フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン正規留学】セブ島の魅力についてまとめてみた

tomo-san
WRITER
 
セブ

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンのセブ島は、観光リゾートエリアとして日本人の間でも有名です。また、語学学校の数も多く、留学生が多く訪れるエリアとしても知られています。

こちらの記事では、セブ島の魅力についてまとめました。

  • フィリピンの大学に進学したいけど、どのエリアがおすすめか知りたい。
  • セブ島で大学留学もできるのか知りたい。
  • セブ島にはどんな大学があるのか知りたい。

こんなニーズを持つ人におすすめです。

セブ島の特徴

1)セブ島のエリアと概要

セブの風景

セブ島は、フィリピン中部のヴィサヤ諸島にある島です。

セブ島は縦に長い島ですが、大学があるのは中心地にあるセブ・シティになります。セブシティは以下の3つのエリアに分けられます。

セブ島マップ

エリア

特徴

アップタウン

語学学校や大型ショッピングモールなどが多い生活圏エリア

ミッドタウン

州庁舎やオフィスなどが多いビジネス街

ダウンタウン

教会や歴史的建造物などが多い観光エリア

大学は、3つのエリアにそれぞれ点在しています。

セブ島と2本の橋でつながっているマクタン島は、観光客の多いビーチリゾートでセブ国際空港もこの島にあります。

日本人の多くは、恐らくこのマクタン島のビーチリゾートのイメージをセブ島のイメージと重ね合わせているかもしれませんが、実際にはセブシティにビーチなどはありません。

そのためビーチサイドで暮らしながら大学に通うというイメージを持ってしまうと大きな誤解に繋がりますから注意しましょう。

2)セブ島の治安

セブ島の中心地の治安もエリアによって様々です。アップダウンやミッドタウンは治安が良好で外国人の移住者なども多く住んでいます。語学学校も安全なこのエリアに校舎を構えることが多いです。

ダウンタウンは、危険なエリアが多いです。コロン、パジルなどのエリアは貧困層(ホームレス、ストリートチルドレンなど)や薬物使用者も多く、強盗や暴行などの命に係わる犯罪も起きていますから近づかないようにしましょう。

3)セブ島の気候

セブ島は、年間を通して平均気温が27~30℃ほどと暑いです。12月~5月が雨の少ない乾季、6月~11月が雨の多い雨季です。特にスコール(短時間で一気に大量の雨が降る)が多いです。

ただ、フィリピンの他のエリアと比較して台風が少ないのは魅力です。

セブ島の大学に正規留学する魅力・メリット

休日にビーチリゾートに行ける

セブ島はフィリピンで一番人気のリゾート地でダイビングなどのマリンアクティビティなども楽しめます。

平日は大学で勉強に集中して取り組み、休日はビーチで羽を伸ばすという贅沢な生活を送れます。

インフラが整っている

セブの中心街も、マニラ程ではありませんが、インフラはしっかり整っています。

大型ショッピングモールやカフェ、レストラン、病院など生活に必要なものは何でも揃っています。

きれいなコンドミニアムも多いので物件も探しやすいですし、インターネット回線のスピードも速いです。

タクシーもUberなどの配車アプリを使えばぼったくりもなく安心して使えます。

語学学校が多い

語学学校が多いので、大学留学前に英語のブラッシュアップをすることができます。留学しながら現地の大学を見学して様子を見られるのもいいですね。

セブにある大学

1.サンカルロス大学

サンカルロス大学

サンカルロス大学は、フィリピンのセブシティに校舎を構える私立大学です。設立は1935年、生徒数は約22,000人です。

セブエリアではトップの大学として有名で多くの優秀な学生が集まる大学で。世界的な大学格付け機関からも高評価を得ています。

サイエンス系、IT系、エンジニアリング系、ビジネス系、教育系の学部でたくさんの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 7位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約15万円~/ 1年

2.サウスウェスタン大学

サウスウェスタン大学

サウスウェスタン大学は、フィリピンのセブに校舎を構える私立大学です。設立は1946年で、学生数は約13,000人です。

オープン・アドミッションポリシーという規定を掲げており、原則入学試験なしで出願が可能です。

医療&ヘルスケアの分野においてフィリピン国内で非常に評判が高い大学です。

国内ランキング 35位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約20万円~/ 1年

サンホセ大学

サンホセ大学

サンホセ大学は、フィリピンのセブに校舎を構える私立大学です。設立は1947年で、学生数は約12,500人です。キリスト教カトリックの影響がかなり強く、校則が厳しいことでも有名です。

メインキャンパス、バサックキャンパスの2つのキャンパスを所有しており、キャンパスごとに学べる学部が異なります。

IT系、ビジネス系、教育系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 40位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約13万円~/ 1年

5.セブ・ノーマル大学

セブノーマル大学

セブ・ノーマル大学は、フィリピンのセブ島にある私立大学です。生徒数は約40,000人です。

学費が約3万円からと他の大学と比べても格安ですが、海外からの留学生の受け入れ実績はあまりないようなので受け入れ態勢に心配があります。

教育系と看護系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 54位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約3万円~/ 1年

6.セブ大学

セブ大学

セブ大学は、1964年に弁護士たちによってセブ島のセブシティに設立された私立大学です。

授業料が9万円からと安価なので、学費が安い大学への進学を希望している人にはおすすめの大学です。ただし、校舎や施設の設備はそこまで新しくはないのであまり期待はしないでおきましょう。

国内ランキング 60位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約9万円~/ 1年

7.セブ技術大学

セブ技術大学

セブ技術大学は、1901年にてセブ島のセブシティに設立された歴史ある公立大学です。

セブで初めて世界の大学ランキングを作成しているQuacquarelli Symonds (QS)に選出された実績のある大学です。

授業料が4万円からと超安価なのが魅力ですが、校舎や施設の設備はそこまで新しくはないのであまり期待はしないでおきましょう。

国内ランキング 90位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約4万円~/ 1年

【番外編】シリマン大学

シリマン大学

シリマン大学は、セブ島から近いドゥマゲテに校舎を構える私立大学です。設立は1908年と歴史のある大学で生徒数は約9,000人です。

オープン・アドミッションポリシーという規定を掲げており、原則入学試験なしで出願が可能です。

教育、看護、ITの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 12位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約15万円~/ 1年

セブ島の大学はこんな人におすすめ

セブ島の大学への留学をおすすめするのは「セブ島が好き!」もしくは週末には「ビーチアクティビティも楽しみたい!」というタイプの人です。

セブ島はマニラに比べればそこまで大学が多いわけではありません。

ただセブ島の方がマニラよりも田舎で募集人数に対する応募者の数が少なく競争率が下がるのでマニラの大学に比べると入学しやすい傾向にあります。

セブ島の大学にし長くするのであれば、サンカルロス大学、サウスウェスタン大学、シリマン大学と言った上位の大学を目指すとよいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)