フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2023】まるでジブリ!バギオの「BECI the Cafeベシザカフェ(旧レディースキャンパス)」の教科書

シン
WRITER
 
バギオの女性限定キャンパス「BECI the Cafe(ベシ・ザ・カフェ)」の教科書
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

BECI the Cafe(ベシザカフェ)がオシャレでなんだか良さそう!

今回の記事はそんな方向け。

  • 素敵すぎるワケ
  • 市街地へのアクセスはどう?
  • デメリットも知っておきたい!

こんな疑問を解決すべく、BECI the Cafe(ベシザカフェ)の基本情報を交えながら徹底解説します。

BECI(「べし」と読む)はバギオにある学校では割と老舗な方ですが、姉妹校であるレディースキャンパスは女性専用として2018年に開校しました。バギオには既に50回以上は行っている私でもさすがに女性専用キャンパスには滞在できないため(笑)、女子大生のインターン生が実際に滞在して見てきたので、そちらの記事もあわせてみてください。

※2022/11/28追記:こちらのキャンパスは、元々BECIレディースキャンパスと言って女性限定キャンパスでしたが、2023年1月より男女共学へと変更になり、同時にBECI the Cafe(ベシザカフェ)へと名前も変更になりました。

とは言っても、僕は現地取材の鬼。もちろん滞在できなくてもBECI the Cafe(ベシザカフェ)にはこれまで10回ほど訪問してるよ。コロナ禍で一時閉鎖を余儀なくされてから再開後どのように変わったのか、早速紐解いてみましょう。

BECI the Cafe(ベシザカフェ)のお勧めポイント

①ジブリを実写化したような世界観

BECIジブリ感

写真を見てもらうだけでもわかりますが、ちょっと他の語学学校とは雰囲気が違います。学校というよりも「森の中にあるオシャレな宿泊先」といった雰囲気です。

女性が好きそうなテイストに仕上がったキャンパスは、デコレーションまでオシャレ。沢山の自然に囲まれたジブリのような世界感が漂う空間で、繰り返しになりますが、良い意味で学校という雰囲気がしないキャンパスです。現在は、男性も留学できる男女共学のキャンパスとなっているため、こうしたアットホームな環境が落ち着く方に最適。

②スピーキングを可視化するSPテスト

SPテスト

スピーキングの伸びって試験対策と違ってスコアが曖昧なため、中々伸びが分かりません。BECIには韓国で特許を取得したスピーキング矯正用のSP(Speaking Prescription)テストがあります。

簡単に言うと、試験官の先生と1対1でスピーキングテストをQ&A形式で行い、その様子をカメラで収録しています。後日、その内容を確認しながら(読み書きは大丈夫だけどスピーキングになると)ダメな文法の箇所を洗い出したり、冠詞(a/anやthe)の抜けに気付いて修正ができるというものです。

SPテスト

凄いのが、実際に話した内容を書き起こすためのITチームがいて、発音の間違いなども(実際に自分が話した内容の)字幕のマーカーの色によって瞬時に判別できるようになっていることです。特に中期~長期間(3ヶ月~6ヶ月ほど)滞在される留学生は、スピーキングの伸びを体感するはずです。

③発音矯正クラス(オプション)

REHAB(発音矯正)

BECIには、REHAB(リハブ)という発音矯正のためのオプションクラス(4000ペソ/週=1万円弱)があります。月~金の1週間(午前または午後)の通常クラス4コマ分をREHABに変更し、ネイティブ講師による短期間集中型の発音矯正プログラムが受講できます。どうせなら発音もきれいにしたいと考えている人向けです。

※現在は、フィリピン人講師が担当。

BECI the cafeのアクセス・基本情報

アクセス・周辺環境

BECI the Cafe(ベシザカフェ)は、富裕層の閑静な住宅街の中にある50人規模の学校で、落ち着いた隠れ家的な雰囲気を持つ留学先です。

大きな学校ではありませんが、その分アットホーム感がものすごくある学校です。放課後の英語でのクッキング教室やフリーグループクラス、映画鑑賞など色んなアクティビティがあるので1日中飽きない環境です。

基本情報

学校名 BECI the Cafe(ベシザカフェ)
国籍比率
*通年平均
韓国:20% 日本:40% 台湾:10% ベトナム:10% その他:20%(バングラディシュ・サウジ)
スパルタ度 セミスパルタ 支払通貨 日本円
設立 2016年 規模 40名
建物 キャンパス型 ジム ×
キッチン × クリニック
×
日本人
スタッフ
授業時間 1コマ50分
カップル
同室可否
カップル:×
既婚:×
トイレ
(紙)
流せない
食事 平日:3食  土日祝:3食 
掃除/洗濯
シーツ交換
詳細を見る
掃除:申告制  
洗濯:週3回  
シーツ交換:週1回*申告制 
部屋の設備
詳細を見る
デスクライト:〇 ドライヤー:〇 冷蔵庫:〇 金庫:×
門限
日~木:22時 金土:2時 祝日:22時
ジュニア受入年齢
親子の場合:-
単独の場合:15歳(高校生)以上 *委任状必要、単独外出不可(成人の同伴必要)

空港お迎え 入寮:指定日曜日 退寮:土曜12時まで
ピックアップ詳細
BECI Pickup
入寮後
の流れ
詳細を見る
BECI 初日
追加授業
詳細を見る
マンツーマンクラス:5,000ペソ/4週間
グループクラス:2,000ペソ/4週間
オプションクラス(Travel):6,000ペソ/4週間
オプションクラス(Rehab):4,000ペソ/1週間

*ベッドカバーや枕カバーの交換は週に1度、ブランケットの交換は、2週間に1度行うことが可能
*各部屋のクローゼットの掃除は月に1度、窓掃除は3ヶ月に1度実施。スケジュールは掲示物を確認。
*洗濯は外部委託。1回最大4
kgまでで150ペソ
*冷蔵庫・ドライヤーは、フロアで共用
*新入生で開始日の月曜日が祝日の場合は月曜日にオリエンと買い出しだけ行い、火曜日にレベルテストの予定。

※BECIレディースキャンパス特典

  1. カフェにてアメリカーノを提供(1日1杯まで)
  2. 2.BBQパーティを提供(月1回)
  3. 3.マッサージを1回無料提供(月1回まで) *マッサージは500ペソ/回で追加可能

BECI the Cafe(ベシザカフェ)の施設・サービス面

BECI the cafeの施設・サービス面

施設内には、大自然を見ながらくつろげるテラス席があり、マンツーマンクラスでもよく使われています。また、韓国人スタッフが飼っているパグも何匹かいるので犬好きにはたまりません。イベントとしては、キャンパス内で講師と一緒にバーベキューやダンスなどのイベントも開催しています。

※2022年9月現在、ネイルサロンとマッサージルームは利用できませんが、特典としてマッサージの無料クーポンを毎月1回もらえるので、留学生は外部の指定マッサージショップで使えます。

国籍比率、スパルタ度、留学生の雰囲気・レベル

BECI the Cafe(ベシザカフェ)は、落ち着いて留学したいという方に支持されている学校です。また国籍比率は、日本35%・韓国30%・モンゴル15%・中国とベトナムが10%未満ずつと日本人留学生が好むようなキャンパスです。

アクティビティを見る

2022/10/28:ハロウィンパーティ

ハロウィンパーティ

BECI the Cafe(ベシザカフェ)では月1でBBQやサンフェルナンド(ビーチのキレイな場所)、コーヒーファームなどのツアーを開催しています。

BBQ(バーベキュー)

BBQ

BBQ_April2022 (2)

サンフェルナンドビーチツアー

サンフェルナンド

部屋タイプ

1人部屋

2人部屋

3人部屋

4人部屋

ギャラリー

外観
外観
外観
庭園
庭園
庭
庭
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
バスルーム
トイレ
ダイニング
マッサージルーム
外観
外観
外観
庭園
庭園
ラウンジ
ラウンジ
ラウンジ
バスルーム
トイレ
ダイニング
マッサージルーム
1-min
previous arrow
next arrow
 

※スライドできます。

BECI The Cafe(ベシ ザ カフェ)の留学費用

1週間の留学費用

1週間の留学費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 189,330円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 59,600円
合計① 69,600円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 1,250円
テキスト代 2,500円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 36,250円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 3,480円
合計③ 83,480円
①②③合計:
189,330円

2週間の留学費用

2週間の留学費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 223,070円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 89,400円
合計① 99,400円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 2,500円
テキスト代 2,500円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 37,500円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 6,170円
合計③ 86,170円
①②③合計:
223,070円

1ヶ月の留学費用

1ヶ月の費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 291,620円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 149,000円
合計① 159,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 0円
水道光熱費 5,000円
テキスト代 2,500円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 40,000円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 12,620円
合計③ 92,620円
①②③合計:
291,620円

2ヶ月の留学費用

2ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 481,370円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 298,000円
合計① 308,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 0円
ビザ延長 9,850円
水道光熱費 10,000円
テキスト代 5,000円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 57,350円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 36,020円
合計③ 116,020円
①②③合計:
481,370円

3ヶ月の留学費用

3ヶ月の留学費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 673,665円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 447,000円
合計① 457,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 8,750円
ビザ延長 22,875円
水道光熱費 15,000円
テキスト代 7,500円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 86,625円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 50,040円
合計③ 130,040円
①②③合計:
673,665円

半年の留学費用

半年の留学費用

おすすめ格安コース Speed ESL1コース
部屋タイプ 4人部屋
留学総費用(①+②+③) 1,216,295円
費用詳細を見てみる
①日本で払う費用
入学金 10,000円
授業料・滞在費・食費 894,000円
長期留学割引 -15,000円
合計① 889,000円
②フィリピンで払う費用
デポジット 7,500円
SSP 17,000円
ACR-Iカード 8,750円
ビザ延長 47,175円
水道光熱費 30,000円
テキスト代 15,000円
ピックアップ費 7,500円
IDカード 500円
②合計 133,425円
③その他
航空券 80,000円
海外旅行保険 113,870円
合計③ 193,870円
①②③合計:
1,216,295円
※ピックアップ費は利用する人数によって異なる(目安7,000円~20,000円)

BECI the Cafe(ベシザカフェ)カリキュラム・コース紹介

BECI the cafeカリキュラムの強み・特徴

BECI the Caféは、英会話コースに特化したキャンパスなので試験対策はできませんが、「落ち着いて」「大人の留学」が楽しめる学校です。また、BECIは他にもスパルタキャンパスシティキャンパスがあって、それぞれ転校も可能です。

時間割サンプル(Speed ESLコースの場合)

BECIレディースキャンパス時間割

英会話(ESL)コース

ESLコース

コースの詳細を見てみる

SPEED ESL1コース

ESLコース
・マンツーマン:4コマ
・グループ:2コマ
・ナイトグループクラス:2コマ

合計6コマ+2コマ

SPEED ESL2コース

ESLコース
・マンツーマン:6コマ
・ナイトグループクラス:2コマ

合計6コマ+2コマ

Lite ESLコース

ESLコース
・マンツーマン:2コマ
・グループ:2コマ
・ナイトグループクラス:2コマ

合計4コマ+2コマ

マンツーマンクラス

• スピーキング(Speaking) – 自然なコミュニケーションに必要な実用的語彙と表現を学びます。
• リーディング(Reading) – リーディングとボキャブラリーに重点を置き、各セクションでテーマ別
の興味深いパッセージを読み進めて学習します。また、よく使われる語彙やイディオムも学ぶことができます。
• イディオム(Idioms) – 頻繁に使われる慣用表現を学び、それぞれの慣用句の形、意味、時制を理解します。
• Expression / リスニング(Listening) / 文法(Grammar) / ライティング(Writing)
* マンツーマンクラスの科目や教科書は、アカデミックコーディネーターと相談の上、生徒様のリクエストに応じて変更可能です(追加費用無し)。

グループクラス

• 発音(Pronunciation) – アメリカン・スピーチのリズム、単語の短縮形、口語の略語、連続体などを学びます。母音、子音、イントネーションパターン、構文、ミキシング、名詞と動詞の規則的な変化などを通して発音を練習していきます。
• リスニング(Listening) – 実生活からニュースまで幅広いテーマを取り上げ、各トピックに基づいた具体的な情報、ポイント、補足説明、予想などを聞き取ることができるようにします。
• ライティング(Writing) – さまざまな文章作成演習を通して、品詞や文構成などについて学びます。
• 文法(Grammar) – 時制などの文法上のカテゴリーを学習することができます。

ナイトクラス *任意

• Vocabulary • Look Who’s Talking? • Native Speaking 1,2,3 • Pattern English 1,2
• Speaking Pronunciation • What Can I Say? • Fun with Conversation Grammar
* ナイトクラスは生徒様のレベルや希望に応じて実施します。

▼参考)初心者の英会話対策なら見ておきたい記事▼

BECI the Cafe(ベシザカフェ)に行くならココに注意!トラブル事例を紹介

ココに注意!トラブル事例を紹介

タクシーがつかまりにくい

車で市街地までは他の学校同様だいたい車で10~15分程度ですが、BECI the Cafe(ベシザカフェ)は若干住宅街の中に入り込んでいるため、中々タクシーが捕まらないこともあります。10分ほど歩けば大通りには出れます。

最新アップデートと視察メモ

留学生受入れ再開後の視察とアップデート

【2023/1/28】国籍比率

見出し「基本情報」内の国籍比率にて現在の最新の国籍比率情報をアップしました。

【2022/11/28】女性限定キャンパスから男女共学へ

こちらのキャンパスは、元々BECIレディースキャンパスと言って女性限定キャンパスでしたが、2023年1月より男女共学へと変更になり、同時にBECI the Cafe(ベシザカフェ)へと名前も変更になりました。

【2022/11/28】ワクチン接種回数による受け入れ制限廃止

2022年11月4日よりフィリピンへの入国制限が緩和され、現在ではワクチン接種の有無にかかわらず入国が可能となりました。これに伴い、弊校におきましても、ワクチン接種回数による受け入れ制限を廃止することといたします
 
API BECIでは2022年6月以降にお申込みいただいくお客様に「ワクチン3回(追加接種含む)接種済の方のみ受け入れ可」とご案内しておりましたが、本日2022年11月28日以降、弊校でのワクチン接種の有無、回数の確認はいたしません。ただし、引き続きワクチン接種2回は推奨とさせていただきます。
 
日本帰国時(入国時)の水際対策は依然として緩和されていないため、ワクチン接種が2回以下の方は帰国前に陰性証明書を取得する必要がございます。該当のお客様には、滞在最終週にバギオ市内にて検査を実施していただけるようにご案内をいたします。

隔離時の流れ詳細

【2022/9/23】

  • 団体ピックアップのアップデート(BESAピックアップ)

①2023年BESA団体ピックアップ実施日が決定しました:隔週日曜日
②ピックアップ実施時間が設定されました:5つの時間帯にて実施
③費用が変更されました:指定日時での利用で3,000ペソに固定
④クラーク空港でのピックアップが再開されます:韓国からのフライトに対応、1便のみ
※②・③・④は2022年10月1日以降の入学者から適用

  • シティキャンパスについて

①オープン予定日の変更:2022年10月→2022年12月5日(月)
カリキュラムや費用など詳細が決まりましたら、別途ご案内。

キャンペーン情報

【2022/8/19】

2022/11/30までに入学する方限定で、期間ごとに以下の割引が受けられます。

キャンペーン情報

視察メモ

留学再開直後の4月と数か月経った後の7月にBECIレディースキャンパスを訪問してきました。現地には、ハナさんという昔からBECIの日本人スタッフさんがいらっしゃいます。2022年10月現在は、バギオで別の学校に長年勤めていたジョセフさんという男性の日本人スタッフも加わりました。

 

留学再開後、コロナの影響で変更になったことや気になったことをメモ代わりにこちらに残しておくよ。

【2022/7/14】

  • 新しくスパルタキャンパスができるが、現在韓国のキャンプが入っているため、それが終わってから他国籍の受入れ開始予定。
  • オフラインの講師は元BECIの講師で9割(現在16人中教えているのは13人)ほど。

【2022/4/7】

  • カリキュラムの中身は以前と同じだが、マンツーマンとグループの比率が変更。
  • SCはオンライン版だけでの提供で、SPやREHAB(発音矯正)を含めオフラインでの提供は環境が整っていないため今は難しい。オンライン版での文字の書き起こしはホームベースで対応(テスト時のみ)。
  • オンラインは基本90%がホームベースで、オンラインとオフラインの基本講師は分けている。

まとめ

BECIレディースキャンパスまとめ

BECI the Cafe(ベシザカフェ)は、人里離れた山奥の合宿のような雰囲気です。

合宿といってもスパルタではなく、旅行に来た場所で英語合宿しているような雰囲気という方が正しいでしょうか。毎朝、大自然の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込み、景色を遮るものは180度見回しても何もない環境がある語学学校は、フィリピンで探しても中々ありません。

適度にBBQやダンスなどのイベントがあったりと、勉強でストレスが掛かってもすぐに発散できるはずです。大自然の中で、新鮮な空気に触れながら勉強したい人には最高の環境ではないでしょうか?

因みに、BECIではよりスパルタな環境で勉強したい人向けに「BECIスパルタキャンパス」、仕事をしながら留学したい人向けに「BECIシティキャンパス」もあるので、ご自身にあったスタイルでキャンパスを選べますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら