フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【閲覧注意】世界最大の「フィリピンオオコウモリ」がドラキュラそっくりだった

 
世界最大フィリピンオオコウモリ
この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

暗い洞窟の中でひっそりと息をひそめて逆さになっているというイメージのコウモリ。

ホラー映画に出てくるような古い屋敷や、トレジャーハンターが入った洞窟の中から飛び出してくるような、不気味な印象を持ってる方も多いのではないでしょうか。

ぼくが小学生くらいの頃、下校時に夕暮れ時の空を群れを成してパタパタと飛んでいるのをよく見ました。

サイズとしては手のひらぐらいだったかと思います。

襲われた!ということはなかったですが、たまにフンが落ちてくることはありました。

日本で見るコウモリは、私が幼い頃見たような「ココウモリ」といわれるものが多いようです。

 

しかし!!フィリピンには、

想像を絶するサイズの世界最大のフィリピンオオコウモリがいるようです。。

 

フィリピンに留学中の皆さんはぜひ機会があれば見に行ってみてください。

世界最大の大きさフィリピンオオコウモリとは

ぎゃーーーーーーーーーー

何この大きさ?!作りものじゃないの??

はじめてこの画像を見た時、色黒の人が逆さに吊るされているんだと思いました。それもなかなかホラーですが、実はこれ、コウモリなんです。

こんなサイズのコウモリがいるんですね!

フィリピンオオコウモリという種類は、羽を広げると2メートルちかくになるものがいるそうです。

空飛ぶフィリピンオオコウモリ
引用元:Bokete

私の身長どころか、成人男性の伸長を軽く超えてしまいますね。このサイズのコウモリに襲われたらひとたまりもないですよね。

 

だけど、安心してください。

 

このコウモリは花の蜜や果物といった植物性のものを主食にしてます。

肉食のぼくとは真逆の生き物ってことですね、、かわいい、、

なので、人を襲って食べる!なんてことはありませんよ。

 

コウモリは触るな危険!?

フィリピンオオコウモリを持つ女性

実は、コウモリに触れることを売りにしている観光地が世界に行くとところどころあります。

ですが、コウモリはいろんなウイルスを保有している可能性があるので注意してください!

エボラ熱をはじめとする致死性のウイルスを媒介するとも言われています。

フィリピンオオコウモリ生息地マップ
出典: WHO Ebola haemorrhagic fever Map

これを見てもらうとわかりますが、なんとエボラ出血熱とオオコウモリ科フルーツコウモリの生息地と一致しているではないですか!

ひっかかれたら麻痺や幻覚、精神錯乱やけいれんなどの症状が出て、死に至ることもあるそうです。

ウイルスによっては急性肺炎を起こしたり呼吸困難が起きることも・・・

もし見つけても絶対に触ったりしない方がいいです。

 

どこに行けば会える?フィリピンオオコウモリの生息地

オオコウモリの生息地

とは言っても、フィリピン留学中の人で「フィリピンオオコウモリを生で見てみたい!」なんていう(変わった)方がもしかしたらいるかもしれません。

では、フィリピンオオコウモリはどこに行けば会えるの?

※日本の動物園では飼育されていません。

 

スービックのコウモリ
引用:Zambales: Subic bats at Cubi Point 

フィリピンの中でも、ルソン島のスービック経済特別区は「Bat Kingdomコウモリ王国」と言われるほど多くのコウモリが生息しています。

フィリピンオオコウモリに限らず「ジャワオオコウモリ」や「タケコウモリ」にも出会えるそうです。

フィリピンならだいたいアイランドホッピングするとコウモリの島が最低1つはあります。

フィリピンでおススメのコウモリ生息地

モンフォート・バット自然保護区

また、フィリピンには他にも多くのコウモリの生息地がありますが、、
 
 
フィリピンで最も有名なコウモリの観光地は「モンフォート・バット自然保護区」です。
 
 

実に、230万匹ものコウモリがこの洞窟にいるそうです。。。

 
 
 

実はこの「フルーツバッド」といわれる種類のコウモリ、国によっては食用とされているところもあるそうです。

興味がある方はぜひトライしてみてください!

 

なぜこんなに違う!?可愛らしいフィリピンオオコウモリ

フィリピンオオコウモリの赤ちゃん
引用:Wow Amazing

あまりにも大きすぎて恐怖しか感じないフィリピンオオコウモリでしたが、こんなにかわいい時期もあるそうです。

ここサイズのフィリピンオオコウモリなら会ってみたいかもしれません。

 

いつ、どの時点であんなにおどろおどろしい姿になるんでしょうね。

あまりにもインパクトが強すぎるフィリピンオオコウモリ。

今夜あなたの夢に出てくるかもしれません・・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シンさん(田中慎一)
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら