フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2019年保存版】フィリピンセブ島留学エージェントの選び方・比較徹底ガイド

 
エージェント選びと比較の仕方
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら

フィリピン留学をするとき、何かと学校選び以上に気になるのがエージェント選びじゃないでしょうか? 

何を基準に選んでいいのか全く分からないという人も少なくありません。そのため、ネット広告やおススメエージェントと紹介されている記事の中から問合せしている人も多いはずです。

 

ただ、その中には多くのトラップも仕掛けられているので、ここでエージェントを選ぶ目を養ってください。業界の裏側から、おススメエージェント関連記事の意図まですべてを公開してしまいます。

 

これを読めば以下のことが分かります。

  • エージェントを通して申し込むべきか、なしで申し込むべきかの判断がつく
  • エージェントが紹介しない学校が存在することがわかる
  • エージェントを使う場合の注意点(メリット・デメリット)が分かる
  • エージェント選びの13のチェックポイントを押さえられる
  • よくあるおススメエージェントランキングのトラップ

 

エージェントありなしどっちが本当に得をするのか?

フィリピン留学エージェントなしかありか

そもそも、エージェントって必要なんでしょうか?

なんだか手続き費用だけ無駄に払わされるぐらいなら、自分で無料で学校に直接申し込んだ方が得なんじゃないか? 

 

初めて留学される人は、そのように考えるのも無理ありません。また、そのように解説している記事も見受けられます。。。ですが、、、

 

その認識間違ってます!

 

欧米留学やワーホリなどの手続きでは、エージェントに頼めば間違いなく手数料分が上乗せされて請求されています。

まあ、それがエージェントの売上になるので特におかしくはないですが、、、 

 

フィリピン留学では手配料は掛からないんです。

 

フィリピン留学のエージェントは(お客さんを紹介した時に)学校から紹介料をもらうので、お客さんから手配料をもらう必要がありません。

これが欧米留学やワーホリのエージェントとは大きく違う点です。

 

欧米留学エージェントでは、「学校の紹介料+留学生からの手数料」が必要ですが、フィリピン留学エージェントでは、「留学生からの手数料」を取らないので留学生からすれば、余計な手数料が必要ない(無料)なんです。

 

また面白いことに、フィリピンでは語学学校に直接申込んでも、エージェントを通して申込んでも金額は変わらないんです。

 

むしろ、エージェント独自の割引をしてくれたりする分、エージェントを通した方が安くなったりしますよ。

 

もし、エージェントを通さないで直接申込んだ場合、かなり面倒なことが待っています。

エージェントなしで申込む場合のリスクを知っておこう

フィリピン留学エージェントなしのリスク

海外送金を自分で行う必要がある。

海外送金用専用口座を持っていない場合(普通ほとんどの人が持ってないと思いますが)、郵便局に行って留学費用の海外送金をしたいことを伝えて、必要な情報をすべて英語で記入します。

その際、郵便局員は記入の仕方は(英語なので)サポートはできず、不備があったとしても(英語なので)指摘することはできません(笑)

 

不備があった場合、後日、「組戻し」といってお金が返ってきてしまいます。海外送金する際は、為替が関係するので送金時と返金時の金額はイコールになりません。

 

要は、組戻し(送金失敗)が発生すると大きく損をする可能性があります。

 

例えば、(1ドル=115円の時)50万円送金したら、4348ドルで海外送金されます。ですが、もし不備があった場合、宛先不明でお金が戻ってきてしまいます。

戻ってきても、もう一度手続きをすればいいんですが、厄介なのは、、返金処理された時のレートが採用されるので、戻ってきたお金は50万円から大きく目減りしてしまう可能性が高いということです。

例えば、返金処理された時のレートが1ドル110円に変わっていたら、478,280円になって戻ってきます。

送金時:500,000円
返金時:478,280円
差額_-21,720円!!

実際には、海外送金手数料の3500円、国際銀行間手数料、組戻し手数料が引かれるため、もっと損します。

 

留学前に何を準備していいのかがわからない

エージェントを通すと、持ち物リストなどがもらえたりしますが、直接申込みだと自分でネットで検索したりする必要があります。

大抵のものはフィリピン現地でも買えますが、

何を持っていくべきで持っていかなくていいのか、出発までドギマギしてしまいます。

ぼくも実は、はじめての留学でエージェントを通さずに留学したことがありましたが、まったく何をしていいのか、この準備で本当に渡航していいのかわからず超不安でした。。

現地学校スタッフが出発前にアドバイスをしてくれるところもありますが、わからないことがわからないという状況なので、質問したいことはその後もどんどん出てきてしまいます。

Wi-Fiはどうしたらいい?食事は出るの?洗濯は?予防接種はした方がいい?学校周辺の治安は?お金は両替した方がいい?などなど 

 

語学学校のスタッフはただでさえ、百人単位の留学生をお世話しながら、申込者の対応もしているので、とてもじゃないですがリアルタイムでそこまで丁寧に対応してくれることは期待できません。

 

エージェントを通した場合、質問すればいつでも答えてくれるという存在だということを考えるとかなり差があります。

 

現地でのトラブルは自己解決になる場合が多い

現地では日本とはかってが違うので、いろんなことに戸惑うはずです。また、予想もしないトラブルに巻き込まれてしまうケースも時々見受けられます。

 

これまで、私が緊急時対応でサポートさせてもらったのは、以下のような例です。

 

・学校の規則を破ったので退学命令が出た。

サポート⇒本人と学校の間に入って状況確認・整理をして妥協案を出して退学命令は解除。

 

・フィリピン入国時に入国スタンプがパスポートに押されてなかったので、出国が不可能になっていた。

サポート⇒航空会社、日本大使館、入国管理局に連動して出国までの必要な手続きをアドバイスして無事帰国。

 

・乗り継ぎ先の空港で、本人のミスで飛行機に乗れなかった。

サポート⇒夜中だったが、至急代わりの便を手配。フィリピンでの代わりのピックアップ(空港送迎サービス)を手配して、無事留学スタート。

 

・現地空港到着後、預けた荷物が出てこず行方不明になった。

サポート⇒現地空港、航空会社に連絡して荷物の所在を調査依頼して無事2日後に見つかった。航空会社に補償を求め、荷物なしの間に購入した日用生活必需品代を支払ってもらった。

 

・飛行機が大幅に遅延してしまい、現地空港でピックアップスタッフと合流できない。

サポート⇒本人の現在地を確認し、ピックアップドライバー、スタッフに連絡して双方を遠隔で引き合わせることに成功。

 

このような、緊急事態は頻発するわけではないです。でも、どこかの留学生の身に確実に降り掛かっています。このような事態になったとき、エージェントなしで行った場合、自分ですべて解決する必要があります。

特に学校との留学生の間でトラブルが起こった場合、だれも助けてはくれません。

 

ということで、エージェントを使わないのはむしろ「損をする」ことになるとと思った方がいいです。

というか、サポートといっても、かなりのトラブルですけど、ここまでエージェントさんやってくれるんですか!?

いや、さすがに時間外の対応や乗り継ぎミス、入国関係のトラブルは面倒見れないと思うよ(笑)

ですよね!そんなのいくらエージェントでも聞いたことないから、そこまでやってるのってシンさんぐらいじゃないですか!ww

 

エージェントなしで申込むというのは、(エージェントを通した時よりも)安くなるわけでもないのに、一気にこのようなリスクを自分で背負うということを理解して下さい。

 

 

エージェントなしで申し込むことを推奨しているサイトもあります。でも、大体過去にエージェントを通さずに自力で行った経験があり、その方が自分の経験値が上がるのでいいという短絡的な思考です。

確かにその発想は間違ってはいないんですが、、、何が起こってもすべて自分で解決する能力を付けなければならない「バックパッカー」を目指していない限り、エージェントは通した方が無難だと思います。

何もメリットがない「エージェントなしでフィリピン留学を勧めるサイト」は、かなり無責任だと思います。

 

▼エージェントなしで留学した女子大生の本音▼
「フィリピン留学にエージェントって必要?」エージェントを通さなかった私がぶっちゃけます!

 

エージェントを使うデメリット

フィリピン留学エージェントを使うデメリット

エージェントをうまく使った方がいいということは、これまでの解説で分かってもらえたと思います。

でも、逆にエージェントを使った場合のデメリットについてもおさえておきましょう!

 

エージェントが紹介できない(しない)学校がある

エージェントは、現地の語学学校と提携契約書を交わして、初めてお客さんにその学校のことを紹介できるようになります。

ほとんどの語学学校では、集客をエージェントに頼っているので、多くのエージェントと提携しています。

 

一方で、まったくエージェントと提携していない語学学校や一部のエージェントのみとしか提携していない語学学校もあります。

 

もし、これらの学校にあなたが行こうと思っても、提携していないエージェントにその学校のことを相談しても詳しい情報は得られません。

むしろ、ネガティブなことを言われてできるだけ提携している語学学校を紹介してくるはずです(笑)

え、、それは嫌ですねww

 

紹介料が高い語学学校しか紹介しないエージェントもいる

 

エージェントは、語学学校に留学生を一人紹介すると学費の15~30%をコミッションとして受け取ります。

ビジネスとして考えれば、高い手数料の学校を集中的に紹介したくなるのも理解できます。

 

留学を相談してくる人に向いてる学校って、その人の今の英語レベル、普段の英語に接する機会、目標、意思の高さなどしっかりと聞かないと、どの学校が合っているかなんてわかりません。

 

にも関わらず、相談を受ける前から紹介する学校が決まっているエージェントがいます。

理由はその学校を紹介した方がコミッションが高いからです。

 

私もエージェントですが、同じエージェントとして非常に腹が立ちます。だって、その人が人生を掛けて、夢や目標を叶えるために留学相談をしてきているのに、金ずるとして扱っているからです。

エージェントを使っても、このようなところは絶対に避けたいですね。

 

リスクを回避するためのエージェントの比較・選び方

フィリピン留学エージェントの比較・選び方

次に、できるだけリスクを回避するためのエージェントの選び方について解説します。

ポイントはいくつかありますが、すべてが重要というわけではありません。目安として捉えて下さい。

メール返信の早さ

問合せ後、どれだけすぐに返信してくれるかということです。ただ、営業時間外や定休日に送っても返信は営業が始まってからになります。

 

親身に対応してくれるかどうか

エージェントを使うリスクでもお話ししましたが、ろくに相談者の話も聞かずにいきなりこの学校がいいですよ!って進めてくるエージェントは止めた方がいいです。

 

間違いを指摘してくれるかどうか

私もたくさんの相談を受けていて思うのが、間違った情報を信じている相談者が多いです。

例えば、、

 

・1日の授業数ができるだけ多い方が上達スピードが速いと思い込んでる

ダメなエージェント⇒そのまま長時間コースを紹介してしまう。

授業を受けすぎると、やった感はしますが、毎日の復習が全く追いつかなくなるので、ほとんど覚えていないという事態に陥りがちです。

・「○○という学校のTOEICコースが良いと思うので、申込手続きをするにはどうしたらしいですか?」と明らかにダメな選択肢をしている

ダメなエージェント⇒そのままその学校の留学手続きを初めてしまう。

学校毎に、TOEICコースには強いけど、その他のコースはあまり評判がよくない。という風に、強み弱みが必ずあります。もし、学生がどこかのサイトで見た記事を鵜呑みにして、間違った選択をしようとしていても、指摘するわけでもなくそのまま手配されると、その時点で失敗確定です。

 

現地オフィスがあるかどうか

これは正直あまり意味がないです。

なぜなら、現地のオフィスがあると謳っておきながら、その住所に行ってもすでに撤退して存在しないということや、別の仕事をしている人を現地スタッフとしてホームページで記載していることが多々あるからです。

そもそも外国の住所を記載されてても本当にあるのか確認しようがないですよね。。。

 

また、たとえ実際に現地にオフィスがあって、スタッフがいたとしてもほとんど頼る機会はないんだよ。

え、現地スタッフがいるっていうのは、そこがポイントだと思うのになんでですか!?

「現地にスタッフがいれば、何かトラブルがあったときに安心」と思ってる人が多いと思います。

 

ですが、語学学校には日本人のサポートスタッフが2~3人いるので、何かあったときに対応してくれるのはむしろ彼らの方なんです。

なるほど!日中のほとんどを学校で過ごしてるので、最初の窓口は学校のスタッフさんになるわけで、たいていそこでトラブルは解決するということですね!

なので、留学生が困ったときに、現地エージェントが学校に直接駆けつけてくれるというのはかなり稀なケースでほとんど発生しないんだよ。

ちょっと笑えてしまうのが、現地にオフィスがあるから安心だ!とバギオに留学をした人の現地エージェントオフィスがセブ島だったという例です。

セブとバギオではある意味日本より遠いので意味が分からないですよね。。

 

専門資格を持った留学カウンセラーかどうか

これも実際はちょっと怪しいとお伝えしておきます。

え、だってなんか資格持ってる方が信用できそうですよね?

資格というのは紙で受験して得られるものであって、現地に何度も足を運んで自分で調査することとは違うからです。

 

旅行代理店でも最近ではフィリピン留学を扱ってるけど、学校にはこれまで1度だけ行ったことがある程度で、留学専門エージェントと同じようにカウンセリングしてるんだよ。。

え、そんなんじゃなんも学校のことわかんないじゃないですか!でも、相談者からすれば旅行代理店のカウンセラーがわかってないことすらもわからないわけですよね、、怖いなー

旅行代理店の資格だって同じです。

あなたがアフリカの危険地帯に行くことになったときに、「その場所に行ったことはないけど旅行代理店の国家資格を持っているAさん」「そんな資格は持ってないけど、その地域に何度も足を運んで詳細な情報を持っていてかなり細かなところまでアドバイスができるBさん」がいたとします。

 

どちらが信用できて、留学生活に本当に困らないアドバイスがもらえると思いますか?

 

トラブル発生時に対応可能なエージェントかどうか

24時間対応しますと謳っていながら、実際には営業時間外に電話を掛けると、営業時間内に掛けてくださいというアナウンスが流れます。

これは、メールが24時間受け付けるという意味であって、誰かが24時間本当にサポートしてくれるということではありません。

何かメールを受け取ったとしても、実際にそのメールを見るのは営業時間がスタートしてからになります。

わーーー、なるほど、、本当の緊急時に対応してくれるかどうかとは別ってことですね、、

ぼくは、24時間対応はしませんが、留学生とは全員とLINEでつながっているので、緊急時であれば営業時間外でも定休日でも対応しています。

 

セブ島以外の学校も紹介可能かどうか

「フィリピン留学=セブ島留学」だと思ってる方は少なくありません。

実は、セブ島以外にも学費を低く抑えながら、勉強に集中できる学校がたくさんあります。

 

ただ、セブ島に学校が集中しているので、セブ島にはよく行くけどそれ以外の地域の学校にはほとんど行かないというエージェントがたくさんいます。

 

そういうエージェントは、ホームページでは他の地域の学校も扱っているように見えますが、初めて行った時の写真と説明文を載せてるだけで、ほとんど情報が更新されていません。

 

セブ島限定で探す方はいいですが、その他の地域も紹介してほしい人にとって、そういうエージェントに当たると情報が偏っているため、最適な学校選びが難しくなります。

 

なので、郊外の学校もきちんと比較した上で学校紹介をしてくれてるのかどうかを見極めましょう。

 

フィリピン留学専門エージェントか多国留学エージェントか

2か国留学を手配できるエージェントとフィリピン専門を手配するエージェントがいます。

2か国留学を考えている人は、手続きを一括でお願いできるということで多国留学のエージェントに依頼するケースがあります。

もちろん、それでもいいのですが、フィリピン専門で扱っているエージェントと比べるとフィリピンの語学学校の情報が少し乏しい傾向があります。

広く浅く語学学校を紹介できるといった感じです。

 

2か国留学をする方は、普通フィリピン留学で基礎を固めてから、その後欧米に渡ります。

なので、他国を広く浅く扱っているエージェントは、フィリピンの学校ははっきりいってメジャーなところであれば、どこでもいいというのが本音です。

というか、そんな細かい情報をいちいち取る余裕はありません。なので、フィリピン専門のエージェントと比べると、その人の留学期間に最大限効果が上がるような学校手配やアドバイスには若干弱いです。

 

事実、以前私がカウンセリングしていたお客さんで、同時に多国留学を扱うエージェントにもカウンセリングしてもらっている人がいました。その人は最終的に私にフィリピン留学をお願いされ、その時彼女が言った言葉が、「フィリピンの情報力と提案力にかなり差があった」ということでした。

 

このように、2か国留学をする場合でも、フィリピン留学専門エージェントにフィリピン留学の手配を依頼し、2か国目の欧米留学は多国留学を扱うエージェント(もしくはその国専門のエージェント)に依頼するというやり方もあります。

どちらが良いのかはその人のプラン次第です。

 

▼フィリピン専門留学エージェントと多国派遣型エージェントを使った留学生▼
【フィリピン留学エージェント比較】フィリピン留学専門型と多国派遣型はどっちがいいの?

 

カウンセリング・手続きが無料かどうか

フィリピン留学の場合、カウンセリングも手続きも無料が当たり前です。カウンセリングが有料だというエージェントは最初から相談しなければいいです。

 

実際に、有料のカウンセリングを受けた上で失敗された方も多くいらっしゃるので、有料だから失敗しないという保証は何もありません。

実際に有料のカウンセリングを受けた後に、学校選びを失敗したということで、僕に相談してこられた方も何人もいらっしゃいました。

 

学校視察の頻度

一般的に、留学カウンセラーの視察頻度は年に1回です。海外にわざわざ行くのでそれぐらいが費用的にも体力的にも限度だと思います。

大手エージェントで良くあるのは、たくさんいるエージェントのうち誰かが代表で、Aという地域に視察に行きます。そして、戻ってきたらその情報をほかのカウンセラーにシェアして、その情報をもとにカウンセリングに生かします。

ただ、実際に一人一人のカウンセラーが現場で見てきたわけではないので、表面的なことしか話せないということも多いようです。

へー、そんな風に内部はなってるんですね。

 

また、現地でピークシーズンといわれる日本の春・夏・冬は留学生がごった返すので、臨時の講師を大量に雇います。そうすると、授業の質が若干落ちるので、そうした時期を避けていける社会人などは、避けるべきです。このようなこともアドバイスしてくれるかどうか気にしておきましょう。

 

 

年にすべてのカウンセラーが3回程度きちんと現地視察をしているならまだまともな情報を持っているはずです。

どのカウンセラーがどれだけ視察をしていたのかを判断するのは難しいですが、でもそれはカウンセリングや提案力に差になって出てくるので、いくつかのエージェントを比較しながら相談してみるといいです。

 

▼全国ダントツナンバーワンの視察回数を誇るエージェント▼
シンさんは、年間フィリピン視察回数が全国ナンバー1だったという驚愕の事実!

 

申込むと英会話レッスンが無料でついてくる

英会話レッスンが無料でついてくることにすごく魅力を感じる人は多いですが、、、要注意です。

それだけで手配してもらうエージェントを決めてしまうということがすごく危険です。なぜなら、そういう特典の有無だけで決めてしまう方というのは、、、

 

留学自体を甘く見てるからです。

 

「留学前に英会話レッスンを受ければ留学前の対策になる。」って普通なら思いそうですけど、違うんですか?

 

英会話レッスン自体は悪くないだけど、そういう短絡思考で留学を始めてしまうと痛い目に遭うってことだよ。

英会話スクールでは、楽しく英会話するということの方が多いので、特に単語を必死に覚えさせられたりということはありません。

 

今までたくさんの人を見てきて、留学の成果は「留学前に何をしていたか」で決まると思っています。

 

最もみんなが甘く見てるのが英単語です。

留学に行けば、あたかも自動でアプリがインストールされるかのように思いこんでる方が多いのです。

残念ながら、自分の努力なしでは一つも入ってきません。結局は日本でするか現地でするかの違いです。

 

英会話レッスンを週一受けることが悪くはないのですが、それで安堵するのではなく、留学前に然るべきことをする、留学中に陥りやすい罠などのアドバイスをくれるかどうかを重要視すべきだと思います。

その方がよっぽど実のある留学になって、それが成果として現れてきますので。

 

英会話レッスンがついたとしても、同地進行でやるべきことをアドバイスしてもらえるエージェントかどうかを確認しましょう。

なるほど、英会話レッスンを受けてるだけでやってるつもりの人は、結局肝心なことをやってないし、そうしたアドバイスも受けてないので、実質何の対策もしてないのと同じってことですね!

 

行く前にきちんと渡航の流れを説明してくれるかどうか

留学に行くときは全てが不安なはずです。持ち物のこと、渡航時のこと、現地のことなど、次から次に疑問があふれてきます。

このような疑問を解決する機会があるかどうかというのもポイントです。

意外と留学申込をした後は、必要書類や持ち物リストが送られてきて終わりというエージェントも少なくありません。

もちろん、メールなどで質問すれば返っては来ますが、うまく伝わってなければたった一つの疑問を解決するのに、何往復もしないとダメです。そんな時、直接電話などで時間を取って話せる機会があれば、一気に解決できるはずです。

留学前って、超不安になるからそういうサポートしっかりしてくれる方が私は助かる~

留学前、留学中もサポートしてるか

留学前サポートは当たり前ですが、留学中のサポートもどれだけしてくれるのか、これは始まってみないとわからないですよね。

24時間対応と謳っておきながら、実際には営業時間内に今カウンセリング中の人を優先的に扱いながら、留学中の人は二の次扱いになるパターンも多くあります。

また、現地オフィスありだから現地のトラブルに強いと謳っておきながら、そのオフィスには誰もいないなどほんとにびっくりするぐらいあります(笑)

 

なので、そのエージェントは留学中にどのようにサポートしてくれるのかというのも確認しておくといいでしょう。

おすすめエージェントを紹介しているサイトの罠

フィリピン留学おすすめエージェントの罠

最後におすすめエージェント記事の注意点だよ。

時々、おすすめエージェントをランキング化したりしているサイトを目にします。

 

おすすめエージェントをランキング化するのは良いのですが、、

そのサイト運営者がそのようなランキングコーナーを時間をかけて丁寧に作りこむ理由って考えたことありますか?

 

もちろん、これから留学しようとしている読者にとって有意義な情報を流したいからだと思ってしまうでしょう。

ちょっと話は変わりますが、

これって、エージェントが出す学校ランキングでも同じことが言えます。

 

ランキングの意図って何なんでしょう?

 

サイトごとに紹介している学校ランキングって違うよね?

そういえばそうだ!なんで、サイトごとにランクインされてる学校が違うんですか?

よくある学校ランキングの見破り方を教えるよ。

1.そのエージェントが運営している学校が1位に来ている。

自社運営の学校なので、堂々の1位です(笑)

2.独占契約(他のエージェントがその学校と契約を結べない排他的契約)を結んでいる学校を上位にランキング。

①とは違い、自社運営ではありません。

ですが、学校が特定の大きなエージェントの力(集客力)を借りることによって、(その学校が良い悪い関係なく)毎月一定数の留学生を送ってもらえるという仕組みです。 

デメリットは、その学校は他のエージェントとの契約を結べないので、独占契約を結ぶエージェントがポシャってしまうと学校も経営難になって共倒れになります。

なので、独占契約を結んでいるエージェントは、何が何でもその学校をお客さんに紹介して送り出さなければならないという責任があるんだよ。

3.ランキングさせてあげる見返りにその学校からお金をもらっている

たくさんの人がすでに見ている留学紹介サイト内で、自分の学校を1位~5位にランキング表示してもらうことで、

勝手に読者が良い学校だと思ってくれるので問い合わせや申し込みが増えます。

なので、学校はその留学紹介サイトにランキングに応じたお金を払います。

というのがカラクリです。

 

ランキングというのは、要は広告ってことです!

 

だから、どのエージェントを見てもランキングがバラバラで何の規則性もありません。

 

賢い読者なら、もうお気づきだと思います。そうです、エージェントのランキングもお金が絡んでいる可能性があるということです。

 

実際に、ランクインしているエージェントを使ったお客さんをたくさん知っていますが、かなり不評でした。ランクインされているエージェントがすべて悪いわけではありませんが、所詮それもビジネスなんだなと考えるべきです。

なるほどな~、ほんとただ見てる・聞いてるだけだと全然わかんないっすね。

まとめ

結論を言ってしまうと、フィリピン留学するんだったら「エージェントを使わないと損」します。

ですが、エージェントを使えばあまりよくない学校でもエージェントの受け取る手数料の高い学校を紹介されてしまったりするリスクもあるということを十分理解した上で利用しましょう。

また、学校やエージェントランキングなどを鵜呑みにするのではなく、ここで書いたように自分に本当にあった良心的なエージェント、そして学校選びをする目を養ってください。

学校選び同様、エージェントも実に多様です。

フィリピン留学では90%以上の方がエージェントを利用していますが、留学の成功と失敗の分かれ目はこの「エージェントの選び方」にあると思ってもらっても過言ではありません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
ネット情報と現実は全然違う!ビックリするぐらい違う!

そんな情報を信じて後悔する人が後を絶たない。年間7回以上の現地視察と情報力でみんなの助けになりたいです。
詳しいプロフィールはこちら