フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

【フィリピン大学正規留学】観光ホスピタリティー系の学部一覧

tomo-san
WRITER
 

LINE登録バナーPC

LINE登録SP

この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)

フィリピンの大学では、観光ホスピタリティー系の学部で観光業界の仕事についての知識やスキルを専門的に学ぶことができます。

しかし、学部の中でも、専攻によってメインで学ぶ内容が変わってきますからどれを選んだらいいか迷いますよね。

そこで、こちらの記事では観光ホスピタリティー系の学部の一覧表を記載しています。

この記事を読めば、観光ホスピタリティー系の学部とそれぞれの概要や特徴、目指せるキャリアなどが分かります。

観光ホスピタリティー系の学部一覧

ホテル&レストランマネジメント

ホテルマネジメント

サービス業の中でも特にホテルとホテル内のレストランに特化した経営原理を学習します。

英語では、「Hotel & Restaurant management」と言います。

調理、フロント業務、ホテルオペレーション、顧客対応の際のコミュニケーションスキルなど各業務について詳しく学べます。

☆目指せるキャリア☆

ホテルフロント、ホテルマネージャー、調理師、レストランマネジメントなど

レストランマネジメント

レストランマネジメント

サービス業の中でも特にレストランに特化した経営原理を学習します。

英語では、「Restaurant management」と言います。

調理やオペレーション、顧客対応の際のコミュニケーションスキルなど各業務について詳しく学べます。

☆目指せるキャリア☆

調理師、レストランマネジメント、レストラン経営者など

ホスピタリティーマネジメント

ホスピタリティーマネジメント

ホスピタリティーマネジメントでは、ホテル、観光リゾートにおける企画、運営、人事などオペレーションに関する幅広い知識が学べます。

ホテルやリゾートの起業、経営、マーケティングや財務などの経営知識も学びます。

英語では、「Hospitality management」と言います。

☆目指せるキャリア☆

ホテルフロント、ホテルマネージャー、調理師、レストランマネジメントなど

観光マネジメント

観光マネジメント

観光マネジメント学部では、観光ホスピタリティー産業の中でも特に旅行会社やツアー会社などの仕事に興味のある人が、会社のマネジメントやツアーの企画運営、市場についてなど幅広く学ぶことができます。

英語では、「Tourism management」と言います。

☆目指せるキャリア☆

ツアーガイド、ツアーコンダクター、ツアーコーディネーター、政府観光省職員、旅行エージェントなど

料理・調理(飲食)

こちらの学部では、将来カフェ、レストランなどの飲食店の経営を志す者が、調理法や栄養学のみならず、飲食店経営や マーケティング、リスクマネジメントなどの幅広い知識を学ぶことができます。

英語では、「Culinary」と言います。

☆目指せるキャリア☆

シェフ/調理師、パン職人、飲食店マネージャーなど

観光ホスピタリティー系の学部がおすすめの大学

1.サント・トーマス大学

サント・トーマス大学

サント・トーマス大学は、1611年にフィリピンの首都マニラのサンパロックに設立された私立大学です。生徒数は、約41,000人です。

アジアで最も古い大学としても、その名を知られ、大学ランキングでは、常に上位トップ5に名前が入る名門校のひとつでもあります。

観光、医療、教育、サイエンス系、エンジニアリング系など複数の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 4位
難易度 Sクラス
教育レベル ★★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約20万円~/ 1年

2.デ・ラサール大学セントベニルデ

デラサール大学セントベニルデ

デ・ラサール大学セントベニルデ校は、1988年に設立された私立大学です。フィリピンの名門デ・ラサール大学の姉妹校でフィリピンの首都マニラのマラテに校舎を構えています。

アート&デザインの学部があり演劇など芸能系の学問に力を入れており、卒業生には芸能界やスポーツ界で活躍する卒業生がとても多いことで有名です。

ビジネス系と観光系の学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 13位
難易度 Aクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約35万円~/ 1年

3.ホセリザール大学

ホセリザール大学

ホセリザール大学は、1919年に創立されたフ歴史ある大学です。フィリピンの首都マニラにあるマンダルヨンというエリアに校舎を構えています。生徒数は、約17,500人です。

入学試験無しで出願ができる大学です。設備がとてもいいことに加え学費がそこまで高くないのも魅力です。

経営学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 41位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★★
学費 約16万円~/ 1年

4.ファティマ大学

ファティマ大学

ファティマ大学は、1967年に設立された私立大学です。学生数も約45,000人は大規模です。

ファティマ大学は、入試なしで出願できる大学です。学費の割には施設の設備もかなり整っているのでおすすめです。

観光学部と薬学部が政府の優良認定を受けています。

国内ランキング 52位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★★
学費 約22万円~/ 1年

5.バギオ大学

バギオ大学

バギオ大学は、フィリピン北部の教育都市バギオに校舎を構える私立大学です。設立は1948年で学生数は約15,000人です。

もともと「バギオ技術商業研究所」として始まった大学なので、ビジネス系、観光ホスピタリティー系、IT系エンジニア系などキャリアに繋がりやすい学部を開設してるのが特徴です。

日本、韓国、中国などの東アジア諸国や中東諸国から多くの留学生が訪れるのでます。試験が英語力試験のみでいいという進学のしやすさも魅力です。

国内ランキング 83位
難易度 Bクラス
教育レベル ★★★★
施設や設備 ★★★
学費 約10万円~/ 1年
この記事を書いている人 - WRITER -
tomo-san
ほとんど英語が話せない状態で社会人になってからフィリピン留学を経験。

2012年から5年間、フィリピンにある語学学校でマネジャーとして働き、数多くの日本人留学生の英語学習をサポート。最終的には副代表に就任。その後、複数の語学学校のコンサルティングも携わる。

これまでの経験からフィリピンの現地事情や語学学校の情報に精通している。スピーキングが伸びる英語学習アドバイスなども人気。TOEIC900(R/L)