フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

セブ島留学の費用|フィリピン語学留学1週間~1年で総額いくらかかるか解説

アバター画像
WRITER
 
セブ島留学費用
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

フィリピンのセブ島に留学する費用を紹介します。

1週間~1年の各期間、それぞれ総額いくらかかるか費用の内訳も参考にしてください。

語学学校の費用だけでなく、フィリピンに渡航してからかかる費用の内訳・総額も紹介しています。

せっかくフィリピンに語学留学するのですから意味ないということにならないポイントも解説。

セブ島留学を検討する際の参考にしてくださいね。

フィリピン・セブ島留学の費用の内訳

セブ島留学費用

フィリピン・セブ島留学の費用の内訳は大きく3つに分けられます。

  • 日本で支払う費用
  • 現地で支払う費用
  • その他の費用

それぞれの内容を紹介します。

費用の内訳は>>フィリピン英語留学費用の期間ごとの相場でも解説しているので参考にしてください

日本で支払う費用

フィリピンのセブ島留学に出発する前に、エージェントに支払う費用の内容は以下です。

費用 内容
入学金 学校登録に必要な費用
学費 授業料・寮滞在費・食費
海外送金手数料 日本からフィリピンの銀行へ送金する手数料

語学学校や受講するコースによって学費は変動します。

学費には食費が含まれていることが多いですが、一日の提供回数が少なかったり休日は無かったりする場合もあります。

サービス内容はあらかじめ確認しておきましょう。

現地で支払う費用

フィリピンに到着して現地で支払う費用の内訳は以下です。

費用 内容
SSP費用 フィリピン政府から発給される特別就学許可証の費用
寮保証金 寮の保証金 ※退寮時に全額返金
水道光熱費 現地で使う水道光熱費
管理費 設備利用/メンテナンスの費用
空港ピックアップ費用 スタッフが到着空港に迎えに来てくれる片道の費用
ID費 学生IDの発給費用
テキスト代 学校で使う教材費用

現地でペソに換金してから支払います。

寮の補償金や水道光熱費については、学校ごとに精算の仕方が異なります。

その他の費用

フィリピン留学でその他必要な費用は以下です。

費用 内容
海外航空券 往復の海外航空券代
海外旅行保険 タビホ保険など
お小遣い タクシー代・外食代・観光費用等

海外旅行保険はクレジットカード付帯の物なら、費用を抑えることができますが補償内容は確認しておきましょう。

フィリピンに留学する際は行きの航空券だけでなく、30日以内にフィリピンを出国する航空券も準備します。
30日以上留学する場合は、日時の予約変更可能な航空券を用意するか、捨てチケットが必要です。

捨てチケットについては>>フィリピン留学の航空券の費用で紹介しています。

フィリピン・セブ島留学の期間別費用

フィリピンのセブ島に留学する、期間別の費用を確認しましょう。

期間 費用
1週間 19万円~27万円
2週間 24万円~37万円
1ヶ月 32万円~60万円
2ヶ月 54万円~101万円
3ヶ月 77万円~144万円
半年 142万円~270万円
1年 269万円~521万円

それぞれの期間の費用の内訳は以下を参考にしてください。

1週間の費用「19万円~27万円」

フィリピンセブ島の語学学校に、1週間語学留学した場合の費用の総額です。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 5.8~10万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.1~0.2万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 0.3万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 19万円~27万円

 

1週間・2週間の短期留学は、まとまった時間のとりにくい社会人や長期留学のお試しとして最適です。

資格の勉強に集中したい場合にも効果的ですよ。

2週間の費用「24万円~37万円」

セブ島に2週間英語留学した費用のの内訳・総額はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 15~37万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.3~0.4万円
管理費 0.1~0.3万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 0.6万円
現地生活費(お小遣い) 1.5~3万円
総額 24万円~37万円

 

2週間のフィリピン留学は意味ないと思われがちですが、英語の環境に慣れるのには効果があります。

積極的に英語を使うように心がけて、フィリピンでしか体験できない時間を過ごしたいですね。

1ヶ月の費用「32万円~60万円」

1ヶ月のフィリピン語学留学の費用の内訳はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 15~37万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.2~0.5万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 1.5万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 32万円~60万円

 

2ヶ月の費用「54万円~101万円」

2ヶ月のフィリピン留学の費用の内訳は、こちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 29~73万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 1.1万円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.6万円
水道光熱費 1.1~1.8万円
管理費 0.5~1.1万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 3.6万円
現地生活費(お小遣い) 6~9万円
総額 54万円~101万円

2ヶ月の留学からはビザ代がかかります。

フィリピン留学が30日を超えない留学の場合はビザの申請は必要ありません。

3ヶ月の費用「77万円~144万円」

3ヶ月のフィリピン留学の費用の内訳はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 43~109万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 2.5万円
デポジット 0.8~1.3万円
ACR-I Card 0.8万円
テキスト代 0.9万円
水道光熱費 1.6~2.8万円
管理費 0.8~1.6万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 5万円
現地生活費(お小遣い) 9~12万円
総額 77~144万円

3ヶ月以上の留学する場合、ACR-I Cardの費用が加わります。

留学期間によって必要な許可証についてはフィリピン留学のビザの費用の記事で紹介しています。

ACR-I Cardとは

フィリピンに59日以上滞在する外国人に取得が義務付けられている「外国人登録証」のこと。

外国人登録証の申請は語学学校で代行してもらえるので自分でしなくて大丈夫です。手数料がかかる場合もあります。

半年の費用「142万円~270万円」

フィリピンセブ島に半年留学した場合の費用の内訳・総額は、こちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 87~217万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 5.4万円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 1.8万円
ACR-I Card 0.8万円
水道光熱費 3.2~5.6万円
管理費 1.6~3.2万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 11.3万円
現地生活費(お小遣い) 18~21万円
総額 142~270万円

 

1年の費用「269万円~521万円」

1年間のセブ島留学の費用の内訳はこちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 174~434万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 10.2~11.1万円
デポジット 0.8~1.3万円
ACR-I Card 0.8万円
テキスト代 3.6万円
水道光熱費 6.2~11.2万円
管理費 0.1~0.3万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 19.9万円
現地生活費(お小遣い) 36~42万円
総額 269~521万円

>>フィリピン留学のビザの費用の記事も参考にしてください。

フィリピン留学の費用を安く抑えるコツ

セブ島留学費用

フィリピン留学は欧米留学よりも格安で行くことができますが、なるべく費用は安く抑えたいですね。

コツとして3つ紹介します。

  • LCCを利用する
  • オフシーズンに行く
  • 大人数の部屋を選択する

割引キャンペーンを行っている場合もあるので、エージェントに相談してみましょう。

語学学校の費用は日本人経営の学校は高い傾向があります。>>フィリピン留学の日本人経営の語学学校も参考にして下さい。

LCCを利用する

LCCを利用することで費用を安く抑えることができます。

フィリピン航空よりもLCCのほうが航空券が安いからです。

LCCは荷物の預け入れや機内食などがすべて有料ですが、必要のないものの費用は抑えることができます。

Webの事前予約でお得に利用できることが多いので、荷物の重量・機内食の有無などは早めに申請しましょう。

オフシーズンに行く

観光シーズンなどを外したオフシーズンに留学することで、費用を抑えることができます。

繁忙期は通常よりも航空券だけでなく学費も高く設定されているからです。

夏休みや春休みなどは留学したい学生が多いです。

いつでも留学時期を設定できるなら、オフシーズンがおすすめです。

渡航日や帰国日を1日ずらすだけでも費用が変動するので、スケジュールに合わせて確認してみると良いですね。

大人数の部屋を選択する

大人数の部屋を選ぶことで、費用を抑えることができます。

部屋の人数が多ければ多いほど、料金は安くなるからです。

人数の多い部屋では、トイレやシャワーなど共有部分をシェアしなければならないので、自分のペースを乱されたくないという人は1人部屋の方がいいかもしれません。

大人数の部屋だと外国人の友達を話す機会が増えます。

授業以外でも英語でコミュニケーションをとりたいという人は、大人数のほうがおすすめです。

 

フィリピン留学を意味ないものにしないポイント

セブ島留学費用

フィリピン留学を経験したけれど英語力が上がらなった、意味ない、という感想を持つ人もいます。

せっかくフィリピンに留学するのですから、「意味ない」と後悔しないポイントを押さえておきましょう。

  • 事前学習をしっかりする
  • 積極的に話しかける
  • 予習復習をしっかりする
  • 勉強に集中する

フィリピン留学に行けば英語がペラペラになると思っている人がいますが、事前学習をしたり積極的に英語を使わないと英語力は上がりませんよ。

事前学習をしっかりする

フィリピン留学に行く前に、事前学習をしっかりすることが重要です。

フィリピン留学はマンツーマン授業が多いからです。

せっかく先生と2人で話せるチャンスなのに、基礎的な英文法や単語を授業で見てもらうのはもったいないです。

事前に中学英語くらいの勉強は済ませておくことで、マンツーマンレッスンでアウトプットがスムーズにできるはずです。

基本的な英単語や良く使うフレーズを頭に入れておくだけでも、留学中の英語力の伸びには差が生まれます。

フィリピン留学に行く前に、事前に勉強をしなかった人に比べると、やった方がスタートラインが全く変わってきますよ。

 

積極的に話しかける

積極的に話しかけることもフィリピン留学の成功のカギです。

とにかく英語を話すことが英語力アップには大事だからです。

間違いを恐れて発言していないと、いつまでも英語を話すことに慣れることができません。

話しかけることで英語のコミュニケーションの機会が増え、英語を聞くこと・話すことに慣れていけるでしょう。

英語で話す友達ができると英語の上達は早くなります。

積極的に話しかけることで、英語を話したり聞く機会が増えるので英語力アップにつながっていきますよ。

予習復習をしっかりする

予習復習をしっかりすることが大切です。

講師の指導を受けるだけでは英語力は伸びないからです。

何度も確認することで英語は定着します。

指導を受けたら復習することで、英語の力は着実に伸びていくでしょう。

復習だけでなく予習も重要です。

十分な知識を入れない状態で指導を受けても、理解が追い付かず苦痛になってしまいます。

予習をしておくことで理解度も上がり、楽しくレッスンを受けることができますよ。

勉強に集中する

フィリピン留学では勉強に集中するようにしましょう。

学校にもよりますが、フィリピン留学中は遊びの誘惑が多いからです。

もちろん週末はアクティビティに参加したり、フィリピン留学でしか体験できないことを楽しむのはおすすめです。

ですが、遊びに夢中になって肝心の英語の勉強をおろそかにしてしまう留学生も多いです。

初めから遊びがメインで留学するなら、リゾートを満喫するのもありですが、英語力アップを目指すなら遊びはほどほどにして勉強に集中しましょう。

まとめ

フィリピンのセブ島に留学する費用を期間別に紹介しました。

欧米留学に比べて格安で留学できるフィリピン留学は、日本人の留学生に人気です。

マンツーマンレッスンがメインなので、英語力アップも期待できます。

事前学習や予習復習をしっかり行うことで、英語の力がついたことを実感できますよ。

フィリピン留学Hubは、経験豊富なエージェントです。

何度も現地に足を運んでいるので、実際の学校についてどこよりも詳しくアドバイスをしてくれますよ。

LINEで気軽に相談できるので、フィリピン留学について不安があるなら相談してみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub(ハブ) , 2024 All Rights Reserved.