バギオのナイトマーケット

ABOUTこの記事をかいた人

瀬崎真悠

熊本大学出身の瀬崎真悠19歳です。ニュージーランドとかタイに観光に行ったことはあるけど、フィリピンは今回が初めてで、留学も初です!ドキドキする間もなく出発ですが、とにかく頑張ります!

BECIの週末!バギオの楽しみ方

 今日はフィリピンのバギオ生活最終日です。土曜日ということで授業はありませんでした。フィリピン留学の学生たちは、平日には勉強に集中する一方で、土日の休日はしっかり休み楽しみます。多くの学生がレジャーやショッピングに出かけ、ドミトリーはほとんど誰もいなくなっていました。

フィリピン留学ではメリハリのある生活を送ることも、勉強をうまく続けていく上ではとても大切なことだと思いました。今日は午後から日本の学生と一緒にSMという大きなショッピングモールにお買い物に出かけました。ネイルサロンを女性みんなでしたのですが、とても安くて140ペソ(約300円)でできました。サービスの価格が安いため、日本ではできないことでもここではたくさん経験することができます。

バギオのショッピングモール

ただ、生活を送るうえで不便なこともたくさんありました。特に交通機関については、車がとても多くて常に渋滞している状況でした。タクシーを捕まえるのも難しく、ショッピングモールから帰るタクシーに乗るために長蛇の列に並ばなければなりません。時には2,3時間待たなければならないとも聞きました。

また、貴重品の管理については自身で責任をもっておかなければなりません。バギオは比較的治安が良いほうですが、それでも油断してはいけないそうです。異国の地の観光名所や文化、環境や情勢を知り肌で感じることができるのも留学のいいところです。

バギオモール

バギオの観光

今回は滞在が短かったため、バギオ観光にはほとんど行けなかったのですがいくつか聞いた話を交えて紹介します。1つはナイトマーケットです。ナイトマーケットは夜の9時から開催されていて、とても安い価格で多くのものが売られています。特にスニーカーや古着が多かったです。

BECIの友達

私もこのナイトマーケットに行ったのですがとても人が多くて驚きました。日本にはない感じだったので、いい体験ができると思います。ほかには、学校の近くにファームがあって、牛などがいるそうです。またそこでは、おいしいヨーグルトも売ってあるそうです。

もう一つは、乗馬ができる米軍基地の跡地のキャンプ・ジョン・ヘイという場所があります。多くの学生が週末に乗馬に行ったりしているそうです。自然いっぱいのバギオでは、勉強に集中する環境とともに、リラックスできる環境もあります。



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!