シンさんの思い&プロフ

プロフィールラジオ

留学エージェントの仕事を始めたきっかけ

 
2012年の冬、大手電子機器メーカーに8年勤めた後、ぼくは退職しました。
 

エージェントになる2年前の「大きな決断」

 
辞める1ヶ月前、「本当にしたかったことって、なんだったっけ」
 
呪文のように自問自答するまいにち。
 
 
32歳になって今後の人生について本気で考えぬいた1ヶ月でした。
 
 
 
 
 
2013年、学生時代に叶わなかったひとつの夢、「留学」をフィリピンですることを決意。
 
 

留学先で見た光景にガクゼン

 
はじめてのフィリピン留学!
 
 
そこには溢れんばかりの韓国人留学生。
 
 
 
今ではすっかりメジャーになったフィリピン留学だけど、それでも日本人の出身は東京・大阪・名古屋などの都会ばかり。
 
 
ぼくのような田舎から出てきているひとは全然いませんでした。
 
 
 
 

都会と地方の情報格差をなくしたい

 

マンツーマンメインで8時間授業のフィリピン留学はすごかった。。

 
 
実は地方の人って、フィリピンで英語留学が出来ることすら知らなかったりします。
 
 
都会の人からすれば信じられないでしょうが、留学を担当する大学の教職員ですら知らないというレベルです。
 
 
 
だから、
 
 
留学に興味があっても、経済的な理由で多くの学生があきらめています。
 
 
 
 ※事実、ぼくも学生の頃、親に留学の夢を語ることさえ出来ずにあきらめたことがります。

 
 
だからぼくは、、
 
 
 
お金に余裕がなくても『フィリピン留学だったら、その夢叶うよ』ってことをみんなに伝えてあげたい!」
 
 
 
これが、ぼくがフィリピン留学を案内するようになったきっかけです。
 
 
 

ぼくの想いを支えてくれたもの

 

「地方のみんなにフィリピン留学のことを伝えてあげたい!」

その一心で自ら立ち上げたエージェントでした

が!!!

想いだけでは伝わらない1年

 
  
想いだけではなんともならない、、そのことをエージェントをはじめてすぐに痛感しました。
 
 
留学する人は、地方でも一定数いるはずなのに、
 
 
「フィリピン」に偏見を持ってるひとが多く、なかなか魅力が伝わりません。
 
 
 
  • フィリピンパブ?
  • 訛ってるでしょ?
  • なんかカッコ悪い。。
 
こんなことばかり言われました。
 
 
 
「これだけ学生のためを思ってやってるのになんで誰もわかってくれないんだ!!!」
 
 
 
 
正直、なんどもこの田舎を捨てて、既に認知度のある都会に行こうと思いました。
 
 
でも、ここで見放してしまったら、ぼくのような過去(留学の夢を諦めてそのまま大人になる人たち)が増えてしまう。。
 
 
 
本当はその夢叶うのに。。。。
  
 

続けたい!

 
同じ時期に起業した仲間がどんどん姿を消していく。
 
次は自分の番じゃないかという不安と隣り合わせの日々。。
 
 
 
そんなとき、初めて留学相談が舞い込みました!
 
 
 
「欧米は高すぎるけど、フィリピン留学なら息子を行かせてあげれると思って」という親御さんからの相談でした。
 
 
これこそ、自分がなんとかしてあげたかったことです。
 
 
 
当の本人は、同じ大学の仲間はみんなオーストラリアに行ってるのに、自分だけフィリピンに行くことが不満な様子。
 
さらに、カウンセリング中は、ずっと下を向いてるような内気な大学生でした。
 
 
 
 
 
でも、そんな彼から帰国後すぐに一本の電話が、
 
 
 
「シンさん、ぼくの話を聞いてください!!」
 
 
 
行く前はあれだけ不満そうで内気だった彼が、何かにとりつかれたかのようでした。
 
 
英語だけではなく、「人としてここまでぼくは成長できた」ということを伝えたくて、再びぼくに会いに来てくれました。
 
 
 
そして、最後にこう話してくれました。
 
 
 
 
「ぼくの大学にもフィリピン留学の案内をしに来てください!他の学生も絶対フィリピン知っとくべきですよ!」
 
 
 
このとき、
 
 
「フィリピンってすげー、、やっぱこの仕事は続けていかなきゃいけない。」って、思い直しました。
 
 
 そう、
 
 
 
彼の成長が当時のぼくを支えてくれたんです。
 
 

ぼく自身の次なる挑戦

 

留学に失敗するひとたち

 

1年後、それなりに実績も多少付いてくるようになって、ぼく自身も留学生と日々語ることで成長させられました。
 
 
同時に、エージェントに適当な留学手配をされたせいで、多くの失敗が生まれているという光景を嫌というほど見ました。
 
※現にぼく自身も過去の留学では、そのような失敗をしています。
 
 
 
学生が今まさに夢に挑戦しようとしているのに、相談相手のエージェントのうっすい現地視察と適当なカウンセリング
 
 
 
その先に待ち受けているのは当然、「失敗」の文字。
 
 

専門家への道

 
「そんなエージェントにはなりたくない。」
 
 

 

だからぼくは、
 
 
100校以上の語学学校視察と1000人以上の留学生インタビューを決行!
 
   
 

 

 
もちろん時間もお金も沢山掛かりました。
 
 
でも、これが留学生の将来を明るくしてくれるなら望むところです。
 
 
 ※今は、留学の成果を3倍に上げる方法もぼくの留学生には伝授できるようになり、確実に成果を上げて帰国してもらっています。
 
 
 いまシンさんを選んでくれる人はこんな理由で選んでくれてます。
 
 

そして現在

口コミで、ぼくのことを紹介してくれる留学生のおかげで、いまでは年間100人ほど送り出す留学エージェントに育ちました。

もちろん、大きなエージェントと比べたら大した実績じゃないかもしれません。

 
 
でも、じっくり話を聞いた上で、一人ひとりにあった留学プランを決めていくので、わざわざ県外から足を運んで問合せに来てくれる人もいます。
 
 

実際に、ぼくの留学サポートを受けた方からは、

  • 「同じ期間留学した学生よりも成果が着実に上がった!」
  • 「(保護者)うちの子がこんなに英語が勉強が好きになったのは初めてです!本当に頼んでよかったです!」
  • 「3ヶ月でTOEIC500点から900点に上がりました!」
  • 「たった1ヶ月で簡単な意思疎通が英語で出来るようになって自信がつきました!」

などの声を頂いています。

 

 

自分のことのように本当に嬉しい!!

 

留学先の選定から学習方法のアドバイス、留学中のサポートまで一貫してお世話させてもらいます。

 
そして、その留学生が成果を体感し、人としての成長も見せながら次のステージにどんどん進んで行きます。
 
ぼくが学生時代なし得なかったことを、みんなが目の前で達成していく。
 
 
 
 
そのお世話をさせてもらえることは、ぼくの何にも変え難いやり甲斐です。
 
 
 
お客様の声はこちらで紹介しています。
 
 

ぼくが提供する留学サポートでは、これを約束しちゃいます!

プロフィールクラス

これだけ沢山の留学エージェントがいるのに、正しい知識を持っているカウンセラーは意外と多くありません。だけど、わからないから言われるままに任せてしまう人が殆どだと思います。

そんなこと言われても、

「どこに相談すればいいかなんてネットには載っていない。」
「口コミを見ても賛否両論だし・・・。」

そんな悩みを持った方に対して、

 

「その人にとって最良な留学先の選定」「最適な学習方法」そしてあなたの将来を一緒になって考え、サポートしていきます。

 

ぼくの喜び・夢

ぼくは、英語はツールに過ぎないと思っているので、ただ行くだけの留学はしてほしくありません。

 

きちんと成果を出して、次のステージに最短で行くお手伝いがしたいんです。

 

これがぼくのエージェントとしてのミッションでもあります。

 

 

シンさんの情報

■1980年12月28日生。熊本県出身。A型。やぎ座。

■好きなこと・挑戦したこと:絵画、写真、サッカー、テコンドー、バックパッカー

■嫌いなこと:試合前にいつも捻挫。

■好きな言葉:「やる後悔よりやらない後悔の方が大きい」

 

 ぼくの想い
 
英語力でちゃんと結果をだしてもらい
さらにその先にあるものを見つけるお手伝いをしながら、
あなたの夢を実現させたい
 
 
フィリピン留学のことなら、まずはお気軽にご相談ください。
 
メールでも
 
 
気軽に連絡してください。