フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。【営業時間11:00~19:00】

フィリピン・セブ島留学で失敗しない留学を!初心者だからフィリピンの治安、安全性をブログでサポート。

英語日記学習の効果とメリットは?上達ポイントや継続のコツもご紹介!

MOEKA
WRITER
 
Good Effect-English diary
この記事を書いている人 - WRITER -
MOEKA
外国語大学の3年生が終了した冬、「海外経験がないまま、卒業したくない!」と思った私は留学を決意。大学を休学し、半年間アルバイトで留学費を貯めた後、3か月間フィリピンのバギオに留学しました。

「留学はお金がかかるから…」と諦めてる人にこそ、低価格かつ密度の濃いマンツーマンで授業ができるフィリピン留学にぜひ挑戦して欲しいと思います!

「英語日記って具体的にどんな効果があるの?」

英語学習において、英語日記はかなりオススメの勉強法ですが、具体的にどんな効果があるのか分からないという人もいると思います。また「英語日記より他の英語学習法の方が効率的なんじゃないかな?」と考えている人もいるかもしれませんね!

今回の記事では、

  • 英語日記ってどんな効果とメリットがあるの?
  • 英語日記を書くときのコツや上達のポイントが知りたい
  • 英語日記を継続させるためのコツってないのかな、、、

などなど、「英語力をつけるために、英語日記を始めてみたい!」と考えている人におすすめの情報を紹介したいと思います。

 

英語日記を書くことで得られる効果は?

Good Effect

英語日記を書くことで得られる効果は、以下の3つです。

 

英語日記の効果
  1. スピーキングが上達する
  2. 語彙力・表現力がUPする
  3. 正しい英語表現を身につけられる

 

1)スピーキングが上達する

英語日記は継続することで、ライティング力だけでなくスピーキング力をアップする効果があります。

 

スピーキング力の中でも、特に伝えたいことを英語で表現する力とスピード」がアップするので、スムーズに英語が出てくるようになりますよ!

 

2)語彙力や英語表現力のUP

英語日記は、日常生活でよく使う身近な語彙を増やしたり、言いたいことを英語で表現する力がUPします。

 

英語日記に書く内容は、以下の3つが中心になります。

  • 日常生活で、自分が深く関わっている出来事
  • 自身の過去の経験
  • 感情や気持ち

英語日記を書くことで、日頃から使う語彙や英語表現を学ぶことができるだけでなく、記憶にも定着しやすいです。英会話中に自分の身のまわりの出来事を話すことは、よくあります。英語日記で調べた単語や表現が、かなり役に立ちますよ!

 

正しい英語表現を身につけられる

英語日記では、単語の綴り・スペル・文法のミスを発見できるので、正しい英語表現を身につけたい人にも効果的です!

 

日記を見直すと、”a”や”the”といった冠詞、三人称の”s”をつけ忘れたり場合も多いことに気がつきます。文法を勘違いしていたり、くせになっている場合もあるので、機会があれば英語日記を添削してもらうことも大事です。

 

自分の勘違いやくせを見つけ出し、修正していくことで、より正しい英語を使いこなせるようになります!

英語で日記を書くメリット

英語日記を書くメリットは、以下の4つです。

 

英語日記を書くことのメリット
  1. アウトプット学習を習慣化できる
  2. 日常生活で使う語彙や英語表現を学べる
  3. お金をかけずに手軽に始められる
  4. 自分のペースやレベルに合わせて始められる

 

1)アウトプット学習を習慣化

英語で日記を書く最大のメリットは、アウトプット学習を習慣化できる点です。

 

現在の日本の学校での英語教育は、英単語の暗記や文法学習などインプット学習が比較的多いです。なので、アウトプット技能が弱い日本人が多いのは当然のことなんです。

 

英語日記は、アウトプット学習の中でも一番手軽に始められ、初心者でも取り組みやすい勉強方法の1つだと思います!

 

2)日常生活で使う語彙や英語表現を学べる

英語日記は、語彙力や英語表現を増やすのではなく、日常生活と深くリンクしている英語を中心に覚えられるのが大きなメリットです。

 

普通に単語帳や長文問題で英単語を覚えるのもいいですが、「こんな単語ほんとうに使うのかな?」と思った経験がある人も多いのではないでしょうか?英語日記で学んだ英語表現は、英会話で再度使う機会も多いので、「役に立ってる!」という実感を得ることができますよ!

 

3)お金をかけず手軽に始められる

英語日記は他の英語学習に比べて、最低限ノートとペン、もしくはスマホ1台でも始められるので、お金もほとんどかけないで手軽に始められるのも素敵なメリットです。

 

夜、寝る前の5分で日記帳に書いたり、手帳の隙間に少しだけ書いてみてもいいと思います。スマホのメモ機能やアプリを使えば、移動時間などのスキマ時間にささっと書くこともできちゃいますよ!

 

4)自分のレベルやペースに合わせて始められる

英語日記は、中学1年生程度の英語力でも始められ、1日に書く量も自分のペースに合わせて調整できます。

 

添削をしてもらったり、SNSやブログで英語日記をあげる場合は別として、日記は誰にも見せずに書くことが可能です。難しいことを書こうとして背伸びをする必要もないし、多少間違ってたり、字が汚くても大丈夫です。どうでもいいような内容や、ポエムみたいなものを書くことだってできちゃいますよね。

英語日記は、個人のレベルやペース、趣味趣向に合わせられる万能な英語学習法だと思います!

日記を書くときのコツ

method

最初から完璧を求めず、気楽に始める!

英語日記を書くときは、最初から完璧を求めず、文法やスペルのミスは気にせずに始めるのがポイントです!

 

最初は何よりも書き始めること、そして習慣化することが英語上達のための近道です。もちろん、辞書を使ったり、インターネットで調べて正しい英語を学ぶこともとても大切ですが、それが負担になって挫折してしまっては意味がありませんよね?

 

英語日記は文字として残っているため、将来的に読み返すことも可能ですし、まずは「自分が読んで理解できていればOK」ぐらいの気持ちで始めるようにしましょう!

 

はじめのうちは真似しながら書いてみる!

英語日記に慣れてくるまでは、例文などを真似したり、単語を入れ替えながら書くようにしましょう

 

英語日記に慣れるまでは、自分が言いたいことを英語でうまく表現できずにもどかしい気持ちになることも多いですよね。そんなときは、英語日記専用の教材やドリルの例文を真似してみたり、インターネットの例文を参考にするのも一つの手だと思います。

 

その代わり、書いた後に何度も読み返したり、声に出して音読したりして、完全に自分の言葉として使いこなせるように練習するのを忘れないようにしましょう!

 

英語日記を上達させるには?

read again

可能なら誰かに添削してもらう

英語日記を上達させるには、誰かに見てもらい添削してもらうのが一番の方法です。

 

添削は学校の先生や外国人の友達にお願いする、周りにお願いできる人がいない場合はインターネットの無料添削サービスなどの利用してみるのも一つの手だと思います。

 

定期的に誰かに読んでもらうことで、意見やアドバイスをもらえたり、ミスを指摘してもらうことができます。「きちんと書こう!」という緊張感も生まれるので、可能ならどんどん添削してもらいましょう!

 

英語日記は音読する

英語日記を書いた後、何度も音読することで、英語表現が記憶に残りやすくなります。

 

新しく覚えた英語を音読することで、英会話をする時ときもスムーズに単語や英文が出てくるようになります。さらに音読はリスニング力UPにもつながるので、余裕がある人は毎日できるだけたくさん自分の日記を音読するようにしましょう!

 

時々読み返す

英語日記を時々読み返すようにすると、スペルや文法ミスを発見することができるので、正しい英語表現を身に付けることができます。

 

数日前に書いた日記の場合、現在の自分の英語レベルとあまり変わらないので、文法ミスがあったり、不自然な英語表現に気づかないことも多いと思います。でも数か月おきに見返すと、過去のミスに気付くことができたり、もっとふさわしい英語表現を見つけることができると思います。

 

さらに、過去と今のそれぞれの日記を見直すことで、きちんと英語力が伸びていることも実感できると思います!

 

モチベーションUPにもつながると思うので、定期的に読み返ししてみてくださいね!

英語で日記を書く習慣をつけるには?

Making English Diary  a habit

無理をせず3行程度から始めよう!

英語日記は1日の書く量にこだわらず、3行程度の負担にならない文章量で始めましょう。

 

英語日記に関わらず、語学の勉強は継続することがとても大事だと思います。そのためにも、無理のない文章量から始めることがめちゃくちゃ重要になります!

 

どうしてもたくさん書こうとしてしまう人は、スケジュール手帳のウィークリーページを利用するなど、もともと書くスペースが小さいもので英語日記を始めるのも一つの方法ですよ!

 

スマホのメモ機能やSNSを使いスキマ時間を活用

スマホのメモ機能やSNSなどを利用し、スキマ時間に英語日記を書くのもオススメです。

 

なかなか続かない人は、スマホのメモ機能やツイッターなどのSNSを利用してみましょう。スマホならば、移動などのスキマ時間や、ベッドに入ってしまってからでも書くことができるので、「面倒くさい、、、」とサボることも少なくできますよ!

 

テキストを利用したり、日記以外のことを書いてもOK

英語日記で書きたいことが思いつかない場合は、英語日記の教材を買って書く内容を参考にしたり、日記以外の内容を書いてみるのも一つの方法です。

 

「何を書いたらいいのか分からない、、、」という理由から英語日記を挫折してしまう人は結構多いです。そんな人は、日記専用のテキストや書き込み式ドリルなどを使ってみるのもおすすめです!

 

また、書きたいことが思いつかない時は、自分の好きな本や映画、芸能人や友達について書いてみたり、過去の思い出について書いてみたりするのもおもしろいと思います。

 

絶対その日のことを書かなければいけないというルールはないので、自由に書いてみてくださいね!

英語日記はこんな人におすすめ

英語日記は英語初級者〜上級者まで、英語学習者ならばどんな人にも対応できる万能な勉強法です。

 

また、英語を学習している目的として「英語を話せるようになりたい!」と考えている人も多いのでしょうか?しかし、外国人の人と英会話練習をしようとしても、スムーズに英語が出てこなかったり、身近な英語表現が分からなかったり、、、なんて経験がある人も多いと思います。

 

英語日記は身近で日常的によく使う英語表現を学ぶことができるだけでなく、言いたいことを英語で伝えるトレーニングができるので、「スピーキングを上達させたい!」と考えている人は是非習慣化してみてください!

 

【まとめ】英語日記はとにかく始める、そして継続すること!

Let's start English Diary

いかがでしたか?

 

英語日記は、誰でも手軽に自分のペースで始めることができ、日常生活でよく使う身近な単語や英語表現を覚えることができる英語学習法です。

 

また、英語日記なら「アウトプット学習」を習慣的に取り入れることができます。

 

習慣化できれば、英語日記は必ずあなたの英語力を上げてくれますが、実際には継続することが一番難しいのも事実ですよね!だからこそ、少しずつ簡単な英語からでも大丈夫ですし、色んな英文を真似したりしてもOKです。

 

まずはとにかく始めてみる、そして少しずつ無理をせず、完璧を求めず、自分にとって負担にならないやり方で挑戦してみてくださいね

 

この記事を書いている人 - WRITER -
MOEKA
外国語大学の3年生が終了した冬、「海外経験がないまま、卒業したくない!」と思った私は留学を決意。大学を休学し、半年間アルバイトで留学費を貯めた後、3か月間フィリピンのバギオに留学しました。

「留学はお金がかかるから…」と諦めてる人にこそ、低価格かつ密度の濃いマンツーマンで授業ができるフィリピン留学にぜひ挑戦して欲しいと思います!