フィリピン留学1ヶ月の費用

ABOUTこの記事をかいた人

シンさん(田中慎一)

ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!ネットや経験の浅いエージェントの話を信じて、後悔する人が後を絶たない。そん人たちをごまんと見てきた。しつこいくらいの現地視察・情報収集で迷った人を救います。

ときどき思いつき日記みたいなブログ書いてるんで、良かったら見てください。

つれづれ日記
http://www.hub1234.com/category/blog
詳しいプロフィール
http://www.hub1234.com/pfofile.html
「春・夏休み期間中に英語を鍛えたい!」という学生は多いですよね。
 
1ヶ月の留学費用ってどれくらい掛かるんでしょうか?またどんな生活になるのかな?
 
こちらでは、1ヶ月のフィリピン留学に掛かる費用を徹底的に解説しました。同時にどんな生活を送れるのかも説明しています。しっかり読んでみてください。
 

1ヶ月のフィリピン留学

留学中ってどんなところで寝て、何料理を食べるのか?気になって仕方ない人も多いでしょう。1個ずつ解説しています。

 留学生活

キャンパスマップ 学校の中でも多いのが、このキャンパスタイプです。外部のホテルに滞在するタイプもありますが、個人的にはキャンパスの中にある内部寮で生活するほうが何かと便利だと思っています。

なぜなら、食事はキャンパス内の食堂で出るので、外部寮の人は休みの日も食事のたびに出てこなきゃなりません。また、朝たくさん授業受けてお昼ごはん食べたら眠くなりますよね?

そんな時、内部寮の学生はすぐに寮で寝れますが、外部寮の人はそれが出来ません。

寮

外部ホテルは1人部屋が普通ですが、内部寮は1~6人部屋タイプがあります。少しでも費用を安く抑えたいという人は複数人部屋を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、一番人気タイプは「3人部屋」です。各部屋にはトイレ・シャワーがついてるので安心してください。

クラスルーム

マンツーマンとグループクラスのための部屋が並んでます。毎回、指定されたでクラスがあります。

食事

 

3度の食事はキャンパスの食堂内で食べられます。韓国・日本・台湾料理などバラエティは様々なので1ヶ月程度の留学ならあきることがないです。

ジム

ジムや体育館が設置されている学校もあります。筋トレが欠かせないという学生もいますが、そうした人は学校の設備をチェックしておきましょう。

ラウンジ

このようなラウンジを持っている学校もあるので、ここで勉強することができます。

  プール 

キャンパス内にあるプールです。フィリピンではホテルやマンションにプールが設置されてることが多いです。

クラス

マンツーマンクラス

 

授業時間は1日8時間前後の所が多く、マンツーマンがほぼ半分以上占めてるのがフィリピン留学の特徴です。こんなのは欧米留学だとまずありえません。

クラス

「マンツーマンクラス」は自分の弱点を克服する絶好の機会です。他の誰にも邪魔されることなく、自分のペースで授業を進められます。

グループクラス

グループクラスでは、自分のレベルに合ったところに配属されます。レベルがぜんぜん違う人の所に入れられるわけではないので安心してください。

健康管理

ナース

 

学校にはナースの資格を持ったスタッフがいます。なので、体調がすぐれない人はすぐに診てもらうことができます。

マニラ・クラーク・セブの病院には、ジャパニーズヘルプデスクといって、診察から保険での支払いまでサポートしてくれるところがあります。ドクターとのやり取りは慎重に行うので、英語初心者や医療英語がわからない人には助けになります。

ビザの種類

ビザ

フィリピン留学は観光ビザでOKです。1ヶ月以内の学生は完全に無料のビザです。入国の際に観光ビザのスタンプが押され、それは30日間無料で滞在できるということを意味しています。

なので、特に出発前に申請をするという必要もありません。

フィリピン留学1ヶ月の費用

 
1ヶ月の留学総額:276,010円
 
 
留学費用は大きく括ると3つです。それぞれ解説します。
 
条件:英会話コース(マンツーマン4時間+グループ2時間+無料クラス3時間)/2人部屋
 

フィリピン渡航前に払う費用

 

  • 入学金(10,000円):学校登録に必要な費用
  • 授業料(165,000円):期間中の授業料、滞在費、食費込みの費用
  • 空港ピックアップ費用(2,000円):学校スタッフがフィリピンの空港に迎えに来てくれる費用
  • 海外送金手数料(2,500円):海外送金する際の手数料

 

フィリピン渡航後に払う費用

 

  • SSP費用(15,000円):フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用※半年ごとに更新
  • 寮保証金(7,000円):寮の保証金 ※退寮時に全額返金
  • 水道光熱費(4,000円):現地で使う水道光熱費
  • 学生IDカード(500円):学生証発行費用

その他費用

 

  • 海外航空券(55,000円):往復の海外航空券代
  • 海外旅行保険(15,010円):留学期間中の保険代※AIU利用時
  • ※お小遣い(1.5~3万円/月):タクシー代、外食代、観光費用等
 

 

費用の節約方法

 

1ヶ月の留学費用は約27万5千円。ですが、これをもっと安くする方法があります。以下の記事にまとめてるので、出来そうなところはやってみてください。

 

留学中のスケジュール

 
入校日は日曜日に定めている学校が多いです。
 
なので、フィリピンの空港には日曜日に到着するように行きます。その際に日をまたいで午前1時前後になっても大丈夫です。
 
月曜日にクラスわけのためのレベルチェックテスト、学校説明、買出しがあります。本格的に授業がスタートするのは火曜日からです。
 
午前8時前後から授業が始まり、夕方まで行われます。夕食以降は無料のオプションクラスに参加するか、自習をしてる人が多いです。中にはジムやバスケコートで汗を流している人もいます。
 
 
留学スケジュール
 
日本の学校と同じで、土日と祝日は学校はお休みです。祝日が月曜か金曜だと3連休になりるので、遠方の旅行も可能ですよ。
 
土日・祝日は学校がお休みになります。週末もずっと勉強ばかりしてもあきてしまいます。せっかくフィリピンに行くので観光地に運んでみましょう。おすすめの渡航先はコチラです。
 

1ヶ月留学するメリット

 

「果たして自分が1ヶ月留学した程度でどの程度成長できるんだろう。あまり変わらないなら行かなくてもいいんじゃないだろうか。。」

そう考える人もいるんじゃないでしょうか。

  • 実際にこれまで行かれた人は、1ヶ月で以下のような効果が出たと話します。
  • ペラペラ話せるようになるわけじゃないが、だいぶ聞き取れるようになった。
  • 自分の伝えたいことが、簡単な言葉を使って言えるようになった。
  • TOEICが100点前後上がった。

また、この経験を通して、翌年の留学を考える人も少なくありません。それは日本で地味に勉強するより、ペースをグンと上げて濃密に勉強することで成果が上がりやすいことを知るからです。

1ヶ月留学するデメリット

 
 
1ヶ月の留学で考えられるデメリットをまとめます。
 
  • 2ヶ月行くより1ヶ月あたりの単価が高くなる。
  • もっと伸びるとわかってきたタイミングで帰国を迎える。

デメリットの解決方法

1ヶ月留学した人が、帰国後に後悔することは「もっと長く留学すればよかった」です。

実は、もう1ヶ月期間を延ばしたところで、留学費用は倍にはなりません。

× 1ヶ月の留学総費用27万円×2=54万円

○ 1ヶ月の留学費用27万円+授業料16万円+諸費用1.5万円=44.5万円

1ヶ月留学しても2ヶ月しても飛行機代や入学金は変わりませんよね。なので、純粋に授業料分+ビザ延長などの諸費用のみが掛かるだけです。

留学期間が1ヶ月じゃなくて2ヶ月とれそうなら、その価値は十分にあります。行く前は、ここまで考えが及びませんが、90%以上の方がもっと長くしておけばよかったと悔やみます。

1ヶ月も毎日勉強していると、あと一ヶ月いたらもっと伸びるということがわかってきます。なので、このタイミングで帰って英語漬けの生活から遠ざかるということにみなさん不安を覚えます。 

留学地域・学校の選び方

 
 
留学期間を確定させたら、次に地域・学校選びに入ります。
 
留学先はエージェントに丸投げではなく、ある程度しっかりと自分で考えましょう。と言っても、何を基準に選べばいいのかわからない人も多いと思います。
 
なので、以下の記事を参考にしてみてください。
 
 

留学中の持ち物

留学生活中になくては困るものをまとめました。

 

留学期間ごとの費用

留学期間を見直したいという人のために、留学期間毎に費用をまとめています。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!