山下萌絵のバギオWALES経験談

ABOUTこの記事をかいた人

萌絵山下

大学3年の山下萌絵です。フィリピンに短期留学することになりました。月2回のペースで訪問してるくらい韓国が好きです。

ここまで日本と違う文化を持つフィリピンは初経験なので、どきどきしてますが、私が感じたことをできるだけ学生の目線でお伝えできればと思います。

※只今フィリピンに半年留学中♪

熊本学園大学に通っている山下萌絵です。今回、フィリピン短期留学を経験する機会を作って下さったフィリピン留学HUBのシンさんに感謝しています。

韓国には月2位のペースで訪れていますが、英語圏の国、ましてやフィリピンは初めて訪れる国なのでとてもわくわく感とドキドキ感に押しつぶされそうですが、フィリピンの文化に触れ、有意義な時間を過ごしていきたいです。

また、このような貴重な経験を無駄にしないよう、一生懸命、内容の詰まった一週間を送っていきたいです。

バギオ留学への想い

私は幼い頃からずっと英会話教室などに通っていました。歌や本や体全体を使って自分の母国語ではない英語を習う時間が楽しく、とにかく英語が大好き!という幼少期でしたが、中学生を境に英会話ではなく英語という一つの教科になった途端一気に英語が苦手になりました。

理由は英語の文法の専門用語が理解できず(例えば不定詞や関係代名詞など)、予復習もしない為そのまま放置、そして分からないままどんどん時は過ぎていき負のループへと陥りました。

しかし、大学生になると自分が将来何がしたいと考えていくうちに、やはり自分の好きな英語をもっと本格的に勉強し、「自分のアピールポイントにしたい、今勉強しないでいつする?本格的にするなら外国で一日中英語漬けの生活を送り自分を追い詰めたい」となり、来年から1年間休学し留学を決意しました。

バギオに親しみを感じた

私は元々、席に座り大勢で一つの黒板、1人の先生と向き合い授業する形式が苦手で、少人数で会話をしながら勉強する環境が私には合っていた為、そんな授業形式を行っている国を探していると、フィリピンが出てきました。

幸い私の周りには留学をしている友人が数名おり、話を聞くとフィリピン留学の魅力にどんどんはまっていきました。そして都市を探していると今回私が通うバギオの環境が私の性格に合っていると思いました。

特に写真で見た風景が地元の景色と本当に似ていて勝手に親近感を覚えました。

そんなバギオの学校に通わせて頂くことができ嬉しさと共に、日本人生徒さんが現在はいない空間に1週間飛び込みうまくやっていけるか、、など不安も止まりません。

ですが、私の元々の性格のどうにかなる精神で頑張っていきたいです!また、多くの友人を作り、様々な刺激を受けたいです。

フィリピンに到着

フィリピンの空港

出発の時間が来ました。福岡空港にはほぼ毎月来ている為あまり新鮮味などはありませんでしたが、初めてフィリピンに向かうということで緊張感と同時に期待感が高まって来ました。

航空機内では男性のCAもいらっしゃり新鮮で、機内食もおいしく頂けて満足のいくフライトとなりました。機内は英語と、フィリピンの公用語ダガログ語が飛び交っており、初めて耳にする言語に驚くと同時に外国にきた感が高まってきました。

四時間弱の定刻通りのフライトで、フィリピンのマニラ空港に到着し、降り立った瞬間に暑い!蒸し蒸ししてる!南国の匂いがする!と感じました。気温は30度ということで、ヒートテックまで着ていた私には蒸し風呂に閉じ込められた錯覚を起こしかけました。

マニラ空港には日本語の標識もあった為、初めてくる方も分かりやすく、安心できるなと思いました。

WALESへの留学がスタート

WALESの教科書

同じ車で学校へ向かうのは3人で、1人は韓国人、1人は中国人と綺麗に日中韓に分かれました。韓国人の方とは韓国語と英語を混ぜて話し、ルー大柴状態でしたか、いかに自分が英語の単語、文法を知らないのだなと痛感しました。

しかし、そこで話そうとする勇気を出した所はいいとして、もっと一週間でスピーキングを伸ばしたいと思いました。中国人の方は日本語がペラペラの方で、凄く心が和らぎました。やはり日本語で話すと心も和らぎますし、緊張感も解けました。

深夜3時くらいにバギオにある私が通うことになるWALESに着きました。

設備がとても綺麗で、尚且つWIFI機能もしっかりしているので日本の家族や友人とも連絡を取れます。部屋は教室の目の前にありますが、しっかりプライベート空間は作られていました。ルームメイトは翌日の朝に顔を合わせました。同じ年の韓国人の子なので緊張もせず、楽しくやっていけそうです。

 



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!