フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】フィリピン大学ビサヤ校

tomo-san
WRITER
 
フィリピン大学ビサヤ校

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピン大学ビサヤ校の特徴

大学名 フィリピン大学ビサヤ校
エリア イロイロ
住所 New Administration Building, Miagao, 5023 Iloilo
学期 二学期制(セミスター)
難易度 Sクラス
国内大学ランキング 37位
偏差値(目安) 63
学生数 約3,000人
外国人生徒率 不明
日本人生徒の受け入れ実績

あり

大学院の有無 あり
大学院の有無 なし

名門フィリピン大学のイロイロキャンパス

フィリピン大学ビサヤ校

フィリピン大学ビサヤ校は、イロイロにある国立大学です。マニラに本校を構えるフィリピンNo.1の名門フィリピン大学がビサヤに建てた姉妹校になります。

設立は、1979年で生徒数は、約3,000人と小規模です。

メインキャンパス(ミアガオ)、イロイロシティキャンパス、タクロバンキャンパスの3つのキャンパスを所有しています。弊社では、立地がイロイロの市内にあり日本人の受け入れ実績もあるイロイロキャンパスを紹介しています。

規模は小さいですが、フィリピン大学の姉妹校ということで学んでいる生徒たちは飛びぬけて優秀な子たちです。優秀な子たちに囲まれて学びたい人には最適な環境と言えます。

入学の難易度は高い

フィリピン大学の系列校はすべてフィリピン大学と同じUPCATという入試を受けなければいけません。

UPCATは、フィリピンの大学入試の中でも特に難易度が高いと言われています。そのため、フィリピン大学ビサヤ校は地方の大学なので入学は簡単と思うのは間違いです。

まった、フィリピン大学ビサヤ校は定員が3000人ほどと少ないので倍率は必然と高くなります。

フィリピン大学ビサヤ校に入りたい場合は、それなりの覚悟を持って試験対策に挑みましょう。

海洋学部が政府の優良認定

UPV生徒

フィリピン大学ビサヤ校の海洋学部が政府の優良認定を受けています。

フィリピン大学ビサヤ校がメインにしているのは、漁業です。

海洋学は学べる大学が少ないので、海洋学、とくに漁業に関心がある人はフィリピン大学ビサヤ校を候補に入れるとよいでしょう。

フィリピン大学ビサヤ校の試験・入学条件

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • SAT、GCE、国際バカロレア試験で大学の求める所定の点数を取得していること
  • もしくは、大学独自の入学試験(UPCAT)に合格すること

入学試験の内容

試験科目

数学、科学、英語

試験の日程については、お問い合わせください。

必要とされる英語力のレベル

TOEFL

·   PBT:500以上

·   iBT:61以上

IELTS

5.5以上

フィリピン大学ビサヤ校の費用

登録料 30USD
学費 約16万円~/ 1年
寮費  

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問い合わせ下さい。

フィリピン大学ビサヤ校での生活

大学内の雰囲気・環境

フィリピン大学ビサヤ校のイロイロキャンパスは、イロイロ市内の中心に校舎を構えています。周囲には、大型のショッピングモールや総合病院などもありますので快適で安心した大学生活を送れるでしょう。

大学の施設はそこまで新しくはありませんが、トップクラスの大学なので教育機器はスペックの高いものが揃っています。

小規模で真面目な学生が多いので大学内はとても落ち着いた雰囲気です。

大学で行われるイベント

  • 運動会
  • 文化祭 など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月
  • 第2セミスター終わりの長期休み:5月~7月

フィリピン大学ビサヤ校周辺環境

周辺おすすめスポット

  • モロマンション:車で4分
  • ホテルデルリオ:車で4分
  • SMデルガド:車で7分 など

交通手段

移動手段のメインは、ジプニーやタクシーになります。キャンパスのある位置は、イロイロ内でもたくさんのジプニーが通る場所ですから、交通に不便はないでしょう。

タクシーも走っていますが、ジプニーの方が利便性が高く費用も安いのでおすすめです。

フィリピン大学ビサヤ校の学部・学科

海洋学系

学部 学科
★漁業

 

コミュニケーション&情報サイエンス系

学部 学科
コミュニケーション&メディア

 

人類学系

学部 学科
文学

 

歴史

 

医療&ヘルスケア系

学部 学科
公共衛生

 

社会学系

学部 学科
政治学

 

心理学

 

コミュニティーデベロップメント

 

社会学

 

ビジネス系

学部 学科
経営
  • マーケティング
経済

 

会計

 

マネジメント

 

サイエンス系

学部 学科
統計

 

化学

 

応用数学

 

生物学

 

エンジニアリング系

学部 学科
ケミカルエンジニアリング

 

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

フィリピン大学ビサヤ校は、イロイロにある国立大学です。マニラに本校を構えるフィリピンNo.1の名門フィリピン大学がビサヤに建てた姉妹校になります。設立は、1979年で生徒数は、約3,000人と小規模です。

メインキャンパス(ミアガオ)、イロイロシティキャンパス、タクロバンキャンパスの3つのキャンパスを所有しています。弊社では、立地がイロイロの市内にあり日本人の受け入れ実績もあるイロイロキャンパスを紹介しています。

入学の難易度は高いのでそれなりの覚悟を持って試験対策に挑みましょう。

海洋学部が政府の優良認定を受けています。フィリピン大学ビサヤ校がメインにしているのは、漁業です。

海洋学は学べる大学が少ないので、海洋学、とくに漁業に関心がある人はフィリピン大学ビサヤ校を候補に入れるとよいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)