フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【海外正規大学留学】フィリピン・サント・トーマス大学

 
サント・トーマス大学
この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

サント・トーマス大学マニラ校の特徴

大学名サント・トーマス大学
エリアマニラ
住所España Blvd, Sampaloc, Manila, 1008 Metro Manila
学期二学期制(セミスター)
難易度★★★★★
国内大学ランキング4位
偏差(目安)56
学生数約42,000人
外国人生徒率4.0%
日本人生徒の受け入れ実績あり
大学院の有無あり

アジア最古の大学

サント・トーマス大学は、400年の歴史を持つフィリピン国内でも老舗の優良大学です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られています。フィリピン有数の教育機関としてビジネス、公共サービス、医療、スポーツなどあらゆる分野において大きな影響力を与えてきました。

学生数は、42,000人ととても大規模な大学です。フィリピンの大学ランキングでも毎年トップ5入りを果たす名門校のひとつです。

世界的に認められた大学

サント・トーマス大学は、Quacquarelli Symonds (QS) という世界中の高等教育機関のランキングを作成しているイギリスの会社からフィリピン国内ではじめて4つ星の評価を得た大学です。

Quacquarelli Symondsは、就職率、調査能力、国際性、教育の質、施設環境、包括性、社会との関わり、教育の特有性など8つの項目から大学の格付けを行っています。世界的に権威ある調査機関が行った厳しい審査の中で、星4つの高い評価を受けているのですから、学ぶ環境として申し分ないとこが分かります。 

Philippine Association of Colleges and Universities Commission on Accreditation (PACUCOA)という大学の格付けを行う政府機関から認定を受けたプログラムを数多く開講しています。

PACUCOA は、研究の成果やり調査の生産性、コミュニティーサービス、キャリアプランニングなど総合的な観点から大学の評価を下しており、サント・トーマス大学はPACUCOAより最も高い評価を得た大学です。 

観光、医療、教育、STEM系など複数の学部が優良認定

サント・トーマス大学は、観光、医療、教育、STEM系などで複数の学部が政府の優良認定を受けています。

観光系は、キャリアに直結する学問なのでホスピタリティー系のサービス業で将来働きたい人にはおすすめです。また、STEM系の学問は今時代に求められている理系の知識とスキルが身につく学問です。海外で英語で理系の学問を受講することで英語×理系の知識と応用スキルが身につけば、世界中で重宝される人材になれる可能背が高まりキャリアの方向性も広がるでしょう。

サント・トーマス大学は一流大学なので理系の科目が得意な方は、STEM系の学部にぜひ挑戦してほしいです。

また優良認定はされていませんが、スポーツ科学などほかの大学には少ないスポーツ系の学部もあるので、スポーツ系に興味がある学生にもおすすめです。

サント・トーマス大学の試験・入学条件

多国籍の生徒

入学条件

  • 高校の卒業資格があること
  • SAT、GCE、国際バカロレア試験で大学の求める所定の点数を取得しているこおと
  • もしくは、大学独自の入学試験に合格すること

入学試験の内容

アテネオ大学マニラ校の入試科目は、数学、英語、一般教養、抽象的推論の4科目になります。

数学は、高校数学の範囲も出題され、英語回答する問題がある可能性もあり、難易度が高いです。英語の試験では、文法力を問う問題や読解力を計る問題などが出題させる傾向にあります。

一般教養や抽象的推論などユニークな試験課題もありますが、いずれにしろ英語ができていないと解けないものですので、高いレベルの英語力が問われます。

アテネオ大学も難関名門校なので、出題される問題の難易度はとても高いです。

必要とされる英語力のレベル

サント・トーマス大学には、大学側が指定する英語力の指標があります。

TOEFL

・iBT:89以上

IELTS5.5以上(4.0-5.0でも入学許可が下りる可能性があるが、その場合大学の提供する英語研修からスタートする必要がある)

サント・トーマス大学の学費

登録料30 USD
学費約20万円~/ 1年

学部・学科によって金額が変わるため、詳しくはお問合せ下さい。

サント・トーマス大学での生活

サントトーマス大学外観

大学内の雰囲気・環境

サント・トーマス大学は、アジアで最古の大学であり、大学内は歴史と威厳のある雰囲気を漂わせています。大学の作りは、昔のスペイン占領時代を思い起こさせるようなヨーロッパ風の造りです。緑豊かな環境の中で歴史と伝統ある校舎で勉強ができるのはとても風情があり魅力です。建物自体は古くても建物内の環境や設備は最新でとてもモダンなつくりになっています。快適な大学生活を送ることができるでしょう。

大学で行われるイベント

  • 新入生歓迎会
  • クリスマスイベント
  • コミュニティートレードフェア
  • 就活イベント など

長期休みの情報

  • 第1セミスター終わりの長期休み:12月~1月(日本でいう冬休み)
  • 第2セミスター終わりの長期休み:5月~7月(日本でいう夏休み)

サント・トーマス大学周辺環境

周辺おすすめスポット

  • カフェ(スターバックス、サブウェイなど):徒歩3分
  • 銀行:徒歩3分
  • SM サン・ラザロ・ショッピングモール:徒歩7分
  • LRT Espana駅、LRT Blumentritt駅:徒歩7分

交通手段

周囲にはたくさんのジプニーの路線があり、交通利便性はとても良好です。また、タクシーや電車を使ってメトロマニラ市内にすぐにアクセスできる便利な場所にあります。

サント・トーマス大学の学部・学科

ビジネス

学部学科
会計

 

会計情報システム

 

経営
  • ビジネス経済
コマース

 

ホスピタリティ・マネジメント★
  • 飲食店アントレプレナーシップ
  • ホスピタリティ・リーダーシップ
アントレプレナーシップ

 

フィナンシャル・マネジメント

 

HRマネジメント

 

管理会計

 

マーケティング・マネジメント

 

観光マネジメント★
  • レジャー・マネジメント
  • 旅行オペレーションサービスマネジメント
旅行マネジメント★

 

医療・健康

学部学科
薬学★
  • 医療薬学
生物学★
  • 医療生物学
医療テクノロジー★

 

看護★

 

栄養学

 

行動療法

 

理学療法

 

言語聴覚士

 

人類学&社会科学

学部学科
アジア研究

 

行動科学

 

中等教育★
  • 生物化学教育 
  • 英語教育
  • フィリピン語教育
  • 数学教育
  • 宗教価値教育
  • 科学教育
  • 社会科教育
  • 技術&生活教育
コミュニケーション

 

クリエイティブ・ライティング

 

幼児教育★
  • プレスクール教育
経済

 

初等教育

 

英語

 

歴史

 

ジャーナリズム

 

法務

 

文学

 

哲学★

 

政治学

 

心理学★

 

社会学

 

特別支援教育

 

音楽・芸術

学部学科

宣伝広報

 

音楽パフォーマンス
  • バスーン
  • チェロ
  • 合唱
  • 指揮
  • クラリネット
  • コントラバス
  • フルート
  • フレンチホーン
  • ギター
  • オーボエ
  • オーケストラ
  • パーカッション
  • ピアノ
  • サックスフォン
  • トロンボーン
  • トランペット
  • チューバ
  • ヴィオラ
  • ヴァイオリン
  • 声楽
音楽
  • コンポジション
  • ジャズ
  • 音楽文学
芸術

 

産業デザイン

 

インテリアデザイン

 

音楽学

 

音楽教育

 

ミュージックシアター

 

ミュージックセオリー

 

ミュージックテクノロジー

 

絵画

 

スポーツ

学部学科
スポーツ&ウェルネスマネジメント

 

スポーツ科学

 

宗教

学部学科
教会法

 

哲学

 

宗教哲学

 

進学

 

STEM

学部学科
応用数学
  • 保険数理
建築

 

バイオ化学

 

生物学

 

情報システム

 

化学工学★

 

化学★

 

土木工学
  • 建設工学&マネジメント
  • 測地工学
  • 構造工学
  • 輸送工学
  • 水資源工学

コンピューターサイエンス

  • コア・コンピューターサイエンス
  • データサイエンス
  • ゲーム・デベロップメント
電気工学

 

電子工学

 

生物学

 

フードサイエンス

 

フードテクノロジー

 

産業工学

 

情報テクノロジー
  • 情報テクノロジーオートメーション
  • ウェブ&モバイルデベロップメント
応用物理学
  • 計装
図書情報科学

 

機械工学

 

微生物学

 

インフォメーションテクノロジー
  • ネットワーク&セキュリティー
インフォメーションシステム
  • サービスマネジメント

★がついている学部は、フィリピンの政府機関から最優良認定(COE-Center of Excellence)を、☆がついた学部は優良認定(Center of Development)受けたおすすめの学部です。

まとめ

サント・トーマス大学は、アジア最古の大学としてその名を世界に知られています。

世界的な大学の格付け組織からも就職率、調査能力、国際性、教育の質などの多数の項目において高い評価を受けているとても優良な大学でもあります。

特にサイエンス系や医療系、ホスピタリティー系の学部の評価が高いので、その分野の科目を学びたい人には特におすすめです。

サント・トーマス大学に入学するには、日本の偏差値換算で56以上の学力が必要です。ただし、英語で試験を受けることになるので、実際の難易度はもう少し高くなるとみていいでしょう。

また試験の内容も数学、英語、一般教養、抽象的推論と文系・理系の知識を総合的に問われます。特に推論の試験などは英語で答えることになるためとても高い英語力が必要となりますし、独自の試験対策も必要になるでしょう。たんに英語力が基準を満たしていればパスできる試験ではないので、難易度はかなり高いと思ってください。

英語力も最低でもIELTS5.5以上の実力が必須。4.0-5.0でも入学許可が下りる可能性がありますが、その場合大学の提供する英語研修からスタートしなければなりません。

フィリピンの大学の中でも常に5強に入る超エリート校ですから、ぜひとも入学を目指してほしい大学です。

この記事を書いている人 - WRITER -
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら