フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

バギオ留学の静かなるドン MONOLの教科書

 
バギオ留学の静かなるドン MONOLの教科書
ご相談・お見積りはこちらから
★フィリピン留学Hubなら仲介手数料0円&最低価格保証★
仲介手数料は頂きません!

学校に直接申込みと同じ金額なのに出発~帰国まで安心のサポートが受けられます。

最低価格保証を実現!

業界の最低価格を保証。どこよりも安く安心してお申込みが可能です

 
ご相談・お見積りはこちらから
★フィリピン留学Hubなら仲介手数料0円&最低価格保証★
仲介手数料は頂きません!
最低価格保証を実現!

学校に直接申込みと同じ金額なのに出発~帰国まで安心のサポートが受けられます。

業界の最低価格を保証。どこよりも安く安心してお申込みが可能です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

バギオのMONOLがなんだか設備が良いらしいけど、実際どうなの?勉強できる?

こんな疑問を持つ人も多いと思います。

答えは・・

MONOLは、バギオで一番の設備投資をしている学校で、日本ほどではないですがフィリピン留学のスタンダードを超えたストレスフリーな生活が送れます。但し、11階建てという高階層にもかかわらずエレベーターが止まることが頻繁にあるので、足腰が弱い年配の人には向きません。

僕は2013年からバギオを40回ほど訪れ、またMONOLも滞在しながら授業を受けています。また、実際に留学している人の声も総合的に聞きながら主観・客観的な目線でMONOLを分析しています。

この記事では、バギオ留学の代表格の1つであるMONOLを解説します。

MONOL特徴

バギオイチの設備投資

バギオイチの設備投資

MONOLは、バギオで一番施設が充実している学校で、特に身体を普段使わないと落ち着かないって人に特にお勧めできる学校です。

バスケットボールフットサルゴルフ
バレーボール卓球ビリヤード
ヨガボクシング/キックボクシング筋トレ

更に、付帯設備としても、カフェ・売店・シアタールーム・サウナもあるので、やや郊外にあるMONOLから外出することなく、充実した生活を送ることができます。

フィットネスやヨガルームには、なんと専門のトレーナーがついて指導してくれるよ。

ぎゃー、なんですかそれ、それセブ島の学校でも中々ないですよね。恐るべしMONOL。。

▼施設環境がいい!バギオの語学学校MONOL(モノル)の体験談をレビュー!▼

大人数でも生活しやすい部屋の作り

大人数でも生活しやすい部屋の作り

MONOLには、1人部屋・セミシングル・2人部屋・3人部屋・4人部屋があります。複数人部屋になると気になるのが、「プライバシー」ですよね。

ベッドで横向いたら他人の顔があるみたいな・・・

写真を見てもらうとわかりますが、何人部屋であってもこのようにベッドの間にクローゼットを挟むことで顔が見えないような配慮がされています。

わー、それ小さいことだけど結構嬉しいで!

バギオで唯一のEOP(英語のみ使用)厳守

バギオで唯一のEOP(英語のみ使用)厳守

MONOLでは、キャンパス内でのEOP(英語のみ使用)を徹底しています。バギオだけじゃなく、フィリピン全体で見てもEOP(英語のみ使用)を守れている学校は中々ありません。

へー、そうなんですね。でも、しゃべっちゃってもバレないんじゃないですか?

EOPチェッカーといって、担当スタッフが巡回してるから、見つかると罰金や最悪週末の外出禁止などのペナルティが与えられるんだよ。それに、講師もEOP(英語のみ使用)が義務付けられてるから、講師同士もタガログ語が禁止なんだ。

わー、かなりの徹底ぶり・・すんげー

MONOL写真

MONOL 時間割サンプル(Regular ESLコース)

時間授業
7:00~7:45任意参加クラス
7:00~8:00朝食
8:10~8:55グループクラス(リスニング)
9:05~9:50グループクラス(リスニング)
10:00~10:45グループクラス(慣用句、頻出表現)
10:55~11:40自習
11:50~12:35マンツーマンクラス(語彙)
12:40~13:25昼食
13:35~14:20マンツーマンクラス(スピーキング)
14:30~15:15マンツーマンクラス(発音)
15:25~16:10自習
16:20~17:05グループクラス(ディスカッション)
17:15~18:00マンツーマンクラス(文法)
18:10~18:55夕食
20:00~22:20任意参加クラス

MONOLの部屋タイプ

セミシングル

2人部屋

3人部屋

4人部屋

6人部屋

MONOL留学費用

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コースRegular ESLコース
部屋タイプ4人部屋
留学総費用(①+②+③)179,110円
①日本で払う費用
入学金11,000円
授業料・滞在費・食費80,190円
空港送迎費(片道)5,500円
 SSP13,750円
 管理費(光熱費・テキスト代込)3,300円
②フィリピンで払う費用
デポジット9,200円
ACR-Iカード0円
ビザ延長0円
③その他
航空券50,000円
海外旅行保険6,170円
合計:
179,110円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コースRegular ESLコース
部屋タイプ4人部屋
留学総費用(①+②+③)241,110円
①日本で払う費用
入学金11,000円  
授業料・滞在費・食費133,650円
空港送迎費(片道)5,500円
 SSP13,750円
管理費 (光熱費・テキスト代込)5,500円
②フィリピンで払う費用
デポジット9,200円
ACR-Iカード0円
ビザ延長0円
③その他
航空券50,000円
海外旅行保険12,510円
合計:
241,110円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コースRegular ESLコース
部屋タイプ4人部屋
留学総費用(①+②+③)411,659円
①日本で払う費用
入学金11,000円  
授業料・滞在費・食費267,300円
空港送迎費(片道)5,500円
 SSP13,750円
 管理費(光熱費・テキスト代込)11,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット9,200円
ACR-Iカード0円
ビザ延長7,889円
③その他
航空券50,000円
海外旅行保険36,020円
合計:
411,659円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コースRegular ESLコース
部屋タイプ4人部屋
留学総費用(①+②+③)582,539円
①日本で払う費用
入学金11,000円  
授業料・滞在費・食費400,950円
空港送迎費(片道)5,500円
 SSP13,750円
管理費 (光熱費・テキスト代込)16,500円
②フィリピンで払う費用
デポジット9,200円
ACR-Iカード6,900円
ビザ延長18,699円
③その他
航空券50,000円
海外旅行保険50,040円
合計:
582,539円

半年の留学費用

半年の留学費用

おすすめ格安コースRegular ESLコース
部屋タイプ4人部屋
留学総費用(①+②+③)1,082,656円
①日本で払う費用
入学金11,000円  
授業料・滞在費・食費801,900円
空港送迎費(片道)5,500円
SSP13,750円
管理費(光熱費・テキスト代込)33,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット9,200円
ACR-Iカード6,900円
ビザ延長37,536円
③その他
航空券50,000円
海外旅行保険113,870円
合計:
1,082,656円

MONOLのカリキュラム・コース紹介

英会話(ESL)コース

Regular ESLコース

ESLコース
各分野を総合的に学び能率的で効率的な英語各州を提供しているコースです。 
・マンツーマン3コマ
・グループ4コマ
・任意参加3コマ

合計10コマ

One on One ESLコース

ESLコース
マンツーマン授業に特化したコースです。可能な限りニーズ・スタイルに合ったフィードバックを提供します。 
・マンツーマン5コマ
・グループ0コマ
・任意参加3コマ(グループクラス)

合計8コマ

Group ESLコース

ESLコース
4名以下の小グループで授業を行うコースです。英会話によりコミュニケーションやディスカッションの強化を目的にしています。 
・マンツーマン0コマ
・グループ4コマ
・任意参加3コマ

合計7コマ

 

MONOLのESLは、One-on-one ESLコースがお勧めだよ。実際にRegular ESLコースを取った人の多くが、現地でOne-on-one ESLコースに変更してるんだ。理由は、やっぱりマンツーマンの方が効率が良いって気づくからなんだ。

TOEICコース

TOEICコース

TOEICコース
LectureとPracticeの復習スタイルで構成されます。リスニングおよびリーディングの理解力向上に重点を置いているTOEIC (LR)対策カリキュラムです。 
・マンツーマン5コマ
・グループ0コマ
・任意参加3コマ

合計8コマ

IELTSコース

IELTSコース

Speakingの4種類を、LectureとPracticeのふたつの方式で分けて提供されます。個人の弱い科目を、Elective Practice マンツーマン3時間で選択し、強化しながら学習します。  
・マンツーマン3コマ
・グループ4コマ
・任意参加3コマ

合計10コマ

IELTS点数保証コース

目標のスコアを達成売るためのコースです。12週間の受付のみとなっています。 
・マンツーマン3コマ
・グループ4コマ
・任意参加3コマ

合計10コマ

 

MONOLはIELTSコースでも有名で、多くの実績を出してる学校の一つだよ。ESLとは違うIELTS専門の講師が担当するから定評があるよ。

▼MONOLでIELTSコースを実際に受けてみた結果▼
【フィリピン留学】IELTS対策におすすめの学校は?4週間でどのくらいスコアがあがるのか?

ビジネスコース

Business English

親子留学コース
様々なビジネスシーンに適応するための高度な専門コースです。就職活動・就業過程・客室乗務員過程の3つのコースが提供されます。
・マンツーマン4コマ
・グループ3コマ
・任意参加3コマ

合計10コマ

MONOLのココがダメ

ESLが不評!?

ESLが不評

MONOLは全ての科目で授業用と復習用にノートが分かれていて、これさえやれば復習が1日で完結するというカリキュラムを持っています。他校だと、どうしても復習をやるかどうかは留学生任せとなっているので、その欠点を見事補った仕組みだと言えます。

ただ、実際にはMONOLの英会話コースではあまり伸ばせていない人も多いよ。

え?なんか完ぺきに見えるのに、それはなぜですか?

留学生が、完璧すぎるカリキュラムに安堵して、これ以外に復習をしていなかった人が多かったっていうのが理由だと思う。記憶を定着させるには、一度の復習ではなく何度も何度もやることが肝心なので、MONOLに行く場合は、このことを肝に銘じておこう。

地獄の階段昇降

地獄の階段昇降

施設がめちゃめちゃ充実したMONOLですが、いただけない欠点が1つあります。それは、11階という高階層にも関わらず、エレベータがよく故障でストップしているという事です。

そ、それはしんどい・・・ww

実際に、僕も1週間ほど滞在してたけど、滞在の半分以上はエレベータが使えなくて、階段を何回も上り下りしてたよ。おかげで少しおなかの肉がリセットされたけどねw

Wi-Fiが遅い

Wi-Fiが遅い

MONOLは、割とルーター数を多く設置している学校ですが、なぜかWi-Fiの電波が弱く、ネットの遅さで不満の声もすごく多いです。

実際に僕も滞在していた時は、繋がるときよりも繋がらないときの方が多かったり、スピードがそもそも遅いので、動画などはまず見れないような状態でした。なので、自分でモバイルWi-Fiや現地SIMカードを揃えるなどして、ネット環境を整備する必要があります。

▼【フィリピンでスマホ】ポケットWiFiは無駄遣い!現地SIMカードで20倍節約!▼

まとめ

まとめ

MONOLの打ちっぱなしで全部空振り(笑)

MONOLは、留学生ができるだけお腹を壊さないように、ウォーターサーバーの水さえも自前で精製しているほど設備投資しています。除湿器が各部屋に配置されてることや、ご飯のたびにアンケートを取ってメニュー改善を試みている姿勢は中々他校では見られないことです。

しかし、MONOLも古い学校なのでエレベータが止まったり、ルーターを増設してもWi-Fiが遅かったりなど、完ぺきではない点もいくつか見られます。

フィリピン留学では、どこに行っても日本クオリティを求めたらダメですが、MONOLの場合、海外で生活する際に起こりえる不安要素を一つでも多く改善しようと努力している学校です。

メリット・デメリットをよく見比べて学校選びに役に立ててみて下さい。

無料相談

MONOLの基本情報

学校名MONOL International Education Institute
設立2003年規模300人
建物キャンパス型ジム
日本人比率25~30%日本人スタッフ
授業時間50分門限平日:23:00、
土曜:24:00
日・祝日:21時
入寮日隔週土曜日退寮日土曜日お昼

 

▼MONOLのもっと詳しい記事(体験談)▼
【フィリピン留学】バギオの語学学校Monol(モノル)の概要や体験談まとめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら