フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン・セブ島】2ヶ月間の留学でかかった費用をリアル公開!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。

話題のフィリピン留学。安い!安い!って言われるけど

『ぶっちゃけいくらかかるの?』

といった疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。

今回は2ヶ月間フィリピンのセブ島に留学したわたしが、娯楽費などを含め留学費用をありのまま公開したいと思います!!!

 

フィリピン留学2ヶ月の費用内訳

2ヶ月の総額            583,310円

 

内訳費用(円)節約
入学金10,000不可
授業料300,000不可
SSP費用11,550不可
ビザ延長費用6,930不可
水道光熱費11,000場合によって可能
外食、レジャー、交通費151,000可能
海外航空券56,000可能
海外旅行保険36,830可能
総額583,310 

 

わたしのコース:世界一周コース【マンツーマン6時間+グループクラス2時間(希望制)/4人部屋】

 

いかがですか?

 

『イメージより高いな、、』
『こんな安いの?』
『これなら行けそうかもしれない』

 

さまざまな感想があるかと思います。

 

ただ一つだけ言わせていただきますと、

私はフィリピン留学中、毎週遊んでいたので娯楽費が格段に高くなっています。
そのため、さらに低価格での留学は可能です。

 

エリアごとの費用

 

留学費用の分類は、大きく分けて4つになります。

1 日本支払費用

2  現地支払費用

3  生活費

4  航空券、保険料

これからは順に詳しく説明させていただきます。

 

日本支払費用

 

入学金 10,000(円):学校に登録するための費用【節約不可】

授業料 300,000(円):マンツーマン+グループクラスの授業料+滞在費+13回の食費(週末は朝のみ)【節約不可】

 

渡航前に支払う費用は、絶対に必要であり、節約できません。

ただし、授業数を減らしたり、1人部屋にしたりなどでも費用は変わってきます。また語学学校によっても授業料は大きく変わるので注意してください。

 

現地支払費用

 

SSP費用 11,550(円):フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用【節約不可】

ビザ延長費用 6930(円):30日を越えて滞在する人に必要な1次ビザ延長費用【節約不可】

水道光熱費 11,000(円):現地で使う水道光熱費【節約できる可能性も!】

 

水道光熱費は、学校により実費精算で支払い(使った分だけ払う)と定額で支払い(1週間あたり○○ペソと固定)としている学校があります。自分の留学先がどっちなのか、事前に確認しましょう。

同じ学校の生徒は、少しでも節約したいとクーラーを我慢して扇風機だけ使っていました笑。

 

生活費

 

外食費、レジャー、交通費 151,000(円)【節約可能!】

 

週末は、基本的に出かけるスタイルだったので、生活費が高くなっています。

 

中でも、特に大きな出費となったのが

PADIオープン・ウォーター・ダイバーライセンス 31,000(円)
エルニド往復航空券 30,000(円)

です。

 

ダイビングのライセンス取得や、2泊3日でフィリピン最後の秘境といわれるエルニドへ旅行に行きました。

 

■外食費

食事は、平日1日3食提供されていましたが、夕食後にバーに行ったり、カフェ通いもしていたので外食費もかかっています。

 

おおよその外食費用に関しては、以下のとおりです。一般的にフィリピンの物価水準は日本の5分の1程度です。

  • ローカル食堂(道端にある屋台等):60ペソ〜(約120円〜)
  • ファーストフード:80ペソ〜(約160円〜)
  • モール内のフードコート:100ペソ〜(約200円〜)
  • きれいめのレストラン:300ペソ〜(約600円〜)
  • カフェ(コーヒー1杯):100ペソ〜(約200円〜)
  • バー(ビール1杯):50ペソ〜(約100円〜)約300〜500ペソくらいで楽しく飲めます

 

■アクティビティー

  • アイランドホッピング:2,000ペソ~(約4000円〜)
  • ホテルのデイユース:1,000ペソ~(約2000円~)
  • クラブ(エントランス):100ペソ〜(約200円〜)

 

生活費は、個人の生活スタイルによって大きく変わります。

 

多くの留学生に話を聞くと、月3〜4万円あれば、週末に遊びつつ普通に生活出来ると思います!

遠出したり美味しいものを食べたりなど、余裕をもちたい方は、月5万ほどみておけば十分楽しいフィリピンライフを送れるのではないでしょうか。

 

航空券、保険料

 

海外航空券(56,000円):往復の海外航空券代【節約可能!】

海外旅行保険(36,830円):留学期間中の保険代(東京海上日動火災保険の場合)【節約可能!】

 

航空券や海外旅行保険は節約することが可能です。次に詳しく説明させていただきます。

 

セブ留学で節約した場合の費用

 

2ヶ月の総額            429480円

 

内訳費用(円)
入学金10,000
授業料300,000
SSP費用11,550
ビザ延長費用6,930
水道光熱費11,000
外食、レジャー、交通費60,000
海外航空券30000
海外旅行保険0
総額429480

 

節約してみると、約15万円安くなりましたね!

 

外食、レジャー、交通費など見直したり、航空券の日程をずらしたりなど節約することで、大幅に節約することができちゃうんです。

節約のポイントについて、今から説明させていただきます。

 

フィリピン留学の費用を節約する方法

 

少しでも安く留学したい!と願う方も多いかと思います。留学でもポイントを押さえれば節約することができちゃうんです。留学して帰国したからこそ思う『こうすればよかったな』と思う方法もありますよ。

 

1)格安航空券を利用する

最初に安くできるポイントは、日本からフィリピンへ渡航する際の航空券です。

 

海外航空券も航空会社によって大きな差があります。

例えばJAL・ANAなどで行こうとすると往復で10~20万円程掛かってしまうことも。フィリピン最大手の航空会社である「フィリピン航空」はフィリピン各所に日本からの直行便があるので利用しやすいです。

また、直行便ではなく韓国・台湾・中国を経由して行く韓国系・中華系の航空会社だと同日程でも3万円前後(往復)安くなります。

 

■おすすめはLCC

そして一番のオススメは格安航空会社(LCC)を利用することです。例えばジェットスターやセブパシフィックなどです。プロモーションなどを不定期でやっているのでうまく取れれば、往復2万円以下で取れることも!

私はLCCを利用しましたが、キャンペーン後に購入したため少し割高になってしまいました。定期的にチェックしておきましょう。

お得なフライトチケットを探すためにスカイスキャナーなどの料金比較サイトを使用もオススメです!

 

2)出発時期を考える

航空券は、観光シーズンであるゴールデンウィークやお盆、年末年始の時期に最も高くなります。この時期と留学の時期が重なってしまうと費用を抑えるのが難しくなります。

航空券は、4月上旬~6月中旬(GW除く)、10月上旬~12月上旬が比較的安い時期と言われています。

また、週末に出発する便より平日に出発する便のほうが航空券が安いことが多いため可能であれば平日の便を利用することもお勧めです。

 

■語学学校のオフシーズンのキャンペーンを利用

語学学校も、オフシーズンにキャンペーンを打ち出すことが多いです。そのため、休学留学や社会人留学など、時期を柔軟に決めれる方は、オフシーズンのキャンペーンを狙うことができます。

2月~3月、7月~9月のピークシーズンは、あまりお得なキャンペーンは出回りません。

夏休み、春休み留学を検討している学生の方は、この時期を避けることが難しくなります。

 

3)クレジットカード保険を利用する

90日以内の渡航期間であれば、海外旅行保険をクレジットカード付帯の保険にするという方法もあります。

楽天カードやエポスカードなどのカード会社が無料でこのサービスを提供しているのでぜひチェックしてみてください。

 

例えば、2ヶ月間の海外旅行保険は安いプランでも30000円ほど掛かります。これがクレジットカード付帯の海外旅行保険にするとなんと0円になります。

しかも、入会金・年会費が一切無料のものも多いです。クレジットカード保険を利用するだけでかなりの節約になりますよ。

 

■クレジット付帯の保険の注意点(1)

クレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯の2タイプがあることに注意してください。

自動付帯とは、カードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入るものです。手続きや登録は全く必要がありません。一方利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金の支払いにクレジットカードを利用しなければ、海外旅行保険が適用されないというものです。

自分のもっているクレジットカードがどちらになるのか出発前に必ず確認する必要があります。

 

■クレジット付帯の保険の注意点(2)

 

クレジットカードの保証だけでは、完全に費用をカバーできないこともあることを知っておきましょう。

 

一番使う可能性が高いのは怪我や病気で使う病院代の保証は普通の保険だと3000万円ついてるものが、クレジットカード付帯の保険だと200万円前後です。

フィリピンでの治療費は、それほど高額になることは少ないですが、不安であれば保険会社の海外旅行保険に加入することをオススメします。

 

4)大部屋を利用する

留学費用で期間が長くなればなるほど、部屋の費用で大きく差が出るはずです。

 

私の語学学校でも部屋によって料金が変わっていました。大体の考え方としては、以下の通りです。

  • 1人部屋から2人部屋にいたっては4週間(1ヶ月)で3万円ほど安くなる
  • 2人部屋から4人部屋にすれば4週間(1ヶ月)で2万円安くなる

 

(実際の2ヶ月の留学の例)

1人部屋405,000円→2人部屋335,000円=70,000円の差
2人部屋 335,000円→4人部屋295,000円=40,000円の差

 

「大部屋でも過ごすことができる!」と思われる方は大部屋を利用することで留学費用を大幅に安くすることができますよ。

 

5)注意しつつ地元の乗り物を利用する

留学生の主要な移動手段は『タクシー』です。快適かつ便利で安いのが魅力です。フィリピンセブ島では初乗りが40ペソ(100円程度)と破格。セブシティ内での移動では、~200ペソ程度におさまるでしょう。

 

タクシーよりさらに安い交通手段は、地元の乗り物「トライシクル」と「ジプニー」です。

 

語学学校によっては禁止しているところもありますがルートと乗り方さえ覚えてしまえば、ジプニーはとても便利な乗り物です。

なんと7ペソ(16円程度)で利用することができるんです。地元の乗り物を使用すると交通費も節約することができちゃいます。ただし、ジプニーではスリは多発していますので、細心の注意を払って、自己責任で利用してくださいね。

 

まとめ

 

2ヶ月の留学にしても、費用は十人十色です。

今回は少し高額な費用になってしまいましたが、工夫して節約するとさらに安く留学することも可能です。

『アクティビティを楽しみたい!』『美味しいごはんを食べたい!』『マッサージとかリラックスもしたい!』と、せっかくのフィリピン留学なので、英語力向上以外にも、留学中にしたいことが様々あるかと思います。予算に範囲内で充実した留学になることを願っています。

2ヶ月という期間は本当にあっという間です。みなさんにとってこの記事が充実した留学ライフを送る参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
織田 智香
世界一周をするために退職した元助産師。世界一周中に必要な語学力を身につけるために8週間フィリピン・セブ島で留学をしてきました。留学中のことやセブ島についてなどリアルな留学生活についてお伝えしていきたいと思います。