フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】フィリピン大学バギオ校

 
フィリピン大学バギオ校

この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピン大学バギオ校の特徴

大学名フィリピン大学バギオ校
エリアバギオ
住所Gov. Pack Rd, Baguio, Benguet
学期二学期制(セミスター)
難易度Sクラス
国内大学ランキング30位

偏差値(目安)

63
学生数約2,500人
外国人生徒率不明
日本人生徒の受け入れ実績不明
大学院の有無あり
寮の有無なし

フィリピン大学のバギオ校舎

フィリピン大学バギオ

フィリピン大学バギオ校はは、フィリピンのトップの名門大学であるフィリピン大学が1921年にバギオに設立した姉妹校です。

学生数は約2,500人と小規模です。

現在のフィリピン大学バギオ校の先駆けとなった校舎は、実はもともと北ルソンのヴィガンというエリアにありました。ヴィガンと言えば、スペイン占領時代の街並みがいまだに残る観光地として有名な場所です。

1938年に校舎はヴィガンからバギオに移り、アート&リベラルアーツ学部のみからスタートしました。フィリピン大学バギオ校には芸術を専攻する学生も多く、社会的・文化的にも活躍する卒業生を多く輩出しています。

地方の姉妹校でも入学難易度は高い

フィリピン大学バギオ校

フィリピン大学バギオ校に進学を希望する際も、フィリピン大学と同じUPCATという入学試験を受験する必要があります。

地方にある姉妹校と言えど、名門フィリピン大学の姉妹校ですから当然受験するライバルの学生の学力は高く、定員の枠も限られているので競争は激しいものになります。

大学の順位だけを見ると入りやすいレベルと勘違いしてしまいがちですが的には低いように見えますが、しっかりとその点を覚悟して受験対策に挑みましょう。

サイエンス系の学部が優良認定

フィリピン大学バギオ校

フィリピン大学バギオ校では、生物学、数学、物理学のサイエンス系の学部が政府から優良認定を受けています。

STEM教育は現代の世界で非常に重要と言われている知識とスキルですので、バギオでSTEM系の学部で学びたい方はおすすめの大学です。

また優良認定こそ受けていませんが、もともとアートから始まった大学なのでアート関連の学部も質が高いと評判です。

フィリピン大学バギオ校の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • SAT、GCE、国際バカロレア試験で大学の求める所定の点数を取得しているこおと
  • もしくは、大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

試験科目

数学、科学、英語

試験の日程については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベル

TOEFL
  • PBT:500以上
  • iBT:61以上
IELTS5.5以上

大学の費用

登録料30 USD
学費約16万円~/ 1年
寮費×

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

フィリピン大学バギオ校での生活

フィリピン大学バギオ校上空から

大学内の雰囲気・環境

フィリピン大学バギオ校は、バギオの市内の中心にありながらも周囲は緑に囲まれて喧騒から離れた静かな環境です。キャンパス内には庭園などもあり、どこか気品あるれる空気も漂っています。

フィリピン大学の生徒は知的でタレント性のある人が多く、サークル活動なども活発に行っているので学生生活を楽しむことができるで法。特にバギオ校の生徒は、アートを専攻している学生も多く、歌やダンスなどを通して仲間を作ることもできます。

大学で行われるイベント

  • ランタンパレード
  • フィリピン大学創立記念日イベント
  • フィリピン大学マニラ校創立記念イベント など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミスター終わりの長期休み:5月~7月

フィリピン大学バギオ校周辺環境

周辺おすすめスポット

  • SMシティバギオ(大型ショッピングモール):徒歩3分
  • バギオ博物館:徒歩3分
  • カフェやレストラン:徒歩5分圏内に多数 など

交通手段

校舎は、バギオの中心街に位置しており、タクシーやジプニーの通りも多いので通学も楽です。また、周囲にはカフェやレストラン、病院、ショッピングモールなどもありますので生活するにもとても便利です。

フィリピン大学バギオ校の学部・学科

サイエンス系

学部学科
☆生物学

 

☆数学

 

☆物理学

 

アート&デザイン系

学部学科
芸術

 

美術

 

IT系

学部学科
コンピューターサイエンス

 

社会学系

学部学科
社会学

 

マネジメントエコノミクス

 

人類学系

学部学科
言語&文学

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

フィリピン大学バギオ校はは、フィリピンのトップの名門大学であるフィリピン大学が1921年にバギオに設立した姉妹校です。学生数は約2,500人と小規模です。

フィリピン大学バギオ校に進学を希望する際も、フィリピン大学と同じUPCATという入学試験を受験する必要があるので地方にある姉妹校と言えど、入学の難易度は高いです。

生物学、数学、物理学のサイエンス系の学部が政府から優良認定を受けています。

Science(科学)、Technology(テクノロジー)、Engineering(エンジニアリング)、Math(数学)の頭文字をとったSTEM系の科目は世界中で非常に重要と言われている知識とスキルですので、バギオでSTEM系の学部で学びたい方にはおすすめの大学です。

この記事を書いている人 - WRITER -
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)