フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン留学に後悔した失敗談|無駄な結果にならずに成功するポイント

アバター画像
WRITER
 
フィリピン留学後悔
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

フィリピン留学に後悔した失敗談を紹介します。

後悔したという人は事前の情報が不足していて、自分にあった語学学校を選択できなかったという場合が多いです。

どんな目的で留学するのかを明確にすることで、充実したフィリピン留学生活を送ることができますよ。

せっかくフィリピンに留学したのに、無駄な結果にならずに成功するポイントも紹介しています。

どんな理由で後悔したのか、フィリピン留学を検討する参考にしてくださいね。

フィリピン留学を後悔した人の理由・失敗談

フィリピン留学後悔

フィリピン留学をして後悔した、という人の理由や失敗談を紹介します。

  • 就職やキャリアに活かせなかった
  • 治安が悪かった
  • 勉強がきつい・ついていけない

せっかくフィリピン留学をしたのに後悔はしたくありませんね。どんな理由で後悔したのか確認してみましょう。

就職やキャリアに活かせなかった

就職やキャリアに活かせなかったという理由で、フィリピン留学を後悔している人もいます。

失敗談も紹介します。

フィリピン留学をしたけど、特に就職に有利にはなりませんでした。企業が求めている語学力が高かったので……。
留学経験者は多いので、語学力以外のアピールポイントが必要なんだと感じました。

キャリアアップに活かせる留学経験ではありませんでした。
IELTSやTOEICなどの具体的な対策を目標に留学すればよかったです。観光も結構楽しんだので、英語力アップは効果なしだったと思います。

留学経験は就職で有効なアピールはなりにくく、留学して何を得られたか、なぜそれを得られたのかを言語化できることが重要です。

何となく留学したというだけではアピールポイントにはならないかもしれません。

キャリアアップのためには、日常会話に慣れるだけでなくIELTSやTOEICの対策を目的として留学すると有効です。

IELTSやTOEICに特化したコースのある語学学校もあるので、語学学校選びの際にエージェントに相談しましょう。

治安が悪かった

治安が悪かったという理由で、フィリピンに留学して後悔したという失敗談もあります。

治安が悪くてあまり遊びに行けませんでした。
スリや美人局の被害にあったという話も聞いたので怖いな、と思いました。

スリにあって財布やパスポートを取られてしまい、勉強どころでなくなりました。
精神的にもダメージを受けて、英語の勉強に集中できませんでした。

フィリピンは日本ほど治安が良くないので、スリやひったくりなどの軽犯罪は日常茶飯事です。

発展途上国ということもあり、留学生や旅行者は犯罪のターゲットになりやすいのは認識しておきましょう。

日本の治安の良さは世界でもトップクラスなので、その感覚で海外で過ごすと犯罪の被害にあう可能性が高くなります。

海外に留学しているということをしっかり意識してその対策は必須です。

勉強がきつい・ついていけない

勉強がきつい・ついていけないという理由の失敗談もあります。

スパルタ式の学校を選んだら、一日中英語漬けの生活でとても大変でした。
フィリピンに留学したのに全然観光する余裕もなく、小テストの対策に追われる日々でした。
もっと観光も楽しめるような学校を選べばよかったと後悔。

母国語禁止ルールのの学校で、勉強もきついし楽しい思い出が作れませんでした。
小テストの結果が悪いと外出禁止になったり、辛かったです。
予習をしないと授業についていけないので、毎日必死で勉強していました。

フィリピンの語学学校は厳しい規則を設けた、スパルタやセミスパルタなどのコースがあります。

勉強のスケジュールを朝から晩まで管理されているので、強制的に勉強をせざるを得ないので英語力アップが期待できそうですね。

ですが、フィリピン留学をしたのだから、勉強だけでなく観光も楽しみたいという人には向いていないかもしれません。

留学する目的とあった語学学校を選ぶようにしましょう。

フィリピン留学で後悔しないように気を付けること

フィリピン留学で後悔しないために、気を付けることを紹介します。

  • 語学学校選び
  • 事前学習・予習復習
  • 犯罪に合わないような対策

情報が足りなかったり、準備が不十分だったために後悔することが多いです。気を付けることを確認しておきましょう。

セブ島留学の費用については>>セブ島留学の費用の記事を参考にして下さい。

語学学校選び

語学学校選びは、フィリピン留学で後悔しないために重要なポイントです。

何となく地域や費用だけで決めると、思っていた留学生活と違う、ということになりかねないからです。

語学学校を選ぶ際に大切なことは、自分がどんな目的で留学するのか明確にすることです。

学校や地域によって特色があるので、自分の希望する内容にあった語学学校を選ぶ必要があります。

学校によってスパルタ式であったり、多国籍の留学生が集まっていたり特色あるので、自分が譲れないポイントを絞って、どの学校があうのかエージェントに相談しましょう。

沢山ある語学学校の中から、自分にあった語学学校を提案してくれますよ。

セブ島留学が人気ですが、他にもおすすめの語学学校がある地域もあります。現地に詳しいエージェントに相談してみましょう。

事前学習・予習復習

留学前の事前学習・留学してからの予習復習が大切です。

この理由としては、授業についていけなくなるからです。

特に初心者は、基礎的なことを勉強していかないとまったく勉強についていけない、ということになりかねません。

中学生レベルの英文法や単語は押さえてから留学に臨みましょう。

フィリピンに留学するだけでは、英語を話せるようにはなりません。

現地で予習復習は当然する必要がありますし、積極的に英語で話しかけたり授業で発言することも大切です。

遊びがメインでフィリピン留学するのなら良いかもしれませんが、英語力をアップさせたいという気持ちがあるなら、予習復習は必ず行いましょう。

フィリピン留学は効果なしという人は、事前の英語学習が不足していたり現地での勉強が足りなかった場合が多いです。どのくらいの英語力アップを期待するのか語学学校選びや期間については慎重に検討しましょう。

犯罪に合わないような対策

犯罪に合わないように対策することも重要です。

フィリピンは日本ほど治安が良くはないからです。

これは、フィリピンに限らず他の国でも同様です。

海外に留学していることをしっかり認識し、スリやひったくりにあわない対策は必須です。

無防備に貴重品を置いて行ったり、ポケットから見えるような持ち方をしていると、置き引きやスリに合う可能性が高いです。

学校やエージェントから危険だから近寄ってはいけないといわれているエリアには近寄らないなど、犯罪に合わないような対策が大切ですよ。

フィリピン留学のデメリット・メリット

フィリピン留学後悔

フィリピン留学に後悔しないように、メリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット デメリット
  • 授業数が多い
  • マンツーマンレッスンが多い
  • 格安で留学できる
  • 治安が悪い
  • インフラが不安定
  • ネイティブ講師が少ない

フィリピン留学のメリットは、一日8時間という圧倒的な授業数の多さです。

イギリスに留学した場合は1日3時間程度が多いので、フィリピン留学の授業数の多さがわかりますね。

マンツーマンレッスンが多いのもフィリピン留学が選ばれる理由です。

英語を話す機会が増えるので、英語力アップが期待できますよ。

また、欧米留学の三分の一程度で留学できるのもフィリピン留学の魅力です。

フィリピン留学は語学学校の寮での生活になるので、食事や洗濯の心配もなく英語の勉強に集中できます。

治安が悪い・インフラが不安定なことはフィリピン留学のデメリットです。

日本並みの生活環境でないと無理という人には、フィリピン留学はおすすめしない場合もあります。

ネイティブ講師にこだわったり、上級者向けの英語の勉強をしたい場合も他の国に留学した方がいいかもしれませんね。

フィリピン留学におすすめの語学学校

フィリピン留学におすすめの語学学校を紹介します。

セブ島留学でおすすめの語学学校はこちら。

  • CIA
  • EV English Academy
  • CPI

セブ島には親子留学におすすめの語学学校もあります。

親子留学に失敗しないように>>フィリピン留学は親子留学におすすめ!の記事も参考にしてくださいね。

バギオ留学でおすすめの語学学校はこちら。

  • MONOL
  • PINES
  • WALES

それぞれの学校については>>フィリピン留学でおすすめの語学学校の記事で詳しく紹介していますよ。

フィリピン留学を後悔したことについてQ&A

フィリピン留学後悔

フィリピン留学を後悔したことについてQ&Aで紹介します。

フィリピン留学で死亡した留学生がいる?

フィリピン留学中に死亡したという留学生はいません。

ですが、フィリピン旅行中に犯罪に巻き込まれたという旅行者の事件は過去に何件かありました。

留学生が死亡した事件はありませんが、すりやひったくりなどの被害にあった留学生は少なくありません。

犯罪の被害にあわないように海外に留学している意識をもって、しっかり対策することが大切です。

フィリピン留学の1ヶ月・3ヶ月の費用は?

フィリピン留学の1ヶ月・3ヶ月の費用は以下の表を参考にしてください。

1ヶ月の費用「32万円~60万円」

1ヶ月のフィリピンのセブ島留学の費用の内訳はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 15~37万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.2~0.5万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 1.5万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 32万円~60万円

 

3ヶ月の費用「77万円~144万円」

3ヶ月のフィリピン留学の費用の内訳はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 43~109万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 2.5万円
デポジット 0.8~1.3万円
ACR-I Card 0.8万円
テキスト代 0.9万円
水道光熱費 1.6~2.8万円
管理費 0.8~1.6万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 5万円
現地生活費(お小遣い) 9~12万円
総額 77~144万円

3ヶ月以上の留学にはACR-I Cardの費用が必要になります。

留学期間によって必要な許可証についてはフィリピン留学のビザの費用の記事を参考にしてください。

ACR-I Cardとは

フィリピンに59日以上滞在する外国人に取得が義務付けられている「外国人登録証」のこと。

外国人登録証の申請は語学学校で代行してもらえるので自分でしなくて大丈夫です。手数料がかかる場合もあります。

 

フィリピン留学をおすすめしない人は?

フィリピン留学は以下の人にはおすすめしない場合もあります。

  • 日本と同じレベルの生活水準でないと無理な人
  • ネイティブ表現を目指す上級者
  • 日本人がいない国に留学したい人
  • フィリピンの治安が不安な人

日本と同じような生活水準でないと苦痛を感じたり、治安の悪さに不安を感じる人にはフィリピン留学は向いていないかもしれません

虫が多いので虫が怖いという人は帰りたい、と思う可能性もあります。

フィリピンには多くの留学生が来るので、日本人のいない環境に留学したい場合にもおすすめしないでしょう。

ネイティブの表現を目指す英語の上級者も、他のネイティブの講師の多い国に留学した方が良いですね。

まとめ

フィリピン留学をして後悔したという人の失敗談を紹介しました。

自分にあった語学学校を選んで留学しなかったり、事前の情報が不足したことが原因の場合が多いです。

せっかくフィリピンに留学するのですから、どんな目的で留学したいのかを明確にしてエージェントに相談することをおすすめします。

フィリピン留学Hubはフィリピンの現地の情報が豊富なエージェントです。

実際に何度も足を運んでいるので、どこよりも詳しく語学学校について把握していますよ。

自分にあった語学学校を選びたいなら、気軽に相談してみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub(ハブ) , 2024 All Rights Reserved.