フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

セブ島留学は英語初心者向け!フィリピン語学留学のマンツーマンがおすすめ

アバター画像
WRITER
 
セブ留学初心者
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

英語初心者に、フィリピン留学はおすすめです。

特にセブ島は人気の留学先ですが、初心者向けといえる理由について紹介していきます。

マンツーマンレッスンが多く留学費用の安いのが、フィリピン留学のメリット。

  • 初心者におすすめの語学学校
  • 1ヶ月のフィリピン留学費用の相場
  • フィリピン留学の初心者の注意点

英語の初心者で、フィリピンセブ島の英語留学を検討している方は参考にして下さい。

フィリピン留学が初心者向きな理由

セブ留学初心者

フィリピン留学 セブ島留学が初心者向けである理由を紹介します。

  • マンツーマンレッスンが多い
  • 留学費用が安い
  • 学習時間が長い
  • フィリピン人も英語は第二言語
  • フレンドリーな講師が多い

初心者にこそフィリピン留学はおすすめですが、中にはおすすめしない人もいます。>>フィリピン留学はきつい?の記事も参考にして下さい。

それぞれの理由を確認しましょう。

マンツーマンレッスンが多い

フィリピン留学が初心者に向いている理由の一つに、基本的にマンツーマンの授業スタイルであることがあげられます。

マンツーマンレッスンは、個人のペースにあわせて勉強をすすめられるからです。

英語のレベルや苦手分野に特化した授業を受けることができるので、初心者も無理なく勉強を進めていけます。

先生を独り占めできるので、どんどん質問でき自分のペースで勉強することができます。

留学費用が安い

英語の初心者にフィリピン留学がおすすめな理由に、留学費用が安いこともあります。

初心者は、これからも英語学習を続けるかわからないという人もいるからです。

正直、なるべく費用は抑えて留学したいという人は多いのではないでしょうか。

近年の円安により、以前のように格安というわけにはいきませんが、フィリピンは欧米と比べると安く留学することができます。

航空機のチケット代も安いので、早めに計画すればかなり費用を抑えることが可能です。

学習時間が長い

学習時間が長いことも、フィリピン留学が初心者に向いている理由です。

一日7コマ程度の学校が多く、朝から夕方までみっちり授業があるからです。

欧米留学だと、レッスンは午前中だけの場合が多いです。

英語力アップには学習量と継続することが大切です。

しっかり学習時間が取れるフィリピン留学は英語の初心者におすすめといえるでしょう。

フィリピン人も英語は第二言語

フィリピン人も英語は第二言語であることも、初心者にフィリピン留学がおすすめな理由としてあげられます。

第二言語として英語を習得する大変さや苦労を、フィリピンの人はわかっているからです。

初心者がつまずくポイントや学習のコツなど、日本人にわかりやすく指導をしてくれるでしょう。

フィリピン人は、文法的に正しい英語と聞き取りやすい発音で話します。

初心者にもわかりやすい英語で話してくれる点でもおすすめします。

フレンドリーな講師が多い

フレンドリーな講師が多いことも、初心者に向いている理由です。

日本人はシャイな人も多いので、フレンドリーに接してもらうことで勉強を楽しいと思うことにつながるからです。

フィリピン人の講師は笑顔で、明るく優しい雰囲気の人が多いです。

日本人に慣れている講師が多いので、フリートークも楽しく英語の授業に参加するのが楽しくなります。

フィリピン人ならではのフレンドリーさは、英語に慣れていない初心者の心の支えにもなります。

フィリピン留学については>>フィリピン留学のメリット・デメリットの記事も参考にして下さい。

フィリピン セブ島留学の費用

セブ島初心者

フィリピンセブ島1週間の費用:「19万円~27万円」

フィリピンセブ島の語学学校に、1週間語学留学した場合の費用の例です。

費用 内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 5.8~10万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.1~0.2万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 0.3万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 19万円~27万円

 

1週間の短期留学は、長期留学前のお試しやまとまった時間のとりにくい社会人におすすめです。

資格の勉強に短期集中したい場合に最適ですよ。

フィリピン セブ島留学1ヶ月の費用:「32万円~60万円」

フィリピン留学で一番人気のある1ヶ月の留学期間の費用を紹介します。

セブ島にある語学学校の例を参考にして下さい。

費用 内訳 料金
出発前に支払う費用 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 15~37万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.2~0.5万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 1.5万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 32万円~60万円

フィリピン セブ島留学3ヶ月の費用:「77万円~144万円」

3ヶ月フィリピンのセブ島に留学した費用の内訳はこちらを参考にしてください。

費用 内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 43~109万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 2.5万円
デポジット 0.8~1.3万円
ACR-I Card 0.8万円
テキスト代 0.9万円
水道光熱費 1.6~2.8万円
管理費 0.8~1.6万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 5万円
現地生活費(お小遣い) 9~12万円
総額 77~144万円

3ヶ月以上の留学する場合、ACR-I Cardの費用も必要になります。

留学期間によって必要な許可証については>>フィリピン留学のビザの費用の記事を参考にして下さい。

ACR-I Cardとは

フィリピンに59日以上滞在する外国人に取得が義務付けられている「外国人登録証」。

語学学校で外国人登録証の申請は代行してもらえるので自分でしなくてOK。手数料がかかる場合もあります。

 

上記の表は、

  • 出発前に支払う費用(入学金・授業料・宿泊費・食費など)
  • 現地で支払う費用(ビザ申請費・水道光熱費・空港送迎費など)
  • その他の費用(飛行機代・海外保険代・生活費・交通費)

を合計した総費用の目安です。

費用は語学学校によっても違いますし、プランや部屋のタイプでも異なります。

予算がある場合は、希望の条件と合わせてエージェントに相談してみましょう。

フィリピン留学の費用は>>フィリピン英語留学費用の期間ごとの相場の記事で詳しく紹介しています。

内訳や期間ごとの相場も確認してくださいね。

フィリピン留学でおすすめの学校

初心者におすすめのフィリピン留学の語学学校を紹介します。

フィリピンにはセブ島以外にも初心者におすすめの語学学校があります。

語学学校 地域 特徴
A&J バギオ
  • 自然豊かな敷地に充実した施設
  • 歴史ある教育メソッドが引き継がれた豊富なコース
  • 選べるナイトグループ
スターゲート セブ島
  • セブ島の高層マンションの中にある
  • 日本語で文法授業動画
  • 社会人比率が高い
CPI セブ島
  • リゾート感が味わえる
  • 試験対策専門講師が在籍
  • マンツーマンが夜は受け放題
  • アクティビティが豊富
WALES バギオ
  • 市街地までのアクセスが良い
  • WALESカフェで自習できる
  • 校長との距離が近い
MONOL バギオ
  • バギオの名門校
  • 充実した設備
  • ホテルタイプの寮
  • 英語のみ使用ルール

それぞれの学校について紹介します。

アットホームな環境で勉強したいなら「A&J」

A&Jエコキャンパス

バギオしないから車で15分という位置でありながら自然豊かな敷地に施設があります。

快適な留学生活を送る施設が充実している語学学校です。

初心者から中級者まで、13ものコースがあるのでレベルや目的に合わせて選択可能。

ナイトグループクラスは、ダンスなどのアクティビティとアカデミックトピックに基づいたグループディスカッションなどから選択できます。

>>A&J エコキャンパスで詳しく紹介しています。

静かな環境で勉強したいなら「スターゲート」

スターゲートの教科書

セブ島の高層マンションの中にある語学学校です。

日本語で文法授業動画があるので、初心者が授業についていけないという心配も軽減されます。

社会人比率が高いので、静かに勉強したいという人におすすめです。

綺麗な学校で規模も50人程度、年齢層が高いことも特徴です。

スターゲートについては>>【2024】スターゲート(STARGATE)/セブ島の教科書を参考にして下さい。

アクティビティも楽しみたいなら「CPI」

セブ島CPI

キャンパス内でリゾート感が味わえる語学学校です。

TOEIC/IELTS/TOEFLコースを担当する講師が特定され、試験対策専門講師が在籍しています。

マンツーマンレッスンが、夜は受け放題なのもCPIのメリット。

授業だけでなくアクティビティが豊富なので、豊かで楽しい留学生活が送れそうですね。

CPIについては>>【2024】セブ島CPI(シーピーアイ)の教科書で詳しく紹介しています。

アクセスの良いところに留学したいなら「WALES」

バギオ留学の大人向け「WALES(ウェールズ)」の教科書

バギオにある語学学校の中でも市街地まで徒歩で行けるアクセスが良さが人気です。

WALESカフェやビジネス先端ーなど、自習できる環境が整っています。

校長との距離が近く、日本人スタッフの面倒見がよいので問題があったときに柔軟に対応してくれる語学学校です。

50人前後の小さな学校で、セミスパルタなので自分のペースで勉強したい社会人におすすめです。

詳しくは>>【2024】バギオ留学の大人向け「WALES(ウェールズ)」の教科書を参考にして下さい。

設備が整った学校に留学したいなら「MONOL」

monol-baguio

留学生のための設備が整っている語学学校です。

レベルの高い講師による授業を受けられるので、初心者も安心です。

留学生が生活に困らない配慮が行き届いているので、フィリピンでの生活に不安がある人におすすめ。

食事の有無が選択できるので、無駄に食事代を払わなくてよいのも留学生想いですね。

MONOLについては>>【2024】MONOL(モノル)/バギオの教科書も参考にして下さい。

セブ留学を初心者がする注意点

セブ留学初心者

英語初心者がセブ島留学をする際の注意点を紹介します。

  • 学校選びは慎重に行う
  • エージェントに相談する
  • 事前学習をしっかりする
  • 予習復習は必ずやる

フィリピン留学をして意味ない・効果なしという結果にならないように、確認しておきましょう。

学校選びは慎重に行う

英語初心者は、語学学校選びは慎重に行いましょう。

自分に合わない学校に留学すると、効果が上がらなかったり留学生活がきついと感じる可能性があるからです。

施設や設備・カリキュラムなど、自分の希望に合ったところに留学したいですね。

語学学校の選び方は>>フィリピン留学でおすすめの語学学校の記事も参考にして下さい。

エージェントに相談する

ィリピンのセブ島に留学を検討する際は、エージェントに相談しましょう。

なぜなら、フィリピンには全域で50校以上の語学学校があるからです。

自力で学校の情報を集め、自分にあったところを選ぶのは困難です。

フィリピン留学Hubは実際に現地に何度も足を運んでいる、経験豊富なエージェントです。

学校ごとの特徴や現地の生活について、詳しく紹介することができます。

自分にあった学校がわからないという場合は、気軽に相談してくださいね。

事前学習をしっかりする

英語初心者がフィリピン留学をするなら、事前学習をしっかりすることが重要です。

事前に勉強をしていくのとしていかないのでは、留学した効果に大きな差が出るからです。

中学英語の基礎文法や単語は勉強しておくことをおすすめします。

留学すれば何とかなるという気持ちでいくと、授業についていけなくてモチベーションも下がるかもしれません。

事前の準備については>>フィリピン留学は最悪?の記事もチェックしてみてくださいね。

予習復習は必ずやる

フィリピン留学では、予習復習は必ずやるようにしましょう。

一度授業を受けただけでは頭に定着しないからです。

全てのレッスンについて復習するのは難しいので、取捨選択は必要。

そのためには、予習復習を踏まえて自分にあったカリキュラムを選択することが大切です。

語学学校によっては、予習は当たり前という場合もあります。

語学学校を選ぶ際に、カリキュラムについてもエージェントに相談してみましょう。

まとめ

英語初心者にフィリピン留学が向いている理由について紹介しました。

フィリピン留学はマンツーマンレッスンが多いので、初心者も自分のペースで勉強を進めていくことができます。

フレンドリーなフィリピン人講師による授業は、英語を第二言語として学んできた経験から日本人にも理解しやすいものです。

しっかり事前学習など準備をしておくことで、初心者もフィリピン留学で成果を出すことができるでしょう。

フィリピン留学については、経験豊富なエージェントに相談しましょう。

語学学校選びから現地での生活について、詳しい情報を知っておくことが大切ですよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub(ハブ) , 2024 All Rights Reserved.