バギオのPINES

ABOUTこの記事をかいた人

岡本麻須美

崇城大学一年生の岡本麻純です!今回は三回目の留学で二回目のフィリピンです。前回はセブ島に行ったため、日本の初秋に似ているといわれるバギオに行くのはとても楽しみです。

急に決まり慌ただしく過ぎ去っていった準備期間ですが、今以上に英語をしゃべれるように頑張ってみます!!!

 初めてのバギオ!PINESでの授業

あっという間に火曜日が終わろうとしています!月曜日の午後から授業があったため、今日はレッスン二日目です!!! 

初日は自己紹介や先生との触れ合いといった感じで、比較的日本で習っていた英語のみで、乗り切ることができました。しかし、二日目ということで教科書を使った本格的な授業が始まりました。 

先生によっては今回の留学が一週間ということで、約50ページある教科書をすべて終わらせようと大事なところだけ抑えていこうとなったものもあります。

ですが、日本の学校での授業と違って一つのセンテンスごとに理解できた?分からないところない?といった感じに確認してもらえたので、一つ一つの大事なところをなあなあにすることなく、理解していくことができました。

バギオ講師

私は大学でフィリピンとほかの国のハーフの先生の英語の授業を受けていてこともあって、ネイティブじゃないから…と全然思いませんでしたが、

一対一で受けるというものが全く想像できなくて約一・五帖の部屋に入ったときは凄く不安でした。しかし、先生たちは私が話すのに詰まると他の言いかえをしてくれたり、

フォロークエスチョンをしてくれたりしたのですぐに胸いっぱいに合った不安は吹き飛びました!

フィリピン留学で衝撃の事実

今日私は何度か留学したり、小学校高学年から学校の授業で習っていたりした英語について驚きの新事実が発覚しました!!それは…

英語にはイギリス英語とアメリカ英語があるということ!

これについては、以前から少し違うのかな?と思っていたのでそこまで驚きませんでした。が、それ以上にびっくりしたことが、日本で習っているものは両方混ざっていたものだということ!!!!

ホワイトボード

フィリピンではアメリカ英語を教えてもらう中で、発音の仕方やスペルと違いといった根本が異なるものが多数ありました。

中にはごちゃまぜにされたセンテンスを普通に発音していたもののあり、今まで勉強していた英語は何だったのだろうと思いました…

日本では様々な先生に習ったこともあってそうなったのかなと思いましたが、せっかくこの機会で知ることができたので、あと残り三日ですが少しでも多くのごちゃまぜ英語を修正していきたいです。

PINESには日本語で授業もある?

フィリピンでは当たり前のように英語で授業されるのですが、その中で最初に習うと言っても良いのが、NOUN・VERB・ADJECTIVE・ADVERB・SUBJECTなどといったものだと思います。

これについては英語で説明してもらっても、すぐに理解・使えるものというわけでなく、まずは日本語で内容を分かったうえで覚える必要があります。

PINESの授業

しかし、日本とは違う国で日本語を理解するのも、インターネットで調べるのも限度があるともいます。そこで、活躍するのは日本人マネージャーが開授する日本人のための日本語で行う英語の授業です!!

最初の授業でまずNOUN・VERBなどの説明から入り、基本の形である五文形について教えてもらえるため、もう英語オンリーの授業とか理解できないからしたくない。

と思っても、一から教えてもらえるため自分一人で悩む必要がないと思いました。オプションクラスのため受けるのは自分次第ですが、留学したばかりで英語について全然理解できないときや、

自分一人だとくじけそうになる場合は受けたほうがいいと思います!!



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!