ABOUTこの記事をかいた人

織田 智香

世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。

    『世界一周に行きたいけど、その前に留学って必要?』

    『留学して良かったことは?』

     

    世界一周を検討している方の中には、このような疑問を持っていらっしゃる方がいらっしゃるかと思います。

     

    私は、世界一周前にフィリピンのセブ島で8週間の留学をしてきました!

     

    その感想として…

     

    『世界一周前の留学、本当にオススメします!!!』

     

    今回の記事では世界一周前の留学についてありのままにご紹介させていただきます!この記事を読んで、私が世界一周前のフィリピン留学をオススメする理由が少しでも伝わると嬉しいです。

     

    世界一周を始める前にフィリピン留学をしようと思った理由

     

    世界一周するということは、トラブルに遭遇する確率が必然的に高くなります。

     

    世界一周する中で、『少しでもトラブルを回避したり穏便に対処できるようにするためには語学力が必要』であると思い、語学留学することにしました。

     

    また、『せっかく世界中を旅するなら現地の人たちを英語でコミュニケーションがとれたら更に楽しくなるよね!』という考えもありました。

    (願わくば海外のイケメンと楽しく話したいということも当然含みます♡)

     

    世界一周前のフィリピン留学のメリット

    1)格安で留学することができる

    一番のメリットはフィリピン留学最大の特徴である『格安留学』です。

     

    世界一周には、100万円以上の高額な費用が必要。格安で留学ができるフィリピン留学は魅力的ですよね!

     

    私の場合は8週間(1日6時間の個人レッスン)の留学で45万程度になりました。留学費用は欧米と比べるとなんと3/1!!

     

    充実した世界一周にするためには留学費用を節約する必要があり、低予算で語学力も身につけることができるフィリピンで世界一周前に語学留学をすることにしました。

     

    2)色んな国の人に会えるので旅に出る練習になる

    フィリピンにはフィリピン人だけでなく中国人、韓国人、アメリカ人などさまざまな国籍の人が住んでいます。

     

    多国籍系の語学学校に留学すれば、韓国やベトナム、台湾など、日本以外からもさまざまな国から留学生たちが学びに来ているため、学校内で国際交流を楽しむことができます。

     

    これから世界一周に行けば、さらにいろいろな国籍の人々に出会う機会に恵まれます。世界一周前に、文化の違い、宗教、国民性などを学ぶことができるのもフィリピン留学のメリットの一つです。

     

    3)海外で生活する練習になる

    フィリピンで数週間〜数ヶ月生活することで日本以外の海外で生活する練習にもなります。

     

    日本とは違った環境で生活することで新しい発見があったり、「自分にはこれが必要だ!」というものが出てきたりと海外で長期間生活するコツをつかむことができます。

     

    フィリピン留学に行ってどれくらい語学力があがった?

    留学前にTOEIC等受けていなかったため、語学力を数値的に評価することはできませんが、私の実感としては…

     

    • 1人で外出したりすること対して言葉の壁の面で抵抗が少なくなくなった
    • 英語をもっと勉強してよりスムーズにネーティブの人と会話をしたいという気持ちが強くなった

     

    ということが挙げられます。

     

    そして、フィリピン留学後には、英語を聞く、見ることに全く違和感がなくなりました!

     

    留学前は、ちょっと英語が聞こえると反応したり英語の文章に対して恐怖心がありましたが、留学後は英語が心地よく感じるようになり、英語の文章をみても読んでみようという気持ちが湧くようになりました。

     

    実際にフィリピン留学に行ってよかったこと

    1)マンツーマンで英語レッスンを受けれた

    フィリピン留学では、マンツーマンレッスンが多く、自分の英語レベルや希望に沿ってカリキュラムを決めることができます。また、分からないことは、その場で講師に聞いて解決することができました。

     

    私の場合は150×6コマの個人レッスンを受けていました。

    留学した学校では初日にカリキュラム決めが行われました。外国人講師と11で会話をして自分の英語レベルを見極めてもらい、その後日本人スタッフとともにテキストなど決めていく形でした。

    私自身、世界一周中に使える英語力を身につけたかったため、トラベル英会話・発音・DME・テキストに書いてあるテーマについて講師と会話をする授業を選択して受講していました。

    2)幅広い交友関係を得ることができた

    私が留学した学校のテーマが『旅人のための語学学校』だったため、さまざまなバックグラウンドを持った人たちがやってきていました。

     

    日本で生活していた時には出会わなかったような人たちと簡単に友達になることができ、今まで知らなかった話もたくさん聞けて、刺激的な毎日を過ごすことができました。

     

    特に私の場合は、ただ旅をするだけでなく目的を持って旅をする人にたくさん出会い、自分なりの旅の目的を考えるキッカケにもなったのが大きいです。

    自分の人生にとっての『influencer』に出会える場所かもしれません。

     

    3)価値観の多様性を知ることができた

     

    フィリピン人の先生と会話をしていく中で、私と先生では答えが異なることが多く、価値観の違いを強く感じることが数多くありました。

     

    多くのフィリピン人講師は、『その日1日が幸せだったらそれでいい。少ないお金でもなんとかやっていけるし、毎日楽しい。明日は明日、将来のことより今を大切にしたい。家族が1番大切。』ということをしきりに言ってたことが、今でも印象に残っています。

    このように、価値観の違いを強く感じ、その背景には宗教や文化、その国の歴史などさまざまな要素があることを直に感じることができました。

     

    4)最高の思い出を得ることができた

    8週間のフィリピン留学。私にとっては最高の仲間と最高の思い出を作ることができました。

    平日の授業だけでなく、フィリピン・セブ島の有名な観光地にみんなで行ったり、ダイビングのライセンス取得、エルニドへの23日旅、アイランドホッピングなどの休日のお出かけ。夜には生徒や語学学校のスタッフとお酒呑みながらいろんなことを語って笑って過ごす毎日が本当に楽しく素敵な時間でした。

    毎日がInstagramのストーリーをたくさん投稿したくなる日々になりました!

     

    実際にフィリピン留学に行ってイマイチだったこと

    1)英語学習のモチベーションの維持

    8週間もの留学期間の間、英語学習へのモチベーションの維持し続けることは、めちゃめちゃ難しかったです。

     

    私の場合、セブ島留学だったので、誘惑も多く、ついつい遊び中心になりがち。語学学校の友人と遅くまでお酒を呑んでしまい、2日酔いで授業、、なんてこともありました。

    しかし、自分が留学に来た理由を改めて考えることで勉強に遊びにとバランスの取れた留学生活を送ることができました。

     

    フィリピンへの語学留学しているといっても、

    • 「TOEICで高得点とりたい」
    • 「将来海外で就職するための英語を身につけたい」
    • 「観光ついで英語を勉強してみたい」

    など、生徒の目的はさまざまです。

     

    留学したからといって語学力が伸びる保証はありません!自分の目標を見失わず、自分にあった語学学校を見つけることをオススメします。

     

    2)衛生面

    ・トイレが不便

    日本ではトイレに行きたいと思えば、コンビニやカフェやデパートなど、また駅や公園の公衆トイレが無料で使えます。そしてトイレットペーパーが当たり前に置いてあり、基本的に綺麗!

    しかしフィリピン国内の多くのトイレは便座、またはトイレットペーパーがついておらず空気椅子のような状態で用を足さなければなりません。お世辞でも綺麗とは言えず、トイレットペーパーを流すことができません。

    トイレットペーパーは自分で用意しなければならず常に持ち運ぶ必要があります。

    ホテルやデパート、ショッピングモールのトイレなどは綺麗でトイレットペーパーが備え付けられています。

     

    ・水が飲めない

    フィリピンの水道水は飲むことができません。飲んでしまったら悲惨な状況が待っています(腹痛や嘔吐、下痢など)

    飲料水は必ず購入しなければなりません。

    語学学校にはウォーターサーバがあり自由に利用できましたが、タンブラーやペットボトルにいれておいたり、その都度汲みに行ったりと不便でした。

     

    フィリピン留学で気をつけること

    1)犯罪やトラブル

    フィリピン人にとって『日本人=お金持ち』。

     

    そのためどうしてもスリや軽犯罪の対象になってしまいます。また、タクシーなどでは相場以上に高額な運賃を要求してくるいわゆるボッタクリもあります。

    私の友人の場合は有名ブランドも入るようなショッピングモールで、買い物中にバッグの中から財布が引き抜かれていました。

     

    犯罪に巻き込まれないためにも

    服装や装飾品は高価なものを身につけないように気をつけましょう!
    夜間の一人行動や学校の外で軽率に行動は避けましょう!

    これは海外全般に言えることですが、自分が海外にいるという自覚をもって最低限の注意をすることが大切です。

     

    2)貴重品の管理

    フィリピン留学中の学校の校内や寮内は警備員もいることろも多いため、基本的に安全度は高いです。

    外に出かけるときは貴重品や使わないお金に関しては携帯するよりも、寮のスーツケースなどに入れて鍵をかけておいた方が安心な場合もあります。

    しかし、1泊2日で小旅行に行ったりと長時間スーツケースと離れる場合もあるため、貴重品は自分の判断で携帯すべきか、部屋に置いてくるべきか選択する必要があります。

     

    3)体調に気をつける

    日本とは違った環境のフィリピン。気候だけでなく食事や衛生環境も違います。

     

    • 水や食事が合わずにお腹を崩してしまった
    • 日本と変わらないような生活リズムを心がけていたとしてもいつも以上に疲れやすい気がする
    • せっかくの留学だからとついついスケジュールを詰め込みすぎて体調を崩してしまった
    • 寮生活などなれない環境でストレスがたまっている

    など体調を崩しやすくなっています。

     

    自分の体に少しでも異変があればすぐにSOSを出し、必要であれば病院受診をするなど重篤化しないように心がける必要があります。

     

    そして、安心して病院受診ができるように海外旅行保険に加入しておきましょう!

     

    留学前や留学中に英語力を伸ばす工夫やポイント

    1)英語日記をつける

    ライティング力もスピーキング力もつく英語日記がオススメです。

     

    留学中にあった日々のこと、自分の趣味や家族のことなど。毎日何かしらのことを英語で書くようにしていました。

    そして留学中は、休日以外毎日マンツーマンの授業があるので、前日に書いた日記を目の前で先生に添削してもらっていました。

    日記なので、自分が日常的な表現や英単語など、即使えるものも多く、先生から+αのことも教えてもらえるため、更に知識が深まります。また、書いた後にその文章を声に出して読むので発音の勉強にもなります。

     

    2)積極的に学校外に出る

    せっかくフィリピンに留学に来たのだから、学校内だけにいるのはもったいないです!

     

    実は、語学学校の外に英語力を向上できる場所がたくさんあります。

     

    英語でタクシーに乗って交渉できたり、カフェで正しく注文できたりすると、それだけでもモチベーションがあがります。

    もし現地の人にうまく伝わらなくても、そのことを授業で先生に相談してみると、別の表現を教えてもらえたりします。

    現地の人との交流を楽しみながら、英語力を向上できますよ!

     

    世界一周前におすすめな語学学校3選

    1)CROSSXROAD

     

    実践的に英語を学べる場であると同時に、世界への旅に出発する生徒を出発前から出発後まで徹底サポートしてもらえる唯一の学校です。

     

    CROSS×ROADはフィリピン・セブ島にあり、別名『旅人たちの英会話スクール』と呼ばれています。語学学校のオーナーは、世界一周を経験した2組の日本人夫婦です。

    「世界一周準備コース」があり、世界一周を経験したスタッフや今後旅に出る予定の生徒が数多くいるため「旅英語」「旅情報」「旅仲間」をまとめて手に入れることができます。

    今後旅に出たり、ワーホリに行く予定の生徒が多いため、旅の情報やコミュニティーに参加できるなど語学力以外にも多くのものを得ることができます。学生は日本人のみで自由な校風、アットホームでスタッフと生徒との距離が近いのも特徴です。そしてなにより「卒業後も世界のどこかで再会しようね」といった会話が飛び交う旅の始まりとなる場所です。

    2)BECI

    BECI

     

    既に世界一周に出た人やワーホリ経験者が多くいる学校です。既に様々な国を経験している人たちから聞ける生の声が待っています。

     

    BECIは250人規模の語学学校なので、色んな留学生が来ています。既にワーホリを2年経験した人や世界一周に出たものの英語力の足りなさに気づいてフィリピン留学を始めた多くの若者に出会えるチャンスがあります。

    またBECIでは、試験対策も出来ますが、強みはSPプログラムという英会話のレベルを数値化しているところです。英会話は、話せるようになった気がしても、実際にはどこまで話せているのかがわかりにくいものです。これを見える化することで、確実な進歩と自信がつくようになります。

    フィリピン留学まだ迷ってる?バギオのBECIに行ったらこうなった!

    3)A&J

    A&J

     

    ワーホリ準備をしている人や海外インターンシップ準備中の留学生が多く集い、そのレベルに到達することを保証している学校です。

     

    世界一周をもくろんでいる人は多くないですが、「海外で接客レベルの英語」を身につけるためのワーキングホリデー準備コースがあります。どんなに今の英語力が初級者であっても実際にカフェ・バーで週末OJTでプロとして働くことで実践スキルと自信を身につけさせます。

    名前はワーキングホリデー準備コースですが、接客レベルの英語力と自信がついていれば、海外インターンや世界一周の英語面でのハードルはグンと下がるはずです。

    フィリピンでワーホリ準備したいならバギオのA&Jに留学した方がいいと思う3つの理由

     

    さあ!世界一周前にフィリピン留学に行こう

    世界一周前のフィリピン留学は本当にオススメです。

    ・低価格

    ・世界一周前の練習になる

    ・旅前に語学力を得られる

    英語は、世界中どこへ行っても必要なコミュニケーションツールです。

    ネイティブのようにペラペラしゃべれるように必要はありませんが、簡単な英語が使えると、旅の質が大きく変わることは間違ありません!

     

    世界一周を検討する方にとって少しでも有意義な情報になると幸いです。

     

    シンさんに留学手配をしてもらったら他社と比較して、英語力が2倍以上上がります。

    フィリピン留学の相談は シンさんにして本当に良かった (1)

    学校の選び方

     


    フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

    フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航数と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。


    今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


    総ページ数30ページ以上の

    充実のコンテンツE-bookです。

    ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

    いつか削除する可能性もあるので
    今ダウンロードしちゃって下さい。

    ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
    惜しみなく盛り込みました。

    詳しくはE-bookで!



    参考になったら是非シェアをお願いします!