フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン留学Hubは
留学手数料&相談料 完全無料
まずはお気軽にご相談下さい

フィリピン留学学校の選び方

 フィリピン留学学校の選び方

お問合せバナー

『フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学』を出し惜しみのない最新の情報でサポートします! 留学検討者は、以下の流れで情報収集をおすすめします。

①まず、気になる最新の治安情報を地域別・タイプ別に徹底解説しています。気になる治安情報をゲットしましょう。 

②次にフィリピン・セブ島留学の期間ごとの費用期間ごとの効果を算出しました。留学期間を決定しましょう。 

③セブ島だけではない、フィリピン全ての留学地域からあなたにおすすめな留学地域の選び方を解説しています。自分が一番成長できる地域選びをしてください。 

④最後に、100以上ある語学学校の選び⽅や本当に頼れるおすすめのエージェントの選び方を紹介しています。自分に最適な学校を絞り込み、エージェントに確認してもらいましょう。

治安

フィリピン・セブ島の留学費用

留学地域

語学学校

最新記事 - New Posts -

語学学校の記事

  2022/10/21 

「ラプラプセブ国際大学(LCIC)付属学校」の教科書

この記事を読む

フィリピン留学の評判&体験談

  2022/10/19 

【English Fella2体験記】不安・気づき・寂しさ・次の目標

この記事を読む

セブ島の学校

  2022/10/19 

【2022】セブ島のオトナ留学「MeRISE(ミライズ)」の教科書

この記事を読む

セブ島の学校

  2022/10/18 

【2022】セブ島のジュニア留学専門「ELSA(エルサ)」の教科書

この記事を読む

シンさんのブログ

  2022/10/18 

フィリピンのワンヘルスパスが変更!「eARRIVAL CARD」の入力方法・書き方

この記事を読む

バギオの語学学校

  2022/10/12 

【2022】バギオでワーケーション留学「BECI(ベシ)シティキャンパス」の教科書

この記事を読む

おすすめ語学学校ランキング!

フィリピン・セブ島留学の現場をこれまで見てきて、自信を持っておすすめできる語学学校をランキング形式で紹介しています。ただし、レベルや目標に応じおすすめできる語学学校は変わるので詳しくはお問合せください。

1位 CIA(シーアイエー)

CIAの教科書(セブ)

CIA(Cebu International Academy)は、2022年6月マクタンのリゾート地にオープンしたばかりの学校です。

これまでスパルタ系の語学学校としてセブシティ側にありましたが、キャンパス移転とともにフィリピンNo.1のリゾート度を誇る語学学校として生まれ変わりました。高級ホテルと見間違えるほどの設備はもはや単なる語学学校とは呼べないほどです。

おすすめ語学学校ランキングポイント

スタバのようなオープンカフェ、本格的なフィットネスジム、仕事もしやすいライブラリー、カラオケルームなど設備が非常に充実しており、快適に留学生活が送れます。

2位 EV English Academy(イーブイ)

セブ島で一番綺麗なEV Academy(イーブイ・アカデミー)の教科書

EV English Academyは、セブ島のタランバン地区にあるモダンなリゾート施設を誇る学校です。

スパルタとセミスパルタのルールが選べる珍しい制度を持っているため、設備の整った学校で厳し目に留学したい人やあまり拘束されずに留学したい人の両方にニーズに合わせられます。

おすすめ語学学校ランキングポイント

モダンな部屋の作りや毎日多くの国籍豊かな留学生でにぎわっているEVカフェを持つEV English Academyは子どもから大人まで非常に人気の語学学校です。またIELTS公式テストセンターにもなっているため、IELTSコースの留学生は、いつもの場所で落ち着いて公式テストが受けられます。

3位 MONOL(モノル)

monol-baguio

MONOL(モノル)は、セブに次ぐ落ち着いた留学地バギオにある最大の設備施設を誇る語学学校です。

「留学生が快適にしっかりと留学できるように」というMONOL(モノル)校長の想いがしっかりと反映された学校で、コロナ禍で留学生受入れができなかった2年で更に施設・ルールともにグレードアップ。バギオで一番快適に留学できる環境が整っています。

おすすめ語学学校ランキングポイント

留学生がお腹を壊さないように飲料水を自社で精製、1人部屋でも安く滞在できるセミシングル部屋の設置、最上階から見晴らしのいいフィットネスジム・ヨガルームにはインストラクターが常駐。更にテスト対策用の専門講師の育成など、利益追求型になる学校も多い中、MONOL(モノル)は留学生のために本来あるべき学校としての姿勢が評価できます。

 

4位 CPI(シーピーアイ)

セブ島でリゾート留学が叶うCPI(シーピーアイ)の教科書

CPI(Cebu Pelis Institute)はセブシティ側にある日本人が少ない学校です。

「リゾートで留学ができる環境作り」をモットーにしているオーナー拘りの施設はホテルを使った語学学校よりもクオリティが高いです。

授業以外でも、英語を使ったアクティビティが豊富なため、授業が終わった後もずっと英語に触れてられる環境が整っています。快適な留学生活を送りたい初心者向きの学校です。

おすすめ語学学校ランキングポイント

CPIは、カリキュラム・施設・食事全てにおいてクオリティを追求し続けています。以前は、食事面で評価が下がったことがありましたが、今では食事面で他の追随を許さないほど質・量ともに完璧に仕上げてきました。そのように、マイナス面を常にカイゼンし続ける姿勢が評価できます。

5位 PINES

バギオ留学の名門 「PINES(パインス)メインキャンパス」の教科書

PINES(パインス)はバギオ3大名門校の一つです。英会話コース専用のメインキャンパスと試験対策専用のチャピスキャンパスで校舎を2つ持つ語学学校です。

スパルタ系の学校として知られるPINESのメインキャンパス(英会話専用)は、心地よい広さのダイニングルーム兼自習室を備えており、周囲に商業施設が充実しています。対してチャピスキャンパス(試験対策専用)は、例えばTOEICでは800点以上、IELTSでは7.5以上のターゲットスコアも対応可能な講師陣を揃えています。

おすすめ語学学校ランキングポイント

PINESは徹底した「講師トレーニング」をしています。また、カリキュラム開発専門チームを持つなど、留学生が効率的に語学力を伸ばすことを常に意識して運営している点が評価できます。

6位 WALES

バギオ留学の大人向け「WALES(ウェールズ)」の教科書

WALES(ウェールズ)は、50人定員の小規模な語学学校です。日本人スタッフが留学生のために熱心に動くのが印象的です。初心者向けの学校で、30代以上の初心者が多い学校です。

アットホームな環境で静かに勉強したい方向きです。韓国・ベトナム・台湾・ベトナム・モンゴル・日本・中近東からも多く留学生が来ています。

小規模校なので、小回りがよく効く学校でプログラムも常に刷新します。最近は、WALESカフェやビジネスセンターを施設内にオープンさせるなど、大人がより快適に生活できる環境を構築しています。

おすすめ語学学校ランキングポイント

WALESは、良い意味で規則通りに動かない学校です。留学生で困ったことが発生すれば、スタッフが校長に相談してすぐに解決できるよういつも働きかけてくれます。親身という言葉が合う学校で、小規模校だからこそ利く「小回り」が評価できます。

 

NEW -お知らせ-

お知らせ一覧