フィリピン留学の事前準備

フィリピン語学留学で目標達成するために

語学留学は留学先や滞在時間の長い短い、年齢や職業また性別に関係なく、ほぼ9割の人たちが「英語を習得する」という目的を達成できずに帰国の途に就くという統計があります。

なぜ、「英語を習得する」という目的をもって、海外にまで行き、貴重なお金と時間をかけて留学をしているのに、留学前とあまり英語理解が変わらなかったという結果になってしまうのでしょうか。

学習とは正しい学び方で目的を持って行動することで身につくといわれています。
留学しただけで英語をマスターできるわけではありません。

また、語学留学は出発前の準備が非常に大切なのです。万全な事前準備を怠った留学計画はほぼ目的達成できずに終わってしまいます。

多くの人はこの「語学留学準備」を軽視しているあまり、大切な時間とお金を無駄にしてしまうようなことになってしまうのです。

そのため、期間が短くても長くても、語学を身につけるということには関係ありません。
失敗するような準備の対策では失敗という結果がでますし、逆に成功・目標達成するような準備を整えておけば、その目標達成するという道を進んでいくことができるでしょう。

「語学留学準備」を留学前に必ず、一度真剣に考えてみて下さい。

この場合の失敗とは、帰国時に「思っていた程伸びなかった」「勉強に身が入らず、遊んでいた」「どちらかというと日本語漬けになっていた」という場合を指します。

フィリピン留学は、授業のコマ数の多さやマンツーマンの豊富さで、これまでの留学よりも効率的な学習環境が整っています。だからと言って完全に語学学校や先生に任せっきりにしてしまったのでは結局留学の目的を達成することは難しいことをお伝えしておきます。

留学先によっては自習が強制の学校もありますが、自習の有無に関わらず、学校で習ったことや使いたい単語・ フレーズは必ずその日の夜に復習しましょう。

復習に効果的な代表的な流れを以下にまとめます。

  1. 授業 ⇒
  2. その日の夜に復習 ⇒
  3. 明朝一番に再度復習

(1~3の繰り返し ※3の時点で覚えていなかったものは覚えるまで次の復習に加算する)

留学を決める前に

何のために語学留学を選択するの?

近年、語学留学へのハードルはかなり低いものになっています。アジア圏での英語習得の為の語学留学が内容的にも充実していることも大きな後押しになっていると感じます。

例えば、学生がアルバイトでためたお金で夏休みにフィリピン留学で英語を学ぶ、というお客様もここ最近は非常に多くなりました。

いつ、どこで、だれと、語学を学ぶために留学するのか。
何のために語学を学ぶのか。

まずはその思いを持つことから始まります。

  • 英語で気軽にコミュニケーションが取れるようになりたい
  • 就職活動の一環として、自分のスキルアップの為英語を話せるようになりたい
  • 接客業で海外のお客様にスムーズなご案内ができるようになりたい
  • お客様の幅を広げるため第二言語を身につけたい
  • 海外旅行での不安を払拭するため英語を身につけたい

など、人それぞれ語学を学ぶ理由、その先にある夢は違います。
あなたの想いを大切にして、ぜひ具体的にその夢を描いてみてください。

留学先を決めましょう

「何のために留学するのか」を具体的に決めたら、次に場所を決めましょう。
フィリピン留学といっても、エリアによって環境が大きく異なります。こちらで紹介できる留学先を簡単に説明するので、ぜひ自分にあった場所を選んでください。

セブ ―「マリンスポーツも観光も勉強も」っていう人向け

フィリピン第二の都市で、物価も上昇傾向にあるものの、日本人から見ればまだまだ魅力的な留学先。語学学校も豊富にある為、じっくり色んな学校を比べて選びたいならココ。

クラーク ―「ネイティブの英語を沢山受けたい!」っていう人向け

戦時中、元々米軍基地があった場所で、未だ多くの英語圏ネイティブが暮らす街。もともと英語圏留学したかったけど、予算外などの理由で行けない人にとって、英語圏の代替留学となる可能性がある。

バギオ ―「涼しい環境で快適に勉強したい」っていう人向け

マニラ空港からバスで5-7時間移動と少々疲れるが、それさえ乗り越えればそこは汗とは無縁の世界(平均気温20℃)。斜面に沿った街並みが素敵な街で、特に山に沈んでいく夕焼けは何ものにも替え難い。

ダバオ ―「出来るだけ安くマリンスポーツも勉強も」っていう人向け

セブに次ぐフィリピン第三の都市で、セブ程観光地はないものの、セブにも劣らないビーチリゾートの多さでマリンスポーツには困らない。最近は、留学のついでに3日で取れるダイビングライセンスを取りに行く人も多い。物価がセブより安いので節約志向の人にはもってこい。

バコロド ―「自然豊かな環境でゆっくりと勉強したい」っていう人向け

ダバオに次ぐフィリピン第四の都市で、人の良さでこの街を愛する旅行者は多い。デ・ラサール大学など教育機関が集中する教育都市でもあり、物価も安い為、落ち着いた雰囲気で留学が可能になる。

どこに相談したらいいの?

まずは身近な人に相談してみるとよいと思います。
知人が語学留学やバックパッカーをされているようであれば、その方から直接体験談を聞いてみるのもよいでしょう。

周りにはいないな、という方は「フィリピン留学Hub」がご相談お伺いします。
学校の特色や地域の特性など、実際に滞在スタッフもおりますので、旬な情報をお知らせすることができます。

ご検討中の方へのご案内とご説明をさせていただきますが、即決なさらなくて結構です。もちろん押し付けや強引な勧誘は一切いたしませんので、安心してご相談ください。

あなたの語学留学が最大限の効果をもたらすよう、スタッフ一同応援させていただきます。

留学 事前準備

必要な書類

◆パスポート
・有効期限を確認する(滞在期間+6か月が必要)
・紛失に備えてコピーを取る

◆航空券
・往復航空券もしくはフィリピンを出国するチ ケットを持っていないと入国できません
・往復チケット(フィリピンの後に第三国へ出国予定の人は、復路分の代わりにその行程分のチケットを確認し、紛失に備えてコピーを別に保管しましょう
・Eチケットの人は、Eチケットの控えを用意しておきましょう
・オープンチケットを購入している人も帰国日を仮に設定し、その控えを持って入国します帰国日を設定していない場合、入国を拒否される可能性があります

◆SSP 申請書類
フィリピンで語学留学するために必要な留学ビザのような役割をする許可書です。
入国カードには、「観光」と記入し観光ビザで入国はしますが、本来ですと就業、就学活動は資格外活動になります。この特別就学許可証を取得することにより、観光ビザで語学学習することが可能になります。
発行元はフィリピン法務相管轄の移民局で、SSPなしで授業を受けることは不法行為に当たります。
これは個人で家庭教師を雇う際にも同じく適用されます。
SSPはフィリピンの移民局からSSP認定を受けた語学学校のみ申請でき、現地到着後に申請すれば問題ありません。
一度取得すると6カ月間有効ですが、他校へ転校する場合は再度申請が必要になりますのでご注意ください。

・現地スタッフへパスポートを渡します

◆VISA 延長申請書類
・パスポートと写真 2 枚(5cm×5cm/背景白/眼鏡不可)が必要です(延長申請毎に必要になります:30日以上滞在者の場合)

◆海外旅行保険証
留学中の病気や怪我、盗難などのトラブルについて、日本語での24時間緊急ダイレクトコールサービスなどを提供する保険会社もあります。
期間に応じてタイプを選ぶだけのセットプラン、必要な保険内容を組み合わせて設定するプランもあり、保険金を状況に応じて低く設定することで、保険料金を安くすることができます。
クレジットカード付帯保険については、カード会社によって若干の違いはありますが、保険期間が3カ月までと限定されているものが多いです。

・海外旅行保険には必ず入りましょう
・保険証書を準備します
・クレジットカード 付帯の保険はキャッシュレスにならない場合があるため、必ずカード会社への事前確認をしておきましょう

◆AI-card 申請書類
ACR I-Cardは、観光を目的としてフィリピンに長期滞在(60日以上)する方、または短期間でも就学や就労する(SSP/SWPを取得した)外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証(Alien Certificate of Registration IdentityCard,ACR I-card)です。
ACR I-cardを取得しなかった場合、出国の際に空港でACR I-card取得相当の金額の請求または罰金が科せられます。
また、ACR I-cardはフィリピンへの再入国許可や特別再入国証として使うことはできず、出国と同時に空港の移民庁職員へACR I-cardを返却しなければなりません。

写真2枚(5cm×5cm/背景白/眼鏡不可)をご用意ください (60日以上滞在者の場合)

必要な現金・カード

◆現金
・留学オリエンテーション後、近くのショッピングモールで両替が出来ます(現地費用もこの時にお支払いいただきます)

◆国際キャッシュカード
・12週間以上滞在予定であれば現地通貨で引き出せる国際キャッシュカードを持っていくと便利です(“Cirrus”や“Plus”マークが記載されているキャッシュカードが使用可能です)
・引き出せる額、使用できる頻度を事前にご確認ください(新生銀行、シティバンク等で作成可能です)

◆クレジットカード
・ホテルやレストラン、大きなショッピングモールでは VISA、MASTERカードの利用が可能です
・作成時にキャッシング機能を付けている場合のみ、現地ATMでキャッシングが可能になります こちらも事前にカード会社にご確認ください

学習品

◆辞書
・持ち運びに便利な、電子辞書がお勧めです(英和、和英、英英の機能があると便利)
・スマートフォンをお持ちの方は、辞書機能のアプリをインストールする方がお得です(『WISDOM』というアプリがお勧めです)

◆筆記用具
・現地でももちろん購入可能ですが機内から入国カードの記入など必要になるので持って行きましょう

◆参考書
・フィリピンでは日本語の参考書は手に入らないので日本で使っていた文法や会話等の参考書、単語帳があると役に立ちます

家電類

◆パソコン・タブレットなど
・Wi-Fi環境にあるため、インターネットを利用した学習が可能です

◆動画撮影できる機器(スマホなど)
・あると様々なシーンで便利です

◆イヤホン
・あると様々なシーンで便利です

◆デジカメ
・現地での購入も可能ですが日本よりも高いです
・メモリカードも忘れずに準備しておきましょう

◆ドライヤー
・スタンダードタイプのドライヤーは基本的にはないので、現地で調達がよいでしょう

◆変圧器
・日本国内仕様の家電製品を使う場合に必要です
・新たに家電製品を購入して持参する場合は、100V-220Vと記載してあるものを購入する方が無駄がありません。

◆電源プラグ
・フィリピンの電源プラグ・コンセントの形状は、AタイプまたはCタイプが一般的に使われています(Aタイプは日本と同じなので、日本の電気製品のプラグをそのままコンセントに差込むことが出来ます)

◆時計
・目覚まし時計、腕時計があると便利です

◆充電器
・充電器のみの調達は、現地では難しい為、お使いの各充電器を準備しましょう

衣類

◆衣服・下着類
・ショッピングセンター内やバス車内は冷房がきついため、長袖を持参すると便利です
・洗濯サービスはありますがドライクリーニングはないため高価な衣類は避けましょう

◆水着
・現地でも購入は可能です

日用品

◆タオル
・2~3枚は必要です(現地での購入も可能です 寮には設置していません)

◆室内履き
・スリッパなど室内履きがあると便利です

◆サンダル
・現地での購入も可能です

◆帽子・サングラス
・日差しがかなり強いので持参すると便利です

◆ハンカチ
・セブは常夏ですので、現地購入も可能ですが汗を吸い取るタイプのハンカチを持参しましょう

◆ティッシュ
・学校では基本的にトイレットペーパーを設置していません
・公衆トイレではトイレットペーパーがないことが多いのでポケットティッシュを準備しておきましょう(現地購入も可能です)
・一般の公衆トイレではティッシュは便器に流さず、備え付けのゴミ箱に捨てます

◆常備薬
・現地での購入も可能ですが、なるべく慣れたものを準備しておきましょう(胃腸薬、風邪薬、鎮痛剤、虫刺され塗り薬など)

◆日焼け止め・化粧品類
・いつもお使いのもの、肌質にあったものを準備しておきます

◆虫よけ剤
・電気や火を使わない室内用虫よけを持って行きましょう
・肌にスプレーするタイプの虫よけ剤もあると便利です(現地でも調達は可能です)
・フィリピンはアリが多いので、アリ用虫除けも効果的です

◆洗面用具
・シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・歯磨き粉・歯ブラシ・カミソリ・タオル等は備え付けられていません
・現地でも購入できるので少量だけ準備して、足りない分は現地で購入するようにしましょう

◆生理用品
・現地でも購入できますが、日本製の方が質が良いのでこだわりのある人はご持参ください

その他

◆ハンガー、洗濯ばさみなど
・特に女性の場合は下着だけ手洗いしたいという人が多いので、旅行用の物干しロープがあると便利です

◆眼鏡、コンタクト
・余分に準備しておきましょう
・コンタクトレンズの洗浄・保存液は現地で購入可能です(80~250 ペソ)

◆雨傘・日傘
・1~5月までは乾季、6~12月までは雨季になります

多くの持ち物は現地での購入が可能です。ただ、授業やホームワークを考えますと、いつでもショッピングに行けるわけではありません。(日用品などは学校の売店で購入できるものもあります)なるべく最初は持参されると良いでしょう。

長期滞在の方は、土曜日や日曜日に現地で追加購入することが出来ます。

 

フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!