海外インターンシップ

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html
留学相談:大学3年生です。来年1年間休学申請をしました。3ヶ月間フィリピン留学をして残りの期間海外インターンをしてみたいと考えています。どのような留学方法がありますか?できれば3ヶ月でTOEICの点数とインターンでもある程度使える程度の英語力を身につけたいと考えています。

今すべてを決めてしまう必要はない

いま、大学3年生ということで、残りの学生生活も1年ちょっとですね。今後のことをいろいろ考えるために大学を1年間休学されたんだと思います。その際、英語力を身に着けて海外インターンでいろいろチャレンジしてみたいという考え方はわかります。

ただ、「1年後の休学が終わった時、自分がどういうふうになっていたい」という明確なビジョンとか、姿というのは、今はあまり具体的には思い浮かべられていないのではないんではないでしょうか。結論から言うと、今すべてを決めてしまう必要はないです。

海外でいろいろチャレンジをするという経験は、どの国に行っても、出会う人、経験する数で世界の見え方が変わるものです。また、そのことが、今後どう自分が生きるのかという選択肢を広げてくれるものです。このことは間違いなく言えます。

ただ、その可能性を広げるためにも、コニュニケーションツールである英語をきちんと身につけておかないと、なかなかそのチャンスに恵まれてることはないというのが現実です。実際私も、バックパッカーやってたんですが、同じバックパッカーでも英語ができない人は、いったん旅を中断し、英語を再度学びなおしに留学をするという人も少なくありません。

たとえば、まったく同じコースを旅し、まったく同じ人に出あったとしても、そこそこの挨拶しかできなければその人が現地でたまたま出会った人たちから得られるものは限られてきます。なので、たとえ同じ国を旅したことがある人同士でも、実は経験地がまったくことなります。人生を変えてくれるような大きな出会いにせっかく恵まれても英語があまりにもできなさ過ぎるとすべて台無しにしてしまうということです。

なので、仮に1年間休学をするということであれば、3か月フィリピン留学をして、ある程度の英語力をつけて行くというのも一つの考え方なんですが、具体的にその後の海外インターン先を決めてないのであればとりあえず3ヶ月間フィリピン留学をしながら決めるという方が柔軟に計画を変更できていいと思います。

そもそもなぜ、この1年間の内容すべて今決めてしまう必要はないかというと、今見えてる世界(価値観や考え方)と3ヶ月間フィリピン留学した時の世界の見え方が大きく変わっているはずだからです。事実、去年たった1週間フィリピン留学をし大学生らが、次々に休学をはじめました。もともと休学とは自分は無縁だと思っていた人ほど休学届けを学校に出したというのです。

それは、その期間の留学で自分の価値観・視野が大きく変わったからということでした。まだ、具体的にはわからないんだけど自分はこのままではいけないということに気づいたというのが共通点です。これが3ヶ月ともなれば、どれくらいの刺激を受け、どれだけ自分の瞳から見える世界が大きく変わっているのでしょう。もし、仮に今見えている視野が15度くらいだとすると、3ヵ月後に見えているものは50度くらいまで広がっているはずです。

海外インターンシップは、常にどこかでやっているということを考えると、今の狭い価値観であせって今後をすべて決めてしまわなくてもいいということを言いたいです。むしろ、新しい自分にその決断をゆだねた方が満足の行く1年間を過ごせるのではないでしょうか。

海外インターンシップよりも実践ならワーホリ準備コースという方法

3か月間フィリピン留学をして先に英語力をつけて海外インターンシップをやりたいということですけが、3か月というのは英語力を身に着けて海外にチャレンジするには充分な期間だからだということだと思います。

確かに、初心者からフィリピン留学を3ヶ月間やればある程度の基礎は身につき、自分の言いたいことはある程度伝えられる英語のレベルにはなっているでしょう。しかし、もっと欲を言えば、もし実践的な英語力を身につけたいなら「実践で勉強」した方がはやいと思います。

フィリピン留学の平均よりも若干高めのワーキングホリデー準備コースというのが最近あるんですが、これは、実際に週末に提携しているカフェやバーに行って、身に着けた語学力を実践で使いまくるというコースなんです。通常の座学だけのフィリピン留学と比べると確実に英会話力は養われてます。

3ヶ月(12週間)で終えるプログラムで、そのうち最初の2ヶ月は講師と一緒になって、基本的な英語力を身につけながら、講師がお客さん、生徒がウェイター・ウェイトレス役になってロープレを行います。提携しているカフェ&バーのメニューと作り方はもちろん、おすすめの仕方なんかなんかを徹底的に覚えます。

3ヶ月目に入ると、初めてOJTとして、カフェ&バーに働きに行きます。実施に、2ヶ月の座学とロープレをクリアしこれから初めてOJTに行くという留学生に立ち会ったことがあります。緊張はしているものの、OJT初日にも関わらず、失敗を恐れずウェイトレスの仕事をこなしていく姿を見た時、(自分の子供ではないんですが)涙が出そうになりました。

2ヶ月間の座学&ロープレ、1ヶ月の実践トレーニングは通常のコースよりもかなり大変です。ですが、ワーキングホリデーで最初の3ヶ月語学学校に通うよりも、また、フィリピン留学で通常のコースを取るよりも、応用で使える(要は職場で使えるような)英語力はかなり身につきます。

初心者の人が、オーストラリアやカナダの語学学校に3ヶ月行ったとしても、その後好きなところに就職できるほどの英語力がついてるかというと、殆どの方がそんなことはありません。現実は、英語を使わなくていい日本食レストラン(日本人のお客さんなので日本語で接客)に行ったり、そもそも話す必要がないというファームでピッキング作業するとかです。そこで初めて現実に直面し、ワーホリを中断したり、もしくはフィリピンで留学を始めるというパターンになります。

そこで、こうした悲惨な状況を少しでもよくしようということで、ワーキングホリデーに特化した「ワーホリ準備コース」が始動しました。以前からいろんな語学学校でワーホリ準備コースはあったんですが、実践とは程遠く、そのほとんどがレジュメ(履歴書)の書き方や面接対策を加えて終わりというのが殆どでした。ですが、新しいワーホリ準備コースでは、ワーホリを想定してその経験を先に積み、しかもその3ヶ月後に働ける英語レベルになるまで保証するという内容になっています。

プログラムは大変ですが、3ヶ月をクリアすれば、初日から働けるレベルになるでしょう。というかそれを目的に新設されたコースなので当たり前ですが。

今回の質問では、ワーホリではなく、海外インターンシップをしたいということでしたが、このようなワーホリ準備コースをうまく利用することで、インターンシップ先の幅がかなり広がると思います。単に海外にいたという既成事実を作るために渡航される方もいますが、そういう平らな経験ではなく、実践力と経験地が格段にあがるプログラムです。

いい選択ができるように、このようなプログラムがあるということだけでも覚えておくといいでしょう。

 海外にいた期間が長ければ平均値があがるという理屈はウソ

1年間海外にただ単にいたということよりも、実際に何をどれだけ経験したかという「深さ」の方が重要です。僕自身がバックパッカーだったとき、現地の人に殆ど絡むことなくただひたすら観光地をめぐっているという方に多く会いました。当時、僕よりも滞在期間がものすごくいろんな場所に行ってたんですが、期間がたった数ヶ月の僕よりもずっと世界観が狭かったのにびっくりしました。

その旅(ここでは旅行だけのことではなく、海外での経験のことを言います)を通して、自分がどうなっていたいのか。また、そのためにはどうしたらいいのか?

英語の精度とは対照的なコミュニケーション力だけでなんとか乗り切ってしまうひともいますし、それで充分だと話す人もいます。ですが、それでは深い話は殆どできないので、人との付き合いはいつも表面的なものに終始してしまいます。

1年後、あなたはどちらが側に立っていたいですか?



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!