フィリピン留学でTOEICと英会話

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

My latest TOEIC IP score.By KniBaron

 留学相談者:1ヶ月のフィリピン留学を希望しています。英会話とTOEICの両方を効率よく勉強したいと思っていますがそのようなコースはあるでしょうか?留学期間が短いかもしれませんが、よろしくお願いします。

 英会話とTOEICは相容れないもの

日本の社会では、TOEICスコアというものが、いまだ求められるのが現状です。なので、こういった相談、結構多いんです。でも、実際にはTOEICの点数だけが必要で、英会話必要ないといったケースはほとんどないじゃないかなと思います。大半の方は、「会話がきちんとできる、成り立つ」っていうことが目標です。TOEICのスコアは、そもそも何のために必要なのかというと、自分の英語力を証明する物差しとしてとりたい、という方が多いです。それを求めるのが、日本の社会なので、ここを無視して英語の勉強をすすめていくっていうのが、なかなか難しいなぁというふうに思っています。

※このTOEICが、英会話に関して有効であるか、そうじゃないかという議論は、この場では置いておきます。

では、そうした中で、どういうふうに、英会話とTOEICを両立していくかを考えたとき、英語留学、フィリピン留学が考えられます。ただ、このTOEICを勉強したからといって、英会話ができるようになるとは、私もずっと見てきて思いません。TOEIC900もしくは990とっている人であっても、結構ペラペラに喋れるという方は、少ないんじゃないかと思います。私の知っているアメリカに住んでいる日本人は、ネイティブみたいな英語力があるんですが、TOEICを受けたときには、500点しか取れなかったということを考えると、決してTOEICと英会話が比例しているものではないというふうに認識してほしいと思います。全く関係がないというわけではないんですが、やはり、それぞれに対策が必要だということが言えると思います。

期間とコースをわけて留学すべき

留学期間をTOEICと英会話でわける

英会話とTOEIC、両方をやりたい、両方を身に着けたいという相談は多くあります。こういった相談にもよく乗るんですが、例えば、留学期間が3ヶ月や半年あるような方であれば、その人のスキル、現在の英語力を見て、例えば、2か月間TOEICにして、残りの期間を英会話コースにするとかが考えられます。

また、英会話コースとTOEICコースをキレイに半々ずつにする、もしくは、TOEICコースを短くして、英会話コースを長くするなど、その人のスキルを見ながら変えていきます。

 TOEICと英会話コースの両立は危険

なぜこのようなことをするかと言うと、語学学校の中には、英会話コースとTOEICコースを、中間をとったような両方できるコースもあるんですが、そういったコースをとってしまうと、両方中途半端に終わってしまうということがよくあります。TOEICと英会話ではそもそも勉強の仕方や対策そのものが違うので、そうしたことを考えてみると、留学が終わった時に、どちらも中途半端になっているのは必然です。「だったら期間を区切りながら特化してやろう」という話になります。

期間が短い場合は、どちらかを捨てる

英語の勉強に優先順位

では、相談者のように、1ヶ月もしくは2ヶ月しかないという時に、どうすればいいのか?実はこうしたケースでは、あまりにも期間が短すぎるので、どちらかを捨ててもらった方がいいです。

どういうことかと言うと、英会話とTOEIC、いますぐ両方必要っていう場面であまりないと思うんです。実際は。先々、TOEICの見せれるスコアを取っておきたいという方はよくいるんですが、最終的に英会話とTOEIC、どっちが今すぐ必要なのかを考えてみてください。今すぐ必要、緊急性の高い方ってどっちですか。

 英会話を優先してTOEICを捨てる場合

例えば、「TOEICは就職するときにいる」とか、「将来転職活動するときにいる」などの重要度であれば、英会話に特化してもらった方がいいです。なので、フィリピン留学をするときは、英会話コースを選びます。

じゃあ、捨てたTOEICの対策はどうするのかをお話します。実はTOEICの勉強は、日本でも充分に学習できます。図書館とか、本屋さんに行けば、TOEICの教材というのはあふれていますし、どれを選んでもらっても別にいいんですけど、やり方さえ間違わなければ、簡単に数か月で、100点200点はあげることができます。

ただ、自分で学習時間を作って、継続的にやっていくのはなかなか困難ので、そのためにフィリピン留学でTOEICを身に着けてくるという方が結構多いんです。ですが、1ヶ月しかフィリピン留学できないという現実は変えられないので、フィリピン留学よりも時間は掛かりますがやり方さえ間違わなければ、一人でも着実に上げることはできます。

仮に英会話の方を捨ててしまうと、どうしても話す相手が普段はいないので対策のしようがないんです。英会話スクールに行くとか、オンライン英会話すると言っても、なかなか時間を確保したり、その分の費用を払い続けるのが困難になってきます。そういった意味ではマンツーマン授業が多いフィリピン留学で、とことんスピーキング力、リスニング力を鍛えてもらうほうがいいというふうに思います。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!