フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン留学】格安マンツーマンレッスンのリアル!効果はいかに!?

MOEKA
WRITER
 
マンツーマンレッスン
この記事を書いている人 - WRITER -
MOEKA
外国語大学の3年生が終了した冬、「海外経験がないまま、卒業したくない!」と思った私は留学を決意。大学を休学し、半年間アルバイトで留学費を貯めた後、3か月間フィリピンのバギオに留学しました。

「留学はお金がかかるから…」と諦めてる人にこそ、低価格かつ密度の濃いマンツーマンで授業ができるフィリピン留学にぜひ挑戦して欲しいと思います!

私はフィリピン留学の一番の魅力は「マンツーマンレッスンが充実していること」だと思っています。

 

日本だと英会話スクールなどに行ったことがある人を除けば、英語のマンツーマンレッスンを受けたことがある人はとても少ないのではないでしょうか?

 

私個人としては、「日本人はマンツーマンレッスンの方が向いているんじゃないかな?」と思っています。

 

今回は私がそう考える理由はもちろん、

  • マンツーマンレッスンの魅力やメリットは?
  • マンツーマンレッスンのデメリット&注意点はあるの?
  • マンツーマンレッスンを効果的に使うには?

このような「マンツーマンレッスン」に関する情報を紹介したいと思います!

 

フィリピン留学のマンツーマンレッスンってどうなの?

マンツーマンレッスンとグループレッスンの違いは?

マンツーマンレッスンとグループレッスンは文字通り、「1人の講師に対し生徒は1人なのか、2人以上なのか」という違いがあります。

フィリピン留学のグループレッスンは1クラスの生徒は4~8人なので比較的少なめです。ただし、欧米の語学学校の場合はほとんどがグループレッスンで、1クラスには15~20人の生徒がいます。日本の学校の英語の授業だとさらに20~40人とかなり多いですよね。

 

グループレッスンの場合は、生徒1人が英語を話す時間というのはほんのわずかしかありません。

 

質問タイムや問題に英語で解答する場面があっても、英語で話す時間は10分にも満たないのではないでしょうか?

もちろん、生徒同士で英会話練習をする時間などもあるかもしれません。ただし、あくまで会話相手は生徒なので同等レベルの英語力しかありません。こちらの英語を聞いてウンウンとうなずいていても、ちゃんと理解できていない場合もありますし、自分の英語が間違っていても指摘してくれる可能性もほぼないと言えます。

 

マンツーマンレッスンであれば、講師と生徒の2人だけが英語で話すため、英語を話している時間はグループレッスンに比べて圧倒的に多くなります!

 

当然スピーキングの機会が増えれば、英会話が上達スピードも飛躍的にあがりますよ!

 

フィリピン留学のマンツーマンレッスンのココが凄い!

 

フィリピン留学の凄いところは「マンツーマンレッスンが低コストでたくさん受けられる」点です。

 

もちろん、日本の英会話教室でもマンツーマンレッスンを受けることは可能ですが、フィリピン留学と同じようにマンツーマンレッスンを受けようとした場合はかなり高額な費用がかかってしまいます。

 

私がフィリピン留学していた時は、平日は毎日5~6時間のマンツーマンレッスンを受けていましたが、1ヶ月の留学費用は15~16万ぐらいでした。ここには、マンツーマンレッスンだけでなく4時間程度のグループレッスン、さらに寮費や食費などの生活費や入学金なんかも含まれています。

 

日本の英会話教室でマンツーマンレッスンを受ける場合、1回(40分)の授業の相場は約5000~9000円と言われています。仮に、40分=5000円の授業を1日6コマ受けた場合は、3万円。平日毎日受けたらなんと1ヶ月で3万×20日=60万円かかってしまうことになります(笑)

 

実際、英語って毎日話す練習をしなければなかなか上達しないものなんです。そう考えるとフィリピン留学のマンツーマンレッスンってすごいんだなぁと思ってしまいますよね!

マンツーマンレッスンのメリット&魅力

語学学校のフィリピン人講師

 

1.初心者でもスピーキングに挑戦しやすい

 

マンツーマンレッスンは初心者でもスピーキングに挑戦しやすく、英語を話す頻度を増やせるのが一番の魅力です!

 

グループレッスンの場合、英語初心者だと頭で英文を組み立てて話すまでに時間がかかってしまうため、発言の機会を逃してしまうことが非常に多いです。

マンツーマンレッスンであれば、生徒が英語で答えられるまで、講師がちゃんと時間をとってくれます。発言頻度も増えるため、今まで以上に成長を実感することができます!

マンツーマンレッスンはインプットしてきた英語をアウトプットへと進化させたい段階でつまづいている人にはかなりおすすめだと思いますよ♪

 

2.授業の内容や難易度をカスタマイズできる

 

マンツーマンレッスンの場合、生徒に合わせて授業の内容や難易度をカスタマイズできるのも大きなメリットです!

 

同じ内容の英語を話していても、英語を話すスピードや使用する英単語や文法が変わるだけで英語の難易度は大きく変わります。

英語初心者はもちろんですが、「片言では話せるけどまだまだスムーズに話せない」「もっと英語がペラペラになりたい」と考えている人にとっても、自分のレベルに合わせたマンツーマンレッスンを受けることができます。

もちろんスピーキング以外にも、英文法やリスニング、ライティングなどの苦手分野を集中的に勉強する、克服するためにマンツーマンレッスンを活用すること可能です!

 

3.英語の間違いをきちんと指摘してもらえる

 

マンツーマンレッスンであれば、英語の間違いもちゃんと訂正してくれます!

 

もちろん、グループレッスンでも発言の際に間違いを指摘してくれる場合もありますが、授業の人数も多いため間違っていても意味さえ通じれば、丁寧に訂正まではしてくれない場合も多いと思います。

マンツーマンレッスンなら生徒がちゃんと理解するまで訂正してくれるだけでなく、間違って覚えてしまっていたり、無意識に間違っているといった文法や英語の使い方の間違い癖なども直してくれますよ!

 

マンツーマンレッスンのデメリット&注意点

1.マンツーマンレッスンには講師経験の浅い講師もいる

 

マンツーマンレッスンの講師は、グループレッスンの講師に比べると経験の浅い講師は多いです。

 

日本の塾などをイメージすると分かりやすいですが、集団授業の講師は何年も教えているベテラン講師が多く、反対に日本の個別授業は大学生アルバイトが教えていることもありますよね。

それと同じように、マンツーマンレッスンの場合も講師になったばかりという人ももちろんいます。英語自体はペラペラでなまりなどもありませんが、授業の方法や教え方はグループレッスンの講師には負けてしまうかもしれませんね。

 

2.自分と合わない講師もいる

 

フィリピン人講師もあくまで人なので、自分とは性格的に合わない、授業の仕方が合わないという講師に出会うこともあります。

 

マンツーマンレッスンだと、2人きりの授業になってしまうため、余計に苦痛に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

講師を替えてもらうのが一番良い方法ですが、語学学校によっては講師を変えることができない場合もあるため、我慢しなければならない状況も考えられます。

 

3.稀に突然休んだり、やめてしまう講師もいる

 

グループレッスンの講師の場合は、長年語学学校に勤める講師が多いので、プロ意識も高く、休むことで何人もの生徒に迷惑がかかるため、授業に穴を空けることはほとんどないと思います。

 

しかし、マンツーマンレッスンの場合は体調が悪くて休んでも、迷惑がかかる生徒はそれほど多くありません。さらに、語学学校に勤めて日の浅い講師が語学学校側とトラブルになり辞めてしまう場合もあります。

 

実際、私が初の生徒だという講師が、2日連続で休んだり、無断で休んだりして、最終的に辞めてしまった講師がいました。授業はとても分かりやすく、楽しんでいたので、個人的にとてもショックでした。

私のマンツーマンレッスン失敗談を紹介

 

失敗というほどではありませんが、今思えばマンツーマンレッスンの講師をもう少し定期的に変えても良かったかもしれないと思っています。

 

私の語学学校では、自分で授業カリキュラムをカスタマイズすることができたため、マンツーマンレッスンの講師を変えることは1週間ごとであればいつでも可能でした。

しかし、私にとってはマンツーマンレッスンを担当してくれた講師はみんな陽気で親しみやすい人ばかりだったので、カリキュラムの関係で変更が必要な場合を除き、基本的に同じ講師にマンツーマンレッスンをしてもらっていました。

 

留学は3ヶ月間だったため、講師と仲良くなりすぎて、緊張感がなくなり、ゆるゆるの授業になってしまっている時期もありました。

 

講師と仲良くなれば、気楽に授業を受けることができますし、講師を変更しても合わないケースもあるため、講師は変えない方が精神的にはかなり楽なんですよね。

それでも慣れ合いの授業になってしまうぐらいなら、思い切って講師を変えてみるのも1つの方法だったかもしれなかったなぁと思います。

 

マンツーマンレッスンを効果的に使うには?

効果的に使うには?

 

マンツーマンレッスンは基本的に自分の苦手分野を克服するために使うのが効果的です!!

 

マンツーマンレッスンでは授業中の間、講師は自分しか見ていません。よく間違うポイントや苦手なポイントをしっかりと見てくれるはずです。

 

  • 自分がよく間違う文法や英語の使い方がないか聞いてみる
  • 同じ間違いが癖になってしまっている場合は、集中的に訂正をいれてもらえるようにお願いしておく

 

など、マンツーマンレッスンの利点を最大限に活かせる工夫をしてみるのがおすすめですよ!

 

まとめ:フィリピン留学のマンツーマンレッスンなら「話せる!」を実感できる!

陽気な講師陣

いかがでしたか?

 

日本人は中学や高校、早い人は小学生から英文法や英単語の勉強してきていると思います。ただし、英語を話すことに関しては、苦手意識がある人や練習方法がよく分からず一歩踏み出せていない人は結構多いのではないでしょうか?

 

私自身、外国語関係の大学なので、グループレッスンを何度か受けたことがありますが、上達できるどころか自信を失っていくばかりでした、、、

 

マンツーマンレッスンは自分のペースで英語を話すことができるため、初心者でもスピーキングに挑戦しやすいです。

もちろん、初心者じゃない人でもそれぞれのレベルに合わせて授業をカスタマイズできますし、英語の間違いなどもしっかり訂正してもらうことができます。

何よりも、グループレッスンに比べて英語で話す頻度が大きく増えるため、「やばいっ!めっちゃ喋れるようになってる!!」と成長を実感することができますよ。

 

「英語で伸び悩んでいる!」「なかなか話す段階に踏み出せない!」そんな人こそ、今フィリピン留学のマンツーマンレッスンに挑戦してみましょう♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MOEKA
外国語大学の3年生が終了した冬、「海外経験がないまま、卒業したくない!」と思った私は留学を決意。大学を休学し、半年間アルバイトで留学費を貯めた後、3か月間フィリピンのバギオに留学しました。

「留学はお金がかかるから…」と諦めてる人にこそ、低価格かつ密度の濃いマンツーマンで授業ができるフィリピン留学にぜひ挑戦して欲しいと思います!