期間別の費用

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

ときどき思いつき日記みたいなブログ書いてるんで、良かったら見てください。

つれづれ日記
http://www.hub1234.com/category/blog
詳しいプロフィール
http://www.hub1234.com/pfofile.html

フィリピン留学って安い!。でもいざ行くとなると一体どれくらいのお金を用意しておけばいいんだろう。フィリピンでかかる費用は下の3つです。

  • 出発前の支払費用(日本)
  • 出発後の支払費用(フィリピン)
  • その他費用(フィリピン)

こちらでは、よくある留学期間ごとにフィリピン留学費用の総額を計算してみました。ひとつずつ説明します。

まずは支払いはどのようなものがあるのか、またあなたが行きたい期間の費用はいくらなのかを確認してください。

 

出発前の支払費用(日本)

授業

留学が正式に決まったときに支払う費用は以下のものです。代理店が語学学校に支払う入学金・授業料・空港ピックアップ費用などです。

入学金 10,000~15,000円

語学学校への入学金(登録金)です。学校により金額設定が異なります。同じ学校に再度留学する場合は、2回目以降が無料になるケースが多いです。

また、学校によってはキャンパスをいくつか持っていて、キャンパス間の移動には再度入学金が掛かることはないです。

授業料 ※期間・コース・部屋タイプで異なる

フィリピン留学の場合、この授業料の中に寮の滞在費と1日3回の食費・週に2回のランドリーサービス・部屋掃除まで含まれます。

但し、学校によっては食事が別だったり2食のみ、週末はでないというところもあります。日系の語学学校は3食きっちり出ない傾向があります。また、ランドリーサービスも別ということもあります。韓国系はランドリーサービスは授業料に含まれてることが多いです。洗濯物の重量が無制限の所からトータルで何キロまでと決まってるところもありますが、重量制限があってもほとんど困ることがないぐらいの量が出せます。

空港ピックアップ費用 0~7500円

渡航時に留学先の最寄の空港までスタッフが迎えに来てくれるときの費用です。土地勘がない人がいきなり学校へ自力で行くのは難しいですよね。

ぼくは初めての留学先が距離のあるバギオでしたが、色んな乗り物に乗り継いで行ってかなりハラハラしたのを覚えています。ですが、決してそんなことをする必要はありません(笑)
えー、シンさん。初めての留学って自力で行ったんですね!相変わらずチャレンジャーですね~。セブならタクシーですぐだけど、バギオってピックアップなしで行けば、結構乗り継ぎますよね(驚)

学校から空港までの距離によって金額が違います。セブ島や空港から近い所にある学校はだいたい2,000~3000円ほどです。中には無料でピックアップしてくれる学校もあります。

一方で、空港から距離がある地域(バギオ)の学校の設定は5000円前後です。

海外送金手数料 3,500円

代理店が学校へ国際送金をする時に金融機関に支払う費用です。どの金融機関を使うかによって異なります。自分でやる場合は専用口座を開設する必要があります。公的証明を提出したり、要領がわからないことが多々出てくると思うので、代理店に送金を任せるのが普通です。

専用口座を必要としない郵便局で手続きをすることも出来ます。ただ、手続きをすると面倒臭い申請書を書かされ、「間違ったら届きませんよ」って脅されながら3500円支払います。だったら、この金額払って代理店に任せた方が早いです(笑)
中にはこの金額を7000円近く請求する代理店もあるので注意です。相場の倍もする送金手数料なんてありません。

 

出発後の支払費用(フィリピン)

ビザの費用

現地到着後に支払うビザ関連・政府申請・水道光熱費等です。現地通貨(フィリピンペソ)で支払う必要があるので、学校到着後に支払います。

これって、日本で両替して持って行った方がいいんですかね?
この費用の両替は前もってする必要はないよ。留学先に行って次の日に、学校スタッフに両替所へ連れて行ってもらえるんだよ。だからその後で支払うことになってる。現地通貨は全くなしで日本を出て大丈夫だよ。
でも、向こうで何も買い物できないですよね?どうしたらいいですか?
うん、だからフィリピンの空港に着いたら3000円だけを両替したらいいよ。必要事項を書いたらすぐに両替できちゃうからね。そしたら、フィリピンの空港で待機してる間にすぐ使えるよ。
間違っても日本の空港で両替しないでください。レートが最悪なのでめちゃくちゃ損します。

SSP(Special Study Permit :特別就学許可証)13,000~18,000円

1日でもフィリピンで勉強する人は取らなければならない政府の許可証です。手続きは移民局で英語のドキュメントを提出しますが、学校が代行してやってくれます。

ACR-Iカード(外国人登録証)7,000~10,000円

60日以上滞在する人が取らなければならない外国人の登録証です。8週間までの留学であれば支払う必要はないですが、9週目からは必要です。こちらもSSPと同じく学校が代行して手続きを行います。

ビザ延長費用 ※期間に応じて異なる

フィリピン政府から日本人に大しては30日間の無料の観光ビザが付与されています。ですが、31日を越えると有料の観光ビザに切り替わるため、そのための費用を払う必要があります。こちらもSSP同様、学校が代行して手続きを行います。

ECC (Emigration Clearance Certificate:出国許可証) 1200円程度

6ヶ月以上滞在者が対象。フィリピン滞在中の犯罪歴やビザ代の支払が滞っていないかを確認し証明するものです。取得から1ヶ月間有効なので出国の1週間前ぐらいに取得します。これがないと出国出来ないので注意です。

※指紋を取る必要があるので本人が入国管理局に出向く必要があります。

水道光熱費 約3,000円/4週間

寮の中で使用する水道代・電気代のことです。

教科書代 500~1,000円/冊

レベルやコースによってどれくらい購入するかがことなります。4週間の目安は3000円程度です。

管理費 0~3,000円/4週間

施設使用料や管理費用として必要になる費用です。学校によって管理費の請求があるところとない所に分かれます。

寮保証金 7000円

寮に入る人は一律学校に預けるお金です。退寮時に寮施設に異常がなければ通常全額返金されます。

「その他の費用」

日本からフィリピンへの渡航費や海外旅行保険、お小遣いについてです。

飛行機代

飛行機代 20,000円~90,000円

往復の飛行機代です。格安航空を使う場合と大手航空会社を使う場合で値段が異なります。

海外旅行保険代 0~20,000円/4週間

留学先で使える旅行保険です。クレジットカード付帯のものに入ると費用は0円になります。AIUや東京海上など大手旅行保険会社に入る場合は、申込書をネット経由・エージェント経由・代理店経由で加入できます。

因みにクレジットカード付帯の補償額は病院代で200万円程度なので、持病をもっていたり不安がある方は大手の旅行保険に入っていたほうが良いです。手術を伴ったり国際搬送が必要になった場合は1回あたり数百万円掛かることがあるからです。

お小遣い 15,000~30,000円/4週間

基本的には学校内にいれば食事も洗濯もしてくれるので自分で使うことはありません。ですが、週末に外出した際には、移動費(タクシーなど)やお茶代などは掛かりますよね。

その他、仲の良い学生の送別会を開催したり、マリンアクティビティを楽しんだりということもあると思います。セブ島などの海が近い場所に行く方はマリンアクティビティでそれなりに消費することが多いので、多めに持っていったほうがいいです。

語学学校によって費用の出し方は様々ですが、ある程度共通点があるのでこちらの期間別留学費用(1人)が目安になります。地域、コース、部屋タイプでも値段は変わりますが、こちらの金額から大きく逸脱することはありません。

1週間の留学費用

1週間の留学総費用_154,380円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+43000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 20000円(SSP費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+5880円(海外旅行保険)+3000円(お小遣い)

 

2週間の留学費用

2週間の留学総費用_199,200円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+83000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 22000円(SSP費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+8200円(海外旅行保険)+6000円(お小遣い)

3週間の留学費用 

3週間の留学総費用_242,545円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+116375円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 23000円(SSP費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+11670円(海外旅行保険)+9000円(お小遣い)

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の留学総費用_264,910円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+133000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 24000円(SSP費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+15910円(海外旅行保険)+12000円(お小遣い)

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学総費用_424,230円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+266000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 36600円(SSP費用、ビザ延長費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+27130円(海外旅行保険)+24000円(お小遣い)

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学総費用_581,740円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+399000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 56000円(SSP費用、ACR-Iカード費用、 ビザ延長費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 60000円(往復海外航空券)+38240円(海外旅行保険)+36000円(お小遣い)

半年の留学費用

半年の留学総費用_1,198,030円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+858000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 86000円(SSP費用、ACR-Iカード費用、ビザ延長費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 80000円(往復海外航空券)+79530円(海外旅行保険)+72000円(お小遣い)

1年の留学費用:2,023,251円

1年の留学総費用_2,167,251円(①+②+③)

条件:某語学学校の英会話コース、4人部屋

①出発前の支払費用(日本) 15000円(入学金)+1596000円(授業料) +5000円(空港ピックアップ費用)+2500円(海外送金手数料)
②出発後の支払費用(フィリピン) 173991円(SSP費用×2回、ACR-Iカード費用、ECC費用、ビザ延長費用、寮保証金、水道光熱費)※保証金の6000円程度返金あり
③その他費用 80000円(往復海外航空券)+165760円(海外旅行保険)+144000円(お小遣い)

留学期間で迷ったら

「2週間にしようか3週間にしようか迷ってる。とりあえず2週間にしようと思う」「2ヶ月にしようか3ヶ月にしようか迷ってるけど、初めてだから2ヶ月にしようと思う」というような相談を受けます。

このように迷った場合は、間違いなく長いほうを選んだ方がいいです。

上の期間別留学費用を比べてもらえばわかるとおり、2週間と3週間の差は約4万円です。たった4万円を出すだけで1週間追加になります。1週間の留学費用を見てみてください。約15万円ですよね。これが4万円になるんです。どれだけ得なのかがわかるはずです。2ヶ月と3ヶ月でもそうです。

また、「(英語が)伸びてきた!さあ、これからだ!」というときに帰国というのはあまりにも悲しすぎます。

なので、期間で迷ったら長い方で考えたほうがあとで後悔せずに済みます。

実際に行ってみないとわからないから、それから延長するならすればいいという人もいますが、実際にはそのときにその後の部屋が空いてないからそもそも延長が出来ないということや、航空券の変更が必要で手数料や差額が必要だったりします。

留学費用の次に考えること

大まかに「このようなものがあるのだな、この期間でコレぐらい掛かるのか~」と相場観を掴んだら、次に留学地域学校選びです。

 



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!