フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

セブ島留学生に必須のビザ知識!手続きの疑問と悩み一挙解決!

 
visa-1
この記事を書いている人 - WRITER -
近藤穂波
はじめまして!ホテルに5年、アパレルで3年働いた後、フィリピンのセブ島へ留学、カナダへワーキングホリデー、日本では歩いて四国を2週間旅したりと、自由を求めて生きています。

sebu-blue-sea-min

フィリピンに留学して英語を勉強したいけど、「ビザってなに?何をすればいいかわからない!」という人も多いと思います。

 

この記事では、フィリピンのセブ島留学に必要なビザの説明と取得方法をご紹介します。

 

そもそもビザって何?どういうときに必要?

 

visa-2

 

「ビザ」とは、簡単に言うと海外に滞在するために必要なチケットのようなものです。

 

ビザにはいくつか種類があり、滞在する期間や目的によって取得するべきビザが変わってきます。

 

セブ島留学に必要なビザの種類

 

セブ島留学をする場合、以下の2つのビザが必要です。

 

  1. 観光ビザ
  2. SSP(Special Study Permit)

 

1)観光ビザ

 

観光ビザは、30日以上の観光でフィリピンに滞在する予定の人のためのビザです。

 

観光ビザを使用すれば、日本人ならば誰でも無料で30日間セブ島に滞在することができます。

 

単なるセブ島観光なら、面倒なビザの手続きも費用も必要ありません。しかし、30日以内の滞在であっても「留学」となると、「SSP」というビザを取らなければいけません。

 

30日以上の滞在は、観光ビザの延長が必要

 

30日以上のフィリピン国内の滞在は、観光ビザの延長が必要です。私は2ヶ月間の留学期間だったので、ビザを延長しました。

 

手続きについては、日本にいる間に準備するものは特にありませんでした。観光ビザで入国し、現地に行ってから滞在の延長を申し出ます。

 

手数料を支払えば学校スタッフが手続きをしてくれる場合がほとんどなので、安心だし楽ちんです。

ビザの延長期間によって価格は変わる

金額は、観光ビザの延長期間によって異なります。

 

1回目の延長(59日まで延長可能)・・・3,030ペソ(約6,500円)

2回目の延長(89日まで延長可能)・・・4,300ペソ(約9,200円)

3回目の延長(119日まで延長可能)・・・2,330ペソ(約5,000円)

 

2)SSP(Special Study Permit)

 

SSPは、留学する人は全員取得しないといけないビザです。

 

期間も関係なく、30日以内の留学であっても取得が必要。SSPは、現地でしか取得できず、手数料を支払えば学校スタッフが手続きをしてくれます。

 

金額は、5,500ペソ(約12,000円)です。※学校によって変わります。

 

その他のビザの種類

 

観光ビザとSSP(Special Study Permit)の他にも、以下の2つビザがあります。

 

  • ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration)
  • ECC(Emigration Clearance Certificate)

 

これらのビザは、フィリピンでの滞在期間により必要な人とそうでない人がいます。

 

ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration)

 

ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration)は、日本語で言うと、「外国人登録証」というビザで、フィリピン滞在期間が60日以上の全ての外国人が取得します。

 

金額は、約3,500ペソ(約7,500円)※レートによって変わります。

 

ECC(Emigration Clearance Certificate)

 

ECC(Emigration Clearance Certificate)は、6ヶ月以上滞在する外国人全員が取得するべき出国許可証です。

 

ECCを取得していないと、いざ日本へ帰ろうとした時「フィリピンから出国できない!」という大変なことになります。留学後に旅行を考えている人は、6ヶ月という期間に特に注意しておきましょう。

 

金額は、500~1,000ペソ(約1,100円~2,150円)※レートによって変わります。

 

いつまでにビザの申請をしておくべき?

 

world-wide

留学でセブ島に行く場合、日本でのビザの手続きは必要ない場合がほとんどです。

 

セブ島へ到着してからビザの取得できるからです。また、学校のスタッフがビザの手続きをしてくれる場合がほとんどなので、心配いりません。

 

もし不安なようでしたら、ビザの取得方法について学校側に事前に確認しておきましょう。

 

6ヶ月以上の留学をする人は、帰国1週間前までにECCの取得を!

 

ECCとは、フィリピンに6ヶ月以上滞在した外国人が、フィリピンから出国する時に必要になる証明書です。ECCは、帰国1ヶ月~1週間前に取得しておかなければなりません。

 

また、ECCの有効期限は発行から1ヶ月です。そのため、ECCを早くとりすぎると、有効期限が切れてしまいます。

 

後でご紹介しますが、セブ島では、ビザの延長を行う「イミグレーションセンター」という場所で、ECCも取得できます。

 

ECCの取得に必要な書類

 

ECCの取得に必要な書類は以下の通りです。

 

  • 申請書類(イミグレーションで受け取れます)
  • パスポートのコピー(顔写真のページ、入国日のあるページ、ビザ延長のスタンプがあるページ)
  • ACR-I-Cardの原本とコピー
  • ピザの延長や種類の変更をした場合、その際に受け取った書類
  • 2×2インチの写真4枚

 

ECCを取得しに行ったその日に発行されず、1週間後に受け取ることができます。

 

日程に注意して取得するようにしましょう!

ビザ取得にかかる費用は?

 

ビザ取得にかかる費用について期間別にまとめてみました。1ペソはだいたい2円ちょっとです。(1ペソ=2.12円で計算しています。)

 

4週間・・・SSP=5,500ペソ(約12,000円)

8週間・・・観光ビザ1回延長+SSP=8,530ペソ(約18,100円)

12週間・・・観光ビザ2回延長+SPP+ACR-I-CARD=16,330ペソ(約34,700円)

半年・・・観光ビザ5回延長+SSP+ACR-I-CARD+ECC=24,320ペソ(約51,600円)

 

フィリピンは、いくら物価が安い国だといっても、長期滞在だとビザ代が結構かさみますね。以下で、ビザ費用の節約の方法を説明します!

 

ビザの費用節約のコツ

 

save-money

ビザの手続きは学校に任せればいいのですが、少しでもビザ代を安くするためには、いくつか方法があります。

 

ビザの延長費用を2ヶ月毎に行う

 

ビザの延長費用を2ヶ月毎に行うと、ビザ費用を約8,000円ほど節約できます。

 

ビザの計算はややこしいのですが、以下でビザの延長を1ヶ月毎に行なった際にかかる費用と、ビザの延長を2ヶ月毎に行なった際にかかる費用を比較してみます。

 

 ビザ延長
1ヶ月毎
ビザ延長
2ヶ月毎
1ヶ月60日間無料60日間無料
2ヶ月3,030ペソ3,030ペソ
3ヶ月4,300ペソ4,800ペソ
4ヶ月2,330ペソなし
5ヶ月2,330ペソ2,830ペソ
6ヶ月2,330ペソなし
14,320ペソ10,660ペソ

 

1ヶ月毎にビザを延長し、半年滞在した場合

出国するまで30日単位でビザを更新した場合、フィリピンに半年滞在するには、ビザ延長料金のみで14,320ペソかかります。それに加えてSSP+ACR-I-CARD+ECCの合計10,000ペソかかり、合計24,320ペソ(約51,600円)必要です。

 

2ヶ月毎にビザを延長する制度を使って半年滞在した場合

2ヶ月毎にビザを延長する制度を使った場合、フィリピンに半年滞在するには、ビザ延長料金のみで10,660ペソかかります。それに加えてSSP+ACR-I-CARD+ECCの合計10,000ペソで、合計20,660ペソ(約43,800円)です。

 

 

2ヶ月毎にビザの延長をすれば、約8,000円程安く済ませることができます。

一度出国してしまう

 

一度海外に出てしまえば、ビザは振り出しに戻ります。30日間の無料観光ビザが使えますので、週末はどこか近くの国に旅行に出かけて延長料金を免れるという方法もあります。

 

これはフィリピンの生活に慣れないと、ちょっと難しいかもしれませんね。

 

ビザの手続きに必要な書類

 

ビザの手続きに必要なものは、以下の3つです。

 

 

意外にもたったこれだけなのですね。

 

セブ島のイミグレーション(入国管理局)は、マンダウエ・シティーのJセンターモールの2階にあります。そこへ、パスポート・申請用紙・申請費用を持って行き、手続きを行います。

 

申請用紙は、事前にイミグレーションのホームページからダウンロードし印刷できます。

→イミグレーションのホームページはコチラ

 

印刷ができない場合は、直接イミグレーションで申請用紙をもらってその場で書くこともできます。

 

私の場合は、学校で初日に申請用紙を渡されました。自分で、国籍やフィリピンでの滞在先などの個人情報を書き、学校のスタッフに渡すとビザを取ってきてくれました。

 

パスポートの有効期限に注意!

 

ビザ取得をする際に注意する点は、パスポートの有効期限です。ビザ延長後+6ヶ月あるかどうかを、しっかり確認しておきましょう。

 

3回目の延長の申請には、「2×2インチの証明写真」が必要になります。「ACR-I-CARD」という外国人登録証というカードが発行されるからです。

 

証明写真は、セブ島にあるアヤラモールなどで撮ることもできます。証明写真の値段は60~80ペソと、日本よりも割安ですよ。

 

まとめ

flight

 

1)ビザとは外国に滞在するために必要なチケット

2)セブ島留学で絶対に必要なビザは以下の2つ

  • 観光ビザ
  • SSP(Special Study Permit)

3)滞在期間によって必要になるビザが2つ

  • ACR-I-CARD(Alien Certificate of Registration:外国人登録証):フィリピン滞在期間が60日以上の人が対象
  • ECC(Emigration Clearance Certificate):フィリピンに6ヶ月以上滞在した外国人が、フィリピンから出国するときに必要

4)6ヶ月滞在時のビザの節約はマスト

5)パスポートの有効期限は要チェック

 

どうですか?案外簡単ですよね。学校によって用意するものが増えたり、代金が増減したりするので、しっかり確認しておく必要があります。

 

手続き自体は学校にお任せできます。英語ができなくても、書類作業が苦手でも大丈夫です!

 

安心してセブ島留学の計画を進めましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
近藤穂波
はじめまして!ホテルに5年、アパレルで3年働いた後、フィリピンのセブ島へ留学、カナダへワーキングホリデー、日本では歩いて四国を2週間旅したりと、自由を求めて生きています。