バギオパインスの友達

ABOUTこの記事をかいた人

加藤菜月

初めてのフィリピンという国で、また短期留学という初めての体験は私にどのような影響を与えてくれるのかとても楽しみです。  今回の出発は同じ専門学校のちさとと一緒なので安心です。福岡空港から香港まで行きそしてフィリピンへ向かいます。学校に到着するまで楽しいひとときになりそうです。

PINESクイサン校の初日ってこんな感じ

 フィリピンの季節は基本的に乾季と雨の時期に分かれています。今はちょうど乾季なので朝を気持ちよく迎えられます。また、景色も綺麗で毎朝起床した後に外を眺めるのが楽しみになっています。

今日は午前中から授業がありました。授業内容は自分で選択することが出来るため苦手分野を克服できそうです。また、初めて会うので必ず自己紹介をしなければなりません。

何を話したらいいのか困惑しますが、先生方はゆっくり話を聞いてくださるので焦ることはありませんでした。

また、私の日本語がおかしい場合、わからなかった場合は訂正してくれるので基本的な英語をきちんと学ぶことができました。私は英語が得意ではないのでたくさん直してもらい自分でも理解できたのでここで勉強して良かったと思います。

 また、新入生は夜の8時から10時まで授業が設けられています。初めの10分間は普段の授業で使うreadingのテキストを読みます。自分が読みたいページを選択するので、授業の予習と復習になりました。

次の40分間にはvocabularyのテストがあります。

まずは単語を覚えその後テストをします。基本的な単語が主になっていますが聞き慣れない単語も入っています。テストは15問単語のlistening、5問は与えられたお題の単語を使い文章を作ります。

最後の1時間は自主勉強の時間で主に次のテストの予習をします。眠い時間ですが、普段先生と1対1の授業しかないため私は面白い時間だと思いました。

バギオパインスの先生  

バギオの雰囲気

 フィリピンの交通はとても混雑していて運転が荒いです。前回は深夜に移動したので運転が荒くきつかったのですが、昼にタクシーに乗ってみると運転が荒いのは変わらないのにスリルを楽しんでいました。

また、フィリピンの景色は爽快感がとても気持ちがよかったです。私は眠気さえ出てきて長時間だったら眠っていたのかなと思いました。また、歩行者には優しく道もあけてくれます。

 私はSSP申請用の写真を持ってきていなかったので写真を撮りにお店に行ったのですが、日本のように証明写真が撮れる機械がある訳ではなく、店員が写真を撮り加工する形式だったので驚きました。

写真を撮って5分ほど待つとすぐに受け取れました。また、街には平日ながら大勢のひとがいました。外出はスリがいたりして怖いイメージがありましたが、注意していればなんともなく賑やかでゆっくりとした時間を過ごせました。

バギオパインスで外出

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

今までぼくが研究してきた「留学で3倍の成果を上げる」ノウハウを無料でプレゼントしちゃいます。


総ページ数30ページ以上の

充実のコンテンツE-bookです。

ぜひあなたの留学にお役立て下さい。

いつか削除する可能性もあるので
今ダウンロードしちゃって下さい。

ここでは絶対に言えない成功の秘訣を
惜しみなく盛り込みました。

詳しくはE-bookで!




フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!