フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】サイエンス系の学部一覧

tomo-san
WRITER
 
サイエンス系

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンの大学でも、物理学、化学など理系のサイエンス系の学部を専攻することができます。

理系の教科はSTEM科目と呼ばれ、今後、キャリア形成において必要不可欠となる知識とスキルです。そういった観点からも理系の自然科学系学部はおすすめです。

大学留学を通して英語力も付け加えることで将来キャリアを築く際に大きな武器になるでしょう。

ただ、サイエンス系の学部も種類が多いのでどんな学部があるのか知りたいという人も多いはず。

そこで、こちらの記事では自然科学系の学部の一覧表を記載しています。

この記事を読めば、サイエンス系の学部のそれぞれの概要や特徴、目指せるキャリアなどが分かります。

サイエンス系学部一覧

物理学

物理学

物理学は、対象となる物質について「この物質は一体どんなものであるか」ということを徹底的に突き詰めて研究する学問です。

英語では、「Physics」と言います。

☆目指せるキャリア☆

ホテルフロント、ホテルマネージャー、調理師、レストランマネジメントなど

生物学

生物学

バクテリアから人間まで、自然界の生命の本質とそのあり方を研究します。

大学によっては、分子生物学、ヒューマンバイオロジー、海洋生物学、動物学などより専門的な内容を学べる大学もあります。

英語では、「Biology」と言います。

☆目指せるキャリア☆

アカデミックリサーチャー、土壌サイエンティスト、エコロジストなど

化学

化学

「化学」とは、宇宙・地球に存在するあらゆる物質の構造やその性質について知る学問です。

性質について知るために、別の物質との間に起きる変化や反応についても研究します。そのため、実験や実習が最も多い学問のひとつといえます。

英語では、「Chemistry」と言います。

☆目指せるキャリア☆

アカデミックリサーチャー、ナノテクノロジスト、法医学者など

地質学

地質学

地質学は、地上の鉱物、岩石から地球内部のマントルまで、地球を構成する物質を解明し、今後の予測などにも役立てる学問です。

英語では、「Geology」と言います。

☆目指せるキャリア☆

地質学者 など

数学

数学

数学は、値や図形における構造などを分析し、理論・公式・関数などを導き出す科学・技術の発展に不可欠な学問です。

数学的知識を学ぶことで、分析・考察・解決といった思考体系も身につけていきます。

英語では、「Mathematics」と言います。

☆目指せるキャリア☆

データアナリスト、データサイエンティスト、数学者など

統計学

統計学

統計学は、統計に関する研究を行う学問です。経験的に得られたバラツキのあるデータから、応用数学の手法を用いて数値上の性質や規則性あるいは不規則性を見いだします。

英語では、「Statistics」と言います。

☆目指せるキャリア☆

データアナリスト、データサイエンティスト、マーケットリサーチャーなど

生命科学

生命科学

生命科学は、生命の営みを細胞・分子といったレベルで研究し、人の暮らしや産業に役立てようとする学問です。

主に生命、食、環境の課題を解決することを目的としています。

英語では、「Life science」と言います。

☆目指せるキャリア☆

微生物学者、食料学者、動物学者など

地理学

地理学

地理学は、地球の自然活動や環境において人間が果たす重要な役割について学ぶ学問です。

環境問題や地球汚染、地理情報科学など様々な視点から人類と地球のかかわりを研究します。

英語では、「Geography」と言います。

☆目指せるキャリア☆

地図製作者、地理情報学者、地理学者、環境学者、都市設計 など

行動科学

行動科学

行動科学は、社会心理学、社会学、ヒューマンリソースマネジメントなどの観点から人間の行動について分析する学問です。

人がなぜ特定の行動をとるのかという事例を研究し、生物学的、心理的な動機を研究します。行動面から人間を研究し人材開発や管理、組織の活性化などに応用します。

英語では、「Behavioral science」と言います。

☆目指せるキャリア☆

人事マネージャー、人事コンサルタント、トレーナー、コーチ、キャリアコンサルタントなど

バイオ化学

バイオ化学

バイオ化学工学は、生物機能の解明とその応用を図る「生命科学」と生命現象を分子レベルで解明し、新たに物質や機能性を創り出す「化学」を融合させた学問です。

化学、医療、食料品、環境及びエネルギー分野に貢献できる製品の生産や装置などの開発に関する科学技術や産業分野で応用できる知識やスキルを学びます。

英語では、「Biochemistry」と言います。

☆目指せるキャリア☆

研究職、開発職など

健康科学

健康科学

健康科学は、私たちが健康に暮らしていくために運動や食事など愚体的にどう改善することが必要なのかを理論の裏付けと実際の運動を通じた効果の調査・分析する学問です。

運動や栄養学など健康維持のためにいくつかの分野を複合した学習を行います。

英語では、「Health science」と言います。

☆目指せるキャリア☆

栄養士、食事アドバイザー、料理人など

データサイエンス

データサイエンス

データサイエンスは、統計学、情報工学など、様々な領域の手法を用い有意義なデータを引き出すための研究分野です。

分かりやすい例として、AIを用いてビッグデータなどを分析したりすることがあります。情報化社会でデータから真理を導き出す術を学ぶ学問です。

英語では、「Data science」と言います。

☆目指せるキャリア☆

データサイエンティスト、コンサルタント、アナリストなど

天文学

天文学

天文学は、天体や天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う学問です。宇宙の成り立ちや天球上に散在する星々の日々の動きなどを研究します。

古代から行われてるとても古い学問です。現在は、宇宙開発事業なども進み、地球温暖化などの問題などもあり、大きな注目を浴びる研究分野でもあります。

英語では、「Astronomy」と言います。

☆目指せるキャリア☆

公立科学館、科学ジャーナリスト、天気予報士など

サイエンス系の学部がおすすめの大学

1.フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマン

フィリピン大学デリマンは、1909年にフィリピンの首都マニラのケソンに設立された歴史ある国立大学です。学生数は約47,000人です。

フィリピンの大学留学ランキングにおいて長年1位の座を維持する、文字通りフィリピンNo.1の大学といえます。

フィリピン国内で最多の20を超える学部が政府の優良認定を受けています。

教授陣も世界中からトップクラスの人材が集まっていますので、教育を受けるには最高の環境が整っていると言えます。

国内ランキング 1位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約16万円~/ 1年

2.デ・ラサール大学マニラ校

デラサール大学マニラ校

デ・ラサール大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構える私立大学です。

生徒数は、約17,000人です。毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門校です。

学費は50万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると3倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

IT系、ビジネス系、サイエンス系、エンジニアリング系、教育系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 2位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約50万円~/ 1年

3.アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校

アテネオ大学マニラ校は、フィリピンの首都マニラのケソンに校舎を構える私立大学です。生徒数は、約14,000人です。

フィリピン全土に姉妹校をもつ大型フランチャイズで、中でもマニラ校は毎年大学ランキングのトップ3入りを果たす超名門エリート校です。

学費は30万円からと一般的なフィリピンの私立大学と比べると2倍ほど高額になりますが、その分施設の設備も整っています。

ビジネス系、コミュニケーション系、社会学系、サイエンス系、人文学系など多くの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 3位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約30万円~/ 1年

4.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 4位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約20万円~/ 1年

5.サンカルロス大学

サンカルロス大学

サンカルロス大学は、フィリピンのセブシティに校舎を構える私立大学です。設立は1935年、生徒数は約22,000人です。

セブエリアではトップの大学として有名で多くの優秀な学生が集まる大学で。世界的な大学格付け機関からも高評価を得ています。

サイエンス系、IT系、エンジニアリング系、ビジネス系、教育系の学部でたくさんの学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 7位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約15万円~/ 1年

6.フィリピン大学バギオ校

フィリピン大学バギオ校

フィリピン大学バギオ校はは、フィリピンのトップの名門大学であるフィリピン大学が1921年にバギオに設立した姉妹校です。学生数は約2,500人と小規模です。

フィリピン大学バギオ校に進学を希望する際も、フィリピン大学と同じUPCATという入学試験を受験する必要があるので地方にある姉妹校と言えど、入学の難易度は高いです。

生物学、数学、物理学のサイエンス系の学部が政府から優良認定を受けています。

国内ランキング 30位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約16万円~/ 1年

7.フィリピン大学ミンダナオ校

フィリピン大学ミンダナオ校は、名門フィリピン大学のダバオキャンパスとして優秀な学生が集まる大学です。

入試の難易度が高いうえに、学生の定員が1500名程度と小規模なので競争率が激しいです。

生物学部が優良認定を受けています。

国内ランキング 24位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約16万円~/ 1年
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)