フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間9:00~18:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

フィリピン留学のメリット・デメリット|おすすめの理由・後悔しない注意点

アバター画像
WRITER
 
フィリピン留学デメリット
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

フィリピン留学の、気になるデメリットについて紹介します。

費用が安くマンツーマンレッスンが受けられることで、フィリピン留学は人気です。

ですが、治安についての不安やインフラが不安定などのデメリットが心配な人は少なくありません。

事前にフィリピン留学のデメリットを知っておくことで、不安が解消されたり対策をすることができます。

フィリピン留学について後悔しないように確認しておきましょう♪

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学デメリット

フィリピン留学のデメリットとしては以下のことが考えられます。

  • インフラが不安定
  • 治安が心配
  • 遊びの誘惑が多い
  • ネイティブの発音や言い回しとは異なる
  • 日本人留学生が多い
  • 講師の質がバラバラ
  • スパルタ校がきつい
  • 食事が合わない人もいる

それぞれ詳しく見てみましょう。

フィリピン留学に行ったブログは>>バギオで留学初体験!A&Jの魅力に取りつかれた!もチェックしてみてください。

インフラが不安定

フィリピンは、日本ほどはインフラが整っていないことはデメリットといえるでしょう。

特に水道は水圧が弱かったり調整できなかったりで、日本人は不便だと感じるシーンが多いかもしれません。

トイレにトイレットペーパーを流せない、水道水を飲んではいけないなど、フィリピン留学は気を付けることがいくつかあります。

インターネットの回線が遅くてストレスが溜まることも多々あるでしょう。

ですが、せっかくフィリピンに来ているのならスマホを置いて、英語でのコミュニケーションをとる機会を存分に楽しむことをおすすめします。

治安が心配

治安が心配なことも、フィリピン留学のデメリットの一つです。

なぜなら、日本ほど治安が良くはないからです。

スリや引ったくりの被害は日常茶飯事なので、それなりの対策が必要です。

ですが、海外に留学するなら、どこの国でもそういった対策をするのは当たり前。

取り立ててフィリピンが治安が悪いというわけではなく、日本にいるのとは違う心構えが大切です。

フィリピンで留学生が死亡する事件や事故は今のところ起こっていません。

フィリピン留学の治安については>>フィリピン留学は治安に注意!の記事も参考にして下さい。

遊びの誘惑が多い

遊びの誘惑が多いことも、フィリピン留学のデメリットといえるかもしれません。

これは、英語学習よりもアクティビティやレジャーをメインとしている学校もあるからです。

セブ島などは遊びの誘惑が多いので、自分で生活リズムや勉強のモチベーションを整える必要があります。

遊ぶ時間が多すぎると、英語の勉強時間はどんどん減って無駄に時間を過ごすことになってしまいますね。

もちろんせっかくフィリピンに来たので、アクティビティを楽しむことは悪いことではありません。

自分がフィリピン留学でどんな目的を持って行くのか、それに合った語学学校を選びましょう。

目的達成に適した学校を選べば、遊びすぎて後悔せずにしっかり留学の結果を出せるかもしれません。

 

ネイティブの発音や言い回しとは異なる

フィリピン人の講師はネイティブではないことは、デメリットかもしれません。

なぜなら、ネイティブの言い回しや話し方を学びたいという目的には合わないからです。

既に英語力が高い人やネイティブの講師に習いたい人には、フィリピン留学はおすすめしない場合もあります。

ですが、英語の初心者が基礎的な英語力をつけるのにはフィリピンは最適です。

日本人と同じようにフィリピン人は英語は第二言語。

どこがわからないのか正確に把握して、聞き取りやすい英語で授業を行います。

英語の初心者にはフィリピンはおすすめの留学先です。

>>フィリピンの英語レベルは低い?の記事でフィリピン人の英語力について紹介しています。

日本人留学生が多い

日本人留学生が多いことも、デメリットといえる場合もあります。

なぜなら、日本人が少ない環境で集中して英語を勉強したい、というニーズには合わないからです。

ネイティブの友達を作りたいという人には、フィリピン留学は合わないかもしれません。

フィリピン留学は、日本人と韓国人などアジア系の留学生が多いです。

日本人が多いと、日本語ばかり使ってしまって英語を使うチャンスを逃すのではないかと心配になりますね。

実際、どうしても留学先では母国語が同じ人同士で固まってしまう留学生がほとんど。

英語力を上げたいという気持ちがあるなら、積極的に英語を使うように自分から行動することが大切です。

これは日本人が多い少ないは関係ありません。

日本人が多いことで安心する人には、リラックスできる環境なのでおすすめです。

日本人が少ない学校は>>フィリピン留学の日本人少ない語学学校で紹介しています。

講師の質がバラバラ

講師の質がバラバラなこともデメリットです。

学校によっては、経験の浅いアルバイト講師が多いケースもあるからです。

しっかりとトレーニングされた、質の高い講師の授業を受けられる語学学校を選ぶことが重要です。

どの学校の講師の質が高いのか、現地の情報が豊富なエージェントに相談することが大切ですよ。

スパルタ校がきつい

スパルタ校がきついと感じる場合は、デメリットになります。

フィリピンのスパルタ形式の学校は、朝から夜まで英語の学習スケジュールが厳しく決められているからです。

学校の中で英語以外の言語を禁止するルールがある学校もあります。

自分のペースで勉強をしたいという人には、スパルタ校の規制が厳しくてきついと感じてしまうかもしれません。

英語力アップのためには、スパルタ校はかなりおすすめ。

ですが、どんな目的にフィリピン留学するのかで、スパルタ校は合わないこともあります。

自分にあった語学学校を選んで留学することが大切ですね。

食事が合わない人もいる

フィリピン留学では、食事が合わない人もいることはデメリットにあげられます。

なぜなら、フィリピンの語学学校で提供される食事は、日本での食事に比べて脂っこかったり口に合わないこともあるからです。

食事が合わないと「帰りたい……」「失敗した」と、勉強どころでなくなる場合も。

最近は、食事に力を入れている語学学校も増え、美味しい食事を提供してくれる語学学校もあります。

実際に現地で食事についても詳しいエージェントなら、どこの食事が美味しいか教えてくれるはずですよ。

フィリピン留学Hubは何度も現地に足を運んでいるエージェント。語学学校についてどこよりも詳しい情報を提供しますよ!

フィリピン留学のメリット

フィリピン留学デメリット

フィリピン留学はデメリットばかりではありません。メリットも紹介します。

  • 留学費用が安い
  • 日本から来やすい
  • リゾート気分が味わえる
  • 短期留学しやすい
  • マンツーマンレッスンが多い

メリットもそれぞれ詳しく見てみましょう。

留学費用が安い

留学費用が安いことが、フィリピン留学の最大のメリットです。

欧米留学と比べると、半分程度の料金で留学することができるからです。

フィリピンは物価・人件費が安いので、語学学校の費用も安くなります。

円安や物価高の影響で価格改定が行われているので、格安留学とは呼べなくなってきていますが、欧米留学に比べるとかなり安い費用で留学が可能です。

フィリピン留学の費用については>>フィリピン留学費用の平均の記事で詳しく紹介しています。

日本から来やすい

日本からのアクセスが良いこともメリットです。

人気のセブ島までも、東京から約5時間で行くことができるからです。

時差が一時間くらいしかないこともメリット。

時差ボケで体調を崩してしまうリスクも低そうですね。

行きやすい距離なので、到着の翌日から帰国前日まで、しっかり英語学習をすることができるでしょう。

リゾート気分が味わえる

リゾート気分が味わえることも、フィリピン留学のメリット。

フィリピン留学では、週末はリゾートライフを楽しむことができるからです。

セブ島のマクタン島は人気の観光地です。

語学学校のあるセブ市内からタクシーで約1時間で行けるので、週末はアクティビティを楽しめます。

南国リゾートを満喫しながら、語学留学できることもフィリピン留学のメリットですね。

短期留学しやすい

フィリピン留学のメリットとして、短期留学がしやすいこともあげられます。

フィリピンは30日以内の滞在なら、ビザの申請手続きが必要ないからです

春休みや夏休みに留学する学生だけでなく、社会人の方は1ヶ月以内の短期留学を選んでいます。

ビザの申請など手続きが必要ない手軽さは大きな魅力ですね。

30日を超える留学でも、語学学校やエージェントが滞在延長手続きを代行してくれることがほどんどなので、手続きに時間を取られる心配はありませんよ。

面倒な手続気に手間をかけることなく、気軽に留学できる点でもフィリピン留学はおすすめです。

フィリピン留学のビザについては>>フィリピン留学のビザの費用の記事で詳しく紹介しています。

マンツーマンレッスンが多い

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンがメインなこともメリットです。

マンツーマンレッスンは英語の会話量を十分に確保できるので、効率の良いレッスンスタイルだからです。

欧米の語学学校の場合、グループレッスンがメインでマンツーマンレッスンはオプション費用がかかるのがほとんど。

フィリピンではマンツーマンをベースとしたカリキュラムで、グループレッスンと自習と組み合わせることが可能です。

短期間で英語力をアップさせることが期待できますよ。

マンツーマンの多い学校は>>フィリピン留学でマンツーマンレッスンの多い語学学校を参考にして下さいね。

フィリピン留学が意味ない・効果なしになる人の特徴

フィリピン留学が「意味ない」「効果なし」という結果になる人には、いくつか特徴があります。

  • 事前に英語の勉強をしない人
  • 留学して遊んでばかりいる人
  • 自習ばかりする人
  • 細かいことにこだわる人

結果が出なかった場合、セブ島はもう行かない、最悪ということにもなりかねません。

それぞれ確認して、フィリピン留学を後悔しないようにしましょう。

事前に英語の勉強をしない人

フィリピン留学に行く前に、英語の勉強をしない人は留学しても意味ないという結果になります。

なぜなら、留学前に準備をした人とでかなり英語力アップに差が出るからです。

留学してから英語の基本文法を学ぶのは、せっかくマンツーマンレッスンを受けられるのにもったいないことです。

事前に準備していないと、初歩的なところでつまずいて全く発言できないということにもなりかねません。

フィリピン留学のメリットを最大限に享受できるように、事前に中学英語レベルまでは勉強しておくと良いですよ。

留学して遊んでばかりいる人

留学しても遊んでばかりいる人は効果なしという結果になるでしょう。

これは、もちろん勉強していないからです。

フィリピンは南国リゾートを楽しめるアクティビティが豊富で、遊びの誘惑が多いです。

自分で勉強のペースを管理する語学学校だと、遊んでしまって勉強する時間が不足するかもしれません。

英語漬けの生活で確実に英語力アップを目指したいのであれば、スパルタ式の語学学校をおすすめします。

誘惑に負けて遊んでしまいそうだという人も、朝から晩まで厳しい勉強スケジュールで管理されるので強制的に英語漬けの生活を送ることができますよ。

自習ばかりする人

自習ばかりする人も、フィリピン留学は効果なしということになりやすいです。

英会話のスキルアップには、インプットよりアプトプットが大切だからです。

自習やレッスンでインプットしたら、積極的にアウトプットをしていきましょう。

留学生同士でのコミュニケーションよりも、現地人との会話が刺激になるので英会話の上達につながります。

留学するだけで英語はペラペラにはなりません。

積極的に自分から英語を使うことで英語力アップが期待できますよ。

細かいことにこだわる人

細かいことを気にしすぎる人も、フィリピン留学でも効果なしという結果になるかもしれません。

なぜなら、気にしなくてもいいところが気になって、学習スピードが落ちてしまうからです。

英語を勉強していると、なぜ?ということがたくさん出てきます。

ですが、気にしても仕方のないことが多く、言語学習では「こういうものなのか」という割り切りが必要です。

細かな疑問について、今解決するべきか気になったら講師に質問しましょう。

気にする必要がないなら、そういう言い回しなんだと勉強をどんどんすすめていくとよいでしょう。

フィリピン留学でおすすめの学校

フィリピン留学デメリット

フィリピン留学でおすすめの学校をいくつか紹介します。

規模や国籍比率など比較の参考にしてください。

語学学校 地域 規模 国籍比率
CIA セブ島 650名 日本35% 韓国25% 台湾25% 中国・ベトナム・サウジ10~20人
EV English Academy セブ島 380名 日本25%モンゴル25%ベトナム25% 韓国20% 他台湾・サウジ等
MONOL バギオ 100名 日本30%/韓国30%/台湾12%/ベトナム12%/中国10%/モンゴル等6%
CPI セブ島 250名~300名 韓国 : 30% 台湾 : 25% 日本 : 20% ベトナム : 10% 中国 : 5% その他: 10%
PINES バギオ 270名 日本30%/韓国30%/台湾12%/ベトナム12%/中国10%/モンゴル等6%
WALES バギオ 60名 日本25% 韓国23% 台湾20% 中国17% ベトナム5% サウジアラビア 5% クウェート5%
 

フィリピンにはセブ島以外の地域にもたくさん語学学校があります。

自分にはどの学校があうのか、留学エージェントに相談しましょう。

フィリピン留学での学校選びは>>フィリピン留学でおすすめの語学学校の記事を参考にして下さいね。

フィリピン留学1ヶ月の費用:32万円~60万円

フィリピン留学で人気の、1ヶ月留学した際の費用の例を紹介します。

1ヶ月フィリピンセブ島の語学学校に留学した費用の内訳は、こちらを参考にしてください。

  内訳 料金
学費 入学金 1~3万円
授業料・滞在費・食費 15~37万円
現地で学校に支払う費用 空港送迎費(片道) 0.2~0.5万円
SSP費 1.8万円
ビザ代 0円
デポジット 0.8~1.3万円
テキスト代 0.3万円
水道光熱費 0.5~0.9万円
管理費 0.2~0.5万円
その他の費用 航空券代(往復) 7~10万円
海外旅行保険 1.5万円
現地生活費(お小遣い) 3~6万円
総額 32万円~60万円

 

フィリピン留学の費用は、語学学校やプランによって異なります。

費用を安く抑えたい場合は、大人数の部屋を選んだり繁忙期を避けるとよいでしょう。

予算や自分の譲れない条件などを明確にして、エージェントに相談してみてくださいね。

フィリピン留学の費用については>>フィリピン英語留学費用の期間ごとの相場の記事を参考にして下さいね。

まとめ

フィリピン留学はデメリットもありますが、費用や安いことやマンツーマンレッスンが多いなどメリットもたくさんあります。

事前にフィリピン留学について知っておくことで、デメリットとなることへの対策ができます。

英語力アップをしたいなら、英語初心者の人にこそフィリピン留学はおすすめです。

フィリピン留学では、自分にあった語学学校を選ぶことがとても重要。

フィリピン留学Hubは、現地に何度も足を運んでいるので最新のフィリピンについての情報が豊富です。

気になることや心配なことも気軽に相談してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フィリピン留学Hub(ハブ) , 2024 All Rights Reserved.