キャラクター

ABOUTこの記事をかいた人

ロッキー

金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

これも「フィリピン留学あるある」のひとつですが、日本とは比較にならないほど、日々の生活で虫などに遭遇します。

そこで今回はフィリピン留学を考えている皆さんのために、危険度順にランキング化して解説いたします。

 

 

フィリピン留学での危険度【第1位】は、虫ではなく野犬

 

フィリピン留学関連のサイトの多くで、蚊やアリ、ゴキブリなどの対策は紹介しています。ですが、実は一番危険なのは虫ではなく野犬、狂犬病のリスクです。

狂犬病は致死率100%といわれる、とても恐ろしい病気だからです。

1)フィリピンの狂犬病の現状

 

世界を見渡すと、年間に5万人以上が死亡している狂犬病。フィリピンは狂犬病に関して、残念ながら世界のワースト10に入っているハイリスクの国です。現在でも年間に数百人が狂犬病で亡くなっています。

日本人にも死亡例があります。2006年にお二人が、フィリピンから帰国した後に発症して亡くなっています。

 

2)フィリピンにおける野犬の状況

 

「野犬なんて、農村にしかいないでしょ?」と思われた方、とんでもありません!!

あまたの語学学校があるセブ島でさえ、街には野犬がいます。

フィリピン留学中に仲良くなった現地の人から、実家にお招きされるような機会があるかもしれません。それはフィリピン留学の良さでもありますが、現地の貧しい住宅街はリスクが高いことは知っておいてください。

 

3)フィリピン留学中の対策

 

日本の感覚で、見かけた犬を手なづけようとしたり、食べ物を与えたりしないでください。犬好きな人は特に「日本とは違うのだ」と肝に命じてくださいね。

野犬も昼間は比較的おとなしいですが、夜になると行動が変わります。人に襲い掛かることもフィリピンでは珍しくありません。夜間は特に注意してください。

 

日本でもフィリピンでも、狂犬病の予防接種は数千円で受けられます。

万一、犬に咬まれてしまったら、傷口を丁寧に石鹸洗浄すれば多くの場合、発症を防げるとWHOは説明しています。

 

 

フィリピン留学での危険度【第2位】の虫は蚊

女の子

本当に「どこにでもいる」蚊の対策は、フィリピン留学中は必須です。

1)フィリピンの蚊が媒介する病気

 

刺されてかゆいだけならまだしも、デング熱・チクングニア熱・マラリアなどに感染する危険があります。

なかでもデング熱は、フィリピン留学をした諸先輩にも罹った人が大勢います。突発的な高熱や頭痛が特徴です。多くのケースは数日の入院で済みますが、最悪の場合は死につながりますので甘くみてはいけません。

 

2)フィリピンにおける蚊の状況

 

基本的に常夏のフィリピンですから常に蚊はいます。特に雨季の6月から11月に、デング熱の患者が増えます。

フィリピン留学者の多いセブ島は高温多湿ですから、必然的に蚊も多いです。高原地帯の避暑地バギオもフィリピン留学では人気で、雨期は虫が比較的少ないです。(その代わり半月くらい晴れ間が無いこともあります)

 

フィリピンの建築物は日本のような気密性に乏しいので、至るところから侵入してきます。また屋外で食べるスタイルの飲食店も多いので、外食時は刺されるリスクが増えます。

フィリピンの蚊は日本の蚊より大きいだけでなく、すばしっこくてしつこいです。叩き落とそうとしてもスルリと逃げ、すぐまた刺しに戻って来ます。

 

3)フィリピン留学中の対策

 

・服装

申すまでもなく最善の対策は、露出の多い服装を極力避けることです。

 

・殺虫剤や虫除け

日本からの持参を勧めているサイトもありますが、私の実体験から考える原則は違います。

【現地の虫には現地の殺虫剤】です。

 

日本の殺虫・防虫剤は、健康面や匂いに敏感な日本人向けの成分で作られています。またターゲットは日本でメジャーなアカイエカ、ヒトスジシマカです。デング熱ウイルスを持つのはネッタイシマカで、マラリアを媒介するのはハマダラカ。種類が違います。

フィリピンの殺虫剤は臭いがキツい、とよく目にしますが「殺虫力の強い成分だから効く」わけです。特に日本製の電子蚊取りは経験上、効く蚊とあまり効かない蚊がいます。

 

フィリピン留学ではただでさえ、持ち物が多くなりがちです。現地調達可能なものは現地で、が原則でしょう。また可燃性のスプレーは飛行機の荷物ではNGです。(実際に私も没収されたことがあります)

肌が敏感で、フィリピンの虫除けローションでは不安な場合は日本から持参してください。

 

・発生を未然に防ぐ

 

観葉植物の水程度でも蚊は繁殖します。部屋の近くに水が放置状態にないかチェックしましょう。観葉植物があるならこまめに水を交換しましょう。

プールを併設している学校は発生率も高まります。周囲に木々の多い学校はイメージが良いですが、蚊だけでなく虫たちも多くなります。

 

 

フィリピン留学での危険度【第3位】の虫はダニ

顔

フィリピンでロケをした俳優の渡辺大さんが「ダニに噛まれて3回も病院に行った」と映画の公開挨拶で話したのが2015年のこと。日本でもマダニ騒動が起きたのは記憶に新しいですね。

特にアレルギーを持っている場合は注意が必要です。

1)フィリピンにおけるダニの状況

 

渡辺大さんのケースは山奥でのロケでしたが、高温多湿を好むダニはセブ島あたりでも頻繁に発生するので、フィリピン留学中に噛まれることは珍しくありません。

連日の勉強で疲れた身体を癒そうとマッサージ店に出かけて、そこで噛まれることも。

 

2)フィリピン留学中の対策

 

部屋を選べるかどうかは学校次第ですが、フィリピン留学中に滞在する部屋が運悪く、日当たりが悪ければ余計に注意が必要です。

とにかくベッドの湿気をできるだけ取り去ることが肝要です。電気代を気にせずに済むならば、湿度を60%以下に抑えるためにエアコンを回し続ける手もあります。

お金をあまりかけたくない場合は、以下のような対策が考えられます。

  • マットレスを日に当てる。立てかけて乾燥させる
  • 掃除機をかける
  • シーツ交換が頻繁でなければ、自前で補充してまめに交換する
  • 日本からダニ除去の薬剤を持参する(フィリピンでは入手しづらいです)
  • 外出先から戻ったままの服装でベッドに横にならない

 

フィリピン留学での危険度【第4位】の虫はアリ

赤ちゃん

日本でアリに噛まれた経験のある人は、そう多くはないでしょう。

しかしフィリピンにいるアリは種類が違います。アカカミアリという名のアリがいるくらいで攻撃性が強く、噛まれると痛みのあと、赤く腫れあがります。就寝中に顔を噛まれたりしたら最悪ですね。

1)食べ残しに注意

 

地上階の被害が多いことは当然ですが、3Fや4Fであっても建物が古くなればアリは現れます。床に落ちているパンくずやお菓子の食べカスはアリの大好物です。飲み終えた清涼飲料水の缶もです。

日本にいるときの感覚で、食べ終えたものをそのままゴミ箱に捨ててはいけません。飲料の缶は洗ってから捨てます。食べ残しやお菓子の空袋などは、別のポリ袋に密封して捨てる習慣をつけましょう。保管している食品も同様です。

 

2)除虫剤

 

アリに特化した除虫剤はフィリピンでは入手困難です。「蟻の巣コロリ」などは日本から持参します。

殺虫剤ならゴキブリと兼用で、現地で購入できます。蚊の項目でも書きましたが、フィリピンの殺虫剤は日本よりも強力な成分を使用しています。成分が気になる人は、可燃性でないものを日本から持参してください。

 

 

ランクインしていない虫など

女性

ゴキブリは?ハエは?と思われるかもしれませんが、危険度で考えれば圏外です。

・ゴキブリ

 

日本のものより大きいです。道端で遭遇するのは防ぎようがありません。殺虫剤は「ほいほい」のような置き型やチョーク・タイプ、スプレーなど現地でいくらでも購入できます。

 

・ハエ

 

屋外で外食していれば防ぎようもありません。ローカル市場では食肉や魚に山のようにたかっています。私はフィリピンでミドルステイを始めたとき、1週目で悟りました。「ハエはもう、気にしない」と。

 

 

・ヤモリ

 

「家守」というくらいで、本来は害虫を食べてくれる存在です。防ぐことは難しいので、見つけたら外に追い出しましょう。クモも同様です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!