ワーホリ前のフィリピン留学を検証

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

詳しいプロフィールはこちら
http://www.hub1234.com/pfofile.html

今何かともてはやされてるフィリピン留学。

「それって本当に効果あるの?どうせ訛ってるから行ってもしょうがないんじゃないの?でもちょっと興味はあるんだけど。。」こんな風に悩んでる人って結構いるかもしれませんね。

ネット検索すると大量に出てくる出てくるフィリピン留学情報。。なにやら英語力アップに効果があるらしい。。

「フィリピン留学って危ないし、あんまりワーホリには効果ない」って謳ってるサイトもあるからやっぱり行かなくて良いのかな?

ってどっちが正しいんじゃーい!!

こんな風に発狂したくなるのも無理ないですね。ここでは、なぜワーホリ前のフィリピン留学の意見が対立するのかを検証してみます。

この記事では、フィリピン留学に行くべき人と行かなくていい人をきっちり分けて説明しています。ぜひ今回で考え方をすっきりさせてください。

 

ワーホリ前にフィリピン留学は本当に有効か? 

①授業時間比較

時間割
ワーホリする前にフィリピンに行った方がいいと言われる最大の理由はコレです。
 
ワーホリ先とフィリピンの語学学校に行った場合を比較すると約3倍もの授業時間の差がうまれます。
 
フィリピン 8~12時間/日
ワーホリ先 3~4時間/日
え!こんなにフィリピン留学って授業時間多いんですか!ヤバっ なんか絶対伸びそう。

 

②授業形式比較 

フィリピン留学
フィリピン マンツーマンクラス4時間+グループクラス4時間+ナイトクラス2時間
ワーホリ先 グループクラス3~4時間
 
フィリピンではマンツーマンクラスがメインです。マンツーマンクラスとグループクラスの成果の違いを意外と知らない人がいるので説明します。
 
えー、そこまで留学前に考えたことなかったなー
 

○マンツーマンクラスのメリット 

マンツーマンクラスは1クラスに自分1人と講師1人です。要は講師が独占できるのに対して、グループクラスは1クラスに15~20人ほど留学生がいます。マンツーマンの何がいいかと言うと、「自分の理解を100%にしながらどんどん次に進められる」ということです。
 
英語の上達というのは、「どれだけ多くの疑問を解決したか」によって決まります。自分のレベルがたとえ他人よりも下だったとしても、マンツーマンでは、講師は自分のためだけにいるので、自分の理解が100%になるまで説明してくれます。
 
確かに!マンツーマンだと、グループクラスのように自分は理解しているのに他人が理解していないから授業が中断してるということも全くないですよね。欧米留学してる人ってそもそもマンツーマンクラスの存在すら知らないっすよね。

●グループクラスのデメリット 

一方で、高校や大学でこんな経験なかったでしょうか?先生が何かを説明した後に「わかりましたか?」と生徒に聞いたときに、自分はまだ理解が充分じゃなかったとしても他の生徒が「はい」と言ってしまったために、わからない状態で進んでしまったという経験。
 
周りに20人前後もいるクラスを自分ひとりのために進行を止めて質問するのは中々勇気がいることで、実際にやれてる人は少ないのではないでしょうか。それと同じことが実際の留学先でも起こります。
 
そもそもですが、英語力もままならない人が留学するとその質問の仕方自体がなわからないといった問題もあると思います。
 

③費用比較

 授業料
Japanese Yen Bills by Japanexperterna.se Japanexperterna.se 
 
3倍も多くの授業があって、マンツーマンクラスの多いフィリピンですが費用はどうでしょう。1ヶ月あたりの金額(入学金・授業料・滞在費)の比較をしてみましょう。
 
フィリピン 16万円前後
カナダ 30万円前後
イギリス 40万円前後
やっぱすごいフィリピン安いですね~。でも、カナダ留学経験者のぼくから言わせてもらうと、カナダはルームシェアしたりすれば、それなりに費用抑えられるからフィリピンとあまり変わらないかもしれないです。
確かにそうだね。ルームシェアもそうだけど、家賃の安い郊外でアパートを見つけるとそれなりに安くなるだろうね。金額だけで比較したら、確かにカナダでも安くはできるだろうけど、さっき説明した「3倍の授業時間」「効率的なマンツーマン中心の授業」はどうだろう?
あ、、そうだ。授業の中身や時間数が全然違う(笑)それに、カナダとフィリピンじゃ物価も全然違うから、日常生活のコストも圧倒的にフィリピンの方が安く済みますよね!
フィリピンの物価相場

以上のとおり、同じ期間語学学校に行くとしたらどちらの方が英語力が伸びるのかは明らかですよね。だからフィリピン留学がワーホリ準備先として選ばれてるんです。

ワーホリに失敗した人はフィリピンに行く

ワーホリ失敗
 
ぼくがフィリピンの留学施設を見学していると、この留学が終わってからワーホリに行くという人が沢山います。200人規模の語学学校で留学生の70%がワーホリに行くというところもあったほどです。
 
一方で、ワーホリを断念してフィリピン留学してる人にも沢山会いました。理由を聞かなくても答えは容易に想像できます。ワーホリ失敗組みは口を揃えてこう話します。
 
カナダ(オーストラリア)の語学学校で3ヶ月行けば話せるようになるだろうと考えていたけど、実際には、(渡航前と比べて)毛が生えたくらいの英語力しかつかなかった。だからとてもじゃないけど就職とかそういう次元じゃないんです。でも、渡航した時点である程度英語が話せてる人はみんなフィリピン留学を経験してました。結局、そのまま語学学校卒業しても、日本語を使う日本食レストランかそもそも話す必要のないファーム(農場)でピッキング作業しかないので、ワーホリ自体やめてフィリピンに来ています。
 
こうした人が本当に多いのにビックリします。ワーホリの目的ってそもそもお金稼ぎじゃなく、英語の習得だったはずです。だけど、途中でこんなんじゃ英語が話せるようにならないと現実に気づき、目的がお金稼ぎに変わってしまってる人も多くいます。それでも当初の目的を達成しようという目的がある人がフィリピンに来ていちから勉強をしている人たちです。
 

ワーホリ前にフィリピン留学しなくていい人

 ワーキングホリデー
 
英語初心者がワーホリに行ってもほとんど効果がないということがわかってもらえたと思います。だから、フィリピンでしっかり対策してワーホリに言ってもらう方がどう考えても効率的なんです。
 
でも、逆にフィリピンに行かなくてもいいような人たちもいるので、参考にしてください。

ワーホリ前に中級程度の英語力がある

 もしあなたの英語力がすでに中級程度あるならフィリピンに行く必要はありません。
 
むしろさっさと実践に入るべきで、現地の語学学校でレジュメや面接の対策を1ヶ月ほどして就職したほうが早いです。
 
中級程度あれば、基本的な会話はできるのであとはその力が応用実践できていないだけなんです。なので、既にここまでの力があるならすぐにワーホリをはじめた方がいいです。
 
※ココで言う中級程度といのは、日常会話はあまり支障なくできるレベルの人たちのことです。
 

初心者でも衛生面が特に気になる人 

英語初心者らならワーホリ前にフィリピン留学で対策した方が、効率的なのは何度も話しました。ですが、フィリピンが費用面でかなり押えることができるのにはわけがあります。
 
それはインフラの事情です。日本や欧米先進国と比べるともちろん水・電気・道路などのインフラがそこまで発達していません。また、気候は暑いので虫がでるなどの問題もあります。
 
もちろん語学学校の施設は、先進国の留学生を受け入れるだけのインフラは整っています。しかし、一歩外に出ればそこは途上国の光景なので、そういうのがどうしても苦手というひとには難しいかもしれません。日本人でも大半の人が大丈夫ですが、ごく稀に無理という人もいます。
 

北斗のケンみたいな街出典:http://www.geocities.jp/hokuaniken/sakuhin/yougo/syuyou/kasandora.html

先日、フィリピン留学した人でこんなことを言っていた人がいたほどです。「北斗のケンみたいな世界を始めてみました。街の風景がそっくりでした。」って。すべてじゃないですが、確かにそういうところも多いですよね。うまいこと言うなーって爆笑してしましました。

 

ファームで働きたい人

 
中には最初から海外のファームで働きたいということが夢だという人もいる。そういう人にとって英語力は最低限で構わない。
 
 

ワーホリ専門業者がフィリピンに行かせたくない理由

ワーホリカウンセリング

フィリピンと言えば治安が悪いというイメージが付きまといますよね。
 
フィリピンって一言で言い表せないほどの多様性に溢れた国で、地域ごとに雰囲気も違えば、治安レベルも変わってきます。
 
治安に関して言えば、どの国もやはり都会に行けば行くほど格差が広がるので、田舎よりも都会に行く方が軽犯罪などに巻き込まれる確率はあがります。フィリピンならマニラやセブシティあたりでしょう。
 
※今、ミンダナオ島でのテロ組織の問題が取りざたされてますが、あそこは遠く離れた島の問題なので、現状ではそこまで気にしなくてもいいというレベルです。

なぜかワーホリ専門業者の方は、ここまで効率的なフィリピン留学を否定します。その理由の一つが「治安」です。効率的だろうがなんだろうが、フィリピンの語学学校にお客さんが行かれてしまうと儲からないからということが背景にあります。例えば、こんな言い分です。

 理由①「治安が悪いよ!」 

フィジー留学やフィリピン留学は治安が悪いので外務省の海外安全マップを見て危険を承知の上で渡航されてください。
 

果たしてこんな危ない所に日本人が世界で一番留学するでしょうか?そういうぼくも初めてフィリピン留学するときはビビリまくってましたが(笑)ですが、カナダやアメリカ留学とフィリピンを経験した人に言わせれば、フィリピンの方が安全だって話します。

統計よりも報告されてない事件件数を合わせるともっと多くの事件が発生しています。例えば学校内やホームステイ先での盗難や女性をターゲットにした犯行などがそうです。

えっとー、そもそもフィリピンにホームステイはありません。学校内での盗難などもかなり珍しいですね。

フィリピンでは日本人をターゲットにした殺人事件が毎年起こっています。(年間平均5人)

これもかなり雑なデータです。この被害に巻き込まれた内訳を見るとわかるんですが、暴力団関係者・麻薬密売人・配偶者がフィリピン人でトラブルに巻き込こまれた人なんです。これって普通に欧米でも日本でも同じですよね。ちなみに日本人のフィリピン留学生で殺された人は現在いません。。。

 

理由②「留学費用が実は高いよ!」

フィリピン留学は実は安くありません。フィリピンで勉強する場合でもビザの取得が必要です。申請費用は現地人の給与の数か月分にも相当します。数十万円もするんです。

これ絶対間違ってます。確実に2倍以上はフィリピン留学の方が安くなります。それにビザの費用って、毎月延長しても数千円なんですが、どこから数十万円という数値が出てくるんでしょう、、

ぼく、カナダに2年間、アメリカに1年、フィリピンに数ヶ月居ましたけど、留学費用だけじゃなく、ビザの延長しても何倍もフィリピンの方が安く済みますよ。この業者さんってフィリピン行ったことないんですかね?(笑)明らかに無知な人をフィリピン行かないように誘導してますよね。

 

理由③「現地の友達多く作ったもん勝ちだから!」

フィリピンなど行かずに最初からカナダやオーストラリアの語学学校に行ったほうがいいです。フィリピンやフィジーでは現地の生活費を含めると半年で約70万円ほどします。更にその後ワーホリをはじめたとしても現地に友達がいなければ就職は難しくなるでしょう。

仕事を見つけるには現地の友達を多く作ってコネクションを作ることだって書いてありますが、それってもう自力の英語でまともに臨むのは無理だから、コネでなんとかしなきゃいけないって言ってるようなもんです。

じゃあ現実、初心者がワーホリ先の語学学校に行ったところで、何%の人たちが好きな仕事に就けてるんでしょうか?殆どの人が就けてないです。そう考えると、コネも大事でしょうが、最終的にはやはり英語を伸ばすことが一番大事だと、答えは既に出てます。

ぼく、カナダで日本人留学生たくさん見てきましたが、英語力がないから地元のネイティブの友達なんて殆どできないですよ。仮に友達が出来て、その友達の知人が自分が勤めたいようなカフェのオーナーだったという条件だったとしても、結局英語力ないからオーナーの面接受けれたとしても、落とされるのがおちですね。

まとめ

フィリピン留学って初心者には間違いなく英語力アップに効果的だということが、ワーホリ前じゃなくても言えるということがわかってもらえたと思います。

一方で既に中級者に当たる人は、フィリピンではなくさっさとカナダやオーストラリアにワーホリに行ったほうが良いということがいえます。

また、フィリピン留学のみを斡旋する業者・ワーホリのみを斡旋する業者によってなぜ意見が対立するのかを理解していただけたと思います。決して、利害関係の記事に巻き込まれることなく、自分の成長のために最善の選択をしてくださいね。

●成功を左右するワーホリ準備コースってなに!?
カナダワーホリ前にフィリピン留学の準備で差をつけろ!その費用と成果を大公開!



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!