3ヶ月のフィリピン留学の成果

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

留学相談者:フィリピン語学留学を考えていますが、私は英語を全くしゃべれません。最近よく聞くフィリピン語学留学を3ヶ月間やってみようと思っていますが、一体どれくらいしゃべれるようになるんでしょうか?日常英会話程度はできるようになるんでしょうか?オススメの語学学校はどこでしょうか?

期間毎の英語上達度

同じ留学期間でも効果に差が出る理由

そうですね。なかなか英語が全く喋れないような状態でフィリピン留学を3ヶ月したときに、どれくらい上達できるのかという質問ですね。それは、今の自分の英語のレベルがどれくらいあるのかによってだいぶ変わってきます。

留学の効果は、留学する前の準備をどれくらいしっかりできるのか、あとは留学中にどういった勉強をするのかによって、大きく異なります。

たとえば、日本で同じような学力の2人が同じ大学にいったとしても、卒業時にはその2人の学力差って大きく出ますよね。同じ高校・大学に通う人であっても、例えば300人いる学校だったら、1~300位と順位がでるように、皆さん学力はバラバラです。

3ヶ月の英語留学

なので、実際それと同じような感覚で現地に留学している人のレベルっていうのは、出発時点では同じであったとしても、卒業するときには大分差がつけられています。そういったことも実は珍しくありません。なので、実際何がそれに起因しているのかを考える必要があります。

留学前の過ごし方

留学時点では同じレベル(同じ留学期間)だとしても、その後の何で変わってくるかと言うと、留学前の準備にどのようなことをしているのか、あとは留学中にどういった勉強をするかによって大きく異なってきます。そして、このことをきちんと理解しているかどうかというのはかなり重要な要素となってきます。

これに関してはですね、カウンセリングをする方に関してはしっかりとお伝えして、話をしていくので、実際に私が提案して帰ってきた留学生は、例えば1ヶ月留学しても同じ時期に入学した人と比べて大分差が出たとよく話します。

なぜかというと、何度も言うように留学する前の準備をしっかりしているかどうかということと、適切な勉強を適切な意識をもって留学できるかどうか、この2つに絞られるんじゃないかと思います。

英語の成長速度

初心者の3ヶ月フィリピン留学上達度目安

では、3ヶ月でまったく英語がしゃべれなかった超初心者がどの程度成長するのかを簡単にイメージしてください。1ヶ月目だと、大体先生が言っていることが聞き取れるようになる。基本的なところですね。2ヶ月目にある程度自分がいいたいことが口に出していえてくる。3ヶ月目になると、大体先生とのコミュニケーションというのが躊躇なく大体できてくるようになる方が多いです。

自分が何を専門にしたいのかが大事

ビジネス英会話は実は楽

「日常英会話ができるようになりたい」という方はものすごく多いです。私も勉強したての時はそのように思っていました。ですが、日常英会話ほど幅が広くて難しいものはないのかなと個人的には思っています。

対して、ビジネス英語は難しく思われがちなのですが、海外で英語のプレゼンをしている方に話を聞くと、逆に日常英会話がほとんどできないという人も意外といるんです。

これは何を意味しているかというと、ビジネス英会話というのは、プレゼンや電話の受け答えがきちんとできればいいだけの場合もあるので、喋ることがほぼテンプレート化されているんです。なので、その定型文の中の単語もしくは用語を変えるだけでほぼ成り立ってしまいます。そういった英会話であれば、暗記さえしてしまえば使えてしまうので、あとは慣れですね。

英語の勉強法

日常英会話は広範囲

一方で日用英会話というのは、自己紹介から始まり、天候の話、趣味の話、料理の話だったりものすごく幅が広いんですね。これを全てマスターしようということになると、相当な時間も必要だし、単語力もものすごく必要になってきてしまいます。

なので、まずは英会話をなんとなく漠然とやってしまっている人たちは、自分は将来英語を使ってどのようになっていたいのかを想像してください。どんなシチュエーションが自分に発生するのかよくよく考えてください。仕事の現場でも取捨選択という言葉がつかわれていますが、まさしく英語の勉強にもそれが当てはまると思います。自分が使う英会話、使うだろう英会話のシーンを絞るということがまずは先決です。

英会話は先程話したように、ものすごくジャンルがあるので、それをむやみにつまみ食いすると、なかなかいつまでたっても上達しないしそもそも一番大事な継続するということができなくなってきます。これだけは避けなければなりません。

シチュエーション練習が効果的

実は自分が直面するだろうシチュエーションを考えること、もしくは自分がものすごい興味がある分野に特化してその範囲の英会話・英単語を集中的に勉強するというやり方の方が継続できます。この継続するということが、勉強する上で一番重要な要素なので、ここをまず一番考えなければなりません。

そこに絞ると英会話の勉強も楽しくなってくるし、「その範囲をマスターするだけでいいんだと」心の余裕も生まれます。かなり絞った勉強をしますが、そこで使われているフレーズや文法は、他のジャンルやシーンでもちょっと単語や時制を変えるだけで、自分が得意とするシチュエーション以外でも使えるようになります。

おススメの語学学校は現在のレベルと留学期間で違う

最後に、おすすめの語学学校はどこかということについて触れます。ちょっとがっかりするかもしれませんが、おすすめの語学学校というのは一概には言えません。私の場合、留学する期間やその人のレベル、目標によっておすすめする語学学校は変わってきます。

たとえば、その人に最適なエリアも違います。セブみたいな暑いところもあれば、バギオとかタガイタイみたいに涼しいところもあります。セブのようにすごく誘惑が多い所であれば、自分をコントロールする力を求められるし、逆にそういった力がないという方は、バギオなどちょっと郊外のところへ行って勉強したほうがいいでしょう。

超初心者の効率的勉強方

カランメソッド

アルファベットがわかる程度で、全く英語が喋れないという人は、良く使われる定型文をある程度覚えてしまう方が上達が早いです。

語学学校によっては、テキストを毎日進めていくというところも結構多いですが、そのやり方だとある程度上達するまでに結構な期間を要します。そのような人の場合、実はカランメソッドと呼ばれる教材を使っている語学学校がいいです。これは、講師と生徒が同じ定型文を使って何度も何度も同じ質問と答えをセットで練習していく授業です。

あまり華やかな授業ではありませんが、効率的に定型文が身についていきます。通常よりも倍の速度で講師が質問し、倍の速度で即答するというトレーニングを繰り返し行います。そうすると次第に英語脳が作られやすくなります。要は日本語ではなく、英語で定型文がぱっと口をついて出てくるようになるので、後はその定型文の中の単語と時制を変えてあげれば文章が簡単に作れるようになります。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!