フィリピン旅行でホワイトサンドビーチ

ABOUTこの記事をかいた人

ロッキー

金融機関に勤務しながらフィリピンに魅せられ、週末渡航を繰り返すこと数十回。スラムに招待されたり、ホテルで荷物荒らしに遭ったりしながら、ついにはフィリピン人と結婚し、現地に家を購入。

格安フィリピン旅行_White sand beach by Cristian Bortes

◎格安のフィリピン旅行!まだ日本の旅行代理店に申し込んでいるの?

フィリピン旅行を計画するときに、航空券やプランの値段が高いベストシーズンを回避する人は以前からいました。

最近は個人で格安チケットを予約して、あるいは安い時期を狙って、また安いホテルを探して費用を倹約し、浮いた予算をお土産や遊び、観光に回したほうがいいと考える人が増えています。

「専門家である旅行会社なら安心だから」

「日本語ができるガイドがいないと不安だから」

こういう理由で日本国内の代理店に任せていては、予算の節約はなかなか出来ません。

いくら物価の安いフィリピンでも、日本人社員の給与は現地相場より高いわけで、それはツアーの値段にリンクします。

なかには現地人代理店の4、5倍の値段を設定しているケースもあるようです。それに例えばJTBやHISの現地ツアーに、行きたいビーチがなかったらどうされますか?

フィリピンは世界でも有数の英語通用度の国。他のアジア諸国より旅行しやすいのです。

 ツアーを使わずに格安でフィリピン旅行をしたい。そんな皆さんのために、激安で人気スポットを楽しむための裏ワザ情報を公開しちゃいます。(旅行会社の皆さん、ごめんなさい)

◎フィリピン旅行者に大人気のビーチを格安で楽しめる裏ワザ情報

フィリピン観光地スミロン島

格安で楽しめるフィリピン観光地として名高い「スミロン島」

格安フィリピン旅行_STA. FE BEACHES by whologwhy

まず1ケ所目はセブ島旅行者の憧れの島『スミロン』です。1週間くらい滞在する人なら、一度は足を運んでみたい場所です。

透明度の高いターコイズブルーの海と、指の間からさらさらと滑り落ちるホワイトサンドのビーチ。カラフルなサンゴと熱帯魚を目の前にすれば、スノーケリングしていて時間を忘れてしまいそうになります。

セブ島の南端に近い、ジンベイザメで有名なオスロブからすぐ。しかしこのスミロン島は「ブルーウォーター・スミロン・アイランド・リゾート」が所有する、島まるごとリゾートなのです。

ホテルは素晴らしいのですが、平日1泊でも相場は2万円以上が当たり前。ですから短期留学生とかは、皆さん日帰りで出かけます。

英会話が不安な方でもスミロン島を格安でエンジョイできるように、行き方情報を詳しく解説いたします。

 1)セブシティの「South Bus Terminal」から「BATO Oslob」と表示があるバスに乗車します。エアコンつきならP170です。1時間に1本はあります。道路状況によりますが2時間以上みておいてください。

2)「Sumilon blue water pier」で下車します。乗車する際に乗務員に告げておけば、着くと教えてくれます。埠頭は目の前です。

3)暇しているボートと値段交渉をします。時期にもよりますが、相場は片道P2,000を目安にしてください。(当然現金払いします)往路は20分、復路は30分ほどです。

4)スミロン島に上陸したら入島料P50を払います。

日本人ガイドのいるツアーと比較すれば格安になりますが、注意点が2つあります。

  • ビーチ遊びが出来るのはスミロン島入口エリアのみです。(でも十分キレイです)
  • ボートの費用は一艘あたりです。グループでなければ格安感が薄れます。

スミロン島全体を楽しみたい場合、あるいは少人数で行きたい場合は【公式日帰りツアー】があります。旅行会社ではなく、スミロン島のホテル主催です。

公式お問い合わせフォームから予約します。

  • 往復のボート費用
  • 島で唯一のレストランでのビュフェランチ(飲み物含む)
  • 各種アクティビティの利用

これらすべてを含んで、平日はP1,500、休日はP2,000がパッケージ金額です。

各種アクティビティとはこのようなものです。

  •  スノーケリング用具一式レンタル
  • 熱帯魚へのエサやり体験
  • カヤックのレンタル
  • プール、シャワー、タオルの利用

ボートが発着する埠頭までは自力で行くことになりますから、上の説明を参考にしてください。

ボートは往路復路ともに1日6便です。ボートの時刻表です。

なおボートに空きがあれば、事前予約なしでも乗船する埠頭で受け付けしてもらえます。

ちなみにHISやJTBなど国内代理店の専門ガイドが同行するプランは、ベストシーズン以外の時期は催行されません。あったとしても1人15,000円とかします。専用車なのでバスの不安は無いのですが、自分たちで行ければ費用は激安になります。

セブ島旅行をされるなら、ぜひ検討してみてください。

◎フィリピン旅行で人気の世界遺産に格安で行く裏ワザ情報

 

フィリピン観光地のバナウェイ

世界遺産にもなった観光地「バナウェイ」

格安フィリピン旅行_Bangaan Rice Terraces, Philippines by travelmag.com

フィリピン観光の目玉スポットのひとつが「天国の階段」と呼ばれるバナウェの棚田群(Rice Terraces)ですね。1週間前後の時間的余裕があれば、金額次第で行きたいと考える方も多いはずです。

しかし某国内代理店のマニラ発2泊3日ツアーの値段は、こんな感じでした。

  • シングル利用は閑散期で9万円、ベストシーズンなら11万円ほど
  • ツイン利用でも閑散期で5万円、ベストシーズンなら6万円ほど

専用車を使いサガダも回りますが、ガイドは英語でこの値段です。いくら何でもこの金額では気軽に行けませんよね。

だったらバナウェまで自力で行ければ?旅行費用が節約できますよね。

バナウェの中心部には観光案内所があり、外国人旅行者が集まります。当然そこで棚田まで移動する手段も手配できます。他の旅行者と一緒に車を乗りあわせすれば、1人あたり数百ペソで済みます。

世界遺産「コルディリェーラの棚田群」のあるバダッド村の近くまでは30分ほど。そこから車は入れませんので、徒歩で村の入口まで行きます。入村料はP50です。

村からライステラスを通って、大きな滝まで行くツアーにも村内で申し込めます。滝壺で泳ぎたい方は水着をお忘れなく。1人P400です。山道を1時間ほど歩きます。

次にマニラからバナウェまでのアクセス情報です。

バス会社はオハヤミとフロリダの2社あり、ターミナルはどちらもマニラのキアポ地区にあり、200mほど離れています。出発は夜です。キアポは治安面の不安がありますので、タクシー利用をおすすめします。

  • フロリダバスは毎日PM10:45出発でP530。
  • オハヤミバスは毎日PM9:00とPM10:00の2便ありP450。

フロリダの方が日本人旅行者には好評です。

住所: 835  A.H. LACSON COR. EARNSHAW SAMPALOC MANILA

所用時間は9時間ほどで、どちらも夜行バスになります。ホテル代1泊分の予算を浮かせられますし、時間の節約にもなります。

夜行バスを避けたい場合は、途中のバギオまで行って1泊してから、という手もあります。

ホテルは自己手配になりますが、旅行代理店のツアーと比べれば激安ですよね。

◎フィリピン旅行はレンタカー利用で格安観光できます

フィリピン観光の避暑地のタール火山

避暑地として知られる観光地「タガイタイのタール火山」

格安フィリピン旅行_Taal volcano by therealbrute

マニラの避暑地でもあるタガイタイ。世界最小の火山といわれるタール火山(Taal Volcano)と「フィリピン8景」に選ばれたタール湖があり、先日は日本の旅行番組でも特集されていました。

火山のカルデラ湖のなかに、さらに小さな火山があるという景色は世界でも希少です。

マニラから車で1時間30分ほどのため、バスやジプニーを使ってフィリピン人も多数観光に行きます。しかしタガイタイに着いてからの足が問題です。湖は広くて、絶景ポイントも複数あるからです。

HPをみるとJTBのタガイタイ観光ツアーは1人130$から、となっていました。15,000円くらいですね。だったらお一人様であっても、レンタカーならはるかに格安です。

 日本人が経営するレンタカー会社であっても、定員5名の車を12時間レンタルしてもP2,600で済みます。(ただし旅行代理店を通すと2倍くらいになることも。)

そしてこれがポイントなのですが、フィリピンのレンタカーは原則「運転手つき」なのです。最初から値段に含まれています。

タガイタイあたりであれば、簡単なガイド兼務くらいは十分可能でしょう。絶景に細かな説明は無用ですからね。

 



フィリピン留学・学校相談はお気軽にご連絡ください

< フィリピン留学Hub(運営会社:ワウルド・スタディ合同会社)では、日本トップクラスのフィリピン渡航暦と情報を持つ担当者が、フィリピン留学・英語留学の各種ご相談や、お見積もり等を日本全域からお受けいたします。お申し込みされない方でも、まずは遠慮なくお電話・お問い合わせフォーム・LINEよりお気軽にご相談ください。

参考になったら是非シェアをお願いします!