フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【2022最新】フィリピン・バギオの治安を犯罪例を元に解説!

シン
WRITER
 
フィリピン・バギオの治安を犯罪例を元に解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら

バギオで留学を考えているんだけど、治安はどうなの?

マニラ空港から4~6時間ほどの距離にあるバギオは、フィリピンで避暑地と呼ばれており、セブに次ぐ留学地として有名な場所です。

ですが、とはいっても初めての海外。バギオの治安情報が気になる方も多いはずです。

  • 自分が滞在するエリアは大丈夫かな?
  • 安全な場所や行かない方がいい場所はどこなんだろう?
  • 何を対策しておけばいいの?

この記事では、バギオに50回以上にわたって視察をし、またコロナ禍にも半年間滞在して街の様子や変化を見てきた僕が、犯罪の実例もあげながら正直にバギオの治安を解説します。

バギオ基本情報

バギオ基本情報

バギオ市は、ベンゲット州のメイン都市で人口約35万人ほどの街です。標高1500メートルの場所に位置する街で、マニラやセブと違って年間平均気温が20度ほどと快適に過ごせる場所です。街もほどよく栄えていて、勉強にも集中できる涼しい気候の街です

フィリピン留学ではセブ島に次ぐ人気の留学地です。セブ島のようなマリンアクティビティはそんなにありませんが、フィリピンのイメージと違ってすごく涼しい地域なので「勉強に集中できる」「治安が抜群に良い」ということで選ばれ続けています。語学学校は10校程あって、まじめに留学している学生が多い地域です。

留学地域の中でも最も空港と学校が離れている地域で、マニラ空港からの移動が5~6時間ほどかかります。留学生の場合、マニラ空港まで学校からピックアップがあるので安心ですが、移動疲れだけは他のどのエリアよりも大きいと思います。

バギオの気温と降水量

バギオの気温と降水量

バギオは、一般的にイメージされるようなフィリピンの気候とは真逆で冷涼な地域です。気温は年間を通して20度ちょっとで、最低気温は10度程まで下がります。そのため、長袖で生活するのが一般的です。

フィリピンは乾季(12月~5月)と雨季(6月~11月)に分かれていますが、バギオの雨季は他のどの地域よりも雨が降ります。スコールなので、短時間でざっと降るタイプの雨ですが、降る量が尋常ではないので、雨季の中でも特に7~9月は観光に適しません。

利便性

バギオには、地方都市で生活のイメージがつかないと思いますが、SMバギオという大型のショッピングモールやセッションロードという多くの若者や留学生が集まるダウンタウンがあります。

そのため、実際に行った人の多くが「意外と栄えていた」と話します。もちろんマニラやセブのように栄えているわけではありませんが、オシャレなカフェも多くゆっくり過ごしたい方にはちょうどいい環境です。

弊社のインターン生がバギオの紹介動画を作ってくれたので参考にしてください。

バギオの治安をセブと比較して解説

そこでここでは、バギオの治安レベルを数字で語ってもわかりにくいと思うため、観光で一番有名なセブ島の治安と比較して説明してみます。

バギオ犯罪

フィリピンの新聞「マニラ・タイムズ」

バギオの治安について書いかれた記事の中には、バギオの語学学校関係者や留学エージェントなど「バギオに来てほしい」という背景のある人たちが書いたものが多いため、当たり前ですがバギオが安全なのかを示すため、客観性の乏しい口コミを使用していたりする場合も多く見られます。

僕もフィリピン留学を紹介・販売する身なので、バギオに来てほしいという背景のある人たちの一部になります。ですが、ここでは客観的な事実と実際にバギオを50回ほど訪れている僕自身が、経験談や知人の体験談も踏まえてより客観的に正確に書いてみたいと思います。

治安レベルをできるだけ正確につかむには、口コミなどのふわっとした情報ではなく、フィリピン国家警察や在フィリピン日本国大使館が出している「犯罪数」データなどを見ると早いです。ただそれらの数字を並べたところで、読者は治安レベルががいまいちわからないと思うので、観光地として有名なセブ島と比較して解説してみます。

フィリピン国内で発表される犯罪タイプは主に「殺人・傷害・強姦・強盗・窃盗」です。ただ、バギオに関しては、上記記事にも出ている通り、「傷害・窃盗」以外の事件というのは比較的多くありません。そのため、2022年1月~6月の期間に発生したこのタイプの犯罪に絞ってセブ島と比較しました。

犯罪タイプ バギオ セブ
窃盗 63件 568件
傷害 30件 342件

参考元:在セブ日本国総領事館バギオ警察署

「窃盗」はセブ島の9分の1(犯罪率0.18%)、「傷害」はセブ島の11分の1(犯罪率0.08%)です。セブ島の人口が515万人に対して、バギオ市は35万人と圧倒的に少ないものの、人口1000人当たりの犯罪率で比べても圧倒的に低いです。

これだけの事実を見ても、明らかにバギオは治安が良い場所だということがはっきりしました。

参考:【2022年最新】フィリピン・セブ島の治安を実際の犯罪例を元に解説!

バギオで治安の悪い場所

バギオは、マニラやセブ島と違って、特段治安の悪い所があるわけではありません。個人的には「場所よりもシチュエーションの方に気を付けるべき」ですが、強いて場所を上げるなら以下のような場所です。

バギオ・ナイトマーケット

ナイトマーケットは、格安の洋服やガジェットなどのアイテムが買える場所として、いつも多くの人で賑わっています。留学生ももちろん御用達の場所なのですが、ここは人がぶつかるぐらい人だかりができるため、かき分けて通っていくことも珍しくありません。

その際、スリ被害に遭うという事が度々起きているため注意してください。

セッション・ロード

バギオ市内のダウンタウンで、いつも多くの人が行き来しています。僕は何十回も訪れていて特に不安を感じたことはありませんが、フラワーフェスティバルなど年に1回の大イベントがある時は、郊外からも多くの人が押し寄せ、スリが発生しやすくなります。

通常時は、当たり前のスリ対策さえしておけば過剰に不安視する場所ではありませんが、イベントがあって人がごった返すようなときは出来るだけ貴重品に気を付けましょう。

ナイトクラブ

バギオに関わらずどこのエリアでもそうですが、クラブ内ではお酒が入って、テンション高めの人が多いためトラブルが起きやすい場所です。ただ、バギオのナイトクラブは健全に飲んで踊っていれば特段問題は起きにくいので、自ら揉め事を起こさないように注意してください。

知っておいた方がいいバギオでの犯罪例とその対策方法

ここまで読んだだけでも、バギオの治安は比較的良好だという事が分かったと思います。これまで50回以上バギオを訪問したり、実際に滞在していた僕でさえ1度も危険な目に遭ったことがないため、感覚的にもバギオの犯罪データは納得できます。

ただ、それでもやはり日本よりも治安の悪い海外に行くことに変わりはありません。ここでは、バギオで特に注意したい犯罪タイプ、またバギオ内で実際に日本人が被害に遭った犯罪とそれぞれの対策について触れておきます。

スリ・置き引き・ひったくり

スリ・置き引き

フィリピンで多発しているのが「スリ」です。日本人観光客や留学生からも多くの被害報告が上がっています。ここバギオでも被害例は少ないものの皆無ではないため、気を付けるようにしましょう。スリには多くのパターンがありますが、バギオでは以下の状況に注意すべきです。

  • ポケット内からモノを抜かれる
  • レストランなどでテーブルに置いていた貴重品を持っていかれる

実際に経験したスリ・ひったくり被害

僕はストリートチルドレンのスリ被害に一度逢ったことがあります。その時は、現金をポケットに入れていたとき、路上の子どもたちに物乞いされ、気を取られてる間に全額ポケットからスラれていました。

幸いすぐに気づいて取り返しましたが、反撃される可能性のある危ない行為なので、本来は諦めるべきです。また知人は、買い物中に後ろに背負っていたバッグから財布を抜き取られたというスリ被害に遭っています。

バギオでは、セッション・ロードでひったくりされそうになった、またはiPhone6を盗られたという留学生の報告もあるため、治安が良好な場所といっても気を抜かないようにしましょう。

スリ・ひったくりの対策方法

  1. 飲食店でスマホやパソコンをテーブル上に放置するということはもちろん避けましょう。
  2. 貴重品はできるだけバッグの中に入れて体の前に来るようにしましょう。そうすることで、背後でやられてたという事が防げます。
  3. スマホが一番の貴重品になるようにするといいです。万が一スリの被害に遭ったとしても、金銭の額が小さければ諦めもつきやすいはずです。そのため、大金を持ち歩くのではなく、必要最低限を持ち出し、スマホさえ残っていれば大丈夫という具合にできると少し気が楽です。

強姦

強姦

夜間に女性の単独行動によってリスクが上がることを理解しておきましょう。バギオではこの犯罪タイプは少ないですが、実際に起こったケースもあるためこのような行動も避けた方が無難です。

実際に起こった強姦被害

2016年、バギオ市で留学中の当時21歳だった日本人女性がモーテルでレイプされたという事件が発生しています。

夜、別の日本人の友人と一緒にタクシーで帰宅途中の事でした。友人が先に降りて、ドライバーに彼女を滞在先まで連れて行くよう指示したものの、運転手はモーテルに彼女を連れ込み、そこで犯行に及んだという事でした。

彼女はその後、午前11時半にモーテルの部屋を出ることが許可され、友人に連絡したことで犯行が発覚しました。因みに、その犯人はそのモーテルで自殺していたという事です。

強姦の対策方法

僕は2013年からバギオをずっと見たので言えるのですが、このような例はバギオでは稀な方だと思います。ですが、少しでもリスクを下げるためには、特に女性は夜道を一人で歩かないこと、また帰宅時は必ずだれか他の人と一緒に滞在先まで戻る事を徹底することをお勧めします。

暴行

暴行

このタイプの被害は、ほとんどがお酒が絡んだものです。

実際に起こった暴行被害

実際にバギオで韓国人の留学生がクラブで踊っていた時に背丈の小さなフィリピン人とぶつかったのを理由に、そのフィリピン人を殴ったのがキッカケで起こった事件があります。

その騒動を聞いてすぐに駆け付けた体格のいいセキュリティーが、その韓国人を取り押さえ、馬乗りになってボコボコにしたということでした。

暴行の対策方法

フィリピン人の体格は日本人や韓国人と比べて小柄です。そのため、何か揉め事になった時に酒の勢いに任せて手を出してしまう男性がいますが、そこはフィリピン。仮に裁判沙汰になったとしたら勝ち目はありません。また、実際に発生した上の事件のように、基本的には自国民を守ることが優先されます。

そのため、こちらから手出ししなければ問題にならないことが多いので、酒に酔って手を出すことは間違っても避けてください。

マニラ空港からの移動時

マニラ空港からの移動時

バギオではありませんが、マニラ空港からバギオへ行くときに起こりやすいトラブルです。バギオに向かう際、ほとんどの人がマニラ空港から何らかの方法で陸路でバギオに向かうはずですが、マニラ空港に到着すると、必ずボッタクリタクシーがいるので注意が必要です。

実際に起こるマニラ空港からのボッタクリ

留学生がマニラ空港からバギオに移動する手段は主に2つです。1つは、パサイ市という空港近くの町から出ている高速バスに乗って行く方法。2つ目は、語学学校が手配してくれるバン(又はバス)に乗って行く方法です。

僕は高速バスを使ってバギオに向かいますが、バスターミナルのあるパサイ市までは空港からタクシーを使う必要があります。マニラのボッタクリの事情を熟知している人、且つ英語が話せる人であれば特に問題ありませんが、そのいずれかが足りないとボッタクリのカモに合う確率90%です(笑)

マニラ空港からのボッタクリ対策

そのため、留学でバギオに行く人は必ず語学学校が手配してくれるバン又はバス(ピックアップと呼ぶ)を使いましょう。高速バスを使って自力で行く場合と比べるとやや高いのですが、結局自力で行こうとしてボッタクられる方が全然高くついてしまう事を考えると、絶対にピックアップを使った方がマシですし、学校まで直接連れて行ってくれるので安心です。

その他の犯罪被害について

バギオの治安について触れている記事の中には、「タクシーのボッタクリ」や「強盗・脅迫」もバギオで起こりやすい犯罪タイプとして紹介しているものもあります。

ですが、僕の知る限り、タクシーでのボッタクリはバギオでは極めて珍しく、強盗や脅迫についても、少なくとも民家レベルで生活をしない旅行者や留学生の間では殆ど聞いたことがありません。

緊急時の連絡先

万が一、バギオで緊急事態に巻き込まれた場合、以下の連絡先があることを知っておきましょう。

公的機関

  • 警察・消防・救急(National Emergency Hotline):911
  • 診療救急(フィリピン赤十字):143
  • 警察署
エリアごとの連絡先
  • バギオ警察署ホットライン:166
  • 観光警察隊(TPU):424-0718
  • 消 防:160
  • 病院
病院ごとの連絡先

バギオ総合病院:+63746617909

ノーター・デイム・デ・チャートリズ病院:+63746198530

バギオ・ジェネラル・ホスピタル:+63746617910

セント・ルイス・ホスピタル・オブ・ザ・サクレッド・ハート:+63744425700

滞在先(ホテル・学校・留学エージェント)

観光中や留学先なら滞在先ホテルや学校の電話番号等の連絡先は事前に確認しておきましょう。

また、留学中なら語学学校のスタッフや友人の他、手配してもらった留学エージェントも緊急時には連絡できると思います。これらは、バギオの出発前にできればすぐに取り出せるよう、以下の様にメモとして連絡先を残しておいた方がいいです。

関係 連絡先
語学学校 ※電話番号のほか、LINE等
学校スタッフ ※電話番号のほか、LINE等
留学エージェント ※電話番号のほか、LINE等
友人A ※LINEなど
友人B ※LINEなど

旅レジと在留届の登録

たびレジ

フィリピンに限らず、「たびレジの登録は推奨」しています。たびレジは、渡航先の安全情報をリアルタイムでゲットできるツールだからです。3ヶ月未満の渡航者が登録しておかれるのをお勧めします。

主に以下の案内が日本語で入ります。

  • 海外渡航者の安全のために現地の重大事件・事故
  • 注意が必要なイベント・トラブルについて事前の注意喚起
  • 外務省海外安全ホームページの更新情報

参考:たびレジ

在留届

在留届は、海外にいる日本人の実態を把握し、海外で日本人が巻き込まれる可能性のある緊急事態やその他の事件・事故が発生した時に、外務省(大使館・領事館)から安否確認や支援ができるようにするためのものです。

3ヶ月未満は「たびレジ」の登録でいいですが、3ヶ月以上の渡航予定の方は「在留届」を登録しておくようにしてください。また、在留届の登録タイミングは以下の通り外務省から案内されています。

在留届は旅券法第16条によって、外国に住所又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人に、その住所や居所を管轄する日本の大使館又は総領事館への提出を義務づけているものです。提出は現地に到着して住所等が決まった後で提出するようにしてください。

引用元:外務省オンライン在留届

参考:外務省オンライン在留届

まとめ

バギオ治安まとめ

バギオにてフィリピン国家警察夜間パトロール

バギオを訪れる方の大半は、留学目的だと思います。観光だとマニラ空港からかなり距離があるため、中々ぱっと立ち寄れるような場所ではありません。

バギオは、中流階級の人たちが中心に暮らす街で、ほとんどの人が仕事を持っています。そのため、貧困層があまりいないためか、マニラやセブ程のように路上で生活している人たちを見たりストリートチルドレンに取り囲まれてお金をせがまれるという事も殆どありません。これがバギオの治安が良いと言われる理由だと思っています。

ただ、かといって犯罪が全くないわけではないので、きちんと気を付けるべきことを理解し、対策しておくことで安全にバギオで過ごすことができるはずです。

この記事ではバギオで起こりやすい犯罪事例とその対策方法をわかりやすくまとめているので、これからバギオに留学で行く人はこのページを保存し、出発するまでに何度か読み直してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
シン
フィリピン・セブ島留学専門家//セブ&バギオ公認エージェント/ライフカウンセラー/2度のフィリピン留学でTOEIC900&IELTS6.5取得

ネットの情報があまりにも胡散臭いので、フィリピンに年間7~9回ほど視察に行って情報収集してます。

【好き】世界一周、フィリピン、マンゴー丸かじり、カレーライス、糸の力(納豆)、ドローンはMavic Pro 2 Zoom、DJI Osmo Pocket
詳しいプロフィールはこちら