BECIの友人

ABOUTこの記事をかいた人

瀬崎真悠

熊本大学出身の瀬崎真悠19歳です。ニュージーランドとかタイに観光に行ったことはあるけど、フィリピンは今回が初めてで、留学も初です!ドキドキする間もなく出発ですが、とにかく頑張ります!

BECIで英語漬けの毎日

昨日は、授業の一日目ということでテキストを使わずに話す授業が多かったのですが、今日からは本格的にテキストを使いながら授業が進んでいきました。

様々な先生の授業を受けることで、それぞれの授業で幅広い視野と知識を少しずつ学んでいけると感じました。マンツーマンの先生も、グループクラスの先生もみんな、私が英語を勉強しやすい環境を作ってくれます。とても優しくて、時にはジョークも入れ込みながらの楽しい授業です。

正直、今まで1日に1,2時間くらいしか英語に触れなかった人が、急に1日中英語の環境で、そのうち11時間の英語のクラスを受けるとなると、楽しくなければやっていけないと思います。

BECIの授業

私の場合、楽しめている上に一つ一つの授業がとても成長できると感じているから、苦痛に感じていないのだと思います。

授業では、Speaking,Listening,Writing,Readingと分かれていますが、どの授業もすべて関わってきます。たとえば、Speakingの授業でも、先生との会話をするのでListeningも同時にやっていますし、時には何かの文章を読んでからそのトピックにつてDiscussionすることもあります。

つまり、Readingもしているということです。そうすることで、より自然で実用的な英語を日常的に学べると思います。また、ある授業では授業中にほかの生徒に英語でインタビューをしました。

先生との会話だけではなく、授業で学んだことを他の生徒とのコミュニケーションにもつなげてくれました。

もし、私が一人でこの学校で勉強していたら、きっと頑張れないと思います。それくらいハードな一日です。しかし、一緒の環境で、同じように授業を受けて、きつくても頑張ろうとしている仲間がたくさん近くにいるから、モチベーションも下がらず頑張れるのだと思います。

フィリピンに来て学んだ留学の意味

BECIの部屋

 もちろん英語力は全く足りていません。いろいろ言いたことはあるのに、それが説明できないときはとても悔しいです。難しい英語を簡単に変えて説明する力もないと感じるとともに、その能力がどんなに必要なのかも感じました。

また、グループレッスンでは自分よりも断然英語ができる人もいます。その人と一緒に授業を受けると、自然と発言回数が減ってしまいます。自信がなくなって、授業を自分のペースにうまく持っていけずに受け身の授業になっていることに気付きました。

グループクラス

私と違って、コリアンの生徒は、どんどん発言してきます。それにおいていかれないように、必死で発言している状況です。しかし、私にとってこれは、とてもいいトレーニングだと思います。

日本ではこんなアクティブな授業は体験できないし、思ったことをすぐに言えるようになれば、普段の会話もスムーズにできるようになります。

たった一週間の授業ですが、その中で自分がこれからどういうところを伸ばしていかなければならないのか、どのように伸ばすべきなのかということを知るには十分な時間だと思います。

この、英語を集中して勉強できる環境で2か月3か月間、勉強ができれば絶対に伸びると感じました。もっと多くの人に経験してほしいです。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!