。このような状態ですが、どのような留学が考えられるでしょうか。

フィリピン留学者の平均値

現在、フィリピン留学者の大半が初級者や超初心者で構成されています。なので、質問者のトーイック800点はかなり高いと思います。しかし、だからと言ってフィリピン留学が適していないわけではありません。

フィリピン留学でビジネス英語に対応できるか

ビジネス英会話

相談者さんは上級英語を勉強されたいとのことですが、これは可能です。ビジネスの場面で英会話やプレゼンのシーンが多々ある会社の社員さんが、語学研修でフィリピン留学を多く利用されています。ただ、学校も初級者向け、中級者向け、上級者向けと別れており、先ほどの通り留学者の大半が初心者なので、それにあわせて語学学校も初心者向けの学校が多いです。

注意すべき点は、学校が300程度ある中で、相談する代理店が学校のレベルを把握しているかということです。例えば、ビジネス英語を教えるのがうまい学校もありますが、そのコースをとる方は質問者様並かそれ以上です。実際、ビジネス英会話コースがある語学学校でも、普通の英会話コースの生徒しかおらず、周りの留学生が自分よりレベルが下の人しかいないということもあります。間違ってもそういう学校のビジネス英会話コースをとらないことです。

たいてい、英会話・TOEIC・TOEFL・IELTS・ビジネスコースは、どの学校にもあります。なので、「ビジネス英会話に強い語学学校」を探す必要があります。ふたを開けてみると、TOEICの点数を800以上に伸ばしたいのにTOEICコースを選んだのに、500点を目指すような初心者ばかりしかいなかったという例もあります。実際、講師もそういった初心者に教えられる方しかいないので、なかなかそういう語学学校ではハイレベルな授業は期待できないと思った方がいいです。

英会話初心者に強い学校もあれば、TOEICに強い語学学校、IELTSが強い語学学校など特色があります。

なので、相談者さんが行くべき学校は、ビジネス英会話を必要とする社会人が集まる語学学校に行くことです。韓国経営の語学学校と日本経営の語学学校がありますが、ビジネス英会話を勉強できる学校は割合的には日本経営の語学学校が多いです。※韓国経営の語学学校でもビジネス英会話に強いところもあります。

日本経営の語学学校は、留学代理店を経由せずに直接申し込むタイプが多いです。なので、留学代理店に問合わせしてもそもそも取り扱いをしていないので手配してもらえない可能性があると思ったほうがいいです。しかし、そのような語学学校でも、きちんと視察をしていて、韓国経営と日本経営の違いをきちんと把握している留学代理店もあるので、留学代理店選びを間違わなければ大丈夫です。

ただ、注意点としては直接語学学校に聞く場合には第三者評価も考えたほうがいいです。というのも、これは韓国経営・日本経営関係なく語学学校に直接聞いたとしても他の学校との比較ができないことや問合せした語学学校のスタッフが常に自分のところがナンバーワンだと言い張る傾向が強いからです。

具体的な語学学校とその効果

CIP

先ほどの韓国資本の学校で、ビジネス英会話に強い一例として、クラークにあるCIPという学校があります。ここは、韓国資本でありながら日本人の気質にあわせた学校つくりがされていて、大半が中級者なので留学生のレベルが高いです。

ESL英会話コースと試験対策コース(TOEIC/TOEFL/IELTS)の両方ありますが、試験対策コースの講師の方がESL英会話コースの講師よりもレベルが高いです。講師をコースによって専門家させてるのです。ちなみに高いレベルの留学生がくる傾向にあるビジネス英会話コースは、もちろん格試験対策コースの講師が担当しています。

ビジネス英会話コースを取る学生の割合は、どの学校も一般的には多くはありませんが、講師のトレーニングがきちんとしていることやそもそも講師の質が高いので相談者さんにはおすすめです。これは韓国経営の語学学校の一例として紹介しましたが、このようなところと日本経営の語学学校を比べてみると良いと思います。

日本経営の語学学校だと、ビルのフロアや一角を間借りして運営しているパターンが多いです。滞在先は外部のホテルなので、スポーツジムなどの設備や食事・洗濯サービス面があまり充実していないにも関わらず、料金設定は韓国経営の語学学校より高めです。

キャンパスタイプ(滞在先が学校と同じ敷地にある語学学校)と通学型(学校と滞在先が別)の違いで留学前に知っておいたほうがいいことがあります。

学校と滞在場所が別々の場所なので、毎日通学する必要があります。学校の送迎があったりしますが、時間が決まってるのでちょっと早めに行って自習をしておこうとかという風に自由に行くことができません。また、帰りも同様です。

お昼時になると、たいていの人が午前のハードな授業をこなした後にご飯を食べて眠くなります。みなさんも高校や大学のときってそういう経験ありますよね。キャンパスタイプであれば敷地内の寮にもどってちょっと仮眠を取って、1分で帰ってこれますが、通学タイプではそういうことはまずできません。なので、どうしても眠いときは、周りに人ががやがやいても机で仮眠をとる程度になります。

また、サービス面では、日本資本の学校は3度の食事が留学費用に含まれていない(要は別途支払い)場合が多いです。なので、単純に韓国経営と日本経営の語学学校を留学費用で単純に比較できません。

日本経営の語学学校しか経験がない留学生であれば、「これが普通なのか」と思ってしまいますが、100校以上見てきた私からすると日本経営の語学学校は金額設定がちょっと高い割りにサービスが控えめです。なので、このようなことも視野に入れながら自分の予算とも話し合い、費用対効果を見極めてほしいなと思います。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!