【Q&A】はじめてのフィリピン留学「ここが知りたい!」

フィリピン留学Q&A

こちらでは、はじめてフィリピン留学をする人のためによくある質問をまとめてみました。

わーい、ここ見るだけでいちいち聞いたり調べなくてもある程度解決しそう!

フィリピン留学VS欧米留学のQ&A

特に、まだどの国に留学するのか迷ってる人に多い質問です。

Q. フィリピン人の訛りが気になりますが、大丈夫でしょうか?
A. 訛りはありますが、アメリカ英語訛りなのであまり気になりません。
英語には、標準語という概念がそもそもありません。なので、ネイティブの国ですらそれぞれに訛りがあります。なので、英語上達には色々な訛りを受け入れる器量も必要です。因みに、フィリピンの英語はアメリカ英語訛りが多いです。こちらの記事も参照ください。

【英語の非常識】フィリピン人のなまりが移ったら勝ち!?

Q. フィリピン人の英語レベルって低くないのですか?
A. ネイティブが認める英語力なので、心配要りません。
フィリピンは、公用語がフィリピン語と英語で、ノンネイティブの国の中でダントツに英語力が高いことがアメリカの教育機関で立証されています。事実、アメリカやイギリスの大手企業の過半数のコールセンターがフィリピンにある程で、その数は世界一です。こちらの記事も参照ください。

英語人口だけじゃない!フィリピンの英語水準はアメリカ以上?

 

フィリピンの一般的なQ&A

フィリピン全般に関する一般的なよくある質問です。

Q. フィリピンの治安はどうですか?
A. 危ない所に行かなければ普通に過ごせます。
日本でもそうですが、深夜に女性が1人で人通りの少ない所を歩けば危険なように、海外でも当たり前に気をつけるべきことに気をつけていれば過剰に不安になる必要はありません。

こちらの記事で、フィリピンの治安を詳細に解説しています。

【2017年最新】フィリピンの治安対策を「地域別・タイプ別」に徹底解説

Q. 日本とフィリピンの時差はどれくらいですか?
A. フィリピンは日本の1時間遅れです。
例えば日本が17時ならフィリピンは16時です。なので、電話をするときはお互いに同じような時間感覚で話が出来ます。欧米からだと時間が真逆なので、その点気を遣わなくていいです。
Q. 日本からフィリピンへの渡航時間はどれくらいですか?
A. 日本から5時間前後で到着します。
日本からマニラまでは、直行便で行くと5時間前後で到着します。セブ行きの直行便の場合は+1時間前後です。ダバオ、バコロド、イロイロはマニラで乗継が必要になりますが、マニラから国内線で1時間程度です。

※バギオ、クラーク、スービック、タガイタイへはマニラから陸路で移動。

  • 東京ーマニラ:5時間
  • 大阪ーマニラ:4時間半
  • 福岡ーマニラ:4時間
Q. フィリピンはどれくらい暑いですか?
A. 日本の8月をイメージすると良いです。
平均気温が30度前後です。フィリピンは1-5月の乾季と6-12月の雨季があります。乾季の方が気温が高く、体感で32~35度ほどあります。雨季は27-28度くらいです。ただし、フィリピンでも標高の高いバギオやタガイタイなどに行けば乾季でも涼しくなります。
Q. 予防接種は受けるべきでしょうか?
A. フィリピンの渡航場所に寄ります。
殆どの留学生は、予防接種をせずに渡航しています。ですが、感染が怖い、マラリアやデング熱の実際の感染率は低いものの注意するに越した事はありません。

こちらの記事も参照ください。

【2018版】予防接種はフィリピン留学前に受けるべき?いくらかかる?

Q. 海外旅行保険はどのようなものに入るべきでしょうか?
A. 渡航期間やその人の体調によって保険タイプが異なるはずです。 
東京海上日動保険やAIUなどのしっかりしたものからネットで加入できるもの、クレジットカード付帯のものもありますが、対象となるものや額が大きくことなります。留学生一人ひとりにあった保険タイプの選び方は、以下の記事を参考にしてください。

こちらの記事も参照ください。

フィリピン留学関連サイトが書かない!【保険】に関する重要ポイント

 

フィリピン留学生活のQ&A

留学生活であれってどうなってるんだろう、これないと困るかな~という質問を一気に紹介します。

 

Q. 宿泊先はどんなところですか?
A. 寮かホテル滞在です。
多くの語学学校では、キャンパスの中に寮が設置されてるのでそこに滞在できます。部屋タイプは1人~6人部屋まで様々です。また、ホテルを宿泊先として使用している語学学校もあるので、それぞれの学校で確認してください。
Q. 学校には何か規則がありますか?
A. 門限や禁止事項があります。
語学学校は、勉強がメインなので門限が設置されてるところが多いです。また、校内での飲酒や男女が同室することは固く禁じられているところが殆どです。ただし、キャンパスの外では自由です。あくまでも、まじめに勉強しているほかの人の迷惑にならないようにするためにキャンパス内では禁止されています。
Q. 学校はいつが休みですか?
A. 週末と祝日です。
日本の学校と同じで、平日月~金曜日に授業があり、土日とフィリピンの祝日が休校になります。
Q. 講師は何人ですか?
A. 主にフィリピン人です。
メインの講師はもちろんフィリピン人です。学校によっては、ネイティブ講師も在籍しています。初心者は、フィリピン人講師の方が丁寧に教えてくれるのでわかりやすいです。
Q. 日本人のスタッフは現地にいますか?
A. います。
最近は、日本人の留学生が増えているため、日本人スタッフを配置している学校が多くなっています。なので、初心者で英語でのコミュニケーションが難しく、何かあったときに助けて欲しい場面があっても安心です。
Q. どんな国籍の留学生が多いですか?
A. 韓国・日本・台湾・ベトナム・中東・ヨーロッパ人です。
一番多いのは韓国人ですが、日系の語学学校に行くと100%日本人留学生というところも多いです。韓国系では、韓国人ばかりのところや、韓国・日本・台湾。ベトナム人が一定割合ずついるところなど様々です。

こちらの記事も参照ください。

Q. 韓国人や中国人留学生と国際問題で揉めたりしないでしょうか?
A. 殆どそのようなことは起こりません。
報道で見ているような、過剰な半日感情を出している韓国人留学生は殆どいません。それどころか、イメージに反して仲良くなるケースの方が多く、帰国後にはお互いの国を行き来して交流している留学生も多いです。

こちらの記事も参照ください。

Q. 食事はどうなりますか?
A. 1日3回食事が提供されます。
フィリピン留学では、基本的に1日3回の食事が提供されるのが普通です。欧米のようにホストファミリーに別途お金を払ったり、アパート暮らしで全てを自分で何とかする必要はありません。

※ただし、日系の語学学校の場合、食事が提供されてないことがあります。

こちらの記事も参照ください。

クラークのCIPで食事してわかった衝撃の事実!【フィリピン留学】

Q. 洗濯はどうしたらいいですか?
A. ランドリーサービスがあります。
どの学校も、基本的に週2回ランドリーサービスがあります。決められたかごに選択したい衣類を入れて指定の場所に出せば、翌日には畳んで洗って畳んで戻ってきます。

※ただし、ドライクリーニングではないので高価な衣類は避けたほうが無難です。

Q. 渡航先にはお小遣いはどれぐらい必要でしょうか?
A. 一般的には3万円前後/月で十分とは言われています。
セブなど観光地の多い場所では、他の地域よりも観光やナイトライフにお金を使う留学生が多いので、5万円/月ぐらいで考えておくと現地でお金が足りなくなったということを防げます。お小遣いの考え方は、以下の記事も参考にしてください。

こちらの記事も参照ください。

小遣い額は?現金はどれくらい持参?【フィリピン留学のお金】あれこれ

Q. フィリピンでは虫の対策が必要ですか?
A. 一般的には3万円前後/月で十分とは言われています。
セブなど観光地の多い場所では、他の地域よりも観光やナイトライフにお金を使う留学生が多いので、5万円/月ぐらいで考えておくと現地でお金が足りなくなったということを防げます。お小遣いの考え方は、以下の記事も参考にしてください。

こちらの記事も参照ください。

フィリピン留学は虫たちとのバトル【リスクの高い順ランキング】[/su_box]

Q. Wi-Fiや携帯電話はどうしたらいいですか?
A. 語学学校のWi-Fiが使えます。
お持ちのスマートフォンを学校のWi-Fiに接続すれば、日本と同じようにネットに接続できます。なので、インスタやLINE、フェイスブックなども使えます。日本を出たら、フライトモードにしておけば、勝手にドコモ・au・ソフトバンクに接続して高額請求されることはありません。フライトモードでもWi-Fiは使用可能です。

こちらの記事も参照ください。

フィリピン留学でスマホはどうする?プリペイドsimカードは購入すべき?[/su_box]

Q. 留学先ではどのような服装がいいですか?
A.ラフな格好が良いです。
留学は勉強がメインなので、特におしゃれをしようなどとあまり考えなくて大丈夫です。むしろ、高価な服を着ていると治安上あまり好ましくありません。

こちらの記事も参照ください。

さまざまなリスクの観点から女性向けにフィリピン留学の服装を考える

Q. 学校の生徒(仲間)はどんな人が多いの?
A. 多種多様な人たちがいます。
韓国・日本・台湾・ベトナム・中東・ヨーロッパの留学生がいます。年齢は小学生~シニアまで幅広くいます。大学生が多くいですが、社会人では企業研修(大手電子機器・食品・金融関係など)や世界一周中の人まで様々です。
Q. 友達や仲間は簡単にできるの?
A. 出来ます。
色んな国籍、年齢の方が色んな目的で留学しています。他の生徒ともグループクラスやご飯の時間、アクティビティなど一緒に行動する場面も多いので自然と仲間ができる人が多いです。こちらの記事も参照ください。

フィリピン留学前に必読!韓国人との恋愛・トラブル対処法(保存版)

Q. 外出する時間はあるの?
A. あります。
殆どの学校には門限があります。平日の月~金曜日は夕方まで授業がありますが、門限前に学校に戻れば大丈夫です。週末の金・土曜日の門限は遅めに設定しているところが多いです。※週末以外は外出禁止の学校もあります。
Q. お休みは?
A. 土日祝がお休みです。
月~金曜日までは授業ですが、週末とフィリピンの祝日がお休みになります。ただし、フィリピンの祝日は急に決まることもあるので、学校も予定していなかった日が急に休みになることもあります。
Q. 学校によって雰囲気はどれくらい違うの?(スパルタとか)
A. 学校は、ノンスパルタ・セミスパルタ・スパルタなどタイプによって雰囲気が違います。
ノンスパルタには、初級者が多く集まっています。校則が緩いのでマイペースでやっていきたいという人に向いていているので、割と遊びも充実させたいという人も多いです。スパルタには、遊びよりも英語に集中したいという人や中級者が集まっているので、授業外でも英語で会話をしたり、積極的に自習をしている人が多いです。セミスパルタは、ノンスパルタとスパルタの中間の雰囲気です。初心者でも、集中して勉強したいという人はセミスパルタ以上の学校を選ぶといいと思います。
Q.宿泊方法は?(ホテル?寮?)
A. 寮とホテルの両方があります。
キャンパスタイプの学校なら、同敷地内に寮があります。寮の手配は留学を申し込むと同時に用意してくれるので、自分で手配する必要はありません。また、ホテルを使うタイプの学校もあるので、施設にこだわりたい人なら(料金はあがりますが)そのようなホテルを使用する学校を選ぶといいです。この場合も、ご自身で手配する必要はありません。

 

留学前準備のQ&A

留学が決まったら出発までに何をしておくべきか?そんな疑問に答えています。

Q. 留学前にしておいた方が良いことはありますか?
A. 予防接種・海外旅行保険の手配・持ち物の確認などです。
Q. 留学に必要な準備物は?
Q. スーツケースのサイズはどれくらいがいいでしょうか?
A. 一般的には大型のキャリーバックを持って行きます。
飛行機の預入荷物の重量制限は、だいたい20~23キロです。1週間分の衣類やアメニティなどを持っていくと考えると2泊3日用や3泊4日用のキャリーバッグでは小さすぎます。こちらの記事も参照ください。

 

学校の選び方のQ&A

Q.地域で違いはあるの?
A. 地域によって費用や雰囲気に違いが出ます。
マニラやセブのような都会は観光地がたくさんある反面、費用が少々高くなったり誘惑が多いため勉強よりも遊びメインの学生が多くなります。一方で、郊外の留学先では観光地は少ないですが、費用が安くなり、落ち着いて勉強できるというメリットがあります。詳細はこちらを見てください。

【2017年最新】フィリピンの治安対策を「地域別・タイプ別」に徹底解説

Q.目的ごとに選び方は違うの?
A. はい、目的ごとに選び方は違います。
英会話・TOEIC/TOEFL/IELTSなどの試験対策・ビジネス英会話・ナースなどの専門英語を習いたいなど人によって様々です。学校にも得意・不得意のコースが実は存在するので、どの学校が自分の目的達成にベストかを見極める必要があります。詳細はこちらを見てください。

フィリピン留学どこがいい?学校の選び方に迷ったら知っておくべき5つの手順(完全保存版)

申込や手続き関係のQ&A

Q. どれくらいの期間が選べるの?またおすすめの期間は?
A. 1週間刻みで選べます。
どうしても休みがあまり取れない社会人だと1週間から留学が可能です。一方で休学などをしながら1年間留学している人もいます。留学期間が長い方がもちろん英語力は伸びますが、人それぞれ確保できる期間が違うので、行ける期間は最大限行かれるといいです。1~3ヶ月留学される方が多いです。
Q. 費用はどれくらいかかるの?学校によって差はどれくらいあるの?
A. 1ヶ月で総額25~30万円くらいです
留学に必要な費用には、出発前に支払う費用(主に学費関係)と出発後に支払う費用(政府許可証・ビザ・水道光熱費等)があります。これに航空券代と海外旅行保険代が必要です。1ヶ月(4週間)の人で総額25~30万円くらいです。滞在先が学校の寮ではなく、外部のホテルを使用しているような日系の学校はコレよりも1.5~2倍程度高くなります。詳細はこちらの記事を見てください。

【2017年保存版】フィリピン留学っていくら必要?期間別に総額費用を公開!

Q.自分で申込はできるの?エージェントを通じて?学校に直接?どちらがいいの?
A. ご自身で直接学校にも申込みできます。
エージェントを通しても学校に直接申し込んでも料金は変わりません。学校はその学校を売り込みたいと思うのが普通なので、客観的に色んな学校を比較してアドバイスしてくれるエージェントを使うとよりよい学校選びが可能になります。※エージェントによっては手配料を取るところもあるので、確認が必要です。こちらの記事も参照ください。

Q.エージェントは信頼できるの?
A. 信頼できるエージェントと信頼できないエージェントがいます。
特定の学校との癒着が強いエージェントやそもそも学校経営もしているエージェントもあります。そういうエージェントは、優先的に勧めたい学校を提案してくるので注意が必要です。エージェントの規模も大きな所から個人経営のようなところまでありますが、規模が大きいほうが信頼できるという考え方は間違っています。大きなエージェントでも、顧客から預かった留学費用を学校に送金していないようなところもあるからです。そのようなケースでは、留学生は費用を払ったのに、学校側が受け入れてくれないという事態に発生する可能性もあります。学校選びは、エージェント選びがしっかりとできればうまく行きます。詳細はこちらの記事を見てください。

Q.留学に必要な手配などはどうすればいいの?(学校への申込、航空券、宿泊など)
A. エージェントにお願いすればいいです。
ご自身で、直接学校に申し込む場合、海外送金用など全てをご自身で調べてする必要がありますが、エージェントにお願いすれば全てやってくれます。手配料は無料と有料のところがあるので確認してください。また、航空券や海外旅行保険はエージェントに頼んでもご自身で別で手配することも可能です。宿泊の手配は留学申込みと同時にセットで付いてくるので、別で考える必要はありません。こちらの記事も参照ください。

 

ここで解決しない場合は、こちらまでお問合せ(無料)ください。

 

フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航数と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!