フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン正規留学】マニラの魅力についてまとめてみた

 
マニラ

この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンは、7109の島々からなる島国です。

マニラ、セブ、ダバオ、クラーク、イロイロ、バギオなど留学地として都市もたくさんあり、それぞれのエリアごとに異なる環境や文化が存在します

こちらの記事では、フィリピンの大学留学で絶対に見逃せない大都市マニラの魅力についてまとめました。

  • フィリピンの大学に進学したいけど、どのエリアがおすすめか知りたい。
  • マニラは危険と聞いたけど、本当なの?リアルな情報を知りたい。
  • マニラにはどんな大学があるのか知りたい。

こんなニーズを持つ人は絶対に読んでください。

マニラの特徴

1)マニラの市区と概要

マニラの街並み

マニラ(正式名称:メトロマニラ)はフィリピンの首都であり、かつ国内最大の規模と人口を抱える大都市です。

日本との時差は1時間。国際空港もあり、日本から直行便で約4時間のフライトで到着します。

フィリピンは、東南アジアの中でもトップクラスと経済発展を実現している国ですが、その発展をけん引しているのはマニラです。

マニラ17区

マニラは、17の行政区域によって構成されています。

大学が多いのは、マニラ市、ケソン市、マカティ市のあたりです。マニラ市にはユニバーシティベルト(University Belt)と呼ばれる有名大学が集中しているエリアもあります。

また、マカティ、グローバルシティ、オルティガス、ロックウェル、アラバンなどの新興都市が建設され、高層ビル、整備された道路、豪華な住宅地とおしゃれなショッピングモール、複合施設が多数あり生活環境も良好です。

これらの新興都市には日本人を含め多くの外国人が暮らしています。

マニラの治安

治安はエリアによってさまざまで、日本人が近づくべきではない危険なエリアもあります。特定の市が危ないというわけではなく、市の中に貧困街など近づくべきではないエリアがあるといったイメージです。

基本的に大学があるエリアは安全性が高いです。

マニラの気候

気候は、1年を通して平均28℃と暑いです。乾季(12〜5月)と雨季(6〜11月)の2つの季節に分かれており、雨季には激しいスコールが降ります。また、台風も多いです。

マニラの大学に正規留学する魅力・メリット

大学の数が圧倒的に多い

マニラは他のエリアに比べて圧倒的に大学の数が多いです。加えて、大学のレベルも高いです。トップクラスの大学の8割はマニラに集結しています。

語学留学だとセブ、バギオといったエリアが有名ですが、大学留学の場合はマニラがメインで注目すべ都市と言えます。

他国からの留学生も多い

レベルの高い大学が多いこともあり、日本、中国、韓国、台湾などのアジア諸国だけでなく、東南アジア、中東、欧州からも留学生が訪れます。

フィリピン国内において、これほど多様な国籍が訪れるエリアは、マニラ以外にはないでしょう。様々な国籍の人と出会える可能性が高いグローバルな環境は魅力です。

グローバルな経済発展の勢いを肌で感じられる

フィリピンは近年6~7%台という急激な経済成長を遂げています。そして、そのけん引役となっている都市が間違いなくマニラです。

外資系企業が多く参入し、若く優秀な働き手たちが大都市マニラに集まります。富裕層も増え、国民は未来に希望を抱いている人が多いです。

日本ではなかなか感じられない経済発展の勢いやエネルギーを肌で感じられることでしょう。

また、大学を出た後に海外就職を考えている人は、経済発展著しいフィリピンで就業経験を積むことは今後賢いキャリアパスのひとつとなるはずです。

【厳選】マニラのおすすめ優良大学15選

以下に教育レベルや施設や設備の質の中さなどを満たしたマニラの優良大学を15校ピックアップしました。

1.フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマンは、1909年にフィリピンの首都マニラのケソンに設立された歴史ある国立大学です。学生数は約47,000人です。

フィリピンの大学留学ランキングにおいて長年1位の座を維持する、文字通りフィリピンNo.1の大学といえます。

フィリピン国内で最多の20を超える学部が政府の優良認定を受けています。

教授陣も世界中からトップクラスの人材が集まっていますので、教育を受けるには最高の環境が整っていると言えます。

国内ランキング1位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★
学費約16万円~/ 1年

2.デ・ラサール大学マニラ校

デラサール大学マニラ校

デ・ラサール大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構える私立大学です。

生徒数は、約17,000人です。毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門校です。

学費は50万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると3倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

IT系、ビジネス系、サイエンス系、エンジニアリング系、教育系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング2位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★★
学費約50万円~/ 1年

3.アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのケソンに校舎を構える私立大学です。生徒数は、約14,000人です。

フィリピン全土に姉妹校をもつ大型フランチャイズで、中でもマニラ校は毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門エリート校です。

学費は30万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると2倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

ビジネス系、コミュニケーション系、社会学系、サイエンス系、人文学系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング3位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★
学費約30万円~/ 1年

4.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング4位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★
学費約20万円~/ 1年

5.マプア大学

マプア大学

マプア大学は、フィリピンの首都マニラのイントラムロスに校舎を構える私立大学です。フィリピン国内でエンジニア、IT系の学部においてトップの大学として有名です。

フィリピン国内でも珍しい4学期制を採用しており、本来であれば6年間かけて学ぶ内容のプログラムをたった3年半で学べるプログラムを提供しています。

エンジニアリング系とIT系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング8位
難易度Sクラス
教育レベル★★★★★
施設や設備★★★★
学費約40万円~/ 1年

6.イースト大学

イースト大学

イースト大学は、1946年に設立された私立大学です。フィリピンの首都マニラのマニラ市に校舎を構えており、生徒数は、45,000人と大規模です。

IT系の学部が政府の優良認定を受けており、MicrosoftやOracle、Googleなどの世界的なIT企業とパートナーシップを組んだプログラムを提供しています。

国内ランキング11位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★
学費約16万円~/ 1年

7.ファーイースタン大学

ファーイースタン大学

ファーイースタン大学は、1928年に設立された私立大学で例年トップ20入りを果たしている名門校です。マニラの中心街であるサンパロックに校舎を構え、生徒数は、約22,500人ほどです。

一般の私立大学と比べて1.5~2倍ほど高額ですが、その分施設の設備や教育設備のインフラがしっかり整っています。

経営学部と教育学部が政府による優良認定を受けています。

国内ランキング13位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★★
学費約20万円~/ 1年

8.デ・ラサール大学セントベニルデ

デラサール大学セントベニルデ

デ・ラサール大学セントベニルデ校は、1988年に設立された私立大学です。フィリピンの名門デ・ラサール大学の姉妹校でフィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構えています。

アート&デザインの学部があり演劇など芸能系の学問に力を入れており、卒業生には芸能界やスポーツ界で活躍する卒業生がとても多いことで有名です。

ビジネス系と観光系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング15位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★★
学費約35万円~/ 1年

9.アダムソン大学

アダムソン大学

アダムソン大学は、ギリシャの移民であるジョージルーカスアダムソンが1932年に設立した私立大学です。生徒数は、8500人ほどと中規模ですが、選りすぐりの優秀な生徒が集まっています。

施設の設備の拡充にも力を入れている大学で、構内の施設も綺麗で研究設備なども最新のものを使用できます。

エンジニアリングと教育学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング20位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★
学費約15万円~/ 1年

10.セントロエスカラー大学

セントロエスカラー大学

セントロエスカラー大学は、1907年にマニラに建設された歴史ある私立大学です。

生徒数は、約22,500人ほどとかなり大規模な学校です。資金力のある大学で、大学の設備もとても整っています。

教育学部、経営学部、検眼学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング27位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★
学費約15万円~/ 1年

11.ミリアム大学

ミリアム大学

ミリアム大学は、フィリピンの首都マニラにあるケソンにキャンパスを構えている私立大学です。設立は1926年、生徒数は約7,000人です。

女子大学なので男子生徒は入学することができません。

複数の最新設備を備えたラボラトリーを用意しており学生の研究をサポートしています。また、大学内にスイミングプールやフィットネスセンター、カフェなどもあり、勉強だけでなくリフレッシュもできる空間も用意されています。

教育系とビジネス系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング34位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★★
学費約30万円~/ 1年

12.ホセリザール大学

ホセリザール大学

ホセリザール大学は、1919年に創立されたフ歴史ある大学です。フィリピンの首都マニラにあるマンダルヨンというエリアに校舎を構えています。生徒数は、約17,500人です。

入学試験無しで出願ができる大学です。設備がとてもいいことに加え学費がそこまで高くないのも魅力です。

経営学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング41位
難易度Bクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★★
学費約16万円~/ 1年

13.ファティマ大学

ファティマ大学

ファティマ大学は、1967年に設立された私立大学です。学生数も約45,000人は大規模です。

ファティマ大学は、入試なしで出願できる大学です。学費の割には施設の設備もかなり整っているのでおすすめです。

観光学部と薬学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング52位
難易度Bクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★
学費約22万円~/ 1年

14.アジア・パシフィックカレッジ

アジア・パシフィックカレッジ

アジア・パシフィックカレッジは、フィリピンのマニラ首都圏のマカティにある私立大学です。

世界的なIT企業であるIBMのフィリピン支部とフィリピントップ財閥であるSM財団の非営利合弁事業として1991年に設立されました。

学費は、一般の私立大学と比べて2倍ほど高額ですが、IBMやSM財団の豊富な資金力がバックにあり、施設の設備や教育設備のインフラがしっかり整っています。

コンピュータエンジニアリングと情報テクノロジーが政府の優良認定を受けています。

国内ランキング64位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★
学費約30万円~/ 1年

15.FEU工科大学

FEU工科大学

FEU工科大学は、ファーイースタン大学付属の工科大学です。1992年に設立され、学生数は約2,000人と小規模です。

学費は、一般の私立大学と比べて1.5~2倍ほど高額ですが、その分施設の設備や教育設備のインフラがしっかり整っています。

インフォメーションテクノロジーの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング87位
難易度Aクラス
教育レベル★★★★
施設や設備★★★★★
学費約25万円~/ 1年

マニラの大学はこんな人におすすめ【まとめ】

フィリピン国内のレベルの高い大学に入りたい人

マニラにはフィリピン国内でもレベルの高い大学がたくさん集まっています。

特にフィリピン大学デリマン、アテネオ大学、デ・ラサール大学などトップクラスの大学に進学したい人はマニラを選ぶべきです。

シティライフを楽しみたい人

マニラは大型ショッピングモールやカフェ、レストランなどたくさんあるので便利で快適な生活が遅れます。

シティライフを楽しみたい人にはおすすめです。

インフラを重視する人

マニラは国際空港もあるので日本からの移動も楽です。

渋滞が多いのがマイナスポイントではありますが、タクシーでの移動もUberなどの配車アプリを使えば簡単で安全です。

良質なコンドミニアムも多く、インターネット環境なども他のエリアに比べればずっと快適です。

また、日本の海外旅行保険が適応される良質な病院も多いため、体調を崩しても安心して診断できます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)