バギオライスフィールド

ABOUTこの記事をかいた人

張田さき

大学生でイギリス(10ヶ月)、韓国(5ヶ月)留学、日本で就職したが、韓国語をもっと話せるようになりたいと再度9ヶ月留学し、韓国でBECI Internationalの校長と出会ったのがきっかけでマネージャーとして就職。3ヶ国語を使った仕事がしたいという目標があり、現在留学経験を生かしてフィリピンのバギオ市にあるBECIで日本人留学生をサポートしている。

バギオはセブなどと比べ大人の遊びが少ない街です。ですが、週末ともなるとマニラから観光客がごっそりやってきます。今回は、そんなバギオの魅力をBECIマネージャーの張田さんに観光視点で語ってもらいましたよ。

バギオってどんなとこ?


BECI張田さん
コルディレラはルソン島の北部に位置しています。コルディレラは広い山間部で6つの州と3つの都市で構成されています。バギオ市は、コルディレラで最も優れた都市のひとつです。
バギオの街並み
BECI張田さん
コルディレラの中心部に位置し、教育の中心となっています。バギオは山岳地帯でインフラ整備は難航していますが、フィリピン政府はバギオ市を現代都市に変えるための全面的な支援を行っています。バギオ市はフィリピンの夏の首都として広く知られていて、とても良い気候です。また、素晴らしい眺めも大きな特徴です。
セッションロード
BECI張田さん
バギオは清潔で安全な小さな街です。バギオの標高は約1,540メートルなので空気は清潔です。クラブやバーの数も多すぎず、安全な場所です。アジア人と中東人がバギオを英語留学の目的地として選ぶのは当然のことだと思います。
session-road-1-1
バギオオススメの観光地は?
BECI張田さん
今日はバギオの見所を紹介しようと思います。この塗装された街をご覧ください。この街はラ・トリニダードと言って、イチゴの農場、花畑、ベール教会で有名です。この構想はマリー・タンの監督下に進められ、石造りの丘の村では芸術作品に変身しています。この構想の目標はバギオとラ・トリニダードの観光を促進することで、観光客が訪問した際にこれらの写真をとることでこの街は人気を集めています。ペイントされた街はカラフルで生き生きとしているように見えます。
出典:まにら新聞

出典:まにら新聞

BECI張田さん
その場所はBECIから車で30分のところにありますので、ラ・トリニダードではストロベリーツアー、ベール教会訪問などの日帰り旅行ができます。ラ・トリニダードとバギオの間には、決して公開されていない展望台があります。外国人や地元住民でさえ誰も知りません。この展望台からの眺めが壮観であることを誰も否定できないでしょう。主要道路からちょっと離れているので、見つけるのは容易ではありませんが、展望台からはバギオ市全体を眺めることが出来ます。夜になればとてもロマンチックな眺めになります。
BECIラウンジ

フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!